カテゴリー別アーカイブ: Delicious Library

iPhone 用の書籍レビューアプリ「BookReview」

BB Watch「書籍のレビューを検索できるiPhone/iPod touch用アプリ」の記事から。

こういうアプリは良いですね。とりあえずダウンロードはしましたが、まだ iPhone にはインストールしてません。

自分は、リアル書店で目にとまった本を、下調べもしてないのにいきなり購入するというのはよっぽどのことがない限りなくなってしまいました。

特に専門的な知識に関する内容だと、自分が欲している情報があるか(これは実際に中身を見ないと分かりませんが)とか、いつからか一般的な評価はどうかとかが気になるようになってしまったので、気になった本はタイトルを記憶しておいて、自宅でアマゾンやその他、レビューや書評を探してみてから購入するってパターンが多いです。

アマゾンのレビューしか見ることができないようですが、MACお宝鑑定団 blog さん「書籍レビュー検索アプリ「BookReview」を試す」のエントリーによると、レビューの見せ方なんかにはまだ改善の余地があるようなので、今後に期待ですかね。

個人的には、「Delicious Library」の iPhone 用アプリが出ると嬉しいんですけどねぇ。

「Delicious Library」は書き出しを選ぶと、iPhone 用に最適化された HTML を書き出してくれるんですけど、データを更新する度に、書き出し直して、iPhone に入れ直してっていうのが面倒くさいのですよ。で、やらなくなっちゃうという…

データを勝手に更新してくれるようなアプリを作って欲しいなぁ…

「Delicious Library 2」をレジスト

Delicious Library 2新しい機能もいろいろ試してみて「Delicious Library 2」にアップグレードすることにした。

iTunes の「スマートプレイリスト」のような「Smart Shelves」なんかは、個人的にはあれば便利かなという程度(あまり作家ごととかにこだわって本を読んだりはしないので…)なんだけど、自分の環境では、バージョン 1.6 に比べて起動時間が三分の二くらい早くなったのと、描画も速くなっている様に感じたので、アップグレードフィーを払うことにした。

なんだかんだ言って、棚にアイテムがいっぱい並んでいるのを見るのが楽しいのだ。

全体的に重い感じがするのはあまり変わらない気がする。そこは残念なところか?まぁ今時の Mac では軽快かもしれないが…

登録してから分かったことだけど、アイテムを追加するのが簡単になったのは良いっす。また削除する時のアニメーションもいかす(笑)

1.x では、アイテムの追加時にタイトル、バーコードナンバーとか入力するエリアがそれぞれあったから、ちと面倒だったんでだけど、これで「USB ペん型バーコードリーダー」による入力もよりやりやすくなりそう。

おろ、カスタムイメージの張りつけの方法が変わっとる。試行錯誤の末、結局、ヘルプで解決したけど、焦ったよ… (^^;;

「Delicious Library 2」リリース

Delicious Library 2いつかいつかと待っていた「Delicious Library 2」がリリースされたということで、早速、ダウンロードしてみた。アイコン変わったのね。

40ドルのシェアウェア。1.6 からのアップグレードは 20ドル。

早速、起動してみると「あんたの MacOSX は 10.5.3 じゃないからスクロールとか遅いよ。できるだけ早く 10.5.3 にしてね」みたいなメッセージが表示された…

「配布もされていないものをどうしろと?」という感じだが、それなら 10.5.3 の配布後にリリースしてよ(今朝、10.5.3 はリリースされたようですね)。

それはともかく、その後、登録してあったアイテムなどを読み込むのに 10分以上待たされてようやく起動。

まず大きく変わったのは、各アイテムの詳細が右端に縦に表示されていたものが、下に横長に表示される様になった。個人的には前の方が見やすかったのに。

それから iTunes のデータを読み込める様になった。でもあまり意味のあることには思えないんだけど…

細かいところでは、本のサイズによって画像の大きさが変わる様になったりしているようだ。

あとはアップルスクリプトが使える様になったり、本とCDとDVDだけだったのが、おもちゃなども登録できる様になったり、盛りだくさんのようだ。詳しくは「What’s New in 2 from 1」を参照のこと。

さて、個人的には大好きなソフトの一つではあるのだけれども、果たして 20ドルのアップグレードフィーを出すのに値するのかが非常に微妙な感じがする。とりあえず真価を発揮するのは MacOSX 10.5.3 の環境下のようなので、それから判断するつもり。

「Delicious Library」を使って CD のデータベース化

CD の保管スペースの圧縮化を図って一段落した後、「Delicious Library」に登録を開始。データベース化に着手しました。

んが、これが思っていた以上に面倒くさい…

まず、学生時代に購入した CD が結構あるのですが、バーコード管理されていなかった時代のモノがありーの、廃盤になっているのがありーのとアマゾンの検索でなかなか引っかかってくれません。

結局、いちいち検索方法を変えるのは効率が悪そうだったので、すべて手入力で検索。ヒットしたものももちろんありますが、ないものは Wikipedia なんかで発売日だけでも調べて入力したり。

Delicious Library の CD 棚

あと、画像がないと「Delicious Library」の棚を見た時に満足感がないので、iTunes からコピペで持ってきたり、改めてググってみたりとまぁ時間のかかること。

それでも「棚」が充実してくると、何だか嬉しくなってくるもので、これまたケースの入れ替え作業と同様、数が進むと楽しくなってきます(笑)

半分以上は完了したので、ボチボチとやっていこうと思います。

USB ペん型バーコードリーダー

USB ペん型バーコードリーダーA leaf of PowerBook さん「USBぺん型バーコードリーダーを買ってみた」のエントリで紹介されていた、USB ペん型バーコードリーダーを、ヤフオクで落札してみました。

一応、Mac でも使えるようだったことと、価格も送料を入れて、2000円弱だったので、ダメ元でもいいやって感じで (^^;;

自分は、本や DVD の管理に Delicious Library を使っております。

iSight があれば、バーコードリーダーは別に必要ないんですが、自分の初代 iMacG5 には内蔵されていないし、Web カメラを使ってやりとりする相手も居ないのに、 これだけの為に Web カメラを購入するのもどうにも踏ん切りが付かないでいたので、最近は手動でバーコードを入力して登録しておりました(この為にわざわざ、DV カメラを引っ張りだすのは面倒だし)。

バーコードリーダーってちょっと調べてみると、結構な価格がするので、これも諦めていたのですが、今回の品は、価格的にもお手軽だったので、手に入れてみた訳です。

到着後、早速 USB ポートに挿してみると、キーボード設定アシスタントが起動しますが、これはそのまま終了して、Delicious Library を起動します。

「新規アイテム作成」から、バーコードの部分をクリックして反転させて、このバーコードリーダーを使うと、ピッと音がして、問題なく読み取り完了。Enter キーを押すと、アイテムを探しに行ってくれます。

読み取りを一発でするにはもう少し慣れが必要な感じではありますが、問題なく使用できて満足。一度に登録するアイテムの数が少ないと、何だかんだいっても手入力が一番早そうではあります :-p が、こういうアイテム使うと何か楽しいですし、良い買い物をしたかなと思っております (^^;;

Delicious Library が v1.6.6 にアップデート

Delicious Library アイコンOSX のアプリで個人的にお気に入りのソフトの一つ、「Delicious Library」が、v1.6.6 にアップデート。

バグフィクスなどが行われたようですが、自分の環境では特に不都合も起こっていなかったので良く分からず。

このソフトの欠点は、自分の環境ではちと重いことですが、その点も特に変わった感もない感じ。v2.0 になるころには改善されるとありがたいんだけどなぁ〜

DVD の整理 – Delicious Library

映画の DVD は最近はキャンペーンなど価格を下げて、再販?される機会も増えてきているようで、我が家の DVD も少しずつですが、それなりに増えてきました。

安くなったのを見つけると「おっ買わなきゃ」と思う機会も増えてくるんですが、同時に「あれ? ひょっとして持ってた?」みたいに思うことも出てくるように。幸いにして、同じものを買ったことはないんですが…

Delicious Library アイコンそんなわけで、Mac でデータベースみたいなのを作って管理したいなと思い始めて、ソフトをちょっと調べてみたんですが、結構、あるんですね。そんな中、一番気になるのは、やはり「Delicious Library」。

このソフトは登場時、いろんなサイトで取り上げられていたのをよく見かけたので、覚えていたのですが、iSight をバーコードリーダとして使って、アマゾンから情報を読み込んでいくことができるというもの。 またインターフェースもシンプルで Mac らしいソフトだということだったと思います。

ただ、iSight がないと、バーコードを読み込めないと思い込んでいたので、そうすると 39.95 ドルのシェアウェアフィーを払ってまで使うこともないのかなと思って、試用もしなかったし、サイトにもアクセスはしなかったんじゃないかと思います。このためだけに、iSight を購入するというのも踏ん切りがつかないし。

で、今回、まじめに (笑) 調べるに当たって思いついたのは、「iChatAV でもデジタルビデオカメラが使えるんだから、使えるんじゃないの?」ということで、試してみると、あっさり成功し読み込むことができました。よくよくサイトを見てみれば、

Just point any FireWire digital video camera, like an Apple iSight®, at the barcode on the back of any book, movie, music, or video game.

と書いてある。もっとちゃんと調べれば良かったねー &lt 自分 (^^;;

Delicious Library

そんなわけで、コツを掴むと割とさくさくと取りこめるので、使えると分かった途端に即レジスト、即ライセンスコード発行って感じで、あっという間に70枚あまりのタイトルを取り込むことができました。「スキャンボタン」みたいなのをクリックする必要がなく、カメラにかざせば良いというのはいいですね。米アマゾンで購入したリージョン1のディスクの情報もちゃんと、米アマゾンから拾ってきてくれます。ほんとにめちゃめちゃ便利。iPod のノートのデータとして持ち出すことも出来ます。

バーコードリーダーがなくても手打ちで検索することは可能だということを、試用してようやく知ったわけですが、手打ちじゃやってられないっすねー。この手軽さはもう他のは使えない。あと、アマゾンの URL のドラッグ&ドロップしても登録可能です。

本、音楽、DVD、ゲームのデータを登録可能ですが、当面は DVD と、最近購入するようなった、ニンテンドーDSのゲームを取り込んでいこうと思っております。特にDVDは登録される情報も詳しいし、同じものを間違って取り込もうとしても、二重に取り込まれることもないとないし、良い感じ。それに貸しているものがあれば、アドレスブックと連動して、貸出先を登録できるし、貸し出しているタイトルには、「貸し出し中」のラベルもついて分かりやすい。

要望としては、ウィッシュリストみたいなのを他のコレクションから完全に分けて、作れるようになっていると嬉しいだけど… う〜ん、リクエストしてみようか。あとはちと、ソフトの動作が重い感じはするかな。

とにかく、久しぶりに、Mac のソフトを使って感激しました。全部、取り込み終わっても、もっと取り込みたい (笑)。バーコードリーダー面白いってな感じになってしまって、意味もなく起動しては、棚を眺めてます。これが単なるリスト化の表示ではなく、棚に並べられている感じで見られるのが、何とも満足感を誘うんですよね。

あとは今回、整理をしてその内、約半数をまだ見れてないという事実も判明したので、ちゃんと見ないと (^^;; あ〜、サラウンドヘッドフォン環境が欲しい〜