カテゴリー別アーカイブ: 家電

[CS] ネタのタネ 20150218

攻殻機動隊 ARISE

  • 2013 年 6 月から順次劇場公開されていた「攻殻機動隊 ARISE」シリーズに映画「攻殻機動隊 新劇場版」につながる完全新作エピソードを加えて、4 月からテレビ放送されることになったそうで。TV シリーズのタイトルは「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」。TOKYO MX など 9 局で放送予定。自分は BS11 で観ようかな。
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル 冒頭7分映像が公開されました。配信は 3月 13 日までの期間限定ということなので、興味のある方はお早めに。ザクが格好いいよ。ザク。
  • [CS] Bluetooth な血圧計」なんてエントリを書きましたが、エー・アンド・デイからも Bluetooth でスマホとつながる血圧計が発売されるとのこと。ニュースリリース(PDF)。あと、体重計と体温計も。さらに HealthKit にも対応しているという。えらいっ!発売は 4 月で、推定市場価格は、血圧計と体重計が税別10000 円前後、体温計が税別 7000 円前後とのこと。血圧計と体温計が欲しいな。
  • ドリカムのカヴァーアルバム「私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念BEST COVERS-」が 4 月 1 日に発売になるとか。これも楽しみ。今度もハイレゾ版はあるのかな?

 

[CS] Bluetooth な血圧計

オムロンから、Bluetooth 機能搭載の上腕式血圧計「HEM-7280C」が、2 月 6 日に発売されるようで。店頭予想価格は 15800 円前後(税抜)。

オムロン ヘルスケア HEM-7280C

iPhone でデータが管理ができる血圧計というと、Withings の「Wireless Blood Pressure Monitor」だったんですけど、これ未だ国内販売されず。なので、個人輸入でどうにか手に入れようかと考えてた時期もあったんですが、やっと国内メーカからも発売されますね。

まぁまだ血圧を気にしなければならない状態ではないんですけど、なんとなく自分の身体のことを知っておくのはいいかなと、前々から気になっているんですよね。

体重の方は、タニタの体重体組成計「RD-901」を使って、iPhone で管理してるんですけど、タニタから同じような製品は出てくるかなぁ…

こうなると、同じオムロンの体重体組成計「HBF-253W」にしておかなかったのを、ちょっとばかり後悔したり…

ただ、これ「Wireless Blood Pressure Monitor」のようなワイヤレスではないのかしら?そこが気になる。

 

[CS] ネスカフェ バリスタ 簡単に出来る水漏れ修理

ネスカフェ バリスタを購入したのが、2010 年 4 月 29 日。もうすぐ、5 年になるんだなぁ…

ネスカフェ バリスタ

そのバリスタ。しばらくコーヒーを飲むことから遠ざかっていたので、稼働させていなかったのですが、久しぶりに使ってみたのです。一応、掃除をしてから、コーヒーを入れてみたんですが、なぜかまた詰まりがあったりして最初はうまく動作をしてくれなかったんですが、掃除し直したり試行錯誤した結果、うまく動くようになりました。

まぁそこまでは良かったんですが…

水をタンクに入れっぱなしにしてあったんですが、一晩経って翌朝にまたコーヒーを入れようとしたら、バリスタ周辺が水浸し… 近くに置いてあった本などが被害にあいました… orz タンクの水が全て漏れてしまったようです。タンクが空っぽになってました。

軽くググってみた限り、メーカー修理に出すと 7000 円くらいかかるというお話。バリスタ自体は新しいモデルが出てるし、実売も 6000〜8000 円程度なわけでさすがにその選択肢はなし。ただ買い直すのももったいないということで、自力で修理する道を調べてみると、ゴムパッキンを換えるだけで大丈夫っぽい。

「バリスタ 水漏れ」あたりをキーワードにググってみると沢山のエントリーなんかが出てきますので、結構、出てる症状なのね。

SANEI(三栄)PP432-1S-16

さて、必要になる取り替え用のゴムパッキンは SANEI(三栄)の「PP432-1S-16」という製品。もちろんバリスタ専用ではありませんが、これを使ってバリスタの水漏れを直したという、アマゾンのレビューもありました。サイズ的に合う他のパッキンもあるようですが、それではまた水漏れするらしい…

バリスタ パッキン

そんなわけでまずは、古いパッキンの取り外し。つまようじなんかでほじくり出します。

取り出した古いパッキンが左、新しいパッキンが右です。厚みが違う。

バリスタ パッキン

あとは新しいパッキンを押し込んでやって交換完了。実際に、タンクを取り付けてみると、交換前と比べてきつくなってました。水をタンクに入れたまま、一晩、置いてみましたが水漏れすることも無し。無事に修理できたようです。

この「PP432-1S-16」は、アマゾンではあわせ買い対象商品になっているので、これだけでは購入できませんが、価格は 95 円。7000 円の修理費が 100 円かからずにできればかなりお得な感じですよね。

他にも、動作音がかなりうるさくなってきているので、寿命も近いのかなという印象はぬぐえませんが、これでとりあえず延命できたかなと思います。

 

[CS] LED シーリングライト導入

大掃除にかこつけたわけではないんですが、ちょうど蛍光灯が交換の時期のようだったので、ダイニングの照明を蛍光灯から LED 照明に切り替えました。

LED シーリングライト HH-LC553A

購入したのは、Panasonic の LED シーリングライト HH-LC553A。8畳用の調光・調色が可能なモデルです。

以前は、まだこうしたメーカー製の LED 照明は高価という印象があったんですが、随分と手が出しやすくなりました。

他の部屋も照明は LED に切り替えていっているんですが、そちらはホームセンターの PB の製品。まぁ安くて良かったんですが、調光・調色の機能がないので、どうも青っぽいような気がして、食卓のあるダイニングには導入をためらっていました。

調光・調色の機能がある、このシーリングライトは好みに合わせて調整できるので、以前の蛍光灯の光と印象が変わらない感じで使用できています。

LED シーリングライト HH-LC553A

リモコンはシンプルですが、必要にして十分な感じです。消灯時は、すぐに照明が消えてしまうわけじゃなく、徐々に暗くなっていくので、その点も良かったなと思っています。

仕様では光源寿命約 40000 時間となっていますが、実際はどのくらい持つんでしょうかね?まぁ長いこと使えることを期待しています。

さて、年内の更新はこのエントリーを最後にしたいと思います。今年はこの 2、3 年では一番、体調もよく、更新頻度も多かったと思います。来年はさらに体調を整えて、更新頻度も増やしていければなと思います。

今年もたくさんのアクセスをいただきましてありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。みなさま、よいお年を…

 

[CS] 今年購入して良かったモノ 2014

早いもので、今年も残すところ後一ヶ月。いうことで、今年の購入して良かったなぁ〜と思うモノのまとめです。

iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular モデル

iPad Air 2

初代 iPad からの買い替え。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いています。

家族用という位置づけではあったんですが、今のところほぼ自分専用という感じになっております。とっても良い感じ。導入したワイヤレスゲートの SIM はたまに外で使う程度の頻度ですが、どうも速度が出ないことが多くて、不満。

常に 250kbps 出てれば、それほど不満もないんじゃないかと思っているのですが… もう少し経過を見る必要があるかなとも思います。まぁ iOS 8 になって、「Instant Hotspot」が使えるようになったので、Wi-Fi モデルでも良かったのかもと思ったりもしています。

HD 650X-HA1

念願の(ちょっと前までの)ゼンハイザーのハイエンド・ヘッドホンと、Nmode のヘッドホンアンプ。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

ちょっと最近は音楽をまじめに聴く機会が失われていて、稼働時間が低下しているのが残念なんですが、これでオーディオ周りは打ち止めかなと思っております。

DR-FH5M120

IODATA のドライブレコーダー。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

特にトラブルも不満もなく、稼働中。録画しているということで安心感もありますし、なんとなく常に「見られている」という感じもして、安全運転が出来ているようにも思います(まぁ元々、乱暴な運転はしていないつもりですが…)真価が問われるのは、次の夏かなと思っております。

RD-901

タニタの体組成計、ブラックモデル。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

Bluetooth 対応で iPhone と連携できる体組成計。iOS 8 になった時に、通信が上手くできなくなって難儀したんだけど、アプリがアップデートされてからは問題なく稼働中。アプリの出来はイマイチだと思うので、もうちょっとどうにかならないかなぁと思ったり。あと、HealthKit への対応は是非、やって欲しい。

今、興味のあって、できれば来年、欲しいモノ

  • 折りたたみ小径車

長いこと、欲しいなぁと思いつつなかなか購入まで至らないアイテム。まぁ必要性が低いって言うのが一番なんだけど、今は、DAHONTern の自転車が欲しい。特に Tern の 24 インチなんてなかなか魅力的。

  • 「New ニンテンドー 3DS LL」と「世界樹と不思議のダンジョン」

来年、3 月 5 日発売予定の「世界樹と不思議のダンジョン」。これは面白そうだなと、久しぶりに購入意欲が沸々と。ということで、初回特典付きを予約済み。

問題は、3DS 専用ってこと。我が家には一応、一台、3DS があるんだけど、これが子供専用機になっているので、ボクがプレイすることがほぼ不可能になっている。で、どうせ今、購入するなら 3DS LL かなと。購入には抵抗勢力もあり(笑)、ハードルは高いんだけど、振り切って購入しちゃうでしょう :-p

 

[CS] オムロンから Wi-Fi 搭載 iPhone 連携体重体組成計発売

オムロンから、Wi-Fi 搭載の体重体組成計「HBF-253W」が 7 月 25 日に発売になるとのこと。店頭予想価格は 19800 円前後(税抜)。

オムロン HBF-253W

測定可能なデータは、以下の 10 項目。

  1. 体重
  2. BMI
  3. 体脂肪率
  4. 体脂肪率判定
  5. 骨格筋率
  6. 骨格筋率判定
  7. 基礎代謝
  8. 内臓脂肪レベル
  9. 内臓脂肪レベル判定
  10. 体年齢

レベル判定というのを除くと、実質 8 項目で、タニタの「InnerScan Dual RD-900・RD-901」より 1 項目(体内水分率)少ない。

Wi-Fi ということで、Bluetooth の RD-900・RD-901 より有利なような気もするけど、RD-901 を使ってる身としては特に困っていることもなく、あまり関係ないかな。あっ体重計る時にいちいち iPhone 持って移動する必要はないから、その点は Wi-Fi の方が便利そうか。

デザインはオムロンの方が好きだなぁ。

気になるのはアプリの使い勝手。タニタのアプリはいろいろと直して欲しいところもあるので、オムロンのアプリはどんな感じなのか気になるところ。まぁ買い替えるということは流石にないですけどね。

[CS] 無印良品「USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)」

暑い日が続くようになってきて、扇風機が手放せない季節がやってきました。

Mac の脇で使っていた、YAMAZEN の扇風機がカラカラと音を立ててうるさくなったこともあって、小型で静かなモノを物色。無印良品の店頭で「USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)・ホワイト」を購入してきました。

パッケージは無印らしくシンプルなモノ。

USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)

USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)

本体。材質は ABS/PP 樹脂。これまた無印らしいシンプルなデザインで、安っぽい感じは特になし。ボタンは風量スイッチが一つ。風量スイッチを押すと、首ふりのオンとオフが切り替わるようになっている。上下方向の角度を約 30 度の範囲で調節可能。USB ケーブルの長さは約 1m。外形寸法は約 幅 11.5 x 高さ 16.5 x 奥行 10 (cm)。

USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)

本体後部の後ろグリルは簡単に取り外しが出来て、掃除がしやすくなっているのがありがたいところ。前グリルも外せるといいのに。

この扇風機の特長は、二重反転羽根を採用しているところ。これによって、低騒音でもしっかり風量が出せるようになっているらしい。

騒音レベルは強で 36dB、弱で 26dB。「ささやき声・深夜の郊外」の騒音レベルが 30dB、「静かな住宅地・深夜の市内・図書館」の騒音レベルが 40dB ということなので、実際に動作音を聞いても結構、静かだと思う。

首振り機構については、このサイズの扇風機に首振り機構なんか要らないんじゃないかと思ってたんだけど、実際に長い時間、使ってみると風の当たる部分が結構、冷える。顔に向けることが多いことを考えると、首を振らせることで、冷え過ぎることを避けられるので、これを購入して正解だった気がする。

現在、10% オフの 2610 円で購入できます。

なお、長時間の連続使用は推奨されていなくて、モーター部の定格寿命は約 1400 時間とのこと。1 日 4 時間使用したとして、350日。毎年 4 ヶ月くらい使うとして、3 シーズンというところでしょうか。

また、輸入元のリズム時計工業の同等と思われる製品もあるので、お好みのデザインをどうぞ。

[CS] タニタの体組成計「RD-901」購入

Withings WS-50 と悩んでいた体組成計は、タニタの RD-901 を購入。色はブラック。

RD-901

決め手はやはり測定項目の多さ。あと、50g 単位で測定できる(WS-50 は 200g 単位)こと。体重って 1 日のうちでも結構、変動するので細かく見れた方がいいなと思って。

本体と保証書、クイックセットアップガイド、乾電池 4 本が付属。取説は付属せずに、タニタの取扱説明書のページからダウンロードするようになってます。体重計でも今どきはこんな形なんですね。

RD-901

これまでタニタの TBF-541 という体重(100g 単位)と体脂肪(5% 単位)が計れる 20 年くらい前に手に入れたモデルを使ってたんだけど、それと比較してみると、体重で 0.1 kg、体脂肪で 1.6% の差があった。まぁ、RD-901 の方が精度は高いんだろう(ということにしておく)。

RD-901

iPhone との連携は 4 種のアプリで可能になっています。ボクは「ヘルスプラネット」を RD-901 が届く前から使っていました。

まず、RD-901 を登録。「データを入力」から「体組成計から入力する」を選択します。アプリの手順に従ってペアリングを行います。

タニタ ヘルスプラネット タニタ ヘルスプラネット

なぜ、体重計で住んでる地域を設定しないといけないのか疑問だったんですが、取説に説明がありました。「高精度のはかりは、使用地域により重力の影響を受け、誤差を生じること があります。ご使用になる地域を設定することにより、この誤差を解消することができます」とのこと。

RD-901 RD-901

設定が済めば、以降はアプリを起動し「データを入力」をタップすると RD-901 を探して起動、体重測定状態になってくれます。で、実際に測定してみると、こんな感じで表示されるようになります。

タニタ ヘルスプラネット

「体内年齢」が年相応だったことには安心したんだけど、「体脂肪」「内臓脂肪レベル」が良くないのは頭痛いところ。もっと運動しなきゃなぁ… で、これらの項目については「タニタの健康コラム」のページで確認することが出来ます。

さて、実際に何回か使ってみてですが、まぁ悪くないです。アプリを起動してすぐに測定可能状態になってくれるので、特にストレスも感じませんし。

ただ、iPhone が手元にない時に測定だけして、後で iPhone にデータを送れるようになっているようなんですが、この取説の 13 ページにある「体組成の受信」を見つけることが出来ず…

RD-901

また、アプリの方は Withings のアプリと比べると、グラフの機能なんかは、Withings のアプリの方が好み。タニタのヘルスプラネットは広告が表示されたりと、ちょっと残念です。

体組成計としてはちょっと割高になるかと思いますが、測定項目の多さと精度、iPhone に自動でデータを蓄積できる体組成計と考えると、唯一の選択肢かなと思います。

[CS] タニタから Bluetooth 対応 iPhone 連携体組成計発売

タニタから Bluetooth 対応の体組成計「InnerScan Dual RD-900・RD-901」が、5 月 30 日に発売になるとのこと。直販価格は RD-900 が 17,064円(税込)、RD-901 が 21,384円(税込)。

InnerScan Dual RD-900・RD-901

RD-900 と RD-901 の違いは、最小表示が RD-900 の 100g に対して、RD-901 が 50g。測定可能な項目は以下の通りで、両モデル共通の項目が 1 〜 6。7 〜 9 が RD-901 だけの項目。7 〜 9 は RD-900 では本体では確認できなくて、専用アプリにて確認可能。

  1. 体重
  2. BMI
  3. 体脂肪率
  4. 筋肉量
  5. 推定骨量
  6. 内臓脂肪レベル
  7. 基礎代謝量
  8. 体内年齢
  9. 体水分率

Wi-Fi ではなく Bluetooth というのが通信距離とかで気になるところではあるけれど、測定項目がこれだけあるのは魅力的。Withings の WS-50 を買うつもりでいたけど、いい対抗馬が出てきた。どっちにしようかなぁ…

[CS] パナソニックからスマホを子機にできる電話機「VE-GDW03DL」

パナソニックから Android スマートフォンやタブレット、iPhone、iPad を子機にできる無線 LAN 対応のデジタルコードレス電話「VE-GDW03DL」が発売になるそうで。

VE-GDW03DL

店頭予想価格は 15,000円前後で、11月14日発売予定。

親機を無線 LAN 環境(IEEE802.11 b/g/n 対応)に接続して、スマートフォンに専用アプリ「スマートフォンコネクト for GDW03」(Android/iOS 対応)をインストールすることで、無線 LAN に接続されたスマートフォンを子機として最大 4台まで登録することが可能とのこと。

スマートフォンの電話帳を使って無線 LAN 経由で固定電話回線を使用した発信や、固定電話回線への着信をスマートフォンで受けることも可能。

ボクは知らなかったのですが、PHS は固定電話回線につないだ親機の子機として使う「内線モード」という機能があったそうで、それのスマホ版ということになりますか。

かかってくることは以前に比べると随分、減ったように思うけど、iPhone は常に手元に置いてありますので、家の電話が鳴った時に iPhone で出られるのはとても便利になりそう。

収納式の「スマホスタンド」と充電用 USB 端子が用意されているのも、使い勝手が良さそうです。う〜ん、久しぶりに買いたいなと思う、電話機が出るな〜。