スクリーンタープから 2ルームテントへ

とりあえずキャンプの予定を 5月に入れたので、そろそろタープを購入しなければ。

テントはコールマンのバイザードームスカイルーフ/300を使っているので、それとうまく連結できるスクリーンタープの購入検討から始めました。同じコールマンのスクリーンキャノピージョイントタープ ?とかトンネルコネクトスクリーンタープとか。

使い勝手の口コミを調べたり、価格を調べたりしてる中で、トンネルコネクトスクリーンタープが格安ででているのを見つけたので、ほぼそれに決めてたんですが、いざ購入という時に価格を確認したら、6000円も上がってて萎えました… orz

そこでまたう〜んとうなり始めたところで知ったのが、2ルームテント。テントとタープが最初から一つになっているような製品ですな。

そこで改めて考えてみると、テントとスクリーンタープを別々に設営するのって結構、大変だよねってこと。2ルームテントだと1回の設営で済む。まぁ面積が広くなるから、別々に設営するよりレイアウトに自由度はないし狭いサイトに設営する場合、難儀することになるかもしれないっていうのがデメリットか。

あと価格的にはまぁピンキリなんだけど、自分の手が出せる範囲の価格帯(3万程度か)だとスクリーンタープも 2ルームテントもそんなに変わらなかったり。

2ルームテントを購入すると、1回しか使っていないバイザードームスカイルーフ/300が宙に浮いてしまうことにはなるんだけど、また友人家族とキャンプに行く時に使えばいいし、まぁ使い分けはできるんじゃないだろか。

ということで、関心は 2ルームテントへと移っていき、まず目についたのは、ナチュラムとロゴスがコラボしたというneos リンクドゥーブル 3257FR?K?NA

インナーテントの部分が 3m×3m と広く、ベンチレーションもしっかり付いてる。リビング部分の使い勝手も良さげだし価格も 29800円とお手ごろ。ただ気になったのが品質面。ポールが折れたりジョイントのゴムが切れてたりという口コミがちらほら。

もう一つの候補としては、コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウス

ロゴスに比べてコールマンのテントの品質がどれだけ上、あるいは下なのか自分には全く分からないんだけど、バイザードームスカイルーフ/300を使った限りではそんな不満もない。

インナーのサイズはロゴスに劣るけど、まぁ家族4人なら十分だろう。問題は 4万円近くになる価格か。ということで、さらに数日悩むことになったのでした。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*