[CS] キーボードランチャ「Alfred」で Evernote をさくさく検索する Workflow

Alfred 2AlfredEvernote を検索する Tips が Alfred tips で公開されていて、これを紹介するエントリーがたくさん公開されてます。

その方法はカスタムサーチに「evernote://search/{query}」を加えるという方法ですが、残念ながら現在の Evernote のバージョンでは、うまく動作しなくなっているようです。

Evernote は起動するんですが、検索したい語句が Evernote に渡せないので、検索結果が表示されません。ボクもここで引っかかって「なんで動作しないんだろう?」と悩んでしまいました。

何かうまい方法はないのかなと探してみたら、Evernote を検索する Workflow が配布されてました。Workflow を使うには Powerpack を購入する必要があります。

その Workflow は「Evernote 7.1」。

Alfred 2

この Workflow に用意されているキーワードは、色々あって主だったものを挙げると、

  • ens:ノートの内容とタイトル、タグを検索
  • ent:ノートのタイトルだけを検索
  • enr:最近作ったノートの一覧を表示
  • typenote:新規ノートを作成

検索語句が含まれる一覧が表示されるのでノートを探しやすくて良いのです。

Evernote には検索するためのショートカットが用意されていて、Mac 版の Evernote だと「?(コマンド) + control + E」で、Evernote が起動して(アクティブになって)検索モードに入ります。

ただこの方法だと、Evernote が起動して安定するまで検索語句を入力することができません。なので、微妙な待たされ時間が出来てしまうんですよね。これが結構、ストレス。

ところが、Alfred 経由で Evernote を検索する場合には、Alfred ウィンドウを呼び出して検索語句を入力したら、少し待っていれば検索結果が表示されるので、ストレスが少ない。というより、ストレスを感じないのです。待ってる間に他のことしてればいいし。

ボクは Evernote の検索ってストレスが多い感じがしてあまり使わなくなっていたんですが、Alfred 経由の検索が快適なので、また楽しく検索できそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*