「Atomic Floyd SuperDarts + Remote」を購入

いつかは「これっ!」っていう高級カナルの分野(自分としては 3万円〜5万円っていうところか)のイヤホンを一本くらいは手に入れたいと思い続けてきたのだけど、「Atomic Floyd SuperDarts + Remote」を購入。

決して少なくないこの高級カナルイヤホンの分野。どれを購入したら良いのか迷い続けてきたのだけど、そこに出てきたのが、「Atomic Floyd」というメーカーだった。

「Atomic Floyd」は英国のメーカー。フォーカルポイントの恩田氏のブログ「日本初上陸!英国のオーディーメーカー「Atomic Floyd」製品を取扱開始!」のエントリーを読んで、その存在を知った。

詳細はエントリーに譲るとして、俄然、興味を惹かれるメーカーとなった。購入された方も高評価されている方が多いという印象を持っている。

それ以来、気になり続けていたんだけど、ちょうど最高級モデルとなるこの「Atomic Floyd SuperDarts + Remote」の発表があって、試聴もせず思い切って予約。7月中旬予定が一月遅れになって、やっと届いたというわけ。

音についてはとりあえずしばらくエージングすることにして、後日、改めて書くかも?(^^;;

製品の質感はもちろん良いのだけど、パッケージも気に入ったので、このエントリーではその紹介。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

しっかりしたボックスを開けると、蓋裏には f特なんかが載っています。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

低域と高域が持ち上がる特性になってますねぇ。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

箱の中身は一番上のヘッドホンの下に、OWNER’S HANDBOOK。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

一番下には付属品が入ったシルバーの袋が収まっています。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

2年保証になっているのが嬉しいところ。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote

とにかく製品のつくりが素晴らしい。価格に相応しい高級感。

iTunes 10.4.1 を再インストール

iTunes我が家の 3台の Mac mini。

ソフトウェアアップデートで iTunes 10.4.1 が引っかかったので、いつも通りにアップデートしたんですが…

内 1台の Mac mini にインストールした iTunes のドックのアイコンをクリックすると、いきなりアイコンが一般のアプリアイコンになってしまって、起動できず…

以降、何度やってもドック上で 1バウンドして終了してしまう始末。とりあえず、アクセス権の修復をやってみたのですが、それは効果なく。

「う〜ん、再インストールか?」ということで、iTunesを今すぐダウンロード のページから、ダウンロードして、そのまま上書きインストール。

その後、アイコンをクリックするとうまく起動して事無きを得ました。いやぁ焦った、焦った。

ソフトウェアアップデートでトラブったことは初めてで、個別にダウンロードできる iTunes で良かったですが、そうじゃなかったら OS ごと再インストールとかなってたかもとか考えると、良かったなと。

ジョブズ CEO から会長へ

「遅かれ早かれやってくる日」という思いは常々ありましたが、「う?ん、このタイミングなのか…」と少々、軽くショックを受けているのもまた事実な自分です。

「これからどうなるんだろう?」と正直、不安に感じるところもありますが、会長に退いたということですから、完全にその影響力がなくなるわけでもないでしょうし、病気療養中のように、ジョブズ不在であっても、新しい CEO のティム・クックの元、Apple は Apple らしく歩んでいって欲しいものです。

これからはまずはゆっくり体を休めて、病気療養に努めて欲しいなと思います。

ポータブル地上デジタルテレビ・BD/DVDプレーヤー「BMP-BV300」を購入

少し前に、ポータブル地上デジタルテレビ・BD/DVDプレーヤー 「DMP-BV300」を購入したんですが、これがまた重宝しております。

元々は「枕元で BD/DVD が観たいな」ってところから、ポータブルな BD/DVD プレーヤーを探し始めてたんですけど、目ぼしいところだとパナソニック製くらいしか見つからない。

DMP-B200」という製品もありますが、実売価格差を考えると、1万円の差額くらいでフルセグも観ることができるならこっちの方がいいかと。まぁテレビはあんまり観ませんがね :-p

自分は BD/DVD を購入するばかりでなかなか観る時間が取れないんですけど、こいつを購入した先月末から、

の、8タイトルを観ました。

テレビも観るものもないんで、その代わりというと何ですが夜、寝る前に観たりとかそんな感じですね。

地デジテレビとしてもなかなかのもので、我が家の環境だとアンテナをつながなくても、単体で十分、きれいな画像が映ります。信号が弱いと自動的にワンセグに切り替わっちゃいますけど…

持ち運びも十分出来ますし、寝室にこういうテレビもありだよなぁ〜と実感してる今日この頃であります。

pen × ウルトラマン

久しぶりに本屋でブラブラしてたら、最新の「Pen」発見。

なんと、「円谷プロ大研究」ってことで、ウルトラマン特集ではないですか!これは買い!!

pen
20110901

pen は毎号購入してるわけではないけれど、他にはない特集をやってくれることも多くて好きな雑誌の一つ。

まだパラパラっと眺めただけなので、これからゆっくり読みたいと思いますが、ウルトラQ のカラー化にも触れてあったりなかなか楽しそう。

体内にカメラ潜入

5月にあった会社の健康診断に見事に引っかかってしまって、精密検査をする羽目に。

過去、一度だけ、胃カメラの体内への潜入を許したことがあるけれど、今度は便潜血ということで、下から… orz

胃カメラの時はモニターを見る余裕は全くなく、苦しい思いしか記憶にしかないが、今度は画像も冷静に見れたし、苦しさとか痛みというのもほとんどなかった。

結果もまだ詳細は届かないが、特に問題ないようでこちらもほっとしている。

しかし、大変なのはこの検査に至までの道のりだ。

前々日の夕ご飯から注文が付き、前日は検査食、当日は当然、欠食で検査は昼から。そして何より苦しいのは下剤を大量に飲まされること。

何度、トイレに行ったか思い出したくもないが、それよりも通勤途中や検査に行く途中にこの歳で粗相をしてしまったらどうしようという心配事だけがひたすら頭を巡っていた。

できればもう当分は、遠慮したい検査だが歳を取ると中々そうも言っていられないことも増えていくのだろう。まぁそれで病根が早期に発見できればありがたいことではあるが…

それにしても自分の大腸の映像を見ながら「ホルモン食べたいなぁ〜」と考えていた自分はきっとどうかしているのだろう(笑)

ダーツのフライト選び

我が家にはソフトダーツのボードがあって、一応、セッティングもしてあったんだけど、部屋の模様替えに伴い、ちょっとまともに投げられなくなってるw

それでもたまに投げてたんだけど、ここんところすっかりご無沙汰に…

しかし夜の時間の使い方も自分の中で随分、変わってきて時間を持て余すようにもなってきたので、また練習を始めようかなぁと思い始めたところ。

そこで、気分一新して新しいパーツを探してて見つけたのが、ワンピースのフライト。

結構、種類があるもんだ。ウソップのフライトをつけたら、狙い通りのところに投げられるようになったりしてww

SONY の手回し充電・非常用ラジオ「ICF-B02」をゲット

SONY が震災時に大量に寄付をしたというこのラジオ。欲しいと思ったものの、その影響もあって、長らく手に入らない状態が続いてたけど、ようやく適価で手に入るようになってきたよう。ということで、自分はヨドバシ.comで購入。

ICF-B02

ICF-B02

ICF-B02

乾電池でも手回し充電でも使用可能。ハンドルを左右どちらに回しても充電可能。NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話に対応した充電機能(乾電池/手回し共に充電可能)。スポットライト、ソフトライトの2種類の高輝度LEDライト。大型の選局つまみ、大きく見やすい選局表示窓。水しぶきから本体を守る防滴仕様(JIS IPX2相当)です。高感度ロッドアンテナを搭載しています。ハンドルを本体に収納可能です。

via:ヨドバシ.com – ソニー ICF-B02 W [FM/AMポータブルラジオ ホワイト]【無料配達】

きょう体もコンパクトで、非常に気に入りました。ラジオの音質としては可もなく不可もなくこんなもんだと思います。

FMの感度も良好。手回し充電だけで十分、聴くことができます。

この製品の特徴の一つは、各携帯が充電できることだと思うんだけど、もちろん各種充電プラグアダプターが付属しています。

ICF-B02 携帯アダプタ

「お前、iPhone ユーザーだろう?」っていう声が聞こえてきそうですが、それも大丈夫でしたよ。

FOMA 用のプラグに、iPhone のドックに変換するコネクタをつないでやって、ラジオの手回し充電ハンドルを回してやればしっかり充電出来ました。素晴らしい。まぁ、「このアクセサリーは対応していません」っていうアラートは出てきちゃいますけどね。

ICF-B02 iPhoneアダプタ

またいつどんな災害に襲われるか分からないのが、この日本ですが、このラジオは必需品なんかじゃないかと思います。

花屋の閉店に思うこと

駅前にある花屋のウィンドウに踊っていた、「閉店セール」の文字。

開店してから 6〜7年ってところだったろうか?まぁさもありなん。っていうのが率直な感想。思ったより長く持ったというべきか。

以前、こんなことがあった。

長女が小学校に上がった頃だったろうか?母の日にカーネーションをプレゼントしようということになって、下の子と 3人で出かけていった。子供の手には 100円玉一つか 500円玉一つか。まぁその程度の金額を持たせてた。

社会勉強もかねて、子供たちだけでお店の中に行かせた。自分の考えていた筋書きはこうだ。

母の日に小さな姉弟が花屋に来たのだ。目的はまぁカーネーションって分かるだろう。しかも所持金は大したことないことは察しがつくに違いない。カーネーションの切り花、1本100円くらいのがあるだろう。買い物の経験も出来てよいだろう。

で、店の外で中を伺っていたのだけど、子供たちは何やら戸惑っているようだ。おかしい…

ということで、のぞきに行ってみるとなんと 1000円くらいのカーネーションを勧められていたのであった… いやびっくり。

おいおい… と思いながら周りを見渡してみると、200、300円の品があるではないか。結局、それを購入して帰ったのだが、帰りしな、思ったものだ。「ダメだなこの花屋」。

小さな子供たちだけで買い物に来たのだ。まず予算を確認することはしないのだろうか?そりゃ売り手は高い品を売りたいだろうけどさ。花屋では予算を伝えて花束を作ってもらったりということは普通にあることだと思うんだけど、それも確認せずに、小さな子供たち相手にえげつないことをするなぁ、と。

お客の年齢や性別に関係なくニーズにあった応対が出来てこそ客商売だろう。まぁ客商売だけじゃないだろうけどさ。

花屋の前はハートインだったこの場所。またコンビニが出来ないかなぁ…