カテゴリー別アーカイブ: AV 機器

[CS] ヴィンテージオーディオフェア

大丸心斎橋で「クラシック&中古カメラ掘り出し市」というのが、開催されているんですが、その横で「<ハイファイ堂>ヴィンテージオーディオフェア」が同時開催されているというのを知ったので、ちょっと覗いてきました。

<ハイファイ堂>ヴィンテージオーディオフェア

主催がハイファイ堂ということで、20 年くらい前のオーディオ機器があるのかなぁと思って行ってみた(マランツのミュージックリンク・シリーズがあることを期待してみたのだけど、残念だった)のですが、実際は 30 〜 40 年前のモデルが多かったような気がします。

5 つくらいシステムが組んであって、それぞれアナログレコードが再生されておりました。一つは B&O の BeoSound 9000 で CD が鳴ってたのかな?あと、LP レコードがずらっと飾ってあって、懐かしく自分も見た覚えのあるジャケットが沢山ありました。ざっと見て、LP の価格は大体、定価の半額ってところでしたでしょうか。

レコードプレーヤーは YAMAHA、DENON(もちろんデンオン時代)、Trio なんかだったと思いますが、どれも結構なお値段で… どれもリストアされているモノばかりだったかと思いますが、当時の定価より高い値付けのモノもあったりして、なかなか手が出せませんね。

まぁレコードプレーヤーはオークションを眺めていても、モデルによっては定価くらいになってることも珍しくないようなので、中古狙いもなかなか難しそうです。

そんなわけで、会場を一通り眺めていると、ちょうどレコードコンサートを始めますと声を掛けられたので、時間もあることだし聴いていくことに。

4 月 5 日まで毎日、1 〜 3 回ほど予定されていて、自分が聴いてきたのは「ビートルズからソロになった3人のビートルズたち」と題して、ポールとジョン、ジョージのソロアルバムから数曲ずつ再生されてました。プレーヤーは Trio、アンプが LUXMAN の真空管を使ったアンプ、スピーカーが JBL 4343 だったと思います。

1 時間ほどの内容でしたが、久しぶりに聴いたレコードは懐かしくもあり、新しくもありという感じで、CD と比べれば S/N 的には劣るんでしょうけど、聴いているとやっぱり楽しいですね。

平日の昼間ということもあり、聴衆は自分も入れて、最大で 10 人ほどだったかと思います。年代は自分よりも上な感じの層で、女性も何人かいらっしゃったのが印象的でした。

中古 LP は自分も興味のあるものが何枚かあったので、よっぽど何か購入して帰ろうかと思ったんですが、とりあえず踏みとどまりました(笑) サザンオールスターズの新譜「葡萄」の CD を購入したところですが、レコードも 8 日に発売になるので、こっちは抑えておこうかなと思ってます。

 

[CS] 「SC-23」の取説を入手

20 年以上前に発売されていた、マランツのプリアンプ「SC-23」。これについて、虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリーを書いてます。

修理などもしてもらって快調なんですが、気になっていたのはメーカーに問い合わせても入手できなかった取説。どっかにないかなぁ〜と思っていろいろと彷徨っていたところ、見つけたのがハイファイ堂の「取説コピーサービス」。

ダメ元で問い合わせてみたところ、入手可能ということだったので、取り寄せしました。もちろんコピーですし、有料です。

SC-23 ユーザーマニュアル

届いたコピーは、結構、キレイなモノでした。

パラパラと中を見ていて面白いと思ったのは、CD プレーヤーとの組み合わせは、ライントランスの「DLT-1」と組み合わせて使うことが、特長のところだけじゃなく、結線図にも書かれていたこと。

ん〜やっぱりあの時代の CD プレーヤーは、今と比べるとノイズの影響とか大分違ってたのかなぁ… うむ、「CD-23」を入手するまでにライントランスも手に入れられるよう探してみよう。

ハイファイ堂の「取説コピーサービス」はどんな機種でも必ず取り寄せ可能ということはないようですが、取説がなくて困っている方がいらっしゃいましたら、一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

[CS] マランツのヘッドホンアンプ「HD-DAC1」

マランツの USB-DAC ヘッドホンアンプ「HD-DAC1」が昨秋に発売になってしばらく経ちました。

Marantz HD-DAC1

一部ロットに不具合があったようですが、いろいろ彷徨ってみると概ね好評のようです。

発表された当初、個人的にはさほど興味もなかったのは、Nmode のヘッドホンアンプ「X-HA1」をゲットした頃だったからですね。あの時は、バランス接続が可能なヘッドホンアンプを物色している時でしたから、バランス出力を持たない、「HD-DAC1」は対象外となってしまったからです。

それがなぜ、ここにきて興味を持っているのかというと、そのデザインとサイズから。

同じマランツのプリアンプ「SC-23F」をゲットしてから、ミュージックリンクシリーズに再び関心が高まっているのですが、「HD-DAC1」のデザインとサイズは、「CD-23」と似ているのに今さらながら気づいたから。

Marantz CD-23

  • HD-DAC1 W250 x H90 x D270 mm
  • CD-23 W250 × H130 × D280mm

高さは少し高いですが、幅と奥行きはほぼ一緒。デザインもセンターに丸いディスプレイを持っていて(ってこれはマランツのアンプに多いですけど)、一緒に使うことが前提みたいな (無理やりな) 感じです。

これに気づいたのは「ミュージックリンクシリーズでシステムを組んだら、やっぱり DAC は欲しいよなと。合わせるならどんな DAC がいいかしら?」と例によって妄想を始めたからなんですね。

同じ価格帯だとパイオニアの「U-05」、少し上を見ると OPPO の「HA-1」がなかなか良さそうだと思うのですが、上記理由から「HD-DAC1」が良いなとなります(笑)。

20 年前のモデルと最新のモデルが組み合わさると、どんな音が出てくるだろうとワクワクします。まぁ実現するかどうかも分かりませんが…

 

[CS] その後のマランツ「SC-23F」

[CS] マランツのプリアンプ「SC-23F」」のエントリで、マランツのプリアンプ「SC-23F」をゲットしたことを書きました。

マランツ プリアンプ SC-23F

手に入れた「SC-23F」は次のような問題がありました。

  • 電源ランプが点いたり点かなかったり
  • 電源ケーブルにヒビが入っている
  • 取扱説明書がない

このまま使い続けられないわけではないんですが、電源ケーブルのヒビは出火などにつながる可能性もあるだけにちょっと不安が残ります。

とはいえ、もう 20 年以上前に発売になったモデルですから、修理とか無理なんだろうなと思いつつ、ダメ元で最寄りのサービスセンターに電話してみました。取説以外のことを伝えてみると、あっさりと修理可能というお返事。やった!

直接、持ち込んでも良かったのですが、宅急便でサービスセンターに不具合の内容などを書いたメモと一緒にお送りさせていただいて、対応をしていただきました。

対応していただいた内容は、

  • 電源ケーブルの交換
  • 電源ランプの交換
  • 各接点のクリーニングなど

です。

先方に到着した日から見積もり料金などについての電話がかかってくるまで 4 営業日。修理完了の電話があったのがその翌日。で、手元に戻ってきたのが、そのまた翌日。結局、トータルとして手元に戻ってくるまで 6 営業日かかりました。

取説の方は、別途メールで問い合わせをしてみたのですが、残念ながら社内に資料が存在しないということで入手できず。まぁ 20 年以上経ってますからね。仕方ないところでしょうか。

取説が無くても特別、困るわけではないのですが、将来、ブリッジ接続が出来るようになった時に、どう結線したら良いのかもう一つ理解できておらず… まぁセパレートアンプって使ったことないですからねぇ… その時はネットの海を彷徨ってみますか。

オーディオ関連で修理対応の良いところというと、AccuphaseLUXMAN が挙がってくると思うんですけど、マランツもなかなかだなと感じました。

いやはや、ホントに嬉しい。大事にします。

 

[CS] LINN 新「DS」シリーズ

LINN のネットワークプレーヤー「DS」シリーズが 4 月 1 日から新しくなるそうで。従来モデルは 3 月 17 日をもって販売終了となったようです。

KLIMAX DS

  • KLIMAX DS/2 2400000 円(税抜)
  • AKURATE DS/K/2 900000 円(税抜)日本限定仕様
  • MAJIK DS/2 350000 円(税抜)
  • MAJIK DSM/2 500000 円(税抜)

主な変更点は、新クロック・アーキテクチャーの採用、PCB 内電源供給方法の変更、8 層基板三次元回路レイアウトの見直しによる信号経路のさらなる短縮などだそう。

気になるのは、部屋のサイズやスピーカーの位置を入力することで最適な補正を行う「Space Optimisation」機能の大幅なアップグレード。全ての DS/DSM でこの機能が使えるようになったようなんですが、組み合わせるスピーカーは LINN の製品だけじゃなくて、B&W や KEF などのスピーカーも対象とされています。

対象のスピーカーの中には自分も愛用している KEF LS50 も含まれているので、これ使ってみたいなぁと思うところです。

そんなあなたに(笑)旧 DS を新 DS へアップグレードするサービスも用意されていますが、MAJIK は対象外で、KLIMAX と AKURATE だけなんですよねぇ。まぁラインナップ的に仕方ない面はあるんでしょうけど、MAJIK ユーザーにも何らかのパスを用意して欲しいなと思った次第です。

  • KLIMAX DS から KLIMAX DS/2 600000 円(税抜)
  • KLIMAX DSM から KLIMAX DSM/1(EXAKT LINK付) 600000 円(税抜)
  • AKURATE DS から AKURATE DS/K/2 400000 円(税抜)
  • AKURATE DSM から AKURATE DSM/1(EXAKT LINK付) 400000 円(税抜)

もっとも、このアップグレード価格を出すなら LUMIN のネットワークプレーヤーに乗り換えを考えてもいいかなぁと思ったりもしますけれども。

 

[CS] HERUS+ をアップサンプリングで使う

[CS] HERUS+ と MacBook Pro(Mid 2010)」のエントリで、「HERUS+」を購入したことや、印象を書きました。

HERUS+

その後、「Audirvana Plus 2.0」の設定を変えてみると変化があったので、補足です。

「HERUS+」は 44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/DXD/DSD64/128 のフォーマットに対応しているので、アップサンプリングを試してみました。これまで自分は、アップサンプリングは使ったことがなかったんですよね。

Audirvana Plus

で、折角なので「Forced Upsampling」の設定を「Maximum sample rate up sampling」にしてみました。これで、PCM で再生する場合は、352.8kHz/24bit で再生されます。

この設定で、先のエントリで確認した内容から以下のような変化がありました。

  • PCM から DSD に切り替わる時に「ジジジ」という感じで出ていたノイズがなくなった
  • ひんやりしたままだった、きょう体は、ほんのりと温かくなった

アップサンプリングに対する是非や、好き嫌いというものはあると思うのですが、透明感が増し緻密な音になったように感じました。

これによって「HERUS+」に負荷がかかるようになるようですが、不安定になったり音切れが出たりということもないので、個人的には常用しようかなと思います。

 

[CS] HERUS+ と MacBook Pro(Mid 2010)

購入

小型の USB DAC/ヘッドホンアンプをどうするのか、いろいろと検討を重ねてきましたが、結局、Resonessence Labs の「HERUS+」を購入しました。決め手としては、

  • 対応フォーマット (44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/DXD/DSD64/128)
  • 32Ω から 600Ω までのインピーダンスのイヤホン・ヘッドホンに対応
  • サイズ (63.5×31.7x19mm)
  • チップが ESS 9010-2M
  • Mac 環境ではドライバー不要なこと

というところでしょうか。

「HERUS+」は、日本ではまだ発売のアナウンスもなく、本国サイトからは日本に送ってくれませんので、久しぶりに輸入代行サービスを使って購入。ポチッとしてから、手元に来るまで 2 週間弱かかりました。米国内の天候の影響なんかもあったようです。費用は HERUS+ が 425 ドル。米国での送料が 36 ドル。日本までの送料・手数料などが 7319 円 で、計 64571 円でした。

HERUS+

HERUS+

HERUS+

箱の中には、キャリングポーチに入った HERUS+ があるだけで、取説などは一切なし。これにはビックリした。

厚みを除けば、USB メモリくらいのサイズですが、手にしてみるとずっしりとした質感が伝わってきます。全体的な剛性も高そうです。

HERUS と HERUS+ の違い

「HERUS+」が「HERUS」と異なる点は、‎プレスリリース (PDF) によると次のようになります。

  • Redesigned PCB.
  • The ability to select between two digital filters to optimize the listening experience.
  • Low Power mode for iPhone and Android cell phone users.
  • Improved Volume Control Sensitivity levels.
  • Improved ESD tolerance.
  • Increased on-board Memory.

大きいところではデジタルフィルターが実装されたことでしょうか。そして「HERUS」では、iPhone などで使う場合には、音量の調節が難しかったようですが、「HERUS+」では改善されているようです。また、スマホでの利用時にはより低消費電力で動作するようになったのは、嬉しいところでしょうか?これらは後日、iPhone に接続して確認したいと思います。

仕様上、残念なところは「HERUS」と共通ですが、初めて「HERUS」や「HERUS+」を接続した際に音量が最大に設定されてしまうこと。

このことは、「HERUS」の製品紹介の「ご使用に当たっての注意」や「HERUS+」の「IMPORTANT Please note」などで明記されています。通常、こういうのは、最小になるように設計されるべきだと思うんですが、難しいことなんでしょうか?まぁ運用で対応するしかなさそうです。

ただ、MBP につなげた場合には音量は最大になることはなくて、いきなり爆音が出てくることはありませんでした。

MacBook Pro(Mid 2010) との組み合わせ

「HERUS」の購入者などのレビューを拝見しましたが、スマートフォンでの利用がメインの方が多いようで、あまり Mac/PC で使われている方は多くなさそうな印象でした。しかし、自分の主となる目的は MBP との組み合わせでの利用で、MBP のヘッドフォン経由の音質を改善することなので、まずはそちらから。

試した環境は、次の通りです。

  • Mac : MacBook Pro(Mid 2010) + OS X Yosemite 10.10.2
  • プレーヤー : Audirvana Plus 2.0
  • USB DAC/ヘッドホンアンプ : HERUS+
  • USB ケーブル: SUPRA (HiVi 2012 年 11 号特別付録
  • ヘッドホン : SENNHEISER HD 650

USB で接続してみると、最初にロゴが一瞬、赤く光り、その後、青く光ります。このロゴはフィルタを切り替えるボタンになっていて、青が Standard Up-sampling Filter、紫(画像だと白っぽいですが)が Custom Up-sampling Filter となっています。

HERUS+

HERUS+

Audirvana Plus で確認してみると、「Resonessence Labs HERUS P」として認識されてます。そして「Native DSD Capability」の設定を「DSD over PCM standard 1.0」にするとうまく動いてくれました。「Automatic Detection」ではうまく動作してくれず。

Audirvana Plus と HERUS+

Audirvana Plus と HERUS+

音源は、PCM のハイレゾ音源と、その音源を EasyDSD で DSD64 に変換したものを聴いてみました。MBP の標準のヘッドホン経由では、これらの音源は 88.2kHz/24bit に変換されます。

PCM と DSD が混在のプレイリストを再生してみましたが、PCM から DSD に切り替わる時に「ジジジ」という感じでノイズが少し出ました。逆の DSD から PCM に切り替わる場合にはノイズはありませんでしたが、ちょっと気になるところです。

さて、標準のヘッドホン経由と切り替えてみると、とても高音質であると感じます。奥行き感や立体感が出てきて、細かい描写もキレイ。高低域にクセは感じられず、周波数特性としてはフラットな印象です。低域はボワボワした感じもなく、しまっています。

また、解像度、透明感なども高く、スピード感やキレも良く、「HD 650」のような比較的インピーダンスの高い、ヘッドホンでも十分に駆動してくれるようです。30 分ほど再生を続けてみましたが、きょう体が熱くなることもなく、ひんやりとしたままです。

「HERUS」と音質を比較できる環境にありませんが、このサイズでこの音質はなかなか得難いと思います。「HERUS+」も早いところ日本でも普通に購入できるようになるといいんですが…

 

[CS] アナログレコードプレーヤー考

自分のオーディオ環境も、レコードから CD メインになり、楽曲データを再生するようになって来た今日この頃。まさかまた自分がレコードを聴いてみたいと思う日がやってこうとは…(笑)

自分のレコード体験は本格的な機器ではなくて、ナショナルのザ・サードというスピーカーが分離できるラジカセ(これは数年前に処分してしまった)とそれに接続できることができる同じナショナル(だったと思う)のレコードプレーヤーの組み合わせでした。

当時の個人的な憧れのレコードプレーヤーというと、ヤマハの GT-2000 なんかでしたかね。海外のメーカーのことは良く知りませんでしたね。

そんなわけで今、購入するならどんなモデルがいいんだろうかとここ数日、いろいろ彷徨ってみましたので、興味を持ったモデルをちょっとまとめ。

TEAC 「TN-350

TEAC TN-350

ベルトドライブ方式。USB デジタル出力を搭載したモデル。内蔵フォノイコライザーアンプはオン・オフが切り替えられるので、いろいろとステップアップするのにも良いかも。チェリーが好み。

Pro-Ject Audio「Essential II Series

Pro-Ject Audio Essential II Series

ベルトドライブ方式。オーソドックスな「Essential II」と USB 出力を持った「Essential II Phono USB」の 2 ラインナップ。

Pro-Ject Audio「Elemental Esprit Series

Pro-Ject Audio Elemental Esprit Series

ベルトドライブ方式。こちらもオーソドックスな「Elemental Esprit」と USB 出力を持った「Elemental Esprit Phono USB」の 2 ラインナップ。「Elemental Esprit Phono USB」は公式で Mac 対応を謳っているのがうれしい。

奇しくもベルトドライブ方式のモデルばかりになってしまいました。最近は、USB 経由で PC に取り込めるようになっているモデルも増えてきているようで、もっと低価格で USB 端子がついたプレーヤーも多くあります。ここで挙げたモデルも全て USB 端子を持っているモデルです。

ただ、個人的にはハイレゾの音源もあることですし、レコードをわざわざ取り込むってこともないかなぁと思います。それに、Pro-Ject Audio の 2 モデルの USB 対応モデルは、MM フォノイコライザーが内蔵されていて、将来的に MC カートリッジも試してみたいと思っている自分には不向きかな。

CD のリッピングした音源やハイレゾ音源と、レコードを取り込んだ音源を比較してみると面白いのかもしれませんが、音楽を楽しむという本来の目的からはずれちゃいますかね?そんなわけで、この 3 モデルの中であれば USB 端子がない「Essential II」が本命かなと考えています。

もっとも、導入するにしてもまだ先のことになるとは思いますが、いろいろと妄想を膨らませている時が一番楽しいですね。

 

[CS] やさしくできるアナログレコード再生の本

レコード
Designed by Freepik

[CS] オーディオ環境あれこれ」のエントリーで、

あと、フォノイコライザーアンプの「PH-1」を手に入れることが出来れば、アナログプレーヤーも何か用意して久しぶりにレコードを聴いてみるというのも良いかもしれません(笑)

via:[CS] オーディオ環境あれこれ

なんて、書いたからなのか。レコードプレーヤーって今買うならどんなのが良いんだろうかとかいろいろ調べ始めてしまいました(笑)

レコードプレーヤーを導入するとなると、今のレイアウトじゃ置く場所が確保できないので、そっから始めないといけないのが辛いところです。実行するにしても当分、先のことになるんでしょうけども…

自分のオーディオの入り口は FM のエアチェックとレコードでしたし、実家の方にレコードはまだ取ってあるはず。とは言っても、あの頃は知識を学ぶ機会もなくて、見様見まねでやってた感じで、レコード再生のお作法とかあまり分からないままでした。

なので今さらながらに疑問に思うことがあったりするので、色々と彷徨ってましたら「やさしくできるアナログレコード再生の本 2015年春号」なんて雑誌が出ていたことを知りました。あ〜アナログ関係の雑誌って今、増えてるんですね。

電子書籍のちら見が出来るので、ちょっと読ませてもらったんですが、今の自分には合ってるのかなという感じ。ちょっと読んでみようかなと思います。

 

[CS] オーディオ環境あれこれ

新しい仲間も入ってきたし、これからやってみたいこと、欲しいモデルもあるしということで、一度、オーディオ系の結線をまとめておこうと思って、まとめてみたのが次の図。

オーディオ結線図

デジタル系は DAC「sd1.0」にまとめればいいんでしょうけど、SACD プレーヤー「SA-15S2」のデジタル出力を入れていないのは、単に同軸 or 光のケーブルを用意できていないだけなんです。まぁ「sd1.0」と「SA-15S2」の DAC のどちらが好みかというところも出てくるんでしょうけど、ちゃんと検証したことがないので、これはまたその内に… (^^;;

しかし、電源タップの口数が足りなくなっちゃったんですよねぇ… 10 個口くらいの良いオーディオ用のタップないかしら?

さて、欲しいモデルというのは、当然、マランツの「ミュージックリンク」シリーズ。「CD-23」とか「MA-23」とかは是非とも手に入れてみたいところ。欲を言えば、「MA-23」を 4 台でブリッジ接続して、2 台の時とどのくらい違うのかとか試してみたいんですよね。

あと、フォノイコライザーアンプの「PH-1」を手に入れることが出来れば、アナログプレーヤーも何か用意して久しぶりにレコードを聴いてみるというのも良いかもしれません(笑)

やってみたいことは、「SA-15S2」と「SC-23F」の間に「DLT-1」なんかを入れてみて、どのくらい音が変わるのか試してみたい。まぁ今どきのプレーヤーであろう「SA-15S2」にライントランスを組み合わせるのは弊害があるのかなという気はするんですけどね。

まぁ何にしても、個人的にはまたオーディオ熱が盛り上がってきて、面白いなと思う今日この頃です。