[CS] iPad Air 2 の液晶保護フィルム

iPhone には毎回、液晶保護フィルムを貼るようにしていますが、初代 iPad、iPad mini と液晶保護フィルムは貼らずに過ごしてきました。

まぁ iPad は持ち歩いていないからというのも理由なのかもしれませんが、今回購入した、iPad Air 2 も当初は液晶保護フィルムを貼らずにいこうと思っていました。

ただ、いざ使い始めてみると、どうにも指紋が気になる。前の iPad に比べて、iPad Air 2 が指紋が付きやすいということはないと思うので、自分の使う頻度の問題でしょうか。

あと、Smart Case を使っていますが、フタの縦の線の跡が液晶画面に付くんですよね。これは思ってみないことでした。

そんなわけで対応の液晶保護フィルムを探してたんですが、あまりまだ出回っていない様子。まぁ iPad Air 用の液晶保護フィルムが使えるようなので、それも選択肢に入れての物色。

アンチグレアフィルム for iPad Air2/ iPad Air

迷った末に、今回はパワーサポートの「アンチグレアフィルム for iPad Air2/ iPad Air」を購入しました。

風呂場で貼るのが定石なんでしょうけど、面倒なので(笑)ダイニングの机の上で貼ったんですが、自分としては珍しく、失敗することもなく、一発でうまく貼ることが出来ました。貼りやすく出来ているんだと思います。出来上がりに満足。

表面がさらさらしているので、指の滑りも良くなって、良い感じです。懸案の指紋も付きにくくなったようです。Smart Case の跡も気にならなくなりました。

[CS] iPad Air 2 でワイヤレスゲートの SIM を試す

SIM フリー版の iPad Air 2 で使うために、ワイヤレスゲート WiFi+LTE SIMカード をヨドバシカメラで購入しました。最も安い、480 円のプランです。梅田のヨドバシに行ったら、在庫無し。納期不明。ということだったので、その場で在庫ありになってたオンラインストアで注文しました(笑)

ワイヤレスゲート SIM

ワイヤレスゲートを選んだ理由は、以下のような感じ。

  1. 価格の安さ
  2. 最低利用期間が設けられていない
  3. 上下最大 250Kbps という速度ながら、使い放題
  4. ワイヤレスゲート Wi-Fi スポットが使い放題

1. 価格の安さ

iPad Air 2 を今のところ、常時、外出時に持ち歩くことは考えていません。まぁそれなら Wi-Fi モデルにしとけよって話ではあるんですが、旅行先やちょっとした時に、外でも使えるのは大きいなと。月に一度も使わないようなそういう使い方が前提ですから、月額料金はできるだけ抑えたい。ということで、月額 480 円というのはとても魅力でした。

2. 最低利用期間が設けられていない

格安 SIM は各社から発売されていますが、大抵、最低利用期間が設けられています。この期間の内に解約しようとすると、違約金を取られてしまうと。iOS 8 以降の環境で au 系の MVNO の mineo が使えないという報が流れましたが、救済措置はなく最低利用期間内だと違約金を取られるということでした。こんなことになったら堪りません。ということで、自由に解約できるワイヤレスゲートは魅力的なのです。

3. 上下最大 250Kbps という速度ながら、使い放題

今どき、決して高速とは呼べない、250Kbps という通信速度ですが、画像が多いサイトや動画を観たりすることがなければ、特に不満はないのかなという印象を持ってました。他の格安 SIM の場合、月の容量が決められていて、容量を超えると 100 〜 200Kbps 程度に制限される場合が多いようです。それと比べると、高速だし自分の使い方だと大した不満にもならないのかなと思います。

4. ワイヤレスゲート Wi-Fi スポットが使い放題

全国、約 40000 ヶ所で使えるというワイヤレスゲート Wi-fi。自分の行動範囲にスポットが多くあるのかどうかは今まであまり気にしたことが無かったので、確認はこれからですが、外でも Wi-Fi が使えるのは嬉しいところ。これだけを契約すると月額、390 円ですから、LTE がついて、480 円というのはますますお得という感じです。

ということで、購入したワイヤレスゲートの SIM。さっそく、iPad Air 2 で使ってみます。

ワイヤレスゲート SIM

サービスの申し込み手順は、同梱されている用紙に沿って、やっていけば簡単にできました。APN の設定は「設定」→「モバイルデータ通信」→「APN設定」にあります。

APN 設定

設定後、アンテナの入り具合を確認。我が家の中心の部屋にいると、各キャリアの電波が入りにくいんですが、ちゃんと LTE 表示になりました。

アンテナ

通信速度はどんなもんでしょうか?RBB TODAY SPEED TEST を使って測定してみました。結果は以下のような感じ。

RBB TODAY SPEED TEST

ダウンロード、アップロードとも、250kbps 以上の速度が出ていますね。これは嬉しい。テザリングも問題なく出来ました。

ワイヤレスゲートの動作確認済み端末一覧には、このエントリーを書いている時点では iPad Air 2 の動作確認はされていないようですが、とりあえず動きましたよということで。

[CS] 100 均の銀杏割り器

朝晩はめっきり寒くなってきて秋めいてきましたね。

銀杏

なにかと食べ物の美味しい季節でもありますが、秋の味覚の一つが銀杏。子供の頃は好きでもなんでもなかったんですけど、この歳になると好物になっております。

実家方面から、銀杏を送ってもらったので、食べるのを楽しみにしているのですが、面倒くさいのが殻割。これまでは金槌で叩いたり、ラジオペンチで潰したりしていたんですけど、音がうるさかったり、殻だけじゃなくて実まで一緒に潰してしまったりと、あんまりよくありませんでした。

銀杏割り器のことは知ってたんですけど、普通に購入すると 1000 円くらいはするので、購入するのは戸惑っていたところ、100 均でも購入可能ということを知ったで、とりあえず CAN DO に行ってみました。

銀杏割り器

あっさり、発見。購入。

さっそく使ってみました。力を入れ過ぎると、実まで潰してしまいました(汗)が、加減が分かれば、うまく殻だけを割ることができました。

100 均の品質に抵抗がなければ、購入してみてはいかがでしょうか。

銀杏は、封筒に入れたり、新聞紙でくるんでから、500W の電子レンジで、30〜40 秒ほどチンすれば食べられるようになります。お好みで塩を振ると良いでしょう。

さぁ、これで抵抗なく、思う存分、銀杏を食べられそうです。おっと、食べ過ぎると体質によっては中毒になったりするようなので、その辺は注意しなくちゃです。

[CS] iPad Air 2 到着

予定通りに、iPad Air 2 が Apple Store から到着しました。購入したのは、64GB/ゴールド の SIM フリー版。

さっそく、セットアップ。まだ SIM を用意していないので、SIM なしでアクティベートできるかどうか、若干、不安だったんだけど、問題なく完了しました。よかった。

試しに、iPhone 5s の au の SIM を差してみたら、ちゃんと動作しました。早いとこ、SIM を手に入れなきゃな。

iPad Air 2

既報通り、箱はよりシンプルに。表面には薄さを強調するため、iPad Air 2 の側面。そして箱の側面は、iPad Air と。

iPad Air 2

iPad Air 2

箱を開けると、どーんと iPad Air 2 本体が。その下に、10W の USB Power アダプタ、簡単な書類と、Lightning ケーブルが付属。

iPad Air 2

とりあえず、新しい iPad として設定をして、いくつかアプリをインストールして短時間、使った感じでは非常にきびきびしていて、気持ちいいですね。

同時に発注してひと足早く、届いていた iPad Air 2 Smart Case との組み合わせもナイス。

まぁ iPad Air 2 の薄さと軽さがスポイルされてしまうところはあるのですが、ケースをつけることで安心感も生まれますし、フタを閉じるだけでスリープ、開くとスリープから起きるのは便利です。

[CS] iPad Air 2 Smart Case 購入

iPad Air 2 と同時に発注した、Smart Case。一足先にケースだけが届きました(笑) 同時に届くようにして欲しいものですが、難しいんですかねぇ…

iPad Air 2 Smart Case

さて、購入したのは、ミッドナイトブルー。重さは、実測で 146.5g。手に取った感じはそれほどの重さでもありません。

iPad Air 2 Smart Case

表面は手触りの良い、アニリン染めのレザー。内側はフタ側も合わせて、マイクロファイバーの裏地が使われています。こちらも手触りが気持ちいい。

iPad Air 2 Smart Case

Cellular 用のアンテナ部分は、マイクロファイバーの裏地ではなく、別の材質でブラックが使われています。

iPad Air 2 Smart

音量調整ボタン、オン/オフボタン部分は、ボタン型に合わせた形状になっていて、カメラ用の穴とノイズキャンセリングマイク用の穴が空いています。

iPad Air 2 Smart Case

Lightning コネクタ回りは、それなりにスペースが取られていますが、サードパーティ製のコネクタなんかだと刺さらない製品があるかもしれません。また、スピーカー用に、iPad Air 2 の形状に合わせた形の穴があけられています。

スペックに現れない、細かい穴の変更などに対応しているのは純正ならではの安心感でしょうか。

[CS] iPad Air 2 を発注

アップルストアのメンテナンスが終わったのが、18 日の 0 時過ぎ。

珍しく起きていたので、勢いで(笑) 発注。iPad Air 2 のゴールド。64GB の Wi-Fi + Cellular モデルにしました。合わせて、iPad Air 2 Smart Case を追加。この時点で、出荷予定日は 2-4 営業日となっておりました。

iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular 64GB - ゴールド購入

Wi-Fi モデルと、Wi-Fi + Cellular モデルでどっちにするか迷っていましたが、Wi-Fi + Cellular モデルにしました。まぁ持ち出す機会は少ないとはいえ、外でも使えると便利だろうということと、一度は SIM フリーモデルというのを使ってみたいという好奇心からですね。

月々 500 円程度から使える格安 SIM の存在は大きかったですね。今のところ、ヨドバシカメラで購入できる、ワイヤレスゲートの SIM にしようかと思っていますが、もう少しいろいろと調べてみねば。

木曜日くらいには届くのかしら?楽しみです。

[CS] やっぱりInstant Hotspot、Handoff、AirDropは、Bluetooth 4.0仕様のMacでのみ利用可能

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)さんの「OS X Yosemite:iOS 8デバイスとの、Instant Hotspot、Handoff、AirDropは、Bluetooth 4.0(BLE)仕様のMacでのみ利用可能」のエントリで、Bluetooth 4.0 に対応していない Mac と CSR のチップセットを使用したBluetooth 4.0 USB アダプタを使った時、Handoff、Instant Hotspot、AirDrop の機能が使えるかの検証をされていました。

結論は使えないということでしたが、では Broadcom のチップセットを使用した Bluetooth 4.0 USB アダプタを使った時はどうなんだ?ということで、検証してみました。

環境は以下の通り。

  • Mac mini(Early 2009)
  • OS X Yosemite
  • Bluetooth 4.0 USB アダプタ:USB-BT40LE

結果、Bluetooth LE には対応しますが、Handoff、Instant Hotspot、AirDrop は使えませんでした。残念…

新しい Mac mini も発売になったことですし、こりゃ早めに入れ替えるべきなのかなぁ…

[CS] Apple Special Event. October 16, 2014.

Apple Special Event. October 16, 2014. でいろいろ発表されましたね。

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

iPad Air 2 に、iPad mini 3iMac Retina 5K ディスプレイモデルMac mini。そして、OS X Yosemite と iOS 8.1。

iOS 8.1 は現地時間の 10 月 20 日リリース。iPad は 10 月 18 日から注文可能に。Yosemite は本日からダウンロード可能。そして iMac と Mac mini も本日から購入可能になっています。

iPad については事前にアップル自ら情報を出してしまうということもあったようですが、まぁ噂通りの内容だったかと思います。ただ iPhone 6 と同様、32GB のモデルがなくなってしまいましたね。

iPhone 6 Plus が発売されて、iPad mini の立ち位置が微妙になったというような内容を見かけるようになりましたが、個人的には iPad mini のサイズは気に入っているし、それはないだろうと思っておりました。

しかし、今回、発表された iPad mini 3 はチップは A7 のままでした。iPad mini 2 との違いはゴールドモデルが追加されたことと、Touch ID が採用されたこと。こうなると、確かに iPad mini の行く末に不安を感じます。

今回「長らく待たせた」のメッセージは、iMac と Mac mini だったんでしょうね。個人的に、Mac mini はとりあえず買い替える候補が出来て良かったな(笑)iMac の方は 5K まで必要かなという印象。4K にしてもらってもう少し買いやすい価格に抑えて欲しかったという気もします。

とりあえず、iPad Air 2 の 64GB を購入しようと思います。色は、ゴールドにしようかな。あとは Wi-Fi にするか、SIM フリーにするかですが… ここに来てまた迷ったりしてます。

[CS] Kiefer neu(キーファーノイ) のボディバッグ

以前からボディバッグが欲しくて、探していたんだけど、なかなか「これっ!」っていうのが見つけられずにおりました。ボディバッグって価格もピンキリだし、サイズ、デザイン、材質もいろいろで、自分の好みのものを選ぶのって結構、難しい。そんな中、ようやく良さそうなモノを見つけました。

購入したのは、kiefer neu の Ciao シリーズの KFN1611C。色は、Navy/Camel。

Kiefer neu ボディバッグ

公式サイトには情報がないんだけど、型落ちなのかしら?まぁ気に入ったので、そんなことはどうでもいいんですが、ポイントは、大き過ぎず小さ過ぎずのサイズ感と、革製というところ。あと色ですね。

背中の部分はナイロンメッシュ素材。ここも革だと、薄い色の服を着ていると、色移りしそうじゃないですか?夏とか汗をかくと特に。それがメッシュだと通気性も兼ねていて○。

Kiefer neu ボディバッグ

ベルトは左右どちらでもかけられるように、ベルトの位置を変えられるようになってます。

Kiefer neu ボディバッグ

中は、ファスナーポケット、オープンポケットが一つずつと、ペンホルダーが設けられてます。

実際にモノを入れてみたところ、以下のものが入りました。SIGG ボトルを入れなければ、Kindle Paperwhite がちょうど、収まりました。

  • 500ml の SIGG ボトル
  • 長財布
  • 小銭入れ
  • 免許証入れ
  • iPhone 5s

Kiefer neu ボディバッグ

多少、膨らんでしまいましたが、自分としては考えていたものが入ったので容量としては十分ではないかと。まぁもう一回り、大きかったら良かったかもしれませんが。

とりあえず気に入ったモノが見つかって満足。長く使っていきたいと思います。

[CS] IODATA のドライブレコーダー「DR-FH5M120」

購入したドライブレコーダー「DR-FH5M120」。取り付けは自分でやることにしました。

まぁ、相変わらず車の電装については、明るくないのでありますが、エーモンの「ドライブレコーダーの取り付け方」なんてページは参考になりました。

DR-FH5M120

取り付け自体は 1 時間ほどで終了。使い始めて、2 週間ちょっと経ちました。

エンジンをかけると、自動的に起動、録画を開始するようになっていますが、起動時間は早いです。録画開始まで、10 秒ちょいといったところ。これなら走り出すまでに録画が開始していて、良いのではないかと思います。液晶画面は時間が経つと消せるように設定できます。

録画されたファイルは、3分半ほどの長さのファイルが次々と作られるようになっています。ファイル間ギャップは無し。ファイル・フォーマットは .mov で、Mac では QuickTime で再生することができました。

カーナビのテレビ等に影響を与えないよう、ノイズ対策を施してあるとされていますが、自分の環境で確認した限りでは、テレビへの影響などは気がつきませんでした。ちなみにテレビはフルセグではなく、ワンセグです。

家の近所しか走る機会がなくて、ちょっと実際の動画は出しにくかったので、公式のサンプル動画を拝借。

生憎と夜間に走る機会もなかったので、昼間の動画だけしか確認出来ていませんが、前を走る車や対向車線の車のナンバーは認識可能ですし、十分、キレイな画質だと思います。

最大で 4 日間、エンジンをかけないことがありましたが、日時設定はずれていませんでした。ここはもうちょっと検証が必要かな?

ということで、初めてのドラレコですが、満足しています。願わくば役に立つ日が来ないことを祈っております。