行く年来る年

なんか今までにない年の瀬でバタバタです。クリスマスの日に子供が急に入院してしまったものですから、そっから全然余裕がなくなってしまいました。

掃除もしなきゃならないし、病院へ通わなきゃならないし、心配だしって感じで心に落ち着きどころがなくって、何やってもなんか身が入らない感じで過ぎて行きました。結局、年内の退院はできなくなってしまいましたが、経過は随分良くなってきたので、ようやく落ち着いてきました。

年越しを一人で過ごすのは生まれてこのかた初めて (^^;; なんですが、健康のありがたみ、家族の大切さを感じる年の瀬です。

健康に気をつけて、よいお年をお迎えくださいませ。また来年もよろしくお願いします。

Flash サイトが見れない〜

今さらながらに気がついたのですが、iMacG5 の環境でFlash サイトをうまく表示できない。いろいろ調べてみると、古いバージョンの仕様で書き出されていると思われるサイトは問題ない感じだけど、v7 で書き出されているものがダメらしい。もちろん Flash のプラグインは最新版の7.0 r24

PBG3 や Win マシンからでは問題ないので、サイトの方に問題はない模様。PBG3 で問題がないようなので、試しに、internet-plugin フォルダを iMac にそのままコピーして使ってみたけれども、結果は同じ。OS は同じ OSX10.3.7 だし、ブラウザも、シイラ、Safari、FireFox、IE と試してみたけれども、どれも同じだった。

ID で作られたサイトをいろいろ見てみたかったのに、うまく表示されないなんて… これもこないだ真っ白になったのが悪いような気がしてきた… Tiger が出たら新規にインストールするつもりでいたのだけど、その前にやったほうがいいのかしらん。

MONSTER FAIR Version 1.1.6 アップデート

LittleWingのピンボール、MONSTER FAIR が 1.1.6 へアップデートされてます。内容は、

ピロリンキャンディーがマルチプレイヤーできちんと表示できていなかったバグを修正しました。
ダイアログボックスのメッセージの誤りを修正しました。
マック版はダイアログボックスの多国語化、ウインドウズ版はダイアログボックスとインストーラーを日本語化しています。

とのこと。

皆さん、最高得点はどんなものなんでしょうか?自分はやっと8千万点台が一度出せただけ。しかも先日、真っ白になった時にこのデータもなくなっちゃって0からやり直し… 全然スコア伸びません…(泣)

コードレスサラウンドヘッドホンが欲しい

物欲が尽きないわけです…(^^;; DVD を見るときは子供たちも寝静まった夜ってことになるので、5.1ch のスピーカーシステムとかあっても音量も大きくできない(その前に場所もありませんが…)。なので、以前からコードレスヘッドホンが欲しいんですよねぇ。アマゾンiMacG5 を購入した還元がそろそろあるはずなので、それを元手にしようかなぁと考えてたんですが…

まず最初に考えていた候補は、ソニーMDR-DS4000か、パナソニックRP-WH5000(まだアマゾンでは取り扱いがないようだけど)。価格的な面では非常に魅力的なのだけど、気になってるのはどちらもドルビーヘッドホンはサポートしてないこと。独自のサラウンドってことになるんですが、臨場感とかどうなんでしょうかねぇ。ヨドバシで試聴したときは変な(笑)音楽が繰り返し流されてたので、よく分からなかったです。ただ、個人的にはノイズはどちらも気にならなかったし、装着感も良しし。低音はソニーの方が良いかもという感じ。

次にドルビーヘッドホンに対応となると、パイオニアSE-DIR1000C か同じく SE-DIR800C が浮上。こちらは発売からすでに1〜2年以上経っているので、そろそろ新製品が出るのか出ないのかが非常に気になる。ってか購入後、そく新製品発表とかになったらいやぁ〜ってことになりそうで怖い (笑)

そこで、さらに気になってくるのがビクターHP-W1000。不具合があったらしく発売が3月上旬になっちゃったのが悲しいですが、ITmedia のレビューを見てるとかなり良さげ。このタイミングだと、アマゾンの還元は使えないと思うので、価格がちょっと高めなのが残念かな。まぁこうやってああでもないこうでもないと悩んでいる時が楽しいわけです (笑) が、出そろうまではとりあえず待つかという感じです。コードレスヘッドホン使っておられる方は是非、感想なんかを教えてくださいませ。

CD の整理

ちょっと溢れてきた CD をどうにかしたいなぁと思ってたんですが、1〜2年位前に知った、「フラッシュ・ディスク・ランチ CDソフトケース」っていうのをよ〜やく買ってきました。どこで見たかは記憶が定かではないんですが、なかなか良さそうに思ったので、頭の片隅に残ってたものです。タワーレコードに行ったら買ってみようと思ったものの、タワーレコードに行くという習慣がなかったんで、知ってから随分と経っちゃいました。

これは今さら自分が取り上げるまでもなく、すでに各所で推薦されている逸品で、ソフトケースと不織布からなっているケースです。CDはもちろんですけど、ブックレットとCDケースの背面に入っているバック・インレイも収めることができるので、後に残るは燃えないゴミとなったCDケースだけってことになります。

収納スペースが1/3になるってことが謳われてますので、我が家のCDも全部入れ替えられれば結構なスペースが空くことだろうと思っております。まぁ、特殊なケースのCDとかはそのままにしておくつもりですけど、まぁぼちぼちとやってみようかな。

Lucky Bag

Apple eNews を読んでたら、新年の Apple Store 銀座/心斎橋の両店で数量限定で「Lucky Bag」を販売なんて書いてあったんですが…

中には必ず iPod が1台入っているそうで。ほぉ〜 種類は分からないってことなので、mini なのか photo なのかは大きな違いだなぁ〜(笑)

1月2日 9:00 営業開始ってことになってますので、また行列できるんでしょうかねぇ〜寒そうだ… いや、おいらは行きませんよ (^^;;

う〜ん、しかし「各店舗にひとつずつ、スーパーラッキーバッグもご用意しています」っていうのが気になるなぁ〜

ランチャー

Mac でランチャーっていうと DragThing が定番なんですよねぇ?実は何度も試用しているのですが、結局、すぐにやめちゃうってことを繰り返してたりして。最新版では更に高機能になっているようなので、また試してみようとは思っているのですが… なんかシックリこないんです…

そんな自分のランチャー歴なのですが、OSX になってからは単純に Dock を使っているだけという感じ。さかのぼると、いつからだったですかね?ポップアップフォルダの機能が Finder に搭載されたときには、ポップアップフォルダに各アプリのエイリアスを置いておいて、ランチャー代わりに使ってましたね。で、ツールを使ってたのは、Control Strip Menu という、コントロールストリップモジュールを使ってました。シェアウェアでしたが、試用してすぐにレジストしたほど気に入ってました。

もうすでにサイトがなくなっちゃったようなのですが、名前の通り、OS7.6(からでしたっけね?)から OS9 までの機能の一つ、コントロールストリップのモジュールの一つです。あるフォルダにエイリアスや本体を置いておくことで、コントロールストリップバーからアクセスが可能で、ドラッグ&ドロップもできたんじゃなかったかな?残念ながら OS8 くらいの環境下ではまともに動かなくなってしまって使用を断念しちゃったものです。

それで、今になってちょっと使い始めてみたのが、Atomic Beefです。どーしてこんな名前なのか不思議なんですが(笑) メニューバーからアクセスできるようになるタイプのランチャーです。

Atomic Beefフォルダにアイテムを登録することによって、一覧に表示されるようになるので、そこから起動が可能になるものです。ControlStripMenu に似てるタイプのものですね。こういうタイプが結局、好きなんだろうか?(^^;;

ドラッグ&ドロップができればいうことない感じですが、いくつかアイテムを登録して使ってみてます。一度、アプリケーションフォルダのエイリアスを入れてみたんですけど、中身がうまく表示されませんでした。ユーティリティフォルダはうまくいったんだけど。

他にもお勧めがあったら是非、教えてくださいませ。

ほぼ日手帳2005 カバー・オン・カバーの画像

このページのアクセス解析を眺めていると、そんなに多いわけではないですが、毎日、「ほぼ日手帳」がらみのキーワードで辿り着いている方がいらっしゃるようです。大した内容もなくって面目ないわけですが… (^^;;

それのおわびってわけではもちろんなく、自分も購入したんだから楽しまないとねってことで、「カバー・オン・カバー」用の素材を作ってみました。

この「カバー・オン・カバー」はほぼ日ストアで「ナイロンセット」「ナイロンカバーのみ」を購入した人だけのおまけなわけなんですが、ほぼ日のサイトでもそれ用の素材は提供されています。初回販売時のコレクションと、仁礼博氏の写真の計12種類です。

自分が今回作ってみたのは、近所を散歩していて見つけた風景から。つい先週撮ったモノですが、「こんな時季になってるんだなぁ」と思って、カメラを向けた一枚です。自分ではなんか気に入ってる一枚なんです。

ダウンロードのページからゲットできるようにしてますので、よろしかったら使ってやってくださいませ。

だれでも簡単デジタルカメラ プロの使い方

FZ20 を手にしてから随分写真を撮ることにも興味を覚えてきて、楽しくなってきました。で、用語の意味とか撮影のポイントとかカメラや写真のことがあまり分かってないので、「何かないかなぁ〜」と思って購入してきたのが、だれでも簡単 デジタルカメラ プロの使い方

「デジタルカメラとは?」から始まって、露出のポイント、パソコンへの取り込みの仕方、PhotoShop を使ったレタッチの方法、綺麗に印刷するときのポイントなどについて、分かりやすく簡潔に説明されています。

デジタルカメラの説明や取り込みなど普段、使っている人にとっては今さらどうという内容ではないかもしれませんね。露出のポイントについては、よく分かってない自分にとっては大変参考になりました。

また、もっともページを割いて説明されている「デジタル暗室の活用法」の章では PhotoShop を使ったレタッチの方法について、簡潔ですがポイントを絞って丁寧に説明されているので、分かりやすい。我流でよく分からないまま使ってきた (^^;; 自分のような者にとっては大変参考になる内容で、そういう方にとっては一読の価値があると思います。

だれでも簡単 デジタルカメラ プロの使い方
ロブ シェパード Rob Sheppard 大石 えり 尾沢 和幸
日経ナショナルジオグラフィック社 (2003/10)
売り上げランキング: 802
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4

4 レタッチのやり方の解説が素晴らしい
4 デジカメを使って写真を撮ること・・・わかりやすい指南書

アウトラインプロセッサー

アウトラインプロセッサーとして、OmniOutliner を使ってます。とはいえ、本来の使い方はほとんどしてなくって (^^;; 使用目的はシェアウェアのシリアルナンバーの管理をしたりってことになってます。

その OmniOutliner がバージョンアップってことで 3.0 Beta が公開されてますね。実は、単なるバージョンアップだと思っていたのであまり気に留めてなかったんですが、よくよく見てみれば、結構、変わっているよう。

まず Professional 版ができて、2バージョンに分かれてます。それでようやく、画像が貼り付けられるようになりました。これ早く欲しかった機能なんですよねぇ〜 で、それは画像だけじゃなく、音声、Webリンク、ファイルへのリンク、ムービーもOKに。Professional 版では録音できるようにもなってます。他にもいろいろ… (^^;;

とりあえず Professional 版までは必要ないけど、アップグレードしようかな。