Google はネットブックにどういう回答を出すのだろう?

TechCrunch Japan「iPadとChrome OS搭載ネットブックは正面衝突する」の記事から。

一方Googleも、ノート機とケータイとの間の市場をねらうと決断している。しかもAppleがアンチネットブックであるのに対して、Googleはネットブック大歓迎だ。Googleは、ネットブックを使いやすく高性能にする製品を出すつもりだ。Google OSもまさにその構想の一環であり、そのことは昨年末の、このOSの発表会の席でも明言された。

via: iPadとChrome OS搭載ネットブックは正面衝突する

う〜ん Chrome OS搭載ネットブックって結局、OS が変わっただけで使い勝手が大きく変わるとは思えないんだけど… 何かあるのかな?

ネットブックを欲する層って処理能力が劣ることを承知してサイズの小ささなんかにメリットを見いだして選んでるちゃんと分かってる人たちと、とにかく安いからって理由で求める人に分かれるてるんじゃないかと思うんだけど、どうだろう?

当然、後者の人は処理能力に不満を持つから、満足することはないんだと思うんだよねぇ。これは見た目が同じ Windows だというところも大きいじゃないかなって気がする。となると、Chrome OS も同じ GUI であればあまり状況は変わらない気がするんだけどなぁ…

なので、アップルは見た目は異なる iPhone OS を載せた iPad という回答を用意したんだと思うし、少なくとも何も分からずにネットブックと間違って購入する人っていうのは格段に少なくなると思うんだな。

Googleは、Chrome OS搭載のネットブックは現在のネットブックよりも良い、なぜなら、大きめのキーボードの導入をはじめ、従来のネットブックとは違う基本仕様をGoogleがメーカー企業に対して詳細に指示しているからだ、と言っている。でもChrome OSを乗せたネットブックは、かっこよさではiPadのマルチタッチスクリーンにかなわないだろう。しかし一方では、ユーザがすでに慣れ親しんでいるPCやノート機と同じ使用感を与えるから、多くの人が手を出しやすいだろう。

via: iPadとChrome OS搭載ネットブックは正面衝突する

どんな回答を具体的に用意するんだろうか?

アマゾンは本当に反エコロジーなの?

ガジェット通信「Amazonは反エコロジーな意味で「かなり異常」」の記事から。

自分もそう思っていた時期がありました。

どう考えても、iPhone用超小型補助バッテリーに合った箱の大きさではない。質量的に考えておかしい。極端な話、プチプチに包んで封書に入れて定形外郵便で出してもいいくらいのサイズである。炊飯ジャーや加湿器などのちょっとした家電を入れて送れるサイズの箱に、重さ数グラムのiPhone用超小型補助バッテリーを入れて送っている『Amazon.co.jp』。

via: Amazonは反エコロジーな意味で「かなり異常」 – ガジェット通信

こういう経験はアマゾンを利用したことある人なら誰でも一度や二度ならず思ったことがあるでしょう。で、それだけを見てると一見、正論のように思えるんだけど…

一度ツィートしたかどっかに書いたか忘れちゃったんだけど自分の疑問に対して教えてもらったのが、アマゾン内部のルールで何種類かの梱包が用意されていて場合によって一番効率の良い方法が使われているらしいとのこと。「なるほど」と思っても、目の前のでかい箱を目にすると「う〜ん」となっちゃうんだけど、もうちょっと視点を広げてみるとどうなんだろうか?

例えばアマゾン内部の効率化、人件費。これによってユーザーは安く購入できる恩恵を受けてないか?梱包コスト、配送・運送コスト、運搬車の積載効率、配送ルート、それによる CO2 の排出量など。これを考えた時に、いちいち商品の大きさによって梱包材から方法、サイズまで最適化するよりもずっと効率が良くて、結果、環境に優しいことになっていないだろうか?

この記事は東京産業新聞社が掲載しているようだけど、一応、新聞社というプロなら、ド素人の自分でも感じるような疑問で終わらせないでちゃんとアマゾンに取材するなりしてもうちょっと掘り下げるべきじゃないのかね?

とりあえずそれは横においといて、エネルギー効率を上げることや環境負荷を下げることは大事なことではあると思う。ただ昨今の CO2 排出量の削減目標などちょっと行き過ぎているんじゃないだろうか?すでに目的自体がすり替わってしまっているような気がしている。

NASA が「NASA Study Acknowledges Solar Cycle, Not Man, Responsible for Past Warming」という「過去の温暖化の原因は、人的なものではなく、太陽活動の影響である」と言う内容の Report を去年出しているんだけど、マスコミが取り上げているのをテレビをほとんど観ないこともあって、不幸にもお目にかかった記憶がない。

NASA は今の温暖化も同じという主張をしてたと思うし、同じ主張をしている所謂、専門家もいるようなんだけど、やっぱり世のメインは CO2 削減で車や家電メーカーをはじめどこもかしこもそうなってる。

まぁそういうことに熱心に取り組むことは間違っているわけじゃないし、そういう主流にのっておけば批判されることもないし、商売にもなるんだろうけど、行き過ぎはどっかに歪みを産むと思うんだよね。

そろそろもうちょっと客観的に冷静に分析した方がいいじゃないだろうかね。

アップル Book Store とアマゾン Kindle Store の価格差はどうなる?

INTERNET Watch「米Appleの電子書籍ストアは、Kindleよりも高めの価格設定?」の記事から。

日本では当面、期待薄な感じなんでアレなんですが…

デモ画面に映った書籍の価格設定は興味深い。最も多かった価格は12.99ドルだった(11冊中6冊)。これらの書籍は、Amazon Kindle Storeではたいていの場合11.99ドルと、1ドル低い価格で販売されていた。

via: 米Appleの電子書籍ストアは、Kindleよりも高めの価格設定? -INTERNET Watch

ちょっとソースを失念してしまいましたが、同等か安く提供するっていう話も出ているようなので、オープンまではまだ調整が続くんじゃないでしょうかね。まぁ安くすれば、アマゾンが価格改定をしてきそうな気もしますが、どうかな?

Appleはまた、電子書籍フォーマットとして「ePub」を採用すると発表した。これは、電子書籍のためのオープン標準規格であり、基本的には内部にXHTMLを使用している。

via: 米Appleの電子書籍ストアは、Kindleよりも高めの価格設定? -INTERNET Watch

こちらでもアップルはオープン規格を採用してきましたね。「Google Books」でも同じフォーマットを採用しているようですが、Kindle はこの ePub フォーマットに対応していないとのこと。これがどう影響してくるのか?この辺もビジネスモデルを考える上でも気になるところじゃないでしょうか。

まぁ iPad は単なる電子書籍リーダーではなく機能の一部に過ぎませし、おそらく自分で PDF 化した書籍を何らかのアプリで読むことは可能でしょうから、iPad の購入に躊躇することはないと思いますが… 日本でも提供されることを願いたいものです。

Twitter と Facebook と mixi

TechCrunch Japan「[jp] mixiは、mixi日記成功の呪縛から解き放たれることはできるか。」の記事から。

自分も Twitter にツィートするようになってすっかり mixi で日記を書くことがなくなりました…

mixi日記が登場した当時、ブログ的な日記を書くという機能と、友達の最新日記が見れるというRSSリーダー的な機能、さらに足跡機能で「日記」を見たという確認機能をひとつのサービスに統合していたのは実に革新的なアプローチだった。ただ、時代の中心がモバイルからの投稿に移るに従い、件名と本文という形式で日に1〜2回更新される日記から、分単位で投稿するショートメッセージのマイクロブログ形式に世の中がシフトしつつある。日記を中心としたmixiのタイムラインは、更新速度の面でTwitter的なタイムラインにその地位を奪われつつあるのだ。

via: [jp] mixiは、mixi日記成功の呪縛から解き放たれることはできるか。

自分の場合、mixi にアクセスするのはアプリをするのと、マイミクの日記を読むためだけって感じになってきてますね。

デザイン変更が先日行われましたが、自分には改悪って感じがありましたし、表示の重みづけがユーザー視点に立っていないような気がします。

記事では Facebook の取り組みが紹介されていますが、mixi にもそういう取り組みが必要だと感じます。Twitter のまねごと機能を単に導入すればいいってもんじゃない。

TwitterやFacebookが教えてくれているのは、利用者が見たいのは「日記」や「写真」など特定の機能のコンテンツではなく、自分がフォローしている相手や自分の友人の最新情報や行動だったという事実。実はその表現方法は必ずしも文章でなくとも良く、時には単なる位置情報やアプリの更新情報からコミュニケーションが始まることもある。

via: [jp] mixiは、mixi日記成功の呪縛から解き放たれることはできるか。

iPad で実現した内容はどこまで次期 iPhone に反映されるか?

TechCrunch Japan「iPadは次世代iPhoneの予告編だ」の記事から。

iPad を受けて次期 iPhone はどうなるのか?」なんてエントリーもあげているので、かぶるところもありますが、こういう視点もあるかということで、エントリー。なんつっても自分にとって今年は新 iPhone なのだ。

実はiPhoneを今持ってる人たちこそが、iPadにいちばんコーフンすべきなのだ。買う気はなくてもね。発売の前からiPadは、iPhone OSに対する…そしていずれはiPhone本体に対する…さまざまな変更を匂わせていた。

via: iPadは次世代iPhoneの予告編だ

ということで、ここで挙げられているのは以下の点。

  1. Bluetoothキーボードのサポート → 本当にマジでお願いします m(_ _)m
  2. サードパーティアプリがデスクトップとファイルを同期化 → コンピュータとiPadのサードパーティアプリケーションのフォルダのあいだで、ファイルをドラッグ&ドロップできるらしいです。挙げられてる例が今一つですけど。
  3. アプリケーションが独自のファイルタイプをサポートできる → 今のiPhoneではメールのファイルをサードパーティアプリが開くことはできないが、iPhone OS 3.2,ではそれができるそうな。これは便利になりそうですな。
  4. PDF の作成をサポート → iPad で iWork が使えるようになるけど、Mac OS X みたいに OS で PDF が作れるようになってるのかな?これも便利になるには違いない。
  5. 1ギガヘルツのA4プロセッサ → まぁこれは確実に採用されるってことで、ひとつ。

とにもかくにも 1と5 は実現して欲しいなぁと思う今日この頃です。

iPad。ドコモはどう動くんだろう?

ITmedia「iPadやKindle、「どう対応するかを検討している」とドコモの山田社長」の記事から。

iPadについては「興味を持っている。ぜひ前向きに取り組んでいきたい」とし、iPhoneの発売についても「あきらめたわけではない」と意欲を見せた。電子書籍専用端末については「結論として、(デバイスを)つくるところになっていないのは事実。電子書籍も含めて、新たな風に対してチャレンジ項目を立てていきたい」と意気込んだ。

via: iPadやKindle、「どう対応するかを検討している」とドコモの山田社長 – ITmedia プロフェッショナル モバイル

なんだかなぁ〜ドコモは… って感じがすっかり染みついちゃったんですけど… :-p

ま〜だ iPhone のことは「あきらめたわけではない」って繰り返すのね。まぁその内、本当になるのかもしれないけどさ。こんだけ時間があったんだからちっとはトップ自ら使ってんのかな?孫さんくらい情熱が欲しいよね。

iPad にしてもそうだけど、結局、データ通信量で儲けたいだけって感じしか受けない。

シェア 50%近くをもつキャリアとしては、イニシアチブをもってまともな電子書籍市場を立ち上げるべく奔走するとか、そういう本気さを見せて欲しいもんだよ。

しかし、ソフトバンクから何もコメントが出てこないところから考えると、ドコモは先日の発表で iPad のことを知って、SB はそれ以前から知ってて NDA の関係で黙ってるっていう気もしてくるな。

やっぱり iPad は SB からになるのかしら。まぁ iPad はキャリアに縛られるべきではないという気がするけれども…

「あれもない。これもない」はもう聞き飽きた

ITmedia「FlashもUSBもないiPad——Apple製品じゃなかったら売れない (1/2)」の記事から。

う〜ん、いつか来た道?

iPadがAppleから提供されるという事実は、同製品の最大の長所だ。背面にAppleのロゴがついていなかったら、27日のような注目は集められなかっただろうし、今日の給湯室の話題にもなっていないだろう。Appleのおかげで、決して革命的でないデバイスが、ほかのどの製品でも不可能なほどの話題を集めたのだ。

AppleロゴがなかったらiPadは失敗するだろう。そう考える理由を見ていこう。

via: FlashもUSBもないiPad——Apple製品じゃなかったら売れない (1/2) – ITmedia エンタープライズ

あ〜 iPhone が発売された頃を思いだしますな〜 あれがない。これがない。絶対売れっこない。と叩かれまくりましたが、結果はご存知の通り。こりゃ iPad もヒットするんだろうなw

ソフトバンクから携帯や iPhone 向け「Wi-Fiバリュープラン」が発表

ケータイ Watch「ソフトバンク、携帯やiPhone向け「Wi-Fiバリュープラン」発表」の記事から。

iPhone for everybody」キャンペーンは明日までですね。こちらがいいと思う人はお早めに。

ソフトバンクモバイルは、無線LANサービス「ケータイWi-Fi」対応端末とiPhone向けに、端末本体価格が割り引きされる定額パケットオプション「Wi-Fiバリュープラン」「Wi-Fiバリュープラン(i)」を2月1日から提供する。

via: ソフトバンク、携帯やiPhone向け「Wi-Fiバリュープラン」発表 – ケータイ Watch

「iPhone for everybody キャンペーン」との違いは、パケット定額料金が 2段階になってないってところなのかな?

ソフトバンクでは、iPhone割引キャンペーン「iPhone for everybodyキャンペーン」を展開しているが、このキャンペーンは1月31日に終了する。このため、2月1日以降にiPhoneをこれまで通り分割購入した場合、端末支払い額が0円〜とならなくなる場合がある。今回の「Wi-Fiバリュープラン(i)」を契約することで、ソフトバンクの言う「実質負担額」が2月1日以降も16GB版が0円、32GB版が480円で購入できるとしている。

なお、「Wi-Fiバリュープラン(i)」では、現行の「パケット定額フル」(月額1029〜5980円)と比較すると、下限の料金が値上がりして上限額が値下がりしている。

via: ソフトバンク、携帯やiPhone向け「Wi-Fiバリュープラン」発表 – ケータイ Watch

金額も異なるようですね。iPhone を使おうと考えている人は大抵、パケットは上限に行っちゃうことの方が多いと思うので、「Wi-Fiバリュープラン(i)」の方がお得なのかな?

契約しようと考えている方は自分の使い方をシミュレーションしてよく考えてみてくださいね。しかし相変わらず携帯の料金体系は難しいw

Adobe のあがき?iPad の Flash 非対応を批判

ITmedia「「大事なものが欠けている」——Adobe幹部、iPadのFlash非対応を批判」の記事から。

う〜ん、Adobe も必死って感じ?

「消費者とコンテンツをつなぐAppleのアプローチには、重要なものが欠けている。同社は依然として、自社のデバイスでコンテンツ企業と消費者の両方に対する制限を課しているようだ」と、AdobeのFlash担当マーケティングマネジャー、エイドリアン・ラドウィグ氏はこの日、iPadについて自身のブログで述べている。

同氏は、Flashサポートがないため、iPadユーザーは多くのWebコンテンツにアクセスできないと指摘。Webゲームの70%、オンラインビデオの75%がiPadでは利用できないとしている。「iPadでDisneyやHulu、その他多数のWebサイトにアクセスしたいと思っても、うまくいかないだろう」

via: 「大事なものが欠けている」——Adobe幹部、iPadのFlash非対応を批判 – ITmedia News

アップルは以前は独自規格を推し進めていましたが、初代 iMac の発表以降(で良かったかな?)大きく舵を切り、今では標準規格を採用することが多くなりました。Safari が WebKit を採用していることはご存知の通りです。

iPhone ではいろいろと理由をつけて Flash をサポートしていません。iPad でも同様になりました。

この背景にはアップルは仕様策定グループに参加もしている HTML5 をサポートして推し進めていこうとしているということがあるのでしょう。HTML5 では video タグ、canvas タグ、CSS アニメーションなどがサポートされ、これらをサポートしたブラウザーが普及してくれば Flash は不要になるということです。

こうなると困るのは Adobe ということで、こういう発言に繋がっているということなんでしょうね。確かに Flash がないとプレイできないゲームなどが現状、多いことは事実でしょうが、YouTube を傘下に持つ、Google も基本的にはアップルと同じスタンスだと考えられるので、動画が脱 Flash の流れに乗っているのは間違いないのでは?という気がします。

iPhone/iPod touch の YouTube アプリは Flash を使っていないので、依存してるってわけでもなさそうですしね。もちろん iPad に標準でインストールされている YouTube アプリも同じことでしょう。

iTS で ID なりすましの恐れ?

asahi.com「iTunes、IDなりすましの恐れ アップル社調査」の記事から。

iTunes の利用で不正請求被害があるようです」のエントリーでも取り上げた iTuns の利用で不正請求があったというお話の続報です。

代金の不当請求被害が多発しているアップル社の音楽配信サイト「iTunes(アイチューンズ) Store(ストア)(iTS)」で、一定の条件がそろうと、見ず知らずの他人に自分名義で音楽ファイルなどを買われる状態になる恐れがあることがわかった。パスワードを変える際の本人確認が不十分な可能性があり、同社も事実関係の調査を始めた。

via: asahi.com(朝日新聞社):iTunes、IDなりすましの恐れ アップル社調査 – ネット・ウイルス – デジタル

てなことで、アップルが調査を始めたそうです。まぁこれ自体は事態の進捗があって良かったと言えそうですが。

iTS の ID はメールアドレスだと思うのですが、2つ目の事例はそのメールアドレスを間違えちゃったってことになるのかな?そうであれば今回の件に限らず、どこの会員制のサイトでも起こりうることだと思いますが。アドレスに間違いがないかなどの確認はしっかりしたいところです。

ネット専業を含む国内502社が加入する日本通信販売協会によると、通販サイトのパスワードを変える際、本人確認の仕方には統一した決まりはないという。IDにメールアドレスを使う場合は、入力を間違えないのはもちろん、プロバイダー変更などでアドレスが変わったときは、登録したIDも必ず変えてほしいとしている。事業者によっては、本人の申請によって登録した個人情報を消去するところもあり、通販サイトを使わなくなるときは消去依頼をするのもトラブル防止に有効だという。

via: asahi.com(朝日新聞社):iTunes、IDなりすましの恐れ アップル社調査 – ネット・ウイルス – デジタル