スターバックス「フィローネ」発売直前イベント・レポートその2

CyberBuzz の「スターバックス『フィローネ』発売直前イベント」に参加することが出来ましたので、そのレポートを数回に渡ってエントリーしています。「スターバックス「フィローネ」発売直前イベント・レポートその1」からの続きです。

さて、もったいぶってますが (^^;;「フィローネ」(8月25日サイトがオープンとのこと)とはイタリア発祥のパン。イタリア語で「小川」「流れ」「細長い」と言った意味があるそうです。

これが、店内にディスプレイされていた「フィローネ」。でっかいのは、ディスプレイ用に特別に焼いてもらったそうです。商品に使われるのは小さい方。長さは大体 15cm くらいかな。

ディスプレイされたフィローネ

一見、フランスパンみたいでしょ?固そうに見えるでしょ?ところがさにあらず。フランスパンほど表面は固くなく、中はものすご〜くふんわりした食感なんです。

その秘密は、通常のパンよりも水分をたっぷりと使っているから。何と 90% が水分なんだそうです。パンの製造過程も見せていただきましたが、こねるのが大変そうでした。

そうパンは一つ一つが手作り。なので、割れ目がバラバラなんですね。また大きさも、女性の口に合わせて大き過ぎないよう配慮したということです。パンの風味も日本人の好みに合う様に工夫されているそうですよ。

また、パンにはもう一工夫。打ち粉を少なくすることで、食べるときに手が汚れないように配慮されたとか。確かに今回、いくつかいただきましたが、手が汚れることは全くありませんでした。

フィローネ試食試食は一口サイズの焼きたてをオリーブオイルにつけていただきましたが、ほのかな香りが良く、また食感も表面は少しカリッとしていて中はふんわりもちもちでパンだけでも充分な美味しさです。

さて、もちろん新商品はこの「フィローネ」そのものではなくて、このパンを使った、3種のホットサンド。

まず、いただいたのが「ハム&マリボーチーズ」。

フィローネ ハム&マリボーチーズ

試食させていただいたのは、小さくカットされたものですが、実際の商品はこのくらいのボリューム。とろけるチーズとハムから溢れる肉汁が食欲をそそります。

早速、一口食べてみると、ハムの塩気が少し強い感じがしなくもないですが、自分には良い感じ。なんでもこの塩はオーストラリアのデボラ塩という塩を使われているとか。そしてハムは赤身と脂身がほどよく入ったショルダーハム。

マリボーチーズはデンマーク産。温めるとかなり伸びるらしいです。このチーズとハムの相性はバッチリでしたよ。

このイベントでは、合わせて「フードペアリング」というのも行われました。コーヒーと食べ物の組み合わせを楽しむというもの。ワインとチーズとかなんかは耳にもしたことがありますが、コーヒーの飲み比べなんて耳にするのはもちろん、体験するのも初めてです。スタバならではの企画ですね。

そしてこの「ハム&マリボーチーズ」にお薦めの組み合わせということで、出されたコーヒーが「スラウェシ」。全くコーヒーの銘柄に疎い自分はこれも聞くのも初めて。インドネシアのコーヒーでキーワードは「エレガント」だそうで、一口飲んだ印象は「濃い」でした。

これを飲みながら、「ハム&マリボーチーズ」を食すと、塩気が緩和されて、また別の美味しさが楽しめます。合わせる飲み物でこうも変わるものなんですね。貴重な体験でした。

さて、続いて出てきたホットサンドは… ということで「スターバックス「フィローネ」発売直前イベント・レポートその3」へと続きます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*