[CS] 「アナと雪の女王」を観る

アカデミー賞で長編アニメ賞を獲得。日本での興行収入が 100 億円を突破し、好評だという「アナと雪の女王」を観に行ってきた。2D の日本語吹き替え版。

個人的にはこういうミュージカル映画は好みではないのだけれど、子供に付きそう形で行くことになった。劇場は朝一番の回だったんだけど、人がいっぱい。まだまだ人気らしい。

途中から、どうまとめるのかが気になって仕方なかったんだけど(笑)、ディズニー王道のパターンからはちょっとずれたラストは、いい意味で期待を裏切られて、納得のエンディング。

ミュージカルシーンは、クオリティも高いんだと思う。思うんだけど、やっぱりボクの体質にはあわないみたい…(苦笑)

気になったのは「雪の女王」エルサの背景が全く描かれていないこと。なぜ王家の中でエルサだけがこんな力を持っているのか?とか。いろいろ気になる点は一切、触れられないまま終わってしまう。その辺が消化不良かな。

あと「アナと雪の女王」の前にミッキーの短編映画「ミッキーのミニー救出大作戦」が流れたのが良い感じだったな。3D で観たらもっと良さそうだったのが残念…

[CS] 「昭和元禄落語心中」を読んで改めて落語が気になる

Boulangerie K plus さんの「昭和元禄落語心中」のエントリーでこの漫画を知った。

タイトル通り、落語がテーマの作品。Kindle 版の 1 巻が 99 円だったので、試しに購入して一気に読んでしまった。こりゃ、面白い。落語が聴きたくなる。

一時期、落語をしきりに聴いていた時期があるんだけど、「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」が終了してしまったり、自分に余裕がなくなってしまったりして、最近は聴かなくなってしまっていた。

osa さんも書かれているけれども、落語は生で観るのがお薦め。CD なんかで聴くだけでも面白いのに、噺家さんの仕草とか加わると、ホントにすげぇーなと感心することしきり。

「昭和元禄落語心中」の 1 巻では「死神」という話が出てくるんだけど、これが自分も大好きで主人公と意気投合できそう(笑) 主人公の師匠の噺も是非、聴いてみたい。

落語って同じ噺でも、噺家によって落ちやなんかが違うのはもちろん、噺の雰囲気と言ったら良いのか?それが全然、違ってきて面白い。

また聴きに行きたいなぁと思いつつ、漫画を読み進めるとします。

[CS] LINN「Kazoo」ベータ版リリース

LINN の新しい DS 操作ソフト、Kazoo のベータ版がダウンロードできるようになっていたので、Kazoo Server との組み合わせで試してみた。

Kazoo

アルバムがタイル上に配置されるが、なかなか直感的に操作できるのではないかと感じた。

嬉しい誤算だったのは、日本語の検索がサポートされていたこと。日本語を入力してアーティストやアルバムを検索することができる。

Kazoo

Kinsky と比べると、アルバムを直感的に選べるようになって使いやすくなっていると思う。 DS ユーザで Kazoo Server とセットで使えるならお薦め。

[CS] GARMIN からリストバンド型ライフログデバイス「vivofit」

家電Watch「睡眠中もログを記録するリストバンド型ライフログ」の記事から。

GARMIN vivofit

GPS デバイスで馴染みのある GARMIN からもこの手のデバイスが出てくるとは、やはり熱い市場なんですね。でも、GPS 機能のない GARMIN というのも新鮮だ。発売は少し先の 5 月 19 日。

UP by Jawbone や Fitbit Flex を使ってきて不満な点は 2 つある。

一つはバッテリーの持ち。

UP は 10 日。Flex も 5 日ほどはバッテリーが持つので、1 週間に一度程度、充電すれば良いのだけれど、これがうっかりすると忘れそうになる。バッテリーの充電の必要がなくなれば良いのにと思うことは誰しも一度や二度はあるはず。

この GARMIN vivofit は充電不要。コイン電池 CR1632 を 2 つ使用で寿命は約 1 年。これなら充電という縛りから開放される。

二つ目は防水機能。

UP も Flex も生活防水になっているはずなんだけど、UP が汗に弱いのは実体験として感じている。Flex はまだ分からないけど、不安はある。汗かきなボクには切実な問題なのだ。

vivofit は 50m 防水。これなら汗は気にする必要はないだろうし、運動後のシャワーなんかも気にせず浴びられて、まさに 24 時間、装着可能。

GARMIN vivofit

加えて、vivofit は常にオン状態のディスプレイがあって、歩数やカロリーを単体で表示可能。それに時間や日付も表示できるので時計代わりにもなっちゃうのが良いところ。

あと個人的に必要なのは、アラーム機能なんだけど、これがあるのかないのかは、リリースなんかを読む限りでははっきりせず。問い合わせてみようかな…

【追記】
問い合わせてみた結果、アラーム機能やバイブレーション機能はないとのこと。う〜ん、残念だ。

[CS] LINN から新しい DS 操作ソフト「Kazoo」がリリース予定

ファイル・ウェブ「リン、新たなDS操作ソフト「Kazoo」と独自サーバーソフト「Kazoo Server」」の記事から。

LINN から同社の DS/EXAKT システム用の新ユーザーインターフェースソフトウェア「Kazoo」とメディアサーバーソフトウェア「Kazoo Server」が 4 月末にリリースされる。

Kazoo はこれまでの「Kinsky」に搭載されていなかった検索機能が採用されているとのこと。

ボクは Kinsky と MinimServer という組み合わせで、Magic DS を操作しているんだけど、Mac 版の不満な点が検索ができないことだったので、Kazoo に検索機能が採用されるのはかなり嬉しい。

まぁ最初から 2 バイト文字対応はされていないんだろうけど、洋楽のタイトルやアーティストの検索をしてアルバムを選ぶのは直感的になるだろう。

Kazoo Server は既にベータ版が配布されているということで、さっそく試してみた。

試した限りでは、アートワークも問題なく表示できていいんだけど、Mac 版の Kinsky との組み合わせだと、アルファベット別のインデックスがないので、目的のアルバムやアーティストを探すのは苦労する。

Kazoo との組み合わせだとこの辺はしっかりしてそうなので、使い勝手はかなり良いじゃないかと期待。リリースが楽しみだ。

[CS] T シャツをコンパクトにたたむ方法

T シャツが好きだ。

夏場は T シャツにジーンズという格好が多い。しかし、手持ちの T シャツも増えてきて、収納場所に収まらなくなってきた。

あまり着ない T シャツは処分したりするのだが、捨てるに忍びない T シャツもある。何か良い方法はないものかと思っていたところに流れてきた Twitter のツイートで目に留まったのがこの動画。

さっそく試してみたところ、これが実にコンパクトになる。収納数が 2 倍になる感じだ。

旅行に行く時のパッキングにも役立ちそう。是非、お試しを。

[CS] Fitbit と Runkeeper を連携させる方法

Fitbit とウォーキングやランニングのログなどを録る Runkeeper を連携させたい、と思って調べてみると 2 通りの方法があるようだ。

一つ目は、Runkeeper の設定から行う方法。

Runkeeper のサイトでログインをして「Settings」の「Apps」にアクセス。ページの真ん中辺りまでスクロールすると、「Fitbit」の項目があるので、「Connect to Fitbit」ボタンをクリックすると良い。(参考:Connecting With Fitbit

ただ、この方法。Runkeeper のサイトで Fitbit のデータが表示されるようになるだけで、FItbit のデータに Runkeeper の情報が反映されるわけじゃない。ということで、「これじゃない…」感が半端ない(笑)

まぁ Runkeeper は単にウォーキングやランニングのログを記録するだけのサービス、アプリではないので、Runkeeper でアクティビティのログや体重、睡眠のログなどを管理したいという場合にはこれで良い。

しかし、ボクの場合は、Fitbit に情報を集約したいと考えているので、Runkeeper のログを Fitbit 側に持ってきたい。

ということで、2 つ目の方法は、Fitbit のアプリギャラリーにも載っている SyncMetrics を使う方法だ。

“SyncMetrics"

手順としては、

  1. SyncMetrics でアカウントを作成
  2. ログイン後、右上のプルダウン内にある「Sync settings」を選択
  3. Runkeeper タブ内のロゴをクリックしてアクセスを許可

SyncMetrics の Runkeeper の設定

実際に同期されるまでは結構な時間がかかるが、同期がうまくいくと、以下のような感じで Fitbit のアクティビティ履歴に Runkeeper のログが表示される。

“Fitbit

SyncMetrics で連携できるサービスは以下のようにたくさんあるので、他にも連携させたい場合は重宝する。Nike+ については項目があるがうまく設定できない。トップページに「Coming Soon!」とあるので、準備中ということなんだろう。

  • Cycling Analytics
  • Dailymile
  • Fat Secret
  • Fitbit
  • Garmin Connect
  • iHealth
  • Jawbone
  • Map My Fitness
  • Nike+
  • Runkeeper
  • Strava
  • Training Peaks
  • Withings

SyncMetrics を使う方法も一つ、困ったことがある。

SyncMetrics で同期をする時に、Fitbit 上のデータは Runkeeper のデータで上書きされているっぽいのだ。

Fitbit Fitbit

Fitbit アプリで確認をすると、左の同期前のデータは同期後の右のように、グラフが変わってしまう。また、アクティビティも例えば、この日は同期前は 38 分あったアクティブな時間が、同期後は 4 分になってしまってデータがおかしくなってしまう。

Fitbit Fitbit

というような、不具合(というか仕様なのだと思うが)はあるものの、Fitbit で一元管理したい場合は便利に使えると思うので、お試しください。

[CS] 500mlのペットボトル型のモバイルバッテリー「W.E.A. BOTTLE」

クラウドファンディングで出資を募って、製品化を目指したりするケースをよく見かけるようになったけれど、その中で興味深いモノがあったのでご紹介。

500mlのペットボトル型のモバイルバッテリー「W.E.A. BOTTLE」。

W.E.A. BOTTLE

ShootingStar での資金受付を開始されていて、目標金額の 300 万円が集まればプロジェクト成立。出資者には額に応じて、「W.E.A. BOTTLE」が届けられる。出資期限は 2014 年 6 月 23 日午後 12 時まで。

容量は、3.6V 換算で 17000mAh(シガーソケットモード 14.4V-4200mAh)。スマートフォンなら約 12 回分、タブレットなら約 8 回分、電気毛布だと約 8 時間分の能力とされている。

大容量のモバイルバッテリーは最近、増えてきているけれど、これはまず形がペットボトル型というのがこれまでの製品と違うところ。ペットボトル型にすることで、いろいろなペットボトル向けのグッズが流用できるし、持ち運びの収まり具合も良いはず。

また、USB だけでなくシガーソケット型のインターフェースを備えているので、DC/AC インバータと組み合わせることで、ノート PC なんかの非常用電源としても使えるのも嬉しい。

是非とも資金調達に成功して欲しいところだ。

[CS] iTunes Store でハイレゾ配信始まる?

iTunes アイコン気になる、記になる… さんで「Apple、6月にも「iTunes Store」でのハイレゾ音源の販売を開始か?!」というエントリーがありました。

個人的には Mastered for iTunes 止まりかと考えていた、iTunes Store での配信だけど、本当にハイレゾ配信が始まるんだろうか?ならば嬉しい限り。

Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のリマスター版がローンチタイトルとなり、そのリマスター版販売と共にサービスが開始される予定で、Appleは数年前からレーベル会社に対し24bit形式のiTunes用音楽ファイルを提出させてきたそうです。

via:Apple、6月にも「iTunes Store」でのハイレゾ音源の販売を開始か?! | 気になる、記になる…

この話が本当ならば、一気にラインナップも揃いそうで、楽しみだ。

しかしこうなると、気になるのはハードの方。

iPod/iPod touch のラインナップの大容量化の話や新モデルの話が同時に聞こえてきても良さそうだけど、そういう話はなさそう。

現行のラインナップでは容量不足は明らかだろうし、長年、そろそろディスコンかと言われてきた iPod classic が化けたりすることになるんだろうか?

WWDC が余計に楽しみになってきたぞ。

[CS] Fitbit の食事のカロリーのローカライズはもうすぐ

ASCII.jp「米国で圧倒的なシェアを誇る「Fitbit」の良さは互換性にある」の記事から。

個人的にはタイムリーな記事。興味深く読んだ。

なかでも楽しみなのは、

また、近いうちに食品のデータベースを10万件以上持つ企業からデータを取得し、食事のカロリーや消費数をローカライズした形で展開する予定だと明らかにした。

via:ASCII.jp:米国で圧倒的なシェアを誇る「Fitbit」の良さは互換性にある

食事のデータも適当に(笑)、Fitbit のアプリに入力するのが日課になってきているんだけど、日本の食品のデータがないので、まぁ手間ではあるんだよね。

Jawbone の UP のアプリはバーコードを読み取って、データを入力できるようになっているので、Fitbit も同じようになると便利でいいのにな。まぁ現状、バーコード入力には対応していないので、検索する形になるんだろうけど、それでも随分、便利になるはず。

実装されるのが待ち遠しい。