[CS] KEF「LS50」のファーストインプレッション

KEF の「LS50」。発売されてから半年くらいが経過しているので、試聴記、購入記はネット上にたくさんありますが、一応、記しておこうかと。まだ数時間しか鳴らしていないので、これからどう変わっていくのか楽しみなんですが。

再生機器は、

  • SACDP:マランツ SA-15S2
  • Wadia 170 iTransport
  • アンプ:SOULNOTE sa1.0

ソースはカーペンターズ、ノラジョーンズ、Take 6 なんかのヴォーカルモノ。

とりあえず箱から出して結線してポンと机の上に置いて鳴らしてみたのですが、そこそこ鳴るもんだというのが第一印象。ダメ耳な自分にはこれでも十分かと思ったくらい(苦笑)

セッティングがシビアというのをどこかで読んだ気がしますが、そんなことないんじゃないかなぁ。もちろん、音を詰めていくとシビアなところは出てくるんでしょうけど…

またこれは試聴した時から感じていることですけど、決してモニターライクな音ではないということ。「ニアフィールドモニター」と銘打たれているので、聴く前から敬遠されている部分もひょっとしてあるのかなと思ったりもしてるんですけど、もしそういう先入観から敬遠されているとしたらちょっともったないかな。

ケーブルは「[CS] KEF「LS50」にあうスピーカーケーブルは?」のエントリーで書いたように、「CDジャーナルムック スピーカーブック2011」の付録。結局、2冊購入して、片ch 4m にしました。

あとポン置きではなんなんでw インシュレーターとして山本音響工芸の PB-22 を用意。三角形の向きで音が変わるらしいので、エージングが落ち着いたら、色々試してみるつもりです。

[CS]「LS50」KEF のスピーカー購入

試聴してから気になって仕方なかった KEF の LS50。ようやく昨日、購入して、本日、届きました。

配線、セッティングとこれからですが、とりあえず開梱の義からw

KEF LS50

箱をあけると一番上に、取説。

KEF LS50

サランネットがないので、箱から出す時に持つサイドを指定されています。

KEF LS50

KEF LS50

この外観については賛否あるようですが、個人的には格好良くって好きです。質感も高いと思いますし。ユニットの周りには「50th Anniversary Model」がありました。店頭の試聴では気付かなかった… (^^;;

KEF LS50

箱の上には KEF のロゴ。背面にも「50th Anniversary Model」の文字と KEF 50 の文字が。さすが 50周年記念モデル。

KEF LS50

KEF LS50

さて、我が家のシステムではどんな音を奏でてくれますか…

[CS] Mac にもオーディオボード

PC オーディオを楽しまれている方も少なくない昨今、こういう製品もありなのかもしれません。

Atomic Audio Labs というところのオーディオボード。アクリル製だそうです。

サイズは色々あって、Mac book pro 13インチや Mac mini にぴったりなボードが用意されています。

お値段はなかなかのものなので、気軽に試してみようという感じにはなれませんが、どれくらい効果があるものなのか気になりますね。

[CS] なぜ iTunes のファイルは壊れるのか?

それが分かれば苦労せんちゅーのに、もう… もちろん、原因不明なんですが…

コドモが iPod nano の 5世代目を使っているんですが、保存してある曲が何曲か聴けなくなったと訴えてきたんですよね。

ん?と確認してみたら確かに一瞬で、次の曲へ飛んでしまう。母艦である Mac mini の iTunes で再生してみると同じ現象。iTunes のデータは外付け HDD に保存。

いろいろと調べてみると、ID タグがおかしくなると iTunes で再生できなくなるという不具合はあるらしい。で、最近は ALAC でリッピングしているので、ALAC のタグを編集できるツールはないものかと探し回って見つけたのが「Tagr」というドネーションウェア。

とりあえず試してみるとタグを編集して保存してしようとするとエラーで保存できない。こりゃ困った…

ファイル自体が壊れてたらどうしようもないので、遅まきながら QuickTime や VLC で再生してみるとノイズだらけで全くダメ。ということで、何が原因か分からないが、ファイルが壊れてしまったらしい。なぜか同じアルバムの曲ばかりで何曲かはそれでも問題ないという現象。

随分前に似たようなことがあったような気もするけど、さすがに 8000項目を超えてくると全部問題ないか確かめる術もない。Time Machine でバックアップの対象にしてあったのだけど、意味をなさなかった(遡ったけどエラーになった状態のファイルしかなかった)ので、別の外付け HDD にも個別にバックアップをとることにしました。

バックアップツールは迷った末に、Carbon Copy Cloner を選択。知らない間に有料になってたけど、昔からお世話になっているのでお布施しておきましたw

メディアが増えすぎたと思っているので、今後はできるだけ CD は購入しない方向でと考えると、バックアップってますます重要になっていくなぁ… 色々分散させるという意味で NAS 買ってそれでバックアップというのも考えた方がいいのかなぁ… う〜む、どういう構成がよりベターなんだろうか…

[CS] HiVI 2013年1月号、アマゾンで予約開始

月刊HiVi の 2013年1月号の予約がアマゾンで始まってました。

この号には USB ケーブル付録の第3弾の エイム電子の USB ケーブルが付録になっています。

このケーブルは、エイム電子が初めて手掛けた USB ケーブル「SHIELDIO USB」の体験版という位置づけになっているようです。

内部を信号ラインと電源ラインを平行に配置したセパレート・フラット構造を採用。導体にはOFC(無酸素銅)に銀メッキを施した線材を使用しています。アルミニウムテープと銅編組でシールドし、さらにコネクター内部までもシールドを施しました。まさにオーディオ用としてふさわしいこだわりの仕様です。

via:月刊ハイヴィ・HiVi | デジタルAV家電の専門マガジン・HiVi Web[ハイヴィ ウェブ]

12月号では先行試聴リポートも掲載されているようですが、聴いてみるのが楽しみなケーブルです。

[CS] ウクレレ ウルトラマン

今さらではありますが…

初めて聴いた時は笑撃だった、このウクレレ ウルトラマン。昨夜、猛烈に聴きたくなって「iTS にあったなぁ〜」と探してみたらないっ。ついでにウクレレ ジブリやウクレレ・フォース ~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~も探してみたらなくなってる。

ウクレレ ウルトラマンはもう廃盤になっているようなので、中古を手に入れようかと思ったんだけど、すぐに聴きたいっ。ということで、ツタヤに走りましたw

ウルトラマンの歌 – ウクレレカフェカルテット UKULELE ULTRAMAN PV

いろいろと大人の事情はあるんだろうけど、iTS で売っていたらロングテール的に売れるタイトルって色々あると思うんだけどなぁ… なんかもったいない。

[CS] ほぼ日手帳に出戻り

この 2年、手帳はモレスキンのデイリーダイアリーを使ってきましたが、来年はその前まで使っていた、ほぼ日手帳をまた使うことにしました。

モレスキンを使っていて不満に思った点は、

  • 表紙が案外、もろい。時間が経つと破れてくる。
  • ペンホルダーがないのはやっぱり不便。
  • 日本の休日とか分からないのはやっぱり不便。

という感じでしょうか。

ほぼ日手帳2013

1日1ページの手帳を選んでいるのは、毎日書くことってあんまりなくてほとんど空白で 1年が終わるって感じではあるんですけど、いざ書くという時にスペースが少なくて困るってこともあるんですよね。

そんな時にやっぱり 1日1ページだと余裕があって良いんですよね。

来年は少しでも空白が少なくなるといいなw

[CS] Stereo 2013年1月号、アマゾンで予約開始

「LXU-OT2」、ヘッドホン端子付き USB-DAC が Stereo 誌の付録に」のエントリーにも書いた、Stereo 2013年1月号の予約がアマゾンで開始されておりました。

今回の付録はラックスマン監修の USB-DAC「LXU-OT2」。

ヘッドホン端子も付いているし、S/PDIF デジタル入力(光、同軸)端子を増設可能という仕様になっています。MacBSの日常生活的日記さんの「GaudioとDigiFi」のエントリーによれば、当初書かれていたデジタル入力を増設可能という記載がミスで、実際はデジタル出力だったとのこと。なんてこと。

デジタルアンプ「LXA-OT1」が付録だった 2012年1月号は見事に買い逃しましたので、今回はきちっと予約したいと思います。

[CS] Wadia 121 発売まであと 1ヶ月?

ボクの大阪ハイエンドオーディオショウでのお目当て、Wadia 121。少しだけですが、お話も伺うことができました。

まず、発売まではあと 1ヶ月〜2ヶ月程度かかるらしい。何とか年内にはと仰っていましたが…

Wadia 121 カタログ

そして電源の仕様についてはやはり日本オリジナル。Wadia 121 の電源も iTransport と同じく AC アダプタだったらしいですが、そのアダプタだと PSE を通らないんだとか。

その分、価格が上がってしまった(であろう)のは残念ですが、音質的には大きく改善されるはずですし、まぁ良しとしましょうか。

試聴はヘッドホン端子にゼンハイザーの HD650 がつながっておりました。ソースは iTransport に iPod classic だったかと思います。

ヘッドホン出力回路はしっかり作られているようで、プアな感じもなくしっかりした音を聴くことが出来ました。このヘッドホン出力はヘッドホンの感度によってハイ、ロー 2段階のゲイン設定が出来るようになっているそうなんで、インピーダンスの高いヘッドホンでも十分に駆動できそうです。

[CS] 大阪ハイエンドショウ

心斎橋で開催されている、大阪ハイエンドオーディオショウに出かけてきました。

ホテルの一室を借りて音を聴かせていましたが、すごく狭い部屋から広い部屋まで色々ありました。いいなと思ったのは、アクシスのブースとかあと2つくらい(忘れちゃった… (^^;;)かな。

大阪ハイエンドオーディオショウ カタログ

個人的に一番、印象に残ったシステムは Jeff Rowland のモノラルアンプに AvalonCompas Diamond というスピーカー。スピーカーはまだエージングが十分に済んでいない状態だということでしたけど、なかなかいい音を出してくれていました。まぁとてもじゃないですが、手が届かない価格ですが、こういうのもあってこその趣味のオーディオだなと思います。

Reference 3.5

あと、残念だったのは ANTHONY GALLOReference 3.5 の音が聴けなかったこと。実物は置いてあるのを見れたんだけど、セッティングされてなくて残念。これでも手が出ないスピーカーなんだけど、どんな音がするのかすごく興味があるんですよねぇ。

気になっていた製品としてはラックスマンの P-700u の音が聴けました。ヘッドホンはゼンハイザーの HD800 がつながっておりました。

ちょうどソースもカーペンターズの SACD で、自分としても耳慣れた音で比較もしやすかったと思います。で、待ってる方もいらっしゃったので、1曲くらいしか聴けませんでしたが、自分としては SOULNOTE sa1.0 + HD595 で十分かなという結論。

もちろん、比較試聴すればいろいろ感じるところは出てくるんでしょうが、記憶の中の音の比較だとあまり大きな差も感じず。そのお金があればアンプやスピーカー、DAC あたりに投資をするべきかなと思いました。

来場者の層は、自分と同年代かそれ以上の男性がほとんどって感じで、趣味のオーディオっていうのもやっぱり斜陽なのかなぁと感じられずにはいられませんでしたが、いい耳の保養になりました。