カテゴリー別アーカイブ: iPhone / iPod touch

[CS] iPhone 6 Plus のケース

iPhone 6 Plus にしたらケースはどうしようかと以前から考えていたんですが…

これまでに比べて落としてしまう可能性は高くなるだろうということで、液晶面も保護できる手帳型にしようとは決めていました。で、選んだのは「Flip Note Case with Card Pocket for iPhone 6 Plus(5.5inch)」。

Flip Note Case with Card Pocket for iPhone 6 Plus(5.5inch)

このタイプのケースはたくさんありますけど、フリップが左開きの製品が多い気がします。それに対して、この製品は、右開きなんですよね。左手で iPhone を操作することが多い自分に取っては、右開きはありがたい仕様です。

Flip Note Case with Card Pocket for iPhone 6 Plus(5.5inch)

使ってみて良かったと思ったのは、卓上スタンド機構。実際に使う前は「動画とかあまり見ないし、使う機会はないかなぁ」なんて思っていたんですが、寝ころびながら iPhone を使う時にこの機構を使うと、手で支えなくていいし楽だと気がつきました。

Flip Note Case with Card Pocket for iPhone 6 Plus(5.5inch)

話変わりますが、iPad 2 に Smart Case を組み合わせていると、便利なのが Smart Case のフタを閉じると、iPad 2 がスリープすること。今回、この Flip Note Case を購入して、iPhone 6 Plus と組み合わせていると、フリップを閉じた時に iPhone がスリープするという感覚になっちゃうんですよね。

まぁ iPhone 6 Plus がそういう構造になっていないんで、フリップを閉じてもスリープしないのは当たり前なんですけど、いちいち電源ボタン(スリープボタン)を押してからフリップを閉じるって煩雑。iPhone も iPad みたいな仕様にならないかしら。

 

[CS] Day One の移行で困ったこと

iPhone 5s から iPhone 6 Plus への移行については、いつものように iPhone 5s のバックアップを取って、iPhone 6 Plus を復元させれば完了。

これでほとんどのアプリの設定も引き継がれて、すぐに今まで通りに使い始められるわけで、とっても便利です。まぁ一部、設定が引き継がれないアプリもありますので、ID とパスワードを入力し直したり、ゲームなんかだと引き継ぎをしないと続きがプレイできないということは発生します。

で、これまで移行で困ったことはなかったのですが、今回、悩んでしまったのは日記アプリの「Day One」。

Day One

自分は、MacBook Pro、iPhone 5s、iPad Air 2 にそれぞれ Day One をインストールして Dropbox 経由で同期をしていました。今回、iPhone 6 Plus でも同じようにしようと思ったんですが、同期させてもこれまで溜めてきた内容が反映されない。

「なんでかなぁ?」としばし、いろいろと試してたんですが、Dropbox に保存されるファイル名が iPhone 6 Plus 経由だけ異なるんですよね。そりゃ、これでは内容が同期されないはずです。

Mac 版の Day One の場合は、任意のファイルを指定することができるんですが、iOS 版は Dropbox で同期を設定すると、勝手にファイル名が決められちゃうようなんですよね。で、なぜか iPhone 6 Plus 経由だと、今までとは違うファイル名が指定されてしまうというわけです。

ちょっとググってみたりしたものの、解決方法が分からなかったので、同期方法を iCoud 経由に変更しました。iCoud Drive が使えるようになってからも、ちょっと不安があるので使ってこなかったんですが、ついに手を出しました…

Mac のシステム環境設定の「iCoud」で「iCoud Drive」を使えるようにしてから、iOS デバイスの Day One の Sync を iCoud に変更すると無事に、今までの内容が反映されるようになりました。

しかし、これバグなのかなぁ?こういうのは勘弁して欲しいっす。

 

[CS] 機種変。iPhone 6 Plus。

次期 iPhone が発売されるであろう 9 月までもう半年ほどという時期ではありますが、iPhone 5s から iPhone 6 Plus に機種変してきました。容量と色は 5s に引き続き 64GB/ゴールドです。

iPhone 6 Plus

我が子にいよいよ、iPhone を持たせるということになったんですが、「auの学割」の受付期間が 5 月 31 日までということで、まだ締め切りまでは間があるのですが、この際だからどさくさに紛れて (笑) 機種変してしまえということで。

iPhone 6/6 Plus が発表になった時には、「Plus は大き過ぎる」と思っていたんですが、店頭でデモ機を何度か触ってみたり、いろいろな意見を読んでみたりしているうちに、気が変わりました。

iPhone 6 Plus

iPhone は自分に取ってはずっと電話ではなく、ポケットにも入る小型軽量の Mac という位置づけです。実際、電話としてはほとんど使う機会はありません。電話がメインだと、iPhone 6 Plus のサイズはちょっと大き過ぎる感じは否めませんが、小さな Mac と考えると、画面はできるだけ大きい方が良いわけです。

片手操作というところにこだわりもありましたが、実際に使ってみると、場合によってはちょっと難しい面もあるにはありますが、慣れてくれば大丈夫かなという印象です。自分の手のサイズだと、手に余るというところまではいきませんでしたし。

使い始めてみて戸惑ったのは、やはり電源ボタンの位置。上から横に行ってしまったのはちょっと残念。これも慣れなのかもしれませんが、こちらは iPhone 登場のころから体に染みついたものですから、ちょっと時間がかかりそうです。

あとは、画面が大きいだけじゃなくて、明るくてくっきりした感じで見やすくなった感じなのもいいですね。それから自分の環境では Wi-Fi の掴みが明らかに良くなりました。

まぁこれで次期 iPhone が出てきても見送り決定という感じですが、機能よりも噂に出てきたピンクゴールドが追加されると、それが羨ましいというところです(笑)

 

[CS] 復活の「ChorusDS」

ChorusDS」は LINN のネットワークプレーヤー DS シリーズ専用のコントロールアプリ。とはいえ、LINN 純正ではないのが面白いところ。

価格はなかなかのものなんですが、それに見合う価値があるのか評価が高かったアプリ。自分も Majik DS を購入後、しばらくして iPad 版の ChorusDS HD を購入したんだけど、どうも自分の環境ではうまく動作せず、iOS 8 では完全に動かなくなって、結局、自分の中ではお蔵入りしてたアプリなんですが、なんとほぼ 4 年ぶりにアップデート。iOS 8 をサポートしてくれました。いやぁ〜すっかり諦めてたんですが、これは嬉しい。

ChorusDS HD

ということで、さっそくお試し。

サーバー役の Mac mini(Early 2009) では、LINN の Kazoo Server と MinimServer を動かしているんですが、なぜか ChorusDS HD では Kazoo Server しか認識しません。こんなところも LINN 専用?以前は MinimServer も認識できてたと記憶しているのだけど…

ChorusDS HD

基本の画面。4 年ぶりにアップデートということでフラットデザインが採用されたよう。以前のバージョンのボタンからは変わってる。中央のブラウズの表示はリスト表示とタイル表示で切り替えが可能。

ChorusDS HD

ChorusDS HD

左上にある再生中の曲のアルバムアートをクリックすると、アルバムアートが拡大されて画面が切り替わる。

ChorusDS HD

この画面で、アルバムアート以外のスペースをタップすると画面下に各種操作ボタンと音源の情報が現れる。アルバムアートをタップすると基本の画面に戻るようになっている。

ChorusDS HD

ブラウズのエリアから左のプレイリストに登録するには、

  • 再生したい曲を一曲ずつタップして登録
  • 「Add All」でアルバム内の全曲を一括で登録
  • 「Play All」でアルバム内の全曲を一括で登録

プレイリストに登録した時点で、自動的に再生が始まるようになっているのは、個人的には止めて欲しい気がする。

プレイリストに登録した曲を編集するには、

  • 個別に曲を左フリックすると表示される「Delete」をタップすると削除
  • 「Edit」をタップして個別に削除・曲順入れ替え
  • 「Clear」をタップしてプレイリストの曲を一括削除

ChorusDS HD

ChorusDS HD

ChorusDS HD

曲をたくさん登録したプレイリストを作ったりした場合に、「Whats Playing」をタップすると、再生中の曲までリストがスクロールする。

LINN 純正の Kazoo はまだ動作がなんとなく不安定な印象だし、同じく Kinsky は安定しているもののユーザインターフェイスはもう一つ古くなっている気がする。そんな中、自分の環境ではまともに動いてくれなかった ChorusDS HD が、快適に動くようになってくれて大変、嬉しい。

Kazoo 同様、検索機能も使えるし、Kazoo では未だ実装されないプレイリストの保存、読み込みが可能。価格面ではちょっと手が出しにくいかもしれないけれど、LINN の DS ユーザーなら買って損はないアプリだと思います。

ネットワークプレーヤーやそれに準ずる機器は増えてきたと感じる昨今ですが、コントロールアプリはなかなか満足できるモノが出てきていない気がします。各メーカーは LINN や ChrousDS レベルのアプリを提供していただきたいものです。

【追記】
先ほど改めて確認してみたら、MinimServer を認識するようになっていました。特にネットワーク関係を触ってはいないんだけど、なぜ見えなかったのか… ということで、ここは LINN 専用ではないようです。

ChorusDS HD

 

[CS] Anker ライトニング USB ケーブル、交換へ

[CS] Anker ライトニング USB ケーブル」なんてエントリも書きました、Apple MFi 認証も取れている、Anker のライトニング USB ケーブル。

同時期に結局、2 本購入して使っていますが、使用から 2 ヶ月も経たない先日、1 本のケーブルを使って充電が出来なくなっていることに気がつきました。

Anker ライトニング USB ケーブル

iPhone につないでみると、「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、この iPhone で正常に動作しない可能性があります。」とメッセージが表示されます。

ケーブルの外見上は、被膜が破れたり断線しているような感じは見受けられないんですが、どうやら使えなくなったのは確かなようです。18 ヶ月保証もありますので、一応、サポートに連絡してみました。

すると、日曜日だったのにも関わらず、返事が来まして、交換の手続きを取ってくれるとのこと。品質云々はともかく、このサポートには大変、感心して好感が持てました、ありがたいことです。交換品は 3 日ほどで届きました。

 

[CS] 非純正の「Lightning – Micro USB アダプタ」

iPhone と MBP との間でデータをやり取りしたり、充電したりするのに主に使っているのが、Amazon ベーシックの Lightning – USB 10cm ケーブル。購入したのが 2013 年の 10 月 30 日。最近、これの USB 側の被覆が破れてきました。

Amazon ベーシックの Lightning - USB ケーブル

このケーブルは「MFi ライセンス」を取得していて、価格も 998 円とお手頃なので、また買い直そうかなとも思ったんですが、Micro USB の端子が増えたことだし、Lightning – Micro USB 変換アダプタを一つくらい持っていてもいいだろうということで、探してみました。

今時は選択肢も随分、増えていて、価格も数十円から純正の 2000 円くらいまでありますね。

ただ、やはり「MFi ライセンス」を取得していない製品は、いろいろと不安になるので、取得している製品を中心に物色して、多摩電子工業の「TIH01LK」を購入しました。純正のアダプタの半額くらいですね。

Lightning-Micro USB アダプタ TIH01LK

あいにくと純正のアダプタは持っていないので、Amazon ベーシックケーブルの Lightning 端子との比較。ほとんど一緒です。仕様上のサイズは W11xH26xD6mm となっています。

Lightning-Micro USB アダプタ比較

さっそく使ってみましたが、もちろん、充電も同期もなんの問題もありませんでした。ケーブルに付けておかないと無くしそうで怖いですね。

 

[CS] ダンボー USB ケーブル

ダンボー関連の商品がなんだか増えてきたような気がする今日この頃ですが、勢いで?購入しちゃいました。「DANBOARD USB Cable with Lightning & Micro USB connector」10cm。1.8m のケーブルを購入したばかりですが、短いケーブルも必要だったので、まぁいいかと。

DANBOARD USB Cable with Lightning & Micro USB connector

これも、アップルの認証が取れているのが○。そして USB コネクタの部分がダンボーになっているのがかわいい。そして目も光るギミックが楽しい。目の光り方も、充電時が黄色、通電時が赤色と 2 通りの光り方で分かりやすいです。

micro USB は個人的にはあまり使う機会はないんだけど、Lightning コネクタと切り替え式なっているのも良さげ。この USB ケーブルには Lightning & Micro のタイプと、micro USB タイプと、Lightning タイプの 3 タイプが用意されているので、用途によって選ぶことができます。

DANBOARD USB Cable with Lightning & Micro USB connector

これを書いてる時点では、Lightning & Micro は在庫切れで、Lightning はまだ販売されていないのは残念ですが、ケーブル長が 10cm、25cm、50cm、100cm、180cm の 5 種類が用意されているので、用途によって選べて良いと思います。

 

[CS] iPad や iPhone を Mac のサブディスプレイにできる Duet を試す

iPhone や iPad を Mac のサブディスプレイにできる「Duet」がリリースされたので、購入して試してみました。

Mac 用のドライバーが公式サイトで配布されているので、それをインストール。無料です。

次に、iOS 用のアプリを購入してインストール。あとは手順にそってやれば、Mac のサブディスプレイとして iPhone や iPad が利用可能になります。

Duet

MacBook Pro(Mid 2010)と iPad Air 2 の組み合わせで試してみましたが、使った範囲では遅延は気になることもなく、サブディスプレイとしては十分、使えると思います。

Duet

ただ、Mac 側の負荷が高いようで、アクティビティモニタで確認すると CPU 負荷が 90% 程度取られてしまうので、これが結構、辛いかなと思います。まぁ最近の Mac で使う分には気にならないのかな?

初代 iPad を手放してしまったことを少し悔やんだりしましたが、動作条件は iOS 6 以上だったので、そもそも初代 iPad は使えませんでした… 条件に合う古い iPad があるのであれば、この価格でサブディスプレイ化できるのはいい利用方法じゃないでしょうか?

 

[CS] Anker ライトニング USB ケーブル

Anker 20W 2 ポート USB 急速充電器」と同時に購入したのが、同じ Anker の「Anker ライトニング USB ケーブル」1.8m。

Anker ライトニング USB ケーブル

ちょっと長めのケーブルが欲しくて、何か良いモノはないかと探していたのですが、この製品が目に留まったので購入してみました。

Anker ライトニング USB ケーブル

まず、アップルの認証が取れているのが ○。テストでは 4000 回以上曲げてもケーブルにダメージはなく、充電・同期も問題はないという耐久性も魅力。純正のケーブルとか、結構、被膜がやぶれちゃったりしますからね。

Anker ライトニング USB ケーブル

ケーブルは純正ケーブルと比べると、太め。ただ取り回しは悪くないと思います。また端子部分も大きめですが、純正の Smart Case を装着している iPad Air 2 だと問題なく使えました。コネクタ部分がギリギリの作りになっていなければ、使えるんじゃないかと思います。

18 ヶ月の保証がついているのが頼もしいです。

 

[CS] Anker 20W 2 ポート USB 急速充電器

「Anker 20W 2 ポート USB 急速充電器」を購入しました。色はホワイト。

前々から、同じ Anker の「25W 5ポート USB急速充電器」が気になっていて購入を迷っていたんですが、2 ポートの製品が出ているのを知ったので、こちらを購入しました。

旅に出ることは少ないし、充電に必要な機器も iPhone と iPad の 2 台なので、まぁ 2 ポートあれば、自分の場合は十分。それに、5 ポートの方は、製品自体はコンパクトなんですが、AC コードがちと邪魔になりそうな気が。その点、2 ポートは直接コンセントにさせるようになっていて、よりコンパクトなため、こちらの方が自分には良かろうという判断です。

で、ポチッとしましたら届きました。思っていたよりもずっとコンパクトでビックリ。iPad Air 2 の純正アダプタとの比較してもその小ささが分かります。

Anker 20W 2 ポート USB 急速充電器

Anker 20W 2 ポート USB 急速充電器

このサイズで、100-240V の入力に対応しているので、海外でも使うことが出来ますし、PowerIQ テクノロジー搭載の USB ポートを 2 つ搭載していて、ポートの最大合計出力は 4A、各ポートの最大出力は 2.4A となっています。

届いた個体は、動作時に異音がすることもありませんでした。

Amazon の商品の説明を読んでいると、適切なご使用のためにのところに、

同梱のケーブルまたはお使いの機器の純正ケーブル、あるいは第三者機関(MFi等)によって認証されたケーブルをお使いになることを強く推奨致します。

と、あったのでケーブルが同梱されているのかと思ったのですが、同梱されていませんでした。ちょいと紛らわしい書き方だと思います。

それはともかく、このサイズで 2 つのデバイスを同時に充電できるのは便利です。