iPhone の爆発はユーザーが原因ってことにしちゃった? Apple

ITmedia「iPhone爆発はユーザーが原因?」の記事から。

う〜ん、ユーザーのせいにしちゃったか…

Appleの欧州支社の広報担当者はその原因について、「外的な力が加えられて、画面にひびが入ったため」と説明している。担当者は「iPhone 3GSのバッテリーの過熱は今のところ確認されていない。報告されている問題は10件に満たない」とし、同社がこれまでに調査したiPhoneの画面の破裂はすべて、「外的な力」が加えられたことが原因だとしている。

via: せかにゅ:iPhone爆発はユーザーが原因? – ITmedia News

まぁ往々にしてこういう対応になることはあるんですが… 「実は…」ってこともあったりするんですよねぇ… って iPhone 3GS に限ったことなんだ。

この Apple の対応に対して、フランスの消費者問題担当大臣はユーザー自身に責任があるかどうかを決めるのは時期尚早とコメントしているそうです。

Wadia 151 Sneak Peek

Wadia News「151 PowerDAC mini – Sneak Peek」から。

iPod トランスポート「Wadia170 iTransport」と組になるデジタル・プリメインアンプ「Wadia 151」に関する情報がありました。

気になるスペックは、

  • 50 watt
  • 1 USB, 1 Toslink and 2 Coax inputs
  • Black and Silver

と、簡単ではありますが、少し明らかになりましたね (^^;;

また「季刊・オーディオアクセサリー 134号」の P390-391 に Wadia 社のジョン・W・シェーファー氏とジェームス・シャノン氏へのインタビューが記事になっていますが、その中でも価格は「170 の 3倍以内に納めたいと考えています」と答えています。

また、オプションとして 1シリーズ用の強化電源の開発もしていて 170 にも同時に電源供給が可能ということを明かしています。

Snow Leopard が発表になって(そして未だに自分の手元には届かない… どーなってんのっ!!) Rosetta が標準でインストールされなくなったということですが、自分が使っている FireWire オーディオ I/F の「PHASE 24 FW」は既に開発が終了してコントロールパネルのアップデートも望めないので Rosetta は必要ですし、いつまで動くのか…と考えると、オーディオ I/F にも使えるし 170 のペアにも使える Wadia 151 は良い選択肢になるのかも… でも 121 は欲しいしな… ぶつぶつぶつ…

Wadia 151 Sneak Peak 2

iPhone 3GS が 7月の販売ランキングでトップに

ITmedia「「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実」の記事から。

iPhone 3GS が国内主要量販店を対象とした 7月の販売ランキングで、月間販売台数 1位になったそうです。これが 32GBモデル単独で、16GB モデルが 9位にランクインしてますから、あわせて「iPhone 3GS 圧倒的じゃないか…」という結果になってますね。

この件は、米Fortune誌が、米Electronista誌の記事を取り上げる形で8月17日に紹介したことから、すでに広く知られているとは思うが、海外メーカー製、しかも利用できないキャリア公式サービスも多いスマートフォンが、1カ月の間に日本で最も多く売れたことは、おそらく過去に例のないことであり、改めて触れておきたい。

via: 「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実 – ITmedia +D モバイル

Twitter を眺めていると同じ電車の車両の中にユーザーがいるという呟きや、ブログなんかでは家族で iPhone ユーザーなんていうのもよく見かけるようになりましたから、一部の新し物好きだけが使っているという状況はすでに超えたということになるんでしょうかね?

iPhone 3G が登場した時は「あれがない、これがない」と叩かれていましたが、そういうモデルが月間でトップになったというのは関係者の方はどう感じているんでしょうかねぇ…

Google Voice が 15分で切断されるのは、iPhone 対応?

TechCrunch Japan「Google VoiceがiPhone対応準備中、15分で通話を切断」の記事から。

う〜ん、記事は皮肉たっぷりに書かれていますけど…

タイトルが示すのは、Google Voice を Apple が承認するために、15分で通話を切断する「仕様」にしていると読み取れるんだけど… そうなのかな?

ちなみに、自分はそれほど長電話をしたことはないけれども、iPhone での通話が途中で切れたことはまだないです。AT&T の品質ってそんなに悪いのかしら?

初めての UPS「APC ES 500」を導入

我が家では冬に食洗機と電子レンジとテレビと電気カーペットあたりを同時に使っていると、ブレーカーが落ちたりする。まぁ夏場はまず落ちることはないのだけど、DK に家族用の Mac を設置してから一度、落ちた。

自分が Mac を使っている部屋は別系統になっているようで、この部屋のブレーカーが落ちたことはない。

冬でもそんなに頻繁に落ちるものでもないのだけど、基本的に Mac はスリープ運用だし使っている時にでも落ちると心臓に良くないので前々から気になっていた UPS を導入することにして「APC ES 500」を購入した。

APC ES 500

半額になっているアマゾンでポチッたのだけど、届いた箱が思いのほか重い。ということで、実物をその時、初めて見たのだけど案外大きくて重いものなのだな。

初めて使う場合は、バッテリーにコネクタをつなげてやらないといけないのだけど、まさかその為の裏蓋を開けるのに必要なドライバーが付属しているとは思いもよらなかった。UPS を使うようなところにはドライバーくらいありそうなモノだと思うのだけど…

届いてからしばらく放置していたのだけど、これでもしもの時も大丈夫という安心感は心強い。

マイボトル・3本目の SIGG

1リットルのボトルオーバルボトルに続いて、自身 3本目の SIGG になるボトルを手に入れました。

購入したのは、気になっていた「キースヘリングのハート」のボトル。

SIGG キースへリングボトル 0.6L キースへリングハート 50102

こいつを購入したのは、以前も書いたように、白い SIGG のボトルってキレイな感じがして一本は欲しいと思っていたことと、キースヘリングのモデルであるということ。

まぁなんつっても手に入らなくなるまえに、購入できたのは嬉しい。

とはいうものの、どう使い分けようかというところはあるんですけど、季節や出かけ先にあわせて変えていこうと思いつつ、このボトルは飾っておくってのもあり?w いやいや「道具」は使ってなんぼだな。

「国宝 阿修羅展」での阿修羅フィギュア

大好評のような「国宝 阿修羅展」。

東京での展示終了後は大阪を飛び越えて九州へ行ってしまったので、行くこと叶わず。

もちろん、実物を 360度の角度から拝める滅多にない機会でもあるのですが、行けない代わりにせめてフィギュアを… と思っておりましたが東京では早々に完売だったとか。

そこで九州では販売方法を変更されて何回に分けて販売されているようですが、次の 9月4日から 4000個販売されることで終了のようです。

そこで、ネット上ではお付き合いをさせていただいていますが、直接の面識もない a氏に厚かましくもお願いをさせていただいたところ、九州国立博物館の阿修羅展の観覧券をお持ちの方で、当日ご来場のお一人様につき1個限りという制限もあるなか、確保していただき手にすることができました。本当にありがとうございました。

国宝 阿修羅展・阿修羅フィギュア

実物はなんだかもったいないというか恐れ多い感じがして (^^;; まだ箱から出して飾ってはいませんが、時折、箱をあけては拝んでおります。

この展示以来、いくつかの雑誌でも仏像の特集が組まれていたりというのを目にしましたが、次はやはり仏像ブームが来るんでしょうか(ってもう来てる?)?

ノラ・ジョーンズの新譜は 11月発売

Walkerplus「ノラ・ジョーンズ、待望のニューアルバムは11月発売!」の記事から。

ノラ・ジョーンズの通算 4枚目のアルバムの発売が 11月だそうで。

世界的にチャート1位を獲得した前作「ノット・トゥ・レイト」から2年10か月ぶりとなる今作は、2007年のツアーを終了した後、2年の歳月を費やし自身で書き上げたもの。

この新作で彼女は新たにジャクワイア・キング(トム・ウェイツ、モデスト・マウス等)をプロデューサーに起用し、ミュージシャンも一新。またライアン・アダムスや彼女のデビュー曲「ドント・ノー・ホワイ」の作者であるジェシー・ハリス等と楽曲を共同制作し、様々なサウンドに挑戦した1枚となる。

via: ノラ・ジョーンズ、待望のニューアルバムは11月発売! – エンタメ

プロデューサーやミュージシャンがこれまでとは違うということで、新たな一面が見られる(いや、聴けるか?)のかな。なかなか楽しみですねぇ〜 あと久しぶりに SACD 版も出してくれると嬉しい (^^;;

Marantz の SACD プレーヤー「SA-15S2」を購入

注意:特に音質に関する部分については、駄耳の持ち主である自分の独断と偏見と好みによる、ちょー主観的な評価ですので、気になる方は雑誌などの記事やまともなレビュー、ブログのエントリーなどをお探しくださいませ。

Marantz「SA-15S1」と「SA-15S2」を比較試聴してみた」や「Marantz「SA-15S2」と Pioneer「PD-D9MK2」を比較試聴してみた」のエントリーで試聴して気に入った、Marantz の SACD プレーヤー「SA-15S2」をなんとか購入することができました。

ちと奥行きの寸法を間違って理解していたようで、机(代わりのエレクターの棚)に置いたら三分の一のスペースが占領されてしまって参りました (^^;;

Marantz SACD プレーヤー「SA-15S2」

それはともかくエージングもそこそこに、ちょうど注文していた SACD 版の「Blue Bossa」が届いていたので最初に再生するディスクにはこれを選択。

機器の構成は「SA-15S2」に SOULNOTE「sa1.0」、B&O の「BeoLab 4」です。「SA-15S2」と「sa1.0」の下には KRIPTON のオーディオボード「AB-500」を敷いてます。「sa1.0」は 4本足のまま。「SA-15S2」と「sa1.0」の間のケーブルは「MOGAMI 2534」を使っています。

出てきた音を聴いて感じたのは、特に癖も感じられず非常に素直な音という印象。また、定位感、奥行き感、広がり感がとっても良いと感じました。聴いていてとても気持ちがよくなりました。

続いて、カーペンターズの「singles 1969-1981」などを再生しましたが、カレンの声が高域まできれいにのびていてこれまた気持ちよいのです。

趣味のオーディオというのは上を見ても下を見てもキリのないものだと思いますし、基本的には自己満足なものなんでしょうけど、このシステムにはとっても満足しました。いやぁ嬉しいなぁ。

いい音、いい音楽は心を豊かにする。そんなことを実感して幸せな気持ちになれました。確実に CD で音楽を聴く機会が増えそうです。

Apple のタブレットは 3サイズで Mac OS X で動く?

TechCrunch Japan「[CG]アップルタブレットが(3モデルとも?)本格的OS Xを搭載するというウワサ」の記事から。

噂は続くよどこまでも…

アップルタブレットのウワサがまたひとつ加わった。Gizmodoの「常に100%信頼できる情報ソース」によれば、アップルはこれまでウワサのあった10インチのほかに13インチと15インチのタブレットも製造しており、うちひとつは本格的なOS X 10.5を搭載するのだそうだ。

via: [CG]アップルタブレットが(3モデルとも?)本格的OS Xを搭載するというウワサ

タブレットサイズが 3サイズになって、OS は Mac OS X が載るそうだ。

記事にもあるように、モデルごとに OS を変えるなんてことは Apple がやるとは思えないので、どれかに OS X が載るなら全部 OS X になるんだろう。

しかし、この噂が本当であれば、MacBook と何だかまともにぶつかりそうだが… その点、どうなのかな?