土屋鞄の「靴べら / セッションフォールディングシューホーン」を購入

相方に「そんなの入らないよっ!高価いっ!!もったいないっ!!!」と悪態をつつかれながら「そこを何とか…」ということで、一部で?何かと話題の土屋鞄製造所の「靴べら / セッションフォールディングシューホーン」を購入。見つけた時には在庫切れになっていて、再販されるのを心待ちにしていた品です。

土屋鞄 靴べら / セッションフォールディングシューホーン

購入したのはブラック・ブラウン・キャメルの中からブラウンを選択。ちなみに今回の再販はブラウンとキャメルのみ。

自分は通勤時は基本的には革靴で、前々から携帯用の靴べらを欲しいと思っていたのだけれど、機会を逃しておりました。

んで、最近「王様の仕立て屋の最新刊 22巻」を購入して読んでいたら、ちょうど携帯用の靴べらが出てくる話があるのだけれど、それに影響されたのが大きく (^^;; 思い出したようにちょっとだけ調べて、土屋鞄の製品を選択。

理由としては、革に収納できてナスカンが付いているので、鞄やベルトホールに付けておけるというのが気に入りました。

靴べらの材質は、真鍮合金製。ホントは革製や木製の素材が欲しいと思って探し始めたのです。そういった素材の方が使い込むほどに味が出てくると考えていたからなのだけれど、収納や持ち運びまで考えられた製品を見つけられなかったことと、革に収納できるということでこの製品に決定。

革の部分は、ページの説明によると「ナチュラルシャイニーレザー」というクロームとタンニンのコンビ鞣しの牛革表面に光沢とシワ加工を施したもの。変化に富む表情と柔らかく透明感のある光沢が特徴ということで紹介されております。手触りはちょっとざらざらとした感じでしたが、使い込むうちにどう変わっていくのか、非常に楽しみです。

自分が履く靴のサイズは 26cm 程度で実際の足のサイズは 25.5cm なのだけれど、実際にちょっと使ってみた感じは自分の手には革の部分がちょうど良い大きさの持ち手になって、実に使いやすくて靴をスムーズに履くことができました。

職場では基本、事務仕事なので机のところで靴を脱ぎたくなったりすることも多いし、飲み会などで座敷に上がる機会もあり、これは重宝するアイテムになりそう。

まぁお店によっては靴べらが用意されていることは多いと思うけれど、人数が多いと自分が使うのはなかなか使いづらいし、個人の靴べらをさっと取り出して履くという所作は、歳も歳だしそれなりに様になるんじゃないかなと。

きっと長く使える一品になってくれると思う。

土屋鞄土屋鞄製造所

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*