カテゴリー別アーカイブ: MacBook Pro

[CS] HERUS+ と MacBook Pro(Mid 2010)

購入

小型の USB DAC/ヘッドホンアンプをどうするのか、いろいろと検討を重ねてきましたが、結局、Resonessence Labs の「HERUS+」を購入しました。決め手としては、

  • 対応フォーマット (44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/DXD/DSD64/128)
  • 32Ω から 600Ω までのインピーダンスのイヤホン・ヘッドホンに対応
  • サイズ (63.5×31.7x19mm)
  • チップが ESS 9010-2M
  • Mac 環境ではドライバー不要なこと

というところでしょうか。

「HERUS+」は、日本ではまだ発売のアナウンスもなく、本国サイトからは日本に送ってくれませんので、久しぶりに輸入代行サービスを使って購入。ポチッとしてから、手元に来るまで 2 週間弱かかりました。米国内の天候の影響なんかもあったようです。費用は HERUS+ が 425 ドル。米国での送料が 36 ドル。日本までの送料・手数料などが 7319 円 で、計 64571 円でした。

HERUS+

HERUS+

HERUS+

箱の中には、キャリングポーチに入った HERUS+ があるだけで、取説などは一切なし。これにはビックリした。

厚みを除けば、USB メモリくらいのサイズですが、手にしてみるとずっしりとした質感が伝わってきます。全体的な剛性も高そうです。

HERUS と HERUS+ の違い

「HERUS+」が「HERUS」と異なる点は、‎プレスリリース (PDF) によると次のようになります。

  • Redesigned PCB.
  • The ability to select between two digital filters to optimize the listening experience.
  • Low Power mode for iPhone and Android cell phone users.
  • Improved Volume Control Sensitivity levels.
  • Improved ESD tolerance.
  • Increased on-board Memory.

大きいところではデジタルフィルターが実装されたことでしょうか。そして「HERUS」では、iPhone などで使う場合には、音量の調節が難しかったようですが、「HERUS+」では改善されているようです。また、スマホでの利用時にはより低消費電力で動作するようになったのは、嬉しいところでしょうか?これらは後日、iPhone に接続して確認したいと思います。

仕様上、残念なところは「HERUS」と共通ですが、初めて「HERUS」や「HERUS+」を接続した際に音量が最大に設定されてしまうこと。

このことは、「HERUS」の製品紹介の「ご使用に当たっての注意」や「HERUS+」の「IMPORTANT Please note」などで明記されています。通常、こういうのは、最小になるように設計されるべきだと思うんですが、難しいことなんでしょうか?まぁ運用で対応するしかなさそうです。

ただ、MBP につなげた場合には音量は最大になることはなくて、いきなり爆音が出てくることはありませんでした。

MacBook Pro(Mid 2010) との組み合わせ

「HERUS」の購入者などのレビューを拝見しましたが、スマートフォンでの利用がメインの方が多いようで、あまり Mac/PC で使われている方は多くなさそうな印象でした。しかし、自分の主となる目的は MBP との組み合わせでの利用で、MBP のヘッドフォン経由の音質を改善することなので、まずはそちらから。

試した環境は、次の通りです。

  • Mac : MacBook Pro(Mid 2010) + OS X Yosemite 10.10.2
  • プレーヤー : Audirvana Plus 2.0
  • USB DAC/ヘッドホンアンプ : HERUS+
  • USB ケーブル: SUPRA (HiVi 2012 年 11 号特別付録
  • ヘッドホン : SENNHEISER HD 650

USB で接続してみると、最初にロゴが一瞬、赤く光り、その後、青く光ります。このロゴはフィルタを切り替えるボタンになっていて、青が Standard Up-sampling Filter、紫(画像だと白っぽいですが)が Custom Up-sampling Filter となっています。

HERUS+

HERUS+

Audirvana Plus で確認してみると、「Resonessence Labs HERUS P」として認識されてます。そして「Native DSD Capability」の設定を「DSD over PCM standard 1.0」にするとうまく動いてくれました。「Automatic Detection」ではうまく動作してくれず。

Audirvana Plus と HERUS+

Audirvana Plus と HERUS+

音源は、PCM のハイレゾ音源と、その音源を EasyDSD で DSD64 に変換したものを聴いてみました。MBP の標準のヘッドホン経由では、これらの音源は 88.2kHz/24bit に変換されます。

PCM と DSD が混在のプレイリストを再生してみましたが、PCM から DSD に切り替わる時に「ジジジ」という感じでノイズが少し出ました。逆の DSD から PCM に切り替わる場合にはノイズはありませんでしたが、ちょっと気になるところです。

さて、標準のヘッドホン経由と切り替えてみると、とても高音質であると感じます。奥行き感や立体感が出てきて、細かい描写もキレイ。高低域にクセは感じられず、周波数特性としてはフラットな印象です。低域はボワボワした感じもなく、しまっています。

また、解像度、透明感なども高く、スピード感やキレも良く、「HD 650」のような比較的インピーダンスの高い、ヘッドホンでも十分に駆動してくれるようです。30 分ほど再生を続けてみましたが、きょう体が熱くなることもなく、ひんやりとしたままです。

「HERUS」と音質を比較できる環境にありませんが、このサイズでこの音質はなかなか得難いと思います。「HERUS+」も早いところ日本でも普通に購入できるようになるといいんですが…

 

[CS] MacBook 対応のユニバーサル電源プラグアダプタ「Twist」到着

Kickstarter で出資した、「Twist: A ultra-portable universal adapter for your MacBook」が、届きました。自分が手に入れたのは「Twist Plus World Charging Station」。USB ポートが 4 つ付いている白のアダプタ。公式サイト「OneWorld OneAdaptr」も立ち上がってました。

Twist: A ultra-portable universal adapter for your MacBook

Twist: A ultra-portable universal adapter for your MacBook

Twist は各国に合わせた電源プラグ変換アダプタを一つにまとめたアダプタで、本体をひねるだけで A、B、C、O タイプの電源プラグを切り替えられるようになっています。

Twist: A ultra-portable universal adapter for your MacBook

まぁ旅行には縁遠い自分が Twist に興味を持ったのは、MacBook のアダプタと合体できて USB が 4 ポートが付いているってところ。

造りは思ったよりもしっかりしていて、常用するにも旅行のお供にも、なかなか良いのではないかと思います。

 

[CS] MacBook のストレージを最大 384GB 拡張する「microSSD」

Kickstarter に「microSSD – add up to 384GB extra storage to your Macbook」が登場していました。

まだ 1 ヶ月弱の日数を残しながら、既に目標額の倍以上の金額を達成しています。

microSSD は、MacBook Air や MacBook Pro の SD カードスロットと USB ポートに microSD カードを使って、ストレージを拡張できるアダプタ。The Nifty MiniDrive など既に SD カードスロットに使う同種のアダプタは販売されていますが、USB ポートで拡張できるというのは目新しいところでしょうか?

microSSD

128GB の microSD カードを SD カードスロットと USB ポート x2 に使うことで、計 384GB 拡張できるというわけです。

USB ポート版は少々でっぱりが大きいような気もしますが、SD カードスロット版はでっぱりも少なく良い感じではないかと思います。取り出すのに、器具も必要なさそうですし。

投資額が小額なのも良さそう。最大の 384GB まで拡張できる SD カードスロット版 1 個と USB ポート版 2 個が付属する Triple Pack でも、36 オーストラリアドル(週末の為替レートで約 3400 円)です。日本への送料は 6 オーストラリアドル。

出荷は今年 6 月とのことです。MacBook にマッチするデザインとなっていますが、もちろん、Windows PC でも利用可能です。

 

[CS] MBP(Mid 2010)と The Nifty MiniDrive

MacBook Pro(Mid 2010)をメイン機として使っていますが、SD カードスロットをろくに使ったこともなくて、ずっと壊れていると思ってたんですよ。

MBP(Mid 2010)の SD カードスロット

というのも、随分前にデジカメで使っている SD カードを MBP のスロットに差してみたところ、マウントしなかったんですよね。そのカードは USB カードリーダー経由だと問題なくマウントできたんで、知らぬ間に MBP のスロットが壊れてしまったと思い込んでしまいました。

で、ちょっと SD カードスロットを活用したくなって、改めて検証してみました。SD カードを挿入してみたものの、やっぱりマウントしてくれなかったんですが、ツールを使ってみるとマウントしないだけで、カード自体は認識してることが分かりました。どうやら壊れてないらしい…

ということで、SD カードを新たに購入して Mac でフォーマットし直せば使えるだろうと見込んで、何か購入しようと検討開始。スロットが壊れていると思い込んでいたので、最初は 256GB の USB メモリを購入しようかと考えてました。それだと USB ポートが常に使えないのはイヤだと思っていたので、SD カードスロットが使えそうというのは嬉しい。

MBP に SD カード

単純に SD カードにしようかとも思いましたが、でっぱりが結構あるので、却下。JetDrive Lite が使えればいいなと思ったんだけど、生憎と非 Retina ディスプレイモデルには対応してないらしい。ちょっとくらいはみ出したりしても使えればいいなと思ったんだけど、確か他にも似たような製品があったよなぁとネットを彷徨うこと、しばし。

それで、やっと思い出したのが、The Nifty MiniDrive。あ〜これこれ。

The Nifty MiniDrive

ポチっとしたら届きました。購入したのは、レッド。シルバーもあるんだけど、なんか面白くないなと(笑) レッドだとワンポイントにもなるし、入ってるって認識しやすくて良いかなと。

Nifty MiniDrive Pro

Nifty MiniDrive Pro

専用の工具を使わないと外せないというのは賛否あるんでしょうが、基本、差しっ放しで使うわけだし頻繁に抜き差しするもんじゃないのでいいかなと。

Nifty MiniDrive 自体はとても小さな microSD アダプター。製品には 4GB の microSD カードが付属。microSD の容量は 128GB まで対応とのこと。128GB にしたいところですが、まだ高価なので、とりあえず別途、64 GB のカードを購入する予定です。

開封してさっそく使ってみようと、MBP の SD カードスロットに挿入!マウント… されない… orz

とりあえず、Nifty MiniDrive から micro SD カードを取り出して、USB カードリーダーでマウントするかどうか確かめると、マウントせず。ディスクユーティリティで確認すると、カード自体は認識されてたので、カード自体の不良ってことではなさそう。DOS フォーマットになっていたので、これを Mac OS 拡張(ジャーナリング)で再フォーマット。マウントされるようになりました。

続いて、micro SD カードを Nifty MiniDrive に戻して、同じく USB カードリーダーでマウントするかどうか確かめてみると、OK。これで、Nifty MiniDrive が不良って線もなくなりました。

そうして、もう一度、MBP の SD カードスロットに挿入!マウントせず… うわ〜ん、やっぱり半壊れの状態なのかしらと何度か挿入し直したり、挿入したまま MBP を再起動させたりと試してみたものの、状況変わらず。う〜ん、と唸ってスロットにブロワーを吹きつけてやった後、挿入してみると、やっとマウントしてくれました!いやぁ〜良かった。

Nifty MiniDrive Pro

ほんの少し。ほんの少しだけはみ出してますが、ほぼ面一なので、どこかで引っかけるということもないでしょう。かなり満足。

あと気になるのは Nifty MiniDrive のマウントされるアイコン。実につまらない。

Nifty MiniDrive Pro アイコン

で、本家の FAQ を眺めてましたら、「How do I change the Desktop SD icon to a MiniDrive Icon?」という項目がありまして、「Nifty icons」が配布されているのを発見。いくつか種類があるので、好きなアイコンをダウンロードして、アイコンを差し替えてあげました。これで大満足。

Nifty MiniDrive Pro アイコン

あと参考までに、Blackmagic Disk Speed Test で Nifty MiniDrive の読み書きのスピードを確認してみました。容量が 4GB の micro SD なので、Disk Speed Test の設定で「Stress」の値を 3GB に変更。

Disk Speed Test

使う micro SD カードによっても変わってくるんでしょうけれど、同梱されていたカードではこんな感じ。う〜ん、もうちょっと速かったらいいのになぁ…

もっとも Nifty MiniDrive は DSD 音源置き場にしようかと思ってますんで、それほど読み書き速度にこだわることはないんですけども。

 

[CS] J:COM と Time Capsule

[CS]「au ひかり」から「J:COM」へ」のエントリで家の回線を J:COM に変更したことを書きました。その中で、無線 LAN ルーターがぶっ壊れたこと、代替として Time Capsule へ切り替えたことも書きましたが、まぁこれがすんなり行かなかったわけです。

AirMac ユーティリティ

Aterm WR8700N の復旧のため色々と試して、それを諦めて Time Capsule の設定をして、MacBook Pro から無線で繋がるまで、数時間、格闘しました。また同じような設定をすることになるかもしれないということで、自分のための備忘録として残しておきます。

まず結線。

J:COM のモデムは ARRIS の CM820C というモデル。このモデムは、 Ethernet のポートが一つしかない。最初に MBP とモデムを LAN ケーブルで直結して、ネットに繋がるかを確認する。この時の IPv4 の設定は「DHCP サーバを使用」を選択。リリースされた IP アドレス、サブネットマスク、ルータのアドレス、DNS をメモっておく。

MBP との接続を外して、モデムのポートを LAN ケーブルで Time Capsule の WAN ポートに接続。そして Time Capsule の LAN ポートから、ハブへ。ハブから、各端末へ接続。

Time Capsule

続いて、Time Capsule の設定。AirMac ユーティリティを使う。「インターネット」の設定は接続方法に「DHCP」を選択。DNS サーバのアドレスは先ほど、メモったアドレスを入れる。

AirMac ユーティリティ設定

「ネットワーク」の設定で、ルーターモードを「DHCP と NAT」に。DHCP の範囲は、「ネットワークオプション」でお好みに。

AirMac ユーティリティ設定

AirMac ユーティリティ設定

なんか書き漏らしてることがあるような気がしなくもないですが… まぁこんな感じで。こうしてまとめてみると、あっけないな。なんであんなに時間かかったんだろう :-p

 

[CS] FURUTECH F35(R)

DK の机の上で MacBook Pro を弄っていることが多いからなんですけど、ここのところ、メインのオーディオで音楽を聴くことができなくなっております。

なのでちょっとでも MBP からの音を良くしたいと思いまして、いろいろ考えてる今日この頃です。とはいえ、場所柄、据置きのシステムを持ってくるわけにもいかず、Bluetooth の小型スピーカーというのも置き場所の確保が難しい。というところで、小型の USB DAC とヘッドホンという組み合わせがベターかななんて思っています。

MacBook Pro ヘッドホン端子

USB DAC はもうちょっと検討するとして、我が家で一番いいヘッドホンといえば、HD 650 なので、まずはこれを使えるようにということで、6.3mm 標準プラグを 3.5mm ステレオミニプラグに変換するプラグを購入することに。逆の変換プラグは我が家にもあったんですけどねぇ。

どこででも手に入りそうな大手メーカーのプラグでも良かったんですが、多少なりとも音に影響してくるのかなということで、少し奮発しまして FURUTECH の F35(R) を購入してみました。

FURUTECH F35(R)

パッケージからして他のプラグとは違うな〜という雰囲気。

一般的な 3.5mm ステレオミニプラグを 6.3mm 標準プラグに変換するプラグと比べてみた図。結構、長い。実際にヘッドホンをつなげてみると、ヘッドホンのプラグも入れると 10cm くらい飛び出しちゃうんで、これはつけっ放しというわけにもいかないなぁ…

FURUTECH F35(R)

FURUTECH F35(R)

さて、肝心の音の方ですが、比較する環境もないので、なんですが… まぁ比べるまでもなく、MBP のスピーカーで聴く音とは、全然違いますね。ヘッドホンの影響の方が大きいと思うんで、このプラグの影響はどの程度あるのか分からないんですけども… (^^;;

 

[CS] MacBook 対応のユニバーサル電源プラグアダプタ「Twist」

一つで世界中のコンセントのプラグ形状に対応していて、給電用の USB ポートを最大で 4 つ持ち、MacBook の MagSafe 電源アダプタとも接続できるようなアダプタ「Twist」が Kickstarter に登場していたので、投資してみました。

Twist は各国に合わせた電源プラグ変換アダプタを一つにまとめたアダプタで、本体をひねるだけで A、B、C、O タイプの電源プラグを切り替えられるようになっています。

Twist は USB ポートの数と、MagSafe 電源アダプタへの対応の差で以下の様な 4 タイプに分かれています。

  • Twist Plus World Charging Station
  • Twist World Charging Station
  • Twist Plus MacBook World Adapter
  • Twist Plus World Adapter

Twist: A ultra-portable universal adapter for your MacBook

目標投資金額は、30000 カナダドル。これが達成できれば、22 カナダドルの出資で Twist Plus MacBook World Adapter が一つもらえることになっています。

ボクは MagSafe 電源アダプタに対応していて、USB ポートが 4 つある、Twist Plus World Charging Station が欲しいと思ったので、30 カナダドル(日本への送料は +6 カナダドル)出資してみました。

募集期間は 12 月 14 日まで。スケジュール通りにいけば、来年 2 月 15 日に出荷が開始されます。

 

[CS] トラックパッドの調子が悪い

MacBook Pro(Mid 2010)使い始めて、4年余り。どうも最近、トラックパッドの調子がよくありません。

まず第一に、クリック(ボタン)の反応が悪くなってる。

Trackpad

何か選択したつもりでも出来なかったりして、ちょっとイラつくことが増えた。でもこれはマウスとか他のデバイスを使うことで回避できることなので、まぁよい。

先日、起きて、すごく困ったのは、Dashboard と通常のデスクトップ画面が自動的にコロコロと入れ替わっちゃう現象。

Dashboard との切り替えは、トラックパッドを 3 本または 4 本の指で右にスワイプすれば良いのはご存知の通りだけど、トラックパッドの調子が悪くて、勝手にそういうモードになっちゃったんじゃないかと推測してる。

Dashboard

その時は、強制的に電源を落として、再起動したら何事もなかったように治まったんだけれど、この先、ちょっと不安。

Yosemite になっても多分、まだ使えると思うんで、今、壊れてもらっては困るんだよ。

[CS] Bluetooth アダプタ「USB-BT40LE」を試す

プリンストンの「PTM-UBT7」を購入してみたものの、自分の OS X 10.9 環境ではうまく動かなかったので、次の Bluetooth アダプタ探し。

USB-BT40LE

白羽の矢を立てたのは IODATA の「USB-BT40LE」。

この製品の対応 OS は Windows のみということで、Mac で使うには二の足を踏んでたんだけど、使われているチップが Broadcom 社のモノらしい。Broadcom 社のチップは Mac mini(Early 2009)や MacBook Pro(Mid 2010)でも使われているので、大丈夫だろうと考えて選択してみたのだけれど…。

とりあえず、単に USB ポートに差すだけでは動かなかったです。E-WA’S BLOG さんの「OS X 10.10 YosemiteはMac mini Early 2009で動くのか」のエントリによると、物理的に Mac 内蔵の Bluetooth モジュールを殺すか Developer Connection で入手できる Hardware IO Tools に含まれる Bluetooth Explorer でホストコントローラを変更する必要があるようです。

Mac mini はともかく、MacBook Pro の Bluetooth モジュールを物理的に殺すのは難しそうなので、Bluetooth Explorer でホストコントローラを変更することにする。

USB-BT40LE を USB ポートに差した状態で、Bluetooth Explorer を起動。メニューの「Tools」>「HCI Controller Selector」を選択。

Bluetooth Explorer

Pick a Host Controller のリストに、「Broadcom Corp」で始まる項目が出てくるので、それを選択して「Activate」をクリックすると、USB-BT40LE を使えるようになる。

とりあえず、これで PowerMate Bluetooth を使うための準備は終了。ちゃんと動くといいんだけれど…

[CS] Bluetooth アダプタ「PTM-UBT7」を試す

PowerMate Bluetooth をポチったので、Bluetooth Ver 4.0 のアダプタ探し。

Mac 対応を謳っていて、ネットでの評判も良さそうなプリンストンの「PTM-UBT7」を購入してみた。

PTM-UBT7

さっそく、Mac mini(Early 2009)/ OS X 10.9.4 で試してみたところ、なんとペアリングが出来ない… orz

PTM-UBT7

MacBook Pro(Mid 2010)/ OS X 10.9.4 でも試してみたんだけど、同じくペアリング出来ず。こっちの場合は、PTM-UBT7 を抜くと、キーボードの入力とトラックパッドの入力を受け付けなくなってしまって、再起動せざるを得なくなった。

OS X Mavericks 対応表を見てみると、動作確認済みになっているので、動くはずなのだが…

「ひょっとして初期不良?」と思って、今度は、Mac mini(Early 2009)/ OS X 10.6.7 で試してみたところ、問題なくいけた。えー。う〜ん、なぜ OS X 10.9 環境でダメなんだ?

Mac mini(Early 2009)や MacBook Pro(Mid 2010)の Bluetooth のチップは Broadcom 社のモノ。チップセットは 2070B0。対して PTM-UBT7 は CSR 社のチップを使ってるみたい。ということは、Broadcom のチップを使ったアダプタを使ってみたら大丈夫なのかな?

ということで、引き続き物色続行…