「関西 Twitter サミット」に行ってきた

関西Twitterサミット」に運良く参加できました。

あまりプログラムの内容を理解してなかったんですが (^^;; 「関西企業アカウントと”中の人”の取り組み」と「Twitterと関西メディアのこれから」の 2部構成。

テレビ局も 3局だったかな、カメラが入っていてビックリしましたw

関西 Twitter サミット

1部の「関西企業アカウントと”中の人”の取り組み」は結構、真面目な感じのトークでもっとくだけた感じを想像してた自分は「やっぱり”サミット”と名のつくことはあるのだな」と妙な感心をしておりました。

休憩を挟んだ 2部は「Twitterと関西メディアのこれから」ということで、雑誌、テレビ、ラジオ、芸能とメディアの方が登場して Twitter の使われ方の話なんかをされていました。こちらの方がイメージに近かったかな。

関西 Twitter サミット

個人的に印象に残ったのは、雑誌に関わっておられる方が話された「140文字という限られた中で伝えたいことを書くことでライターが鍛えられる」という旨のお話をされたことと、津田さんが仰った「Twitter はライターにとってライブ」ということ。

特に前者の方は、自分には「なるほど。そういう視点もあるのか」という感じで、合点がいきました。

自分もこうしてブログを続けているのは、多少なりとも文章が上手くなりたいということも理由の一つにはあるのです(その割には進歩してませんが…)が、Twitter でもそういう視点で限られた中で如何に多くの情報をフォロワーに伝えるかということは大事なことだなと思いました。もっともそう思ってもそんな有益なツィートは滅多にできませんが… (^^;;

関西圏では関東圏に比べるとこうしたイベントは少ないと思うのですが、もっとこうしていろんなイベントの機会が増えると嬉しいですね。

MacBook Pro(Mid 2010)開封

Web サイト、ブログを運営してきて十数年。もちろんこの間、少ないながらも新しい Mac を何台か購入してきているわけですけど「開封の儀」みたいなことは載っけたことがありません。

新モデルが発売になってすぐ飛びつくことはほとんどなかったというのが、大きな理由の一つでしょうかね。自分が購入する時には大抵は他のサイトさんでいくらでも出ているので。

今回の icon15インチ MacBook Pro(Mid 2010)は自分としては比較的、早いタイミングでの購入になりましたが、自分の TL で「楽しみにしてます」とツィートしてくださる方もいらっしゃったことなので、エントリーにしてみます。

さて、こちらも個人的には十年以上ぶりに購入したノート型の Mac となるのですが、その時に購入した PBG3/300 の箱の大きさと比べてみましょうか。

MacBook Pro と PowerBookG3/300 の箱のサイズ比較

MacBook Pro と PowerBookG3/300 の箱のサイズ比較

PBG3/300 の方は 14.1 インチで筐体のサイズももちろん違うので単純に比較するのもあれかもしれませんが、それにしても小さくなりました。

箱の厚みは三分の一、PBG3の箱の縦と MacBook Pro の箱の横がほぼ同じなので体積比では四分の一かそれ以下になっているでしょうか?これで梱包コスト、輸送コストなんかはどれくらい削減されているんでしょうかね。月日の流れを感じます。

箱の中の MacBook Pro

箱を開けると目の前に現れる真新しい MacBook Pro。実にシンプルな梱包になったんですねぇ。

MacBook Pro の箱のクッション

外側に当たる箱のフタの部分にはクッションが箱に直に取り付けられてますね。なるほど。

MacBook Pro アクセサリー

MacBook Pro の下には AC アダプタとコード、黒いところには取説とインストール DVD などが収められてます。

クッションの役割を果たす段ボールとかは一切使われなくなっているんですねぇ。自分は Mac の箱も基本的に捨てたことはないのですが、ゴミとして出す場合もゴミが少なくて良いですね。

こういったところもしっかり進化してるのは感心しますです。

さて、電源を入れてとりあえず使えるようにしなくては。

iPhone 旧機種ユーザーの三分の一が使用継続

マイコミジャーナル「最新OSサポート終了の初代iPhone、旧機種ユーザーの1/3が使い続けている!?」の記事から。

iPhone 機種別シェア

米AdMobは27日(現地時間)、2010年3月のモバイル市場調査レポートを発表した。同レポートではAndroidならびにiPhoneのOS別/機種別シェアについての推移や現状が報告されている。またある分析はこのレポートに触れ、最新OSへのアップデート終了が表明された初代iPhoneのユーザー動向についてその3分の2が新機種への移行またはiPhoneの利用を取り止める一方で、残りの3分の1はまだ旧機種を大事に使い続けていると予測している。

via: 最新OSサポート終了の初代iPhone、旧機種ユーザーの1/3が使い続けている!? | パソコン | マイコミジャーナル

機能やハードが強化されようが、自分には必要なければその端末を使い続けるユーザーは一定層いるってことの一例になるでしょうかね。

普通の携帯同様、愛着もあるし壊れてもいないんだから買い替える必要がないってことになるのかな?ユーザーがその端末に何を求めているかということで左右されることでしょうから、本人が良ければそれでいいじゃんってことですよね。

3G ユーザーの自分は、なぜか最近、フリック入力中にプチフリーズ状態になって入力が反映されなくなったり、入力画面でキーボードが出てくる様子が目に見えて遅いとか、ちょっとストレスに感じる場面が増えてきました。

もちろんこのタイミングで 3GS に変更という選択肢はないだろうと思うので、来月の WWDC が楽しみなわけですが、早く新機種来て〜

インスタントコーヒーメーカー・ネスカフェ バリスタを購入

我が家では夫婦揃ってコーヒーも紅茶も毎日、飲むのですが、銘柄とかインスタントは NG とかのこだわりは 2人ともありません。

飲みたい時には普通のヤカンでお湯を沸かし、紅茶パックを使ったりインスタントコーヒーにしたり、たまにはリーフティをいれることがあるという感じ。

それで以前からネスカフェの TV CM を見るたびに気になってたのが CM の内容よりもそこに出てくるコーヒーメーカーだったんですよ。何かおしゃれだなぁと思って「どこのメーカーのだろう?」ってずっと気になってたんですよね〜

ネスカフェ バリスタ

と、その辺のくだりは「「家電芸人」で気になった家電2つ」のエントリーでも書きましたが、価格も思ってたよりも安いかったし、何より例によってデザインから入っているw自分はかなり購入意欲ゲージが大幅アップ。

相方と話をしていたら相方も気に入ったようなので購入することにしたのですが、取り扱っているのはイオン系だけのよう。実店舗は近くにないのでオンラインでと思ったら、イオンの方は売り切れ、ネスカフェの方は先着 3000台限定で予約受付中ということだったので、予約。受理されたのかもう一つ不安だったのですが、最近になって発注のお知らせとかが届いて、本日我が家に到着しました。

ネスカフェ バリスタ

カフェラッテをいれてみたんですが、まず先にいれた牛乳を熱湯ジェットで泡立ててくれて、その後、コーヒーが入って出来上がり。この間、わずか数分です。

ネスカフェ バリスタでいれたカフェラッテ

牛乳が入っているせいだと思うのですが、自分にはちょっとぬるいように感じましたが、相方にはちょうどいいということだったので、ここは個人差でしょうか。

カフェラッテ自体は非常にマイルドな感じで、個人的には十分満足できましたので、次は別のメニューを試したいと思います。

インスタントコーヒーメーカーでそれも使える豆の種類が決まっているので、こだわりのある方には全く向かない製品だとは思います。

しかし、水からあっという間にお湯が沸く点、コーヒーの入れ替えの手軽さ、コーヒーを入れる手間の軽減など、とにかく簡単に手軽に早くコーヒーを飲みたいという人にはとってもお勧めできる製品だと思います。

ネスカフェ バリスタ

この製品、どうやら人気のようで「品薄状態についてのお詫び」が掲載されているくらいなので、売れているのでしょうね。

ネスレ通販 オンラインショップではまた先着 3000台で 5月1日8時から受付開始となっているので、興味とご関心のある方は一度、ご覧くださいませ。

WWDC 2010 が 6月7日から開催。iPhone 発表はあるか?

ITmedia「Apple WWDC 2010を6月7日から開催」の記事から。

WWDC 2010

ん?予定が早まったの?

米Appleが4月28日、開発者向けの年次イベント「Worldwide Developer Conference(WWDC)2010」を、6月6日から11日までサンフランシスコで開催すると発表した。例年どおり、会場はモスコーニセンターのモスコーニ・ウエスト。チケットは1599ドル。

via: Apple WWDC 2010を6月7日から開催 – ITmedia +D モバイル

例年よりも発表が遅かったんでしょうかね?それでチケットとったりと慌ただしくされていた方も、自分の TL にもちらほらいらっしゃいました。

素直に受け取ればこの場で、次期 iPhone の発表があるだろうと期待ができますから、楽しみです。

リークの件で思わぬ方向に騒ぎになっていますが、本当に本物だったのかフェイクだったのかというところも見どころでしょうか?

しかし、以前、6月28日発表説が出ていましたが、ひょっとして 28日発売だったということになるんでしょうか?あるいは完全にガセだったという可能性もあるわけですが… どうなるんでしょうね?22日に発表があって発売が「Today」だったりしたら、言うことないですけど、7日は月曜日か…

ドコモから iPad 用の SIM カードが発売になるらしい

ITmedia「ドコモ、iPad用SIMカード発売へ」の記事から。

「iPadはSIMロックフリーと聞いている。iPadでドコモ回線を使いたい人がいれば提供したい」——NTTドコモの山田隆持社長は4月28日の決算発表会で、iPad向けのSIMカード発売に向けて準備を進めていると話した。

via: ドコモ、iPad用SIMカード発売へ – ITmedia News

まだ発売日も発表されていないのにこうして発言をしたことから考えると、アップルとは話をしてないんだろうなぁという感じがしてしまいます。

山田社長はiPadを「高級Netbook」と位置づけ、PC用データ回線のイメージで回線提供する考えで、iPad用の小型SIMカードの発売準備を進めているという。

via: ドコモ、iPad用SIMカード発売へ – ITmedia News

しかし iPad のことを「高級Netbook」とか、正しくは micro SIM だと思うんですが「ミニ SIM カード」と発言したそうで、意図があるのかないのか?

何らかの意図があるとすればそれはそれで大したものだとw思いますが、単純に受け取ると「分かっとらんな〜」という印象しか残りませんね。

実際にドコモ回線が使えるようになれば喜ぶ方は多いんでしょうけど、iPhone や他のスマートフォンに対する発言などをみていて、自社で扱っている製品に対する愛情とか熱心さとかを感じられなくて、自分はすっかり嫌悪感を抱くようになっちゃいました :-p

ひょっとしてもしかして次期 iPhone の購入方法が変わるかも?

そんなわけで、本日、心斎橋のアップルストアに行ってきたわけなのですが…

先週の土曜日とは 1F のレイアウトが変わっておりまして、アクセサリー類のスペースがなくなっていて「iPhone アクティベーションゾーン」というのが設けられておりました。はて?これはどういうことなんだろうか?

アップルストア心斎橋の iPhone アクティベーションゾーン

希望的観測から勝手な妄想をしてみると…

  • 次期 iPhone はアップルストアでも購入可能になる
  • この時期にこうしたエリアが設けられたことから、次期 iPhone の発売は案外、早いんじゃないか?

なんてことが考えられるでしょうか?はい、もちろん根拠はありませんよw

米国のアップルストアでは iPhone が購入可能ですから、ようやく日本でも準備が整ったという可能性はあってもおかしくないですよね。

もっとも、こうしたエリアが設けられたことは単に 3G/3GS の修理の対応のために対応できる端末を増やしたということも考えられるわけですが、心斎橋のジーニアスバーは 2F にありますし、端末だけ 1F っていうのもなんか不自然な気もします。

それになぜこの時期なのか?ってところも引っかかります。対応を増強するためならもっと早くできたと思いますから。

まぁ何の情報源もない一個人の妄想にすぎませんが、こんなことから色々妄想できるのも楽しみの一つでしょうか(笑)

もし本当に次期 iPhone がアップルストアで購入可能になれば、イヤな気分になる経験をする購入予定者も減るかもしれませんしね :-p

15インチ MacBook Pro(Mid 2010)を購入

先日の「独断と偏見と妄想による個人的、今年のアップル製品購入タイミングはこうなる?」のエントリーで「iPhone が発売されたのと同じくらいの時期に購入」するつもりと書いていた「icon15インチ MacBook Pro」を心斎橋のアップルストアで購入してきました。

15インチのMacBook Pro mid 2010

リアルアップルストアで Mac を購入したのは初めて。ストアで Mac を購入すると出入り口まで見送ってくれるんですね。何だか気恥ずかしかったです。嬉しくもありますが。それと店員さんとも雑談めいたこともするわけですけど、古い Mac の話なんかも普通にできるしやっぱりここで買物するのは気分も良いし楽しいですね。こういう体験が出来るお店は Mac に限らずそうそうないと思うんで、もっとアップルストアが全国に増えるといいんですが。

それはともかくもちろんまだ購入するつもりがあったわけではなく、15インチのハイレゾがどんな感じなのかというのを確認したくて足を運んだに過ぎなかったんですけど、店員さんに「15インチのアンチグレアでハイレゾで Core i7 で US キーボードの MacBook Pro ってこちらで購入できるんですか?」って尋ねてみると「ちょっとお待ちください」ということになり「在庫が 1台だけあります」「じゃぁ…」(っておいっ!!w)という流れになりまして購入と相成りました。

まぁ時間を置いて購入する意味が特別あったわけでないので、早く手に入れて早く使って楽しむってことがいいですね (笑)

そんなわけで購入した MacBook Pro のスペックは、

  • 2.66GHz Intel Core i7
  • 4GB 1066MHz DDR3 SDRAM – 2x2GB
  • 500GB Serial ATA Drive @ 5400 rpm
  • SuperDrive 8x (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
  • MacBook Pro 15インチ 高解像度ワイドスクリーンディスプレイ(非光沢)
  • バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル

となりました。これで「あと 10年は戦える」?

店員さんとお話ししている中で、この仕様のモデルがなのか MacBook Pro そのものがというところは曖昧なまま話してたんですが、世界的に人気があるそうで、ちょっと品薄のようです。ストア内も各 MacBook Pro の前には常に人がいるような状況で関心が高そうでしたね。やっぱり Core i シリーズのモデルは待たれてたんでしょうねぇ。

【PC Watch】 【新MacBook Proレビュー】Core iシリーズを搭載してパフォーマンス大幅向上 〜新たに搭載されたグラフィックス自動切り替えとは?」の記事には、

なお、職種の関係ということも大いにあるが、筆者の知人を中心にした購入者、購入予定者では高解像度のアンチグレアタイプが圧倒的な人気を誇る。そうした側面もあってか、AppleStoreの実店舗やCTOが可能な量販店ではこのカスタマイズモデルを実際に展示したり在庫として持っているケースも多いようだ。

via: 【PC Watch】 【新MacBook Proレビュー】Core iシリーズを搭載してパフォーマンス大幅向上 〜新たに搭載されたグラフィックス自動切り替えとは?

とあるので、カスタマイズ仕様の人気が高いのかな。

さて個人的にはノート型の Mac を購入したのは PB540c、PBG3/300 に続き 3台目で実に十数年ぶり。レジで「WallStreet 系のデザインが好きで…」なんて話をしてたら店員さんも「一番好きです」と同意してくれたりして嬉しかったなぁ。

前倒しで購入した MacBook Pro ですが、とりあえずは開発環境だけは整えて GW 中の帰省なんかの時も iPhone アプリの開発の勉強をできるようにだけはして使い始めたいと思います。返って GW 前で良かったんだろうな。

もちろん、将来的にはメインの環境にすると思うのでどういう環境にするかはゆっくり考えたいと思います。

iPad で生涯購入枚数が決まってるの?

ITmedia「iPadは一生に2つまでしか買えない?」の記事から。

友人のために多数のiPadを購入しようとした米国の男性が、「一生涯の購入制限」に達したとして、iPadを売ってもらえなくなったと自身のブログで報告している。Protocol Snowというハンドル名のこの男性は、iPadを2〜3台購入して米国外の友人に送った後、さらにもう何台か予約してAppleストアに受け取りに行った。ところが店員は彼の購入記録を見て、「iPadは1人につき2台までしか買えない。あなたは生涯購入制限を超えてしまった。もう今後一切iPadは買えない」と彼に告げた。

自分の記憶では 1日に 2枚までとどこかで見た記憶があるんだけど、「一生涯」ってどういうこと?w

「Appleストア店員」を自称する人物はこのニュースについて、「この店員は勘違いをしている。1日1人2台までで、生涯の購入制限は10台までだ」とコメントしている。

「あんたも勘違いしてるだろ?」と誰かつっこめよって感じですけど、これ毎年 iPad がバージョンアップして家族全員が使ってたりしたら、すぐに購入できなくなっちゃうじゃない?

「生涯購入制限」なんか設けられたら、メーカーにもユーザーにもメリットなんかないと思うんだけど、どっからこんな話がでてくるんだろう?不思議だ。

「Visa 2010 FIFA ワールドカップ応援キャンペーン」が実施中

PR by ブログタイムズ

もう 4月も終わろうとしているのに暑いのか寒いのかわけの分からん気候が続いておりますね。さてこれからの季節、アウトドア派にとってはべーベキューだキャンプだと良い季節になるんじゃないでしょうか?

キャンプで料理

自分も友人・知人と河川敷でバーベキューとかキャンプに行ったりとかしましたが、最近はすっかりご無沙汰で… 大勢で騒いだり、ご飯を作って食べるっていうのは楽しい体験ですね。

さて、大勢で楽しむイベントといえばこれからはサマフェスだったり色々あるでしょうが、今年はなんつってもサッカーの W杯の年でありますよ。

まぁ日本代表は個人的にはどうも期待できそうにないのがとても残念ですが、現地に行けないファンとしては一人でテレビを観てるよりパブリックビューイングなんかで、わーわー言いながら観たいもんです。いろんな体験をみんなで共有できるのがいいですよね。

その W杯の日本戦をさいたまスーパーアリーナなどで行われるパブリックビューイング招待券や、現 地応援ツアーが当たる、「Visa 2010 FIFA ワールドカップ応援キャンペーン」が実施中です。(リンク:http://www.visa-news.jp/count/fifa_2010/to_visa/from_blogtimes.html

このキャンペーンでは、抽選で 10組 20名が南アフリカの観戦ツアーへ招待されるほか、6月19日(土)開催予定の日本 vs オランダ戦の大型観戦イベントへ総計1,000名を招待するなどの賞品が用意されています。

W杯は楽しみなんですが、個人的にはどこに焦点を当てましょうか… (^^;;

ブログタイムズ