カテゴリー別アーカイブ: AV 機器

[CS] マランツのプリアンプ「SC-23F」

マランツのプリアンプ「SC-23」をゲットしました。正確には、「SC-23F」です。末尾「F」の意味するところはよく分かりません。

マランツ プリアンプ SC-23F

この「SC-23」、自分がもっともオーディオや音楽に興味を持っていたと思われる学生の頃に、欲しくて堪らなかったマランツの「ミュージックリンク」シリーズの一つでした。「ミュージックリンク」シリーズは、以下のようなラインナップだったかと記憶しています。

  • プリアンプ:DAC-1 (1988 年発売)
  • モノラルパワーアンプ:DMA-1 (1989 年発売)
  • パワーサプライ:DPS-1 (1889 年発売)
  • フォノイコライザーアンプ:PH-1 (1991 年発売)
  • モノラルパワーアンプ:MA-7A (1991 年発売)
  • プリアンプ:SC-23 (1992 年発売)
  • モノラルパワーアンプ:MA-23 (1992 年発売)
  • CD プレーヤー:CD-23 (1994 年発売)

それに専用ラックの「DMR-1」もありました。この「ミュージックリンク」シリーズは自分にとって憧れのモデルで、カタログを眺めてはため息をついていたものです。その内の一モデルが縁あってついに我が手にやってきたかと思うと感慨深いです。

さて、流石に発売から 20 年近く経ったモデルなだけに、手に入れた個体は傷みもあって、電源ケーブルにヒビなんか入っているので、この辺は何とかしないと、と思っております。オーバーホールとか可能なんだろうか?

動作確認を兼ねて、SACD プレーヤー(SA-15S2)とアクティブスピーカー(Beolab 4)と組み合わせて、軽く音出ししてみましたが、特にクセも感じられず気に入りました。しばらく鳴らしてみましたが、天板とか冷たいままなのに驚き。

しかしこうなってくると、同じミュージックリンクシリーズのパワーアンプと CD プレーヤーだけでも何とか手に入れたいところ。気長に出物を探したいと思います。

 

[CS] 茶楽音人のイヤーピース、‎SpinFit を試す

自分の耳、特に右耳は形が独特なのか、いろんなイヤホン、イヤーピースを試してきましたが、どうも今一つ、フィットしないことがほとんどなんです。直ぐに外れてきちゃうのです。

で、今のところ一番の解決策は、一般的なイヤーフックや、Bose の StayHear チップや BlueBuds X のセキュアフィットイヤークッションの様な製品を使うこと。こういうのがあると、ジョギングしてもほとんどずれることなく使うことが出来ます。

BlueBuds X

そんなわけで、もう、こうした機能のないモデルは使うことないかなぁなんて考えていたんですが、MacBS さんに、FireWire 800 ケーブルをお譲りした代わりに 茶楽音人のイヤーピース、白い軸の ‎SpinFit(PDF)を頂戴しました。大変、恐縮です。ありがとうございました。

SpinFit

SpinFit の特徴は、一般的なイヤーピース(黒いの)にはない「くびれ」。これによって、360 度自由に回転して自由に曲がることで、耳の奥まで入り込んで快適な装着感と高品位なサウンドを実現するそうです。

SpinFit のくびれ

自分が持っているカナル型というと、先の BlueBuds X。それに、beats by dr.dre Tour と moshi の Moonrock の 3 つ。

所有イヤホン

いろいろと調べてみると、SpinFit はノズルの外径が 5mm 前後のイヤホンで使えることが分かりましたが、軸の色の種類がいくつかあるみたいで、その違いは分かりませんでした… 何が違うんでしょうか?

で、手持ちのイヤホンで使えるのかどうかは、結局、現物確認となったのですが、BlueBuds X には径が合わず使えませんでした。beats by dr.dre Tour と Moonrock には使えそうです。ただ、Moonrock は左右の判別を付属のイヤーチップの色で判別するようになっているので、SpinFit に付け替えてしまうと左右が分からなくなってしまいます。ということで、beats by dr.dre Tour で使ってみることにしました。

beats by dr.dre Tour に付けてみた感じはこんな感じ。やや軸の部分が膨らんでしまいますが、実用上は差し支えないように思います。

beats by dr.dre Tour と SpinFit

耳のフィット感については、試行錯誤の結果、所謂シュア掛けすることでかなり改善される感じなのも分かったので、それでいきたいと思います。以下、標準のイヤーピースと SpinFit の比較。SpinFit と標準のイヤーピースはほぼ同サイズのモノを使いました。再生環境はどうしようかと思いましたが、MacBook Pro(Mid 2010)のヘッドホン端子から聴いてみました。プレーヤーは Audirvana Plus 2.0 です。

SpinFit

まず高域ですが、伸びが良くなって細かな音まで拾えるようになると思います。また、低域についても良い方向に行くようで、迫力が増すような印象を受けました。

気になったことは、標準のイヤーピースより耳の奥に入り込むためでしょうか?最初はやや痛みを感じました。自分の場合は、何度か付け外ししている内に慣れてしまってようで気にならなくなりましたが、人によっては合わないということもあるかもしれません。

これまでイヤーピースは付け心地、耳へのフィット感、遮音性などに目が行っていて、あまり音質を変える要素だと思ってなかったところもあったんですが、今回、SpinFit を試させていただいて、案外、変化があるものなんだと実感しました。

お気に入りのイヤホンの音質を生かしつつ、改善できるアイテムとして試してみるのは面白いかと思います。

 

[CS] LINN の「Kazoo」と「Kazoo Server」と「MinimServer」と

LINN のネットワークプレーヤー DS シリーズの操作ソフト「Kazoo」と、それと組み合わされる「Kazoo Server」について、虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

自分は所謂、NAS を使っていなくて、Mac mini(Early 2009) をサーバーにして、そこに Kazoo Server をインストールしているわけですが、Kazoo と Kazoo Server の組み合わせは、なかなか良いのです。いや、良かったのですが…

ちょっといつの頃からは記憶にないのですが、Kazoo から Kazoo Server が見えなくなる(認識しない)ことが増えました。このエントリを書いている今は全く見えません(苦笑)。

Kazoo

都度、Kazoo Server を再起動させたり、なだめすかしてやってきましたが、いい加減、面倒くさい。その内、バージョンアップされれば直るんじゃないかと思っていたんですが、一向に直る気配がありません。

Kazoo Server の問題かなと思ってたんですが、試しに Kazoo の前身にあたる「Kinsky」で、Kazoo Server を試してみると、問題なく見える(認識する)んですよねぇ… こうなると何が悪いのか全く分かりません。

Kinsky

しかし Kazoo の快適さに慣れてしまうと、Kinsky に戻るというのはちょっと辛いわけです。そこで、Kazoo Server の前に気に入っていた、「MinimServer」を改めてインストールしてみました。MinimServer については、虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

MinimServer は問題なく Kazoo からも Kinsky からも見ることができます。とはいえ、Kazoo は Kazoo Server と組み合わせて使うことが想定されているので、Kazoo の全ての機能は Kazoo Server と組み合わせて使用できることになっているはず。なので、Kazoo と MinimServer を組み合わせても検索とか使えないと意味ないなぁと思ってたんですが…

実際に試してみると、検索機能は使えるのです。Kazoo と MinimServer の組み合わせでも。これは嬉しかったですねぇ…

Kazoo と MinimServer

Kazoo で MinimServer にアクセスすると、Kazoo Server との組み合わせのように、いきなりアルバムのアートワークが表示されず、MinimServer のツリーが表示されてしまうのは仕方ないところです。

ただ、検索機能は使えるので、聴きたいアルバムや曲、アーティストが決まっているのであれば、検索窓にキーワードを打ち込んでやれば、ある程度の階層までは絞り込んでやることができるので、一から階層を辿っていくよりは便利かと。

とはいえ、ある程度の階層までしか絞られませんから、そこから目的に辿り着くまでは数クリックする必要があるのは、快適とは言えず、やはり Kazoo と Kazoo Server の組み合わせには敵いませんね。

まっ、いくら快適でも使えない Kazoo Server との組み合わせよりはましなわけで。それにアルバムを追加した時に、再スキャンかける時も、MinimServer の方が速いですし。でも、これって自分の環境だけなのかなぁ…

 

[CS] AudioQuest 初のヘッドホン「NightHawk」

先日、発表になった AudioQuest の初めてのヘッドホン「NightHawk」が、気になってます。

AudioQuest NightHawk

AudioQuest はケーブルを造っているメーカーですが、USB DAC の「DragonFly」も発売していて、これも評価は高いようです。

ちょっと色々とケーブルをあたっているところで、AudioQuest も候補の一つなんですけど、そこで AudioQuest のサウンドというのが気になってきて、ヘッドホンにも。というところです。NightHawk、名前もヘッドホンも格好いいですし。

まずハウジングには「リキッドウッド」という新素材が使われていて、おそらく一個一個異なる模様が美しいです。形式はセミオープン。

そしてドライバーは 50mm 径で、バイオセルロース製のピストン式振動板が採用されています。開発にあたっては、スピーカーからヒントを得て、スピーカーで採用されているが、ヘッドフォンではあまり使われていない技術も積極的に検討・投入されているということもありますし、AudioQuest 初ということで、過去にとらわれることもないということで、他のメーカーとは一味違う、音を聴かせてくれるのではと思います。

ケーブルメーカーなので、高純度のSolid Perfect-Surface Copper+ 導体や発泡ポリエチレン絶縁体、カーボンベースのNDS (Noise-Dissipation System)、銀メッキの先端など、ケーブルの部分にもこだわりを感じられるのがいいですね。ケーブルは脱着可能で、リケーブル用のケーブルの発売もあるようです。

ちょっと気になっているのは、インピーダンスが 25Ω というところでしょうか。アンプを選ぶかなぁ…

発表当初は、自分には手の届かない価格になるんだろうなと思ったんですが、現在、いろんなところで予約が始まっています(発売は3月下旬)が、8 万円前後になるようです。これなら自分でも頑張ればなんとかというところでしょうか。まずは試聴でしょうかね。発売が楽しみです。

 

[CS] ソニーから音質にこだわった microSD カード登場

電源ケーブルから、アンプやプレーヤーをつなぐケーブルはもちろん、果ては USB ケーブルや Ethernet ケーブルまで。オーディオグレード、高音質を謳った製品があって、その効果の有無については賛否両論あるわけですが…

そんなところに、ソニーから音質にこだわったという microSD カード「SR-64HXA」が登場しました。

ソニー microSDXC カード「SR-64HXA」

この手のお話は、自分は頭から否定するつもりもありませんし、どちらかというと変わるんだろうなぁという認識ではいます。自分にその変化が聴き取れるのかどうかというのは、置いておいてですが。

このカード、カードからファイルを読み出す際に発生する、微弱な電気的ノイズに着目して、耳で聴き比べながらパーツの吟味や、技術的な音質改善アプローチを行なう事で、再生機器の部品や回路に悪影響を与えるノイズを低減したそう。

ソニー microSDXC カード「SR-64HXA」データ

公開された「周波数解析データ」。グラフの縦軸、横軸に数値が入ってないのはなんでなんだ?とかいろいろ気になることはあるものの、技術的にもバックボーンがあり、音質改善にアプローチしてるところは、単にオカルトととかでは片づけられないものはあるんだろうと思います。

容量はまずは 64GB からのようですが、店頭予想価格 18500 円前後と言う価格は、一般的な同じ容量の microSDXC カードが 4000 円程度であることを考えると、試してみるにはなかなかハードルが高いっすね。

しかし、PC Watch の「ソニー、“音質にこだわった”microSDカード」の記事中では、

と言った技術的な話を踏まえた上で聴いてみると、「うーん、大差はないけどあるかも知れないなぁ」と言ったところ。

via:ソニー、“音質にこだわった”microSDカード ~技術面と品質管理からアプローチ – PC Watch

と、述べられていて、AV Watch の「ソニー、音質にこだわったmicroSDXCカード。「ハイレゾウォークマンに最適」」の記事中では、

静かな環境下で聴き比べれば、大半の人が瞬時にわかるレベルの違いがある。個人的には、オーディオ機器の電源ケーブルを交換した時の変化に近いものを感じた。

via:ソニー、音質にこだわったmicroSDXCカード。「ハイレゾウォークマンに最適」 – AV Watch

と、述べられているのを見ると、この手の話を象徴しているような気がして、苦笑せざるを得ませんでした。

3 月 5 日、発売です。

 

[CS] LUMIN のネットワークプレーヤー「T1」「D1」

ようやく日本でも LUMIN のネットワークプレーヤー「T1」「D1」が発売になったようで。

LUMIN T1

LUMIN D1

価格は、T1 が 750000円(税抜き)、D1 が 350000円(税抜き)とのこと。ようやく LINN の MAJIK DS の対抗馬が出たというところでしょうか。MAJIK DS ユーザーとしてはとても気になります。

なんとか自分でも手が届きそうなのは、D1 ということになりそうですが、操作系は、LUMIN と LINN では甲乙つけがたいはず。あとは音質ですが、こればっかりは聴いてみないとですね。

ちょっと気になったというか残念なのは、D1 の電源が L1 の AC アダプターと同じものという点。この価格帯のオーディオ製品でそれはどうなの?という感じですが、別途、電源は用意されるとのこと。その電源ユニットは幾らくらいになるのかなぁ…

LUMIN は DSD の再生まで可能なのが魅力。MAJIK DS って下取りに出したら、どれくらいになるのかなぁとか考えてしまいます(笑)

 

[CS] ネタのタネ 20150213

Geek Out

  • Geek Out」という小型の USB DAC/ヘッドホンアンプがあるんですね。PCM は 32/384 kHz まで、DSD は DSD128 まで対応。USB 端子直差しタイプですが、このサイズで A 級アンプなんだとか。その分、発熱も高いようですが… What Hi-Fi? の LH Labs Geek Out review によると、☆4 がついてます。
  • SING LIKE TALKING の 7 作品がハイレゾで配信開始されてました。moraVICTOR STUDIO HD-Music. から購入可能です。自分はこの内、5 タイトルの CD を持ってますが、持ってないのを買おうかなぁ。それとも「0[lΛV]」とか購入して CD と比べてみようかしら。しかしマスター音源は何、使ってるんだろう?
  • ハイレゾつながりで… いろいろ配信音源も漁ってる中で、HANK JONES -The Great Jazz Trio- の「LAST RECORDING」の DSD(DFF)|2.8MHz/1bit が配信されているのを見つけたんだけど、マスター音源はなんなんだろうか?SACD が出てるからそっちを購入した方がいいんだろうか?

 

[CS] nano iDSD について

小型 USB DAC/ヘッドホンアンプを検討していて、候補は「HERUS+」か「EXPLORER2」に絞ったことは、すでに書いてもいますので、「nano iDSD」について、今さら取り上げることもないのかなとは思っていたのですが…

nano iDSD

DSD 再生に興味を持ち始めたので、「EXPLORER2」よりも「HERUS+」の方が有利という感じなんですけど、同じく DSD に対応している「nano iDSD」については一つ勘違いしてることがありました。

それはサイズ。

「HERUS+」より大きいことはもちろん分かっていたんですけど、iPhone よりも一回り、二回り大きいと勝手に思い込んでたんですよね。仕様上のサイズは、158(l)x68(w)x28(h)mm ということなんですが、これって端子なども含んだサイズなんですかね?(それでもなんかおかしい気がするのだけれど…)「高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第1回】iFI-Audio「nano iDSD」」を何気なく読んでたら、iPhone 4s と変わらないサイズという… あれ?

どうも納得いかないので、本国のサイトで確認してみたら、87(l)x68(w)x28(h)mm とあるじゃないですか。間違ってんな。

MacBook Pro との組み合わせ利用が前提で、家庭内ノマド状態なので、きょう体サイズは小さければ小さい方が良いわけですが、iPhone と同等のサイズなら許容範囲かなと。

対応するフォーマットは「nano iDSD」の方が「HERUS+」より上だし、価格も半額くらい。サイズさえ問題なければ、十分、選択肢になりうるわけです。

そんな訳で改めて、「nano iDSD」について情報収集。大半が良い評価のようですが、気になることも何点か…

ファームウェアのアップデートは Mac ではできない

これ結構、辛い。Mac 環境しかない場合は、代理店サポートに送って対応してもらわければならず、片道の送料もユーザ持ち。返ってくるまで使えないというのは痛いですよねぇ。

ヘッドホンジャックに不具合あり?

ヘッドホンジャックが緩いという話があったり、ジャックの GND の接触が甘いので、音質的に問題があったりするらしい。もっともこれは改善される予定があるらしいという記述を読んだので、今から購入する製品は大丈夫なのかな?

まぁ直ってない場合は対応法があるようで、「nano iDSD」は回路的にヘッドホンジャックに来ているのと RCA に来ているのが同じで RCA も可変ボリュームになっているので、ヘッドホンジャックを使わず、RCA からヘッドホンにつなげば、音質は全然違うらしいです。でも、根本的な解決じゃないよなぁ…

USB 端子の相性

「nano iDSD」の USB 端子は USB 3.0 ですが、伝送には USB Audio Class 2.0 が利用されている関係で、PC 側の USB 端子が 3.0 だと正常に動作しない場合があるとのこと。対策としては、

  • PC に USB 2.0 の端子も併設されていればそちらに接続
  • PC に USB 3.0 の端子しか用意されていない場合は USB 2.0 のセルフパワーハブを使う

現状の自分の環境では問題ないですけど(使ってる Mac は USB 2.0)、将来、買い替えたりした場合に、MBP 環境でハブが必要になるとかあり得ない感じ。

この価格で対応するフォーマットの多さはとても魅力的なんですが、Mac で使っていく上ではちょっと考えてしまうところがあるのかなぁというところです。比較試聴できればいいんですが、もう少しいろいろ悩もうと思います。

 

[CS] 小型 USB DAC/ヘッドホンアンプのつなぎ方はどうしよう?

小型の USB DAC/ヘッドホンアンプを検討している今日この頃です。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

そんな中、「HERUS+」か「EXPLORER2」のどちらかに絞ったわけです。MBP での使用が主になる予定ですが、購入の暁にはメインのオーディオシステムにも繋ぎたくなるのは明白。ということで、そのケーブルもどうしようかと考えているところです。

MBP と HD 650

ケーブルにもとんと疎いわけですが、ちょうど MacBS さんが「ステレオミニケーブル、検討」というエントリを書かれておりましたので、これは「ありがたい」と拝読しました。

「EXPLORER2」は光ケーブルが使えるので、特に考える必要もないんですけど、「HERUS+」を購入すると、必要になるのは、TRS 標準プラグを RCAx2 に変換するケーブルまたはアダプタ。なんですが、音質に配慮されているだろうと思われる製品がなかなか見つけられないんですよねぇ…

そんな中、見つけたのはオーロラサウンドの「ASX-01」という変換アダプタ。

標準フォン端子はアンフェノール社製、RCA 端子はロジウムメッキ、ケーブルはベルデン社製ということで、いいのかなと思います。

別の接続方法としては、「標準フォン端子-ミニジャックの変換プラグ + ステレオミニケーブル」という組み合わせ。まぁ、あまり変換プラグの類いは使いたくないですが、フルテックの「F63-S(R)」なんかのプラグであれば、音質的にも大丈夫なんじゃないかなと。

これと、MacBS さんが挙げられていた、QED の「Performance J2P」なんかのケーブルと組み合わせてやれば、コストも抑えられて、満足できるんじゃないかなという感じですね。

まっ実際に動くのはもう少し先になりそうですが、気長にいろいろ考えてみたいと思います。

 

[CS] ネタのタネ 20150210

シングルズ 1969-1981

  • [CS] カーペンターズのハイレゾ配信」なんてエントリを書いてますが、最近になって調べてみたら、mora と e-onkyo での配信が終了してるようです(リンク先がなくなってる)。まだ、カーペンターズ の「シングルズ 1969-1981」が配信されているのは、国内では HQM STORE だけのようです。欲しいと思っていた方は早めに購入された方がいいかもしれません。
  • 漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」24 巻が出るそうで、「なんで完結したのに続きが出るの?」と思ってましたら、内容は開戦前のザビ家の動向や、終戦後のホワイトベースの仲間のその後が描かれているそうで、それはちょっと興味深い。読まねば。
  • Apogee から小型 USB DAC/ヘッドホンアンプ「Apogee Groove」が今春に発売になるようで。価格は未定ですが、24bit/192kHz まで対応、音量ボタンありなんて仕様を考えると、「DacMagic XS」の良い対抗馬かしら?
  • この「虹色の林檎はどんな味?」は、ありがたいことに「いぬリンク」をはじめとする各種アンテナに更新時間を捕捉していただいているんですけど、去年の 6 月くらいからだったかなぁ… 更新してもそれが反映されなくなってたんですよね。まぁそれについて自分からどうこう言うことでもないので、半ば諦めていたところもあったんですが、復活してました。これは嬉しいっ!関係各位、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。