「Marty101」と「BOSE M3」と B&O「BeoLab 4」と

Mac の音を良くしよう計画」実行中。とにかく最大の懸案事項、スピーカーをどうするかを考えるため、試聴の旅へ (笑)

気になっているスピーカーが全て心斎橋で試聴可能なことが分かったので、お出かけ。しかし暑いですねぇ〜 雨が降らずに助かりました。

まず、タイムドメインの Marty101 を聴くためハンズの5Fへ。ソースは全て自分の iPod からいくつか選曲。

音が出てきた第一印象は、「案外鳴るな」ということだった。

ボーカルや高域はなかなかなだと感じたけれども、ドンシャリに慣れているであろう自分の耳には、低域の量感がもう一つか。曲によってはややブーミーな感じを受けたこともあって、「もう一つかなぁ」と感じてしまった。

また、スピーカーユニットが上向きということもあり、無指向なのは良いのだが、ある程度空間がないと、活かしてあげられないのではないかと思う。

しかし、自分の Mac の周辺環境は、エレクターの棚板(120cm)を机代わりに三方を壁と家具に囲まれていて、上も棚板があるので、空間的に狭い。なのでこれはちょっと無理かなという感じがする。

BOSE M3続いて、そごうの 12F にある、BOSE のショップへ。目的は、もちろん Micro Music Monitor(M3)

実物を見たのは初めてだったけれども、確かに小さい。これであんな音が良く出るものである。

BOSE というと自分の中では低音バリバリってなちょっとした偏見がなくはないが、M3 から出てくる音はやや低域が強めに出る曲もあったけれども、バランス良く鳴る感じで、なかなか好印象。

人気があるのも頷ける。これなら購入しても後悔することはないだろう。場所的なメリットも大きな魅力。

またネット上のいくつかのレビューを見てみると、ソースのアラが分かってしまうというコメントが見られたが、自分のへたれな耳ではそういう感じは分からなかった。

そして最後は、アップルストアへ。目的は、B&OBeoLab 4

B&O BeoLab 4

こいつもなかなかバランスも良いし、音場感が良かった。BeoLab 4 を聴きながら M3 を思い出すと、やはり M3 はモニター的な音だったなという印象に変わる。この辺は、どっちが良いということではなく完全に好みの問題だろう。

そして、BeoLab 4 で音楽を聴いていると自然に顔がにやけてしまった (^^;;

音楽を聴いて自然に顔がにやけるのは久しぶりの経験である。自分の B&O 贔屓を差し引くとしても、理屈でなく自然とにやけてしまうBeoLab 4 が自分には一番「良い音」なんだろうと思う。

さて、この BeoLab 4 はリアルアップルストアにしか置いていないもよう。で、店員に尋ねても仕様が分からないということだったので、ちょっと無理かなと思いながら、取説を見せてもらった。その上で、ヤマギワへ行き、B&O のカタログをもらいつつ、BeoLab 4 の実物と比べてくる。

一緒にもらったプライスリストによると、アップルストアにあるのは、BeoLab 4 PC というのが正式名らしい。

ということで自分が調べた範囲では Beolab 4PC は通常の BeoLab 4 と比べて

  1. 価格が5万円ほど安い
  2. 接続がPCオンリーとなっていて、B&O のシステムに組み込むための Power Link が省略されている
  3. 置き場所によって、低音のレベルを調整できるスイッチがない
  4. カラーバリエーションがブラックのみ

というところが、大きな差か。

2 の項目については将来 B&O のヘッドユニットを購入してと考えている人にとっては不利な条件ではある。ただ自分の場合、B&O のシステムを組める身分になるのは当分考えられないので、まぁ良い。問題は3。

多分、BeoLab 4 の壁つけなどのブラケットが使えるだろうと思う(確証はなしサポートに確認したところ互換性はあるそうです)のだけど、それをエレクターの棚とうまく合わせると机の上も広く使えるし、それによって低域が調整できるのは良いと思っていただけにちょっと、痛い。

しかし、そのために +5 万が出せるかというと… う〜む…

価格は大ざっぱに、M3 : BeoLab 4PC : Beolab 4 = 1 : 2 : 3 てな感じになる。

まぁスピーカー単体と考えるとどれも高いと思うが、アンプ+スピーカーと考えるとオーディオの趣味の世界では大した額ではないと思えてくるから不思議だ (爆)

ということで、ボーナスと相談しなければいけないが :-p できることなら、BeoLab 4PC を購入したいなと思っている。

photo

アンプ内蔵タワー型スピーカー タイムドメイン理論再生技術 BauXar Marty101 ホワイト Marty101(White)
日本エム・イー・ティー
売り上げランキング : 8887
評価
おすすめ平均 star
star音場は目を見張るものがあるがセットには問題も?
star素晴らしい定位・艶のある中音・部屋全体を包み込む無指向性
star2週間後に感激
star音もスタイルも納得
star今後の改良版に期待

by G-Tools , 2007/06/30

「PHASE 24 FW」購入も…

PHASE 24 FW」 を先週の土曜日にヨドバシで購入。

展示がされていなかったが、ヨドバシのサイト上では梅田店には在庫があることになっていたので、尋ねてみたところ、しばらく待たされて、出てきた。

しかし、出てきた箱は、そう田舎のあまり流行っていないような模型店で、見つけたプラモデルの箱のように、くたびれて古びた感じだった。売れてないんだろうなぁ〜 まっ展示もしてないんだから仕方ないだろう。でもちょっぴり悲しい… (泣)

で、その日は、バタバタしていたので、日曜日に動作くらい確認しておこうと思ったら、ヘッドフォンにうまく切り替わらない。ライン出力のまま。

ということで、未だサポートとキャッチボール中。サポートの感じは悪くないのは良いのだけど、珍しく初期不良に当たったのかなぁ…

ということで、感想などはまた後で…

Mac で使える UVC 対応 USB カメラ

OS X が 10.4.9 になったときに、USB Video Class の外付け USB カメラをサポートするようになったことをエントリーしたことがありましたが、「その内、Mac 対応をうたったカメラが出るだろう」と高を括って、特に情報収集もしておりませんでしたが… (^^;;

winとMacでDTP」さんが、継続して情報を集められておりました。

ロジクールのいくつかのモデルなどは明確に UVC 対応をうたっていないようですが、問い合わせると答えてくれるようで、丹念に情報を集められております。

いずれにしろ、Mac をサポートとはどのメーカーも言ってくれないので、自己責任ということになりましょうが、選択肢が増えることが嬉しいことですね。

個人的にはそろそろ Mac 対応と正式にうたってものが出てきてもいいように思っているんですが、どっか出さないのかなぁ… ってか、iSight の後継はやっぱり出ないのかな。

ファクス「KX-PW513DL」購入

ファクスを買い替えました。結局、10年は持たなかったなぁ〜

3年ほど前から不具合が出始め、まずオンフックで電話がかけられなくなり、留守録の為のテープ(この辺りが時代を感じさせますな)を認識しなくなり、最後はファックスの受信ができなくなってました(この時点でファクスとしての役割を果たしてないわけですが…)。

その上、最近では回線に繋がっていると、我が家にかかってきた電話が 1コールで切れてしまうことが判明したのでお役御免。

まぁ実際問題、あまり活用度は高くない我が家のファクスなんですがあればあったで便利。で、次はどうしようかと悩んだ末に、パナソニックの KX-PW513DL を選択。

ファクスのこのところのトレンドは、以前の黒色から、シルバー、白色系へ。そして小型化、ユニバーサルデザインという感じの流れだと思うが、これだけ、家電も含めていろんな製品がデザインが良くなってきていると思うのだけれども、ファクスだけはどうしてパッとしないんだろう。

結局、消去法で、KX-PW513DL になったようなもの (^^;; そうは言っても、機能的にもデジタルコードレスで、盗聴され難いようになっているのがパナソニックだけだったかな? 気休めかもしれないが、これも一応のポイントではある。

KX-PW513DL の特徴の一つは親機がついていないこと。これによって、好きな電話機を親機代わりに使用可能になる。といっても、最近のファクスは、どこの製品も外線用に電話機を外付け出来る端子がなくなっているようで、分岐させて使うことにした。

ちなみに繋がっているのは、B&OBeoCom 1401

B&O がファクスを作ってくれると、かなり期待できそうな気もするんですが、きっと高いんだろうなぁ(笑)

Panasonic パーソナルファクス 親機および子機1台(シルバー) KX-PW513DL-S
Panasonic パーソナルファクス 親機および子機1台(シルバー) KX-PW513DL-S
松下電器産業 2005-03-18
売り上げランキング : 28131

おすすめ平均 star
star可愛いです

Amazonで詳しく見る by G-Tools

たのしいCocoaプログラミング

シイラでもおなじみ、HMDT さんのところで、「たのしいCocoaプログラミング」プレゼント企画を実施されてます。3名の方にプレゼント。本の発売は6月26日。

本の紹介ページも用意されていますが、今回は「完全な初心者向けの本にしてみた。」とのこと。ということで、C言語や、Objective-C の文法から説明があるよう。これなら別に本を用意しなくても、すんなり入っていけそうですね。

自分は、C 言語も学生時代に少しやってましたが、すっかり遠ざかってしまったので、こういう本の内容はうれしい。本の文体もサイトの口調で書かれているようなので、読んでいても楽しそうなのが良いですね。

何か作ってみたいと思いつつ、なかなか重い腰が上げられませんが、機会があれば是非取り組んでみたいなと思っています。

たのしいCocoaプログラミング
木下誠
ビー・エヌ・エヌ新社 (2007/06/26)
売り上げランキング: 468

メモリ増設

この Mac について最近は、「2GBも1万円割れ突入」なんてニュースも流れて、メモリの価格下落が激しいですね。まぁユーザーにとっては嬉しい限りですが。

もっとも、iMacG5 使いの自分にはあまり恩恵もないかと思っていたんですが…

調べてみると、G5 に使えるDDR SDRAM もそれなりに価格は下がっていて 1GB で 8〜9千円ってところが相場のよう。

で、おそらく後2年は、きっとこのまま iMacG5 を使っているだろうし、Leopard も出ることだし、メモリを増やしておこうぜ。おぉ〜。ということで、いろいろ探して SAMSUNG チップで 8千円弱なのをドスパラで見つけたので、2本ゲット。

これまで 512MB×2 でしたけれども、1GB×2 になって、Firefox の画像の読み込みがはやくなったような気はする。あと、全体的にキビキビと快適になった。ような気がします… (^^;;

Photoshop CS3 へアップグレード

Photoshop CS3 アイコンアドビの CS3 製品が発売されて、Photoshop 7 使いの自分には最後のアップグレードチャンス。資金もないし、素直に、単体アップグレード。

で、いつもなら、アドビからアップグレードの通知が来ているはず(それもなぜか必ず2通)なのに、一向に来ない。そういうのはなくなったの? 皆さん予約したとか、そんな内容ばかり目にするので、すごく不安だったのですよ (^^;;

出かけにヨドバシのサイトをチェックしてたら、梅田だけ今日明日とポイント+3% となっていたので、こいつはラッキーと出かけてきました。

危うく Extended 版や Contribute のパッケージを持っていきそうになりながら (笑) アップグレードパッケージを購入。久しぶりのアドビ税。しかし、パッケージ小さくなりましたなぁ。ほんとちっちぇー。

さて、インストールと思ったんですが、その前にいろいろ彷徨ってましたら、β版をちゃんとアンインストールしてないとうまくいかないという報告がちらほらと。自分も確か、手動で削除しただけだったような気がする…

ということで、事前に「Adobe CS3Clean Script」を使って、アンインストールしておきました。案の定、ファイルがゴロゴロと見つかる… (^^;;

そんなわけでインストールを始めると無情のエラー。お〜い…

結局、サポートの Photoshop CS3 パブリックベータを手動でアンインストールする方法(Macintosh)を見ながら、ファイルを削除。それでようやくうまく行きました。

インストールにかかる時間も思ったより長い。15分以上かな。途中フリーズしたかとちょっと焦りましたよ (^^;;

さて、まだちょっと触っただけなんだけど、新機能の「クイック選択ツール」はすごい。画像をなぞるだけで輪郭を自動的に選択してくれるのが素晴らしい。自分は輪郭なぞるのがどうもうまくなかったので、大変ありがたい。

まっとにもかくにも自分には猫に小判なソフトなので、機能の10%も使えてないんじゃないかと思うのだけれども… これで、CS6 が発売されるまでは、使い続けることになるだろうから、少しは使いこなせるようになりたいなと思うのでありました。

PHOTOSHOP CS3 アップグレード版 Macintosh版
アドビシステムズ (2007/06/22)
売り上げランキング: 541

ヘッドフォン考

ITmedia「この夏“買って得する”一生ものヘッドフォン選び」の記事から。

音楽を聴くということでは、今までインナーイヤー型のヘッドフォンしか所有したことがないので、家でゆっくり聴けるように、オーバーヘッド型が一つ欲しいなと思っていたところで、オーディオインターフェースやスピーカーの検討も始めて、個人的にオーディオ熱が高まっている最近にぴったりの記事。

ヘッドフォンもまるで知識がないので、いろいろ調べていたんですが、このガイドの中でも触れられていた、オーディオテクニカの ATH-A900。あとは、ゼンハイザーの HD595 が気になる存在。

ガイドの中で触れられている、同じくゼンハイザーの HD650 はネット上でも評判は高いようですがちょっと手が出ない価格だなぁ〜。

自分で収集した評価の傾向を大ざっぱにまとめると、音の傾向は A900 がクール、HD595 はウォームという感じ。

自分が聴く音楽のジャンルは、ポップスが中心で、クラシックやジャズはほとんど聴かないし、ボーカル中心で温かみがある方が好み。

それを考えると HD595 の方が良さそうな気がしますが、オーディオだけはカタログスペックだけで決まるものでもないし、人のレビューは参考にするけれども、やはり最後は自分でしっかり聴いて決めるべきものだと思っているので、これもやはり試聴しにいきたいところです。

しかし、ボーナス時期を前に、久しぶりにオーディオ熱が盛り上がっちゃっているので、GX100 までは回りそうもない… (^^;;

関連エントリー:

audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン
audio-technica ATH-A900 アートモニターヘッドホン
オーディオテクニカ
売り上げランキング : 207

おすすめ平均 star
starとにかくクリアー
star優等生なヘッドホン
star想像以上に良かった。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ゼンハイザー HD595 ヘッドホン
ゼンハイザー HD595 ヘッドホン
ゼンハイザー
売り上げランキング : 9702

おすすめ平均 star
starこの価格でこれは!
starまったり派にお薦め!
star素晴らしいヘッドホン

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Safariの長所をFirefoxの拡張機能で

ITmedia「Safariの長所をFirefoxの拡張機能で再現する」の記事から。

Safari のβ版が配布されて使われている方も多いと思われますが、「自分はどう?」と言われれば、Firefox にどっぷりなんで、全然使う気がありませぬ (^^;;

Safari がどれだけ速くなろうとも、やはり機能拡張で外見も含めて、自分好みにカスタマイズできる Firefox は魅力的です。実際、ブログの更新とかも楽になりましたし、気になるページをちょっとクリッピングしておくのも便利です。

この記事の中でも、Firefox の機能拡張を使って Safari の機能を再現するということで、いくつか機能拡張が紹介されています。

とりあえず自分が使ってみようかなと思ったのは、Safari の「SnapBack」を再現する、「How’d I Get Here」。

これ、独立したページだけではなく、タブにも働くということで、もしあるタブから新しいタブでリンクを開いても、How’d I Get Here のボタンを押せば一番最初のページを表示してくれるというのは、便利そうです。

自分がインストールしている機能拡張については以前、ご紹介したことがありますが、皆さんも「これは便利だよ」という機能拡張がありましたら、是非教えてください。よろしくお願いします。