カテゴリー別アーカイブ: ハイレゾ

[CS] 斉藤由貴「ETERNITY」

コンパクトディスクイメージ
Designed by Freepik

いつものように FM を聴いてましたら流れてきたのが、斉藤由貴さんの「永遠」。既に発売されている、デビュー 30 周年記念アルバム「ETERNITY」に収められている一曲で、JAZZ バラードのカヴァーと新曲が収録された一枚なんだとか。

まぁカヴァーアルバム好きとしては要チェック!(笑) ということで、収録曲を調べてみたら、Carpenters の「Top Of The World」をはじめ、好きな曲が多い。

  1. Top Of The World
  2. Tea For Two
  3. Cheek To Cheek
  4. Lovin’ You
  5. Blue Moon
  6. Stardust
  7. When I Fall In Love
  8. Across The Universe
  9. 窓あかり
  10. 永遠

iTS で配信されていたので、試聴してみたんですけど、英語の発音も悪くないと思ったし(って英語が全然ダメなくせに偉そう (^^;;)、彼女のふんわりした雰囲気が伝わってきて、なかなか良いんじゃないかと。

で、続けてハイレゾはないかとチェックしてみたら、mora から配信されてました。これは嬉しい。ウィッシュリストに入れておきます。

 

[CS] 「EasyDSD」がバージョンアップして高周波ノイズがのる問題が解消

Mac 環境で PCM ファイルを DSD ファイルに変換する「Easy DSD」がバージョン 1.1 にバージョンアップされておりました。

EasyDSD

バグ修正と新機能の追加となっていますが、新機能は DST でエンコーディングする時に、容量を 50〜60% 圧縮することが出来るようになったようです。

自分は、DSD64 で変換をしてきましたが、DST での変換を試してみたところ DSD64 で 293.1MB あった曲の容量が DST では 133.1MB と半分以下になりました。この圧縮率はなかなか魅力的。ただ変換には DSD 変換するよりも時間がかかります。

バグ修正の方は「[CS] 「EasyDSD」と「JRiver Media Center」」のエントリにも書いたように、ある特定の曲を変換する時に、高周波ノイズが乗ってしまう現象に対応してくれたようです。バグだったんだなぁ〜。素早く対応してくれてありがたいです。

で、こちらも早速、現象が出ていた曲を変換してみたところ、ノイズもなく変換できることを確認できました。良かった。

今回の件で、サポート体制も良いという印象を持てましたし、余計な機能がないので使いやすいですし、今後も愛用していきたいと思います。

 

[CS] 「EasyDSD」と「JRiver Media Center」

[CS] PCM ファイルを DSD ファイルに変換。「EasyDSD」を試す」なんてエントリを書きましたが、その後、Easy DSD を使って、主にハイレゾファイルを DSD64 ファイルへ変換する作業を黙々とやっております。

EasyDSD

そんな中、一つ問題が…

今のところ 258 曲の変換が終わったんですが、ある 1 曲だけ再生してみると、曲の中盤から「ピー!」という高周波が曲の最後まで乗ってしまっていました。3 回、変換をし直してみたのですが、現象は全く変わらず。もちろん、元のデータを再生する場合は問題ありません。

そこで試しに、JRiver Media Center を試してみることにしました。

JRiver Media Center

とりあえず DSD への変換機能だけを試しただけですが、EasyDSD は DSD64/128/256 に対応しているのに対して、Media Center は DSD64/128 への対応ということになっているんですね。

シンプルな EasyDSD に対して、高機能な Media Center はなかなかとっつきにくいという感じではありましたが、無事に変換ができました。で、早速、再生。

結果としては、うまく行きまして、ノイズはなくなりました。

EasyDSD の変換ではノイズが乗ってしまうというのは、どんなところに原因があるんでしょうかねぇ… バグなんだろうか?

 

[CS] ネタのタネ 20150213

Geek Out

  • Geek Out」という小型の USB DAC/ヘッドホンアンプがあるんですね。PCM は 32/384 kHz まで、DSD は DSD128 まで対応。USB 端子直差しタイプですが、このサイズで A 級アンプなんだとか。その分、発熱も高いようですが… What Hi-Fi? の LH Labs Geek Out review によると、☆4 がついてます。
  • SING LIKE TALKING の 7 作品がハイレゾで配信開始されてました。moraVICTOR STUDIO HD-Music. から購入可能です。自分はこの内、5 タイトルの CD を持ってますが、持ってないのを買おうかなぁ。それとも「0[lΛV]」とか購入して CD と比べてみようかしら。しかしマスター音源は何、使ってるんだろう?
  • ハイレゾつながりで… いろいろ配信音源も漁ってる中で、HANK JONES -The Great Jazz Trio- の「LAST RECORDING」の DSD(DFF)|2.8MHz/1bit が配信されているのを見つけたんだけど、マスター音源はなんなんだろうか?SACD が出てるからそっちを購入した方がいいんだろうか?

 

[CS] 小型 USB DAC/ヘッドホンアンプのつなぎ方はどうしよう?

小型の USB DAC/ヘッドホンアンプを検討している今日この頃です。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

そんな中、「HERUS+」か「EXPLORER2」のどちらかに絞ったわけです。MBP での使用が主になる予定ですが、購入の暁にはメインのオーディオシステムにも繋ぎたくなるのは明白。ということで、そのケーブルもどうしようかと考えているところです。

MBP と HD 650

ケーブルにもとんと疎いわけですが、ちょうど MacBS さんが「ステレオミニケーブル、検討」というエントリを書かれておりましたので、これは「ありがたい」と拝読しました。

「EXPLORER2」は光ケーブルが使えるので、特に考える必要もないんですけど、「HERUS+」を購入すると、必要になるのは、TRS 標準プラグを RCAx2 に変換するケーブルまたはアダプタ。なんですが、音質に配慮されているだろうと思われる製品がなかなか見つけられないんですよねぇ…

そんな中、見つけたのはオーロラサウンドの「ASX-01」という変換アダプタ。

標準フォン端子はアンフェノール社製、RCA 端子はロジウムメッキ、ケーブルはベルデン社製ということで、いいのかなと思います。

別の接続方法としては、「標準フォン端子-ミニジャックの変換プラグ + ステレオミニケーブル」という組み合わせ。まぁ、あまり変換プラグの類いは使いたくないですが、フルテックの「F63-S(R)」なんかのプラグであれば、音質的にも大丈夫なんじゃないかなと。

これと、MacBS さんが挙げられていた、QED の「Performance J2P」なんかのケーブルと組み合わせてやれば、コストも抑えられて、満足できるんじゃないかなという感じですね。

まっ実際に動くのはもう少し先になりそうですが、気長にいろいろ考えてみたいと思います。

 

[CS] ネタのタネ 20150210

シングルズ 1969-1981

  • [CS] カーペンターズのハイレゾ配信」なんてエントリを書いてますが、最近になって調べてみたら、mora と e-onkyo での配信が終了してるようです(リンク先がなくなってる)。まだ、カーペンターズ の「シングルズ 1969-1981」が配信されているのは、国内では HQM STORE だけのようです。欲しいと思っていた方は早めに購入された方がいいかもしれません。
  • 漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」24 巻が出るそうで、「なんで完結したのに続きが出るの?」と思ってましたら、内容は開戦前のザビ家の動向や、終戦後のホワイトベースの仲間のその後が描かれているそうで、それはちょっと興味深い。読まねば。
  • Apogee から小型 USB DAC/ヘッドホンアンプ「Apogee Groove」が今春に発売になるようで。価格は未定ですが、24bit/192kHz まで対応、音量ボタンありなんて仕様を考えると、「DacMagic XS」の良い対抗馬かしら?
  • この「虹色の林檎はどんな味?」は、ありがたいことに「いぬリンク」をはじめとする各種アンテナに更新時間を捕捉していただいているんですけど、去年の 6 月くらいからだったかなぁ… 更新してもそれが反映されなくなってたんですよね。まぁそれについて自分からどうこう言うことでもないので、半ば諦めていたところもあったんですが、復活してました。これは嬉しいっ!関係各位、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

[CS] DSD ファイルのタグ編集。「Tag」を試す

PCM ファイルを DSD ファイルに変換する環境は整いました。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いています。

ちょっと困ったなと思ったのが DSD ファイルのタグ編集。自分は音源は基本的に iTunes で管理していて、タグも iTunes で修正しています。ですが、DSD は iTunes では扱えない。

そんなわけで、ネットを探索。Mac で使える DSD のタグ編集のツールってあまりないようですが、そんな中、見つけたのは「Tag」。5 ドルですが、7 日間試用が可能です。Mac App Store からも購入可能。こちらは 500 円でした。

Tag

使い方は特に説明不要かと思います。簡単に各タグの編集が可能でした。対応しているファイル形式は、FLAC、Ogg Vorbis、Ogg Opus、DSF、Musepack、WavPack、Monkey’s Audio、Speex、True Audio、Apple Lossless、AAC、MP3、WAV、AIFF です。

DFF 形式のファイルは編集できないので、dff2dsf などのツールを使って、DSF 形式に変換します。これで DSD 変換の環境はばっちりかと思います。

 

[CS] PCM ファイルを DSD ファイルに変換。「EasyDSD」を試す

とーとつに DSD 音源の再生に興味を持ち始めました。

DSD 音源の配信も徐々に始まっている中、自分が聴くアーティストの音楽は見当たらないしまだまだ無縁だと思っていたんですが、PCM ファイルを DSD ファイルに変換するツールがあることを知ったのがきっかけ。PCM を DSD に変換した音源でも、その効果は大きいらしい。なんでも音が滑らかになるんだとか。

JRiver Media Center

まず、知ったのは「JRiver Media Center」。Mac/Windows/Linux 版がそれぞれ用意されています。Mac 版は 49.98 ドルですが、機能制限なしで 30 日間試用できるようです。

JRiver は DSD を始めとする音楽ファイル再生に対応しているのはもちろんですが、イメージ、ビデオ、Movie などメディア全般を扱うことができます。CD をリッピングする時に DSD でリッピングも出来るし、リアルタイムで PCM を DSD に変換しながら再生が出来たり、DSD に変換したファイルも保存できるようになったようです。

と、書いてきましたが、まだ試用にも至っていなかったり (汗) いやとりあえず変換だけできればいいかなと思っていたので、ちょっと高機能過ぎるかなと。プレーヤーは Audirvana Plus があるし。

そんなわけで、単純に変換するツールはないかしらと探し回って見つけたのが「Easy DSD」。こちらは Mac App Store から購入可能なので基本的に試用ができませんが、1400 円です。

さっそく購入して試してみました。

EasyDSD

変換した音源は、Carpenters の「Singles 1969-1981」の Flac 96kHz/24bit のファイル。21 曲、約 1.6GB のファイルを変換するのにかかった時間は、約 40 分。使った Mac は Mac mini(Early 2009)。変換する DSD ファイルは DSD64/DSD128/DSD256 から選択出来ますが、とりあえず DSD64 にしておきました。変換後のファイルは全部で、約 3.27GB になりました。2 倍ですね。

Audirvana Plus で再生。

Audirvana Plus

ちゃんと DSD ファイルと認識されてますね(笑) と、言っても DSD ネイティブ再生環境のない我が家。出力が、88.2kHz/24bit になっちゃってますね。JAVS X-DDCplus 経由で再生してるんですが、こういうものなんでしょうか?

元の flac ファイルと差はあるかと聴き比べてみたんですが、自分の耳では分からず。やっぱり DSD のネイティブ再生環境を整えないとなぁ…。

来るべき日に備えて、全ての音源を DSD 変換するのは、容量的にも時間的にも辛くなりそうなので、とりあえずハイレゾ音源から地道に始めていこうかしら。

 

[CS] ネタのタネ 20150205

うしおととら

  • あの、「うしおととら」が今夏、アニメ化とか。楽しみ過ぎる。漫画の方は Kindle 版も出ているので、ちょっと欲しかったり…
  • Diana Krall の「Wallflower[Deluxe Edition]」のハイレゾ配信が e-onkyomoraHDtracks などで開始。国内は 3703 円、HDtracks は 22.98 ドル。パッケージはまだ分からないこともないけど、配信でもこんな価格差あるのは納得いかないなぁ…
  • 11日に発売になる、槇原敬之さんの新譜「Lovable People」が iTS で予約開始されてた。さっそくポチッとな。先行で 4 曲入手できるようになっております。
  • 検討中の小型 USB DAC/ヘッドホンアンプは「HERUSHERUS+)」か「ExplorerEXPLORER2)」のどちらかまで絞った。さてどっちにしようか?迷ったら高い方?試聴さえできればなぁ… 購入はしばらく我慢して、国内導入が早々にされないようなら、久しぶりに輸入代行使って個人輸入しようかと思案中…

 

[CS] ネタのタネ20150129

  • THE ALFEE の初期のアルバム 16 タイトルがハイレゾで配信開始。自分は 13 タイトルは CD を持っているので、買い直すかどうか… 何枚かそのうちに買ってみようか?欲しいのは「DNA Communication」「THE RENAISSANCE」「FOR YOUR LOVE」「THE BEST SONGS」あたりか。→ mora/e-onkyo music
  • なんとレベッカもハイレゾ化。とりあえず「フレンズ」と「RASPBERRY DREAM」の 2 曲から。アルバムのハイレゾ化も計画されているとのことなので、楽しみだ。→ mora
  • 世界樹と不思議のダンジョン 公式サイト」が更新。砦で D.O.E と戦うことになるのはどれくらいのレベルなんだろうなぁ。費用もかかるとのことだし、属性も選べるようなので、戦略性も結構、大事になってきそうだなぁ…