タグ別アーカイブ: オーディオ

[CS] ヴィンテージオーディオフェア

大丸心斎橋で「クラシック&中古カメラ掘り出し市」というのが、開催されているんですが、その横で「<ハイファイ堂>ヴィンテージオーディオフェア」が同時開催されているというのを知ったので、ちょっと覗いてきました。

<ハイファイ堂>ヴィンテージオーディオフェア

主催がハイファイ堂ということで、20 年くらい前のオーディオ機器があるのかなぁと思って行ってみた(マランツのミュージックリンク・シリーズがあることを期待してみたのだけど、残念だった)のですが、実際は 30 〜 40 年前のモデルが多かったような気がします。

5 つくらいシステムが組んであって、それぞれアナログレコードが再生されておりました。一つは B&O の BeoSound 9000 で CD が鳴ってたのかな?あと、LP レコードがずらっと飾ってあって、懐かしく自分も見た覚えのあるジャケットが沢山ありました。ざっと見て、LP の価格は大体、定価の半額ってところでしたでしょうか。

レコードプレーヤーは YAMAHA、DENON(もちろんデンオン時代)、Trio なんかだったと思いますが、どれも結構なお値段で… どれもリストアされているモノばかりだったかと思いますが、当時の定価より高い値付けのモノもあったりして、なかなか手が出せませんね。

まぁレコードプレーヤーはオークションを眺めていても、モデルによっては定価くらいになってることも珍しくないようなので、中古狙いもなかなか難しそうです。

そんなわけで、会場を一通り眺めていると、ちょうどレコードコンサートを始めますと声を掛けられたので、時間もあることだし聴いていくことに。

4 月 5 日まで毎日、1 〜 3 回ほど予定されていて、自分が聴いてきたのは「ビートルズからソロになった3人のビートルズたち」と題して、ポールとジョン、ジョージのソロアルバムから数曲ずつ再生されてました。プレーヤーは Trio、アンプが LUXMAN の真空管を使ったアンプ、スピーカーが JBL 4343 だったと思います。

1 時間ほどの内容でしたが、久しぶりに聴いたレコードは懐かしくもあり、新しくもありという感じで、CD と比べれば S/N 的には劣るんでしょうけど、聴いているとやっぱり楽しいですね。

平日の昼間ということもあり、聴衆は自分も入れて、最大で 10 人ほどだったかと思います。年代は自分よりも上な感じの層で、女性も何人かいらっしゃったのが印象的でした。

中古 LP は自分も興味のあるものが何枚かあったので、よっぽど何か購入して帰ろうかと思ったんですが、とりあえず踏みとどまりました(笑) サザンオールスターズの新譜「葡萄」の CD を購入したところですが、レコードも 8 日に発売になるので、こっちは抑えておこうかなと思ってます。

 

[CS] オーディオ環境あれこれ

新しい仲間も入ってきたし、これからやってみたいこと、欲しいモデルもあるしということで、一度、オーディオ系の結線をまとめておこうと思って、まとめてみたのが次の図。

オーディオ結線図

デジタル系は DAC「sd1.0」にまとめればいいんでしょうけど、SACD プレーヤー「SA-15S2」のデジタル出力を入れていないのは、単に同軸 or 光のケーブルを用意できていないだけなんです。まぁ「sd1.0」と「SA-15S2」の DAC のどちらが好みかというところも出てくるんでしょうけど、ちゃんと検証したことがないので、これはまたその内に… (^^;;

しかし、電源タップの口数が足りなくなっちゃったんですよねぇ… 10 個口くらいの良いオーディオ用のタップないかしら?

さて、欲しいモデルというのは、当然、マランツの「ミュージックリンク」シリーズ。「CD-23」とか「MA-23」とかは是非とも手に入れてみたいところ。欲を言えば、「MA-23」を 4 台でブリッジ接続して、2 台の時とどのくらい違うのかとか試してみたいんですよね。

あと、フォノイコライザーアンプの「PH-1」を手に入れることが出来れば、アナログプレーヤーも何か用意して久しぶりにレコードを聴いてみるというのも良いかもしれません(笑)

やってみたいことは、「SA-15S2」と「SC-23F」の間に「DLT-1」なんかを入れてみて、どのくらい音が変わるのか試してみたい。まぁ今どきのプレーヤーであろう「SA-15S2」にライントランスを組み合わせるのは弊害があるのかなという気はするんですけどね。

まぁ何にしても、個人的にはまたオーディオ熱が盛り上がってきて、面白いなと思う今日この頃です。

 

[CS] 「傅 信幸のオーディオ読本」読了

傅 信幸氏のこの本が出版されるのを知って 1 年くらい経ったか?その内に購入しようとのばしのばしにしてきたんですが、ようやく購入しました。思ってたよりも大きな本でした。

傅信幸のオーディオ読本

氏はオーディオ・ライターで、ポップス主体に音楽体験を重ね独自の視点で語っておられます。

そして、自分の音楽・オーディオ体験に多大な影響を与えてくれている方であったりします。

ステレオイメージという言葉を知ったのも、アポジーというフルレンジリボンのスピーカーに憧れたのも、シングライクトーキングを知ったのも、Take 6 を知ったのも、Julia Fordham を始めとする洋楽の女性ヴォーカルの何人かを聴くようになったのも、全て氏の記事や CD の紹介がきっかけです。

そんなわけで、この本は読んでみたかったんですよね。「季刊Stereo Sound」「別冊FM fan」「AV Front」「CDジャーナル」等で発表された製品紹介やインタビュー、リポート記事、エッセイなどから再録掲載されたもので、書き下ろしでないのは残念なのですが… とはいえ、自分はほとんど読んでない雑誌なので、目新しい内容ばかりです。

中でも、アポジーや B&W のノーチラスの開発者や経営陣との交流、導入からの音を詰めていく過程など、とても興味深く読ませていただいた。

氏の人となりが垣間見えるようで、面白かったです。

 

[CS] HiVI 2013年1月号、アマゾンで予約開始

月刊HiVi の 2013年1月号の予約がアマゾンで始まってました。

この号には USB ケーブル付録の第3弾の エイム電子の USB ケーブルが付録になっています。

このケーブルは、エイム電子が初めて手掛けた USB ケーブル「SHIELDIO USB」の体験版という位置づけになっているようです。

内部を信号ラインと電源ラインを平行に配置したセパレート・フラット構造を採用。導体にはOFC(無酸素銅)に銀メッキを施した線材を使用しています。アルミニウムテープと銅編組でシールドし、さらにコネクター内部までもシールドを施しました。まさにオーディオ用としてふさわしいこだわりの仕様です。

via:月刊ハイヴィ・HiVi | デジタルAV家電の専門マガジン・HiVi Web[ハイヴィ ウェブ]

12月号では先行試聴リポートも掲載されているようですが、聴いてみるのが楽しみなケーブルです。

[CS] PCオーディオ「?」話あれこれ

ITmedia「歴代iPodで特に音がよい=「第5世代iPod」? AIFFとWAVどちらが音がよい?──PCオーディオ「?」話あれこれ (1/2)」の記事から。

ふ〜む、歴代 iPod で特に音が良いのは第5世代なんだ…

オーディオ専用PC「acroama」をはじめ、高品位志向のオーディオ機器を取り扱うエミライのショウルーム(超こだわりの音響システムが構築されている)で、オーディオにまつわるフシギ話、デジタル絶対主義の人が「オカルト」「プラシーボ」と判を押したように反応を返すであろうことをいくつか経験したので、ここで紹介しよう。

via:野村ケンジのぶらんにゅ?PCオーディオ コラム:歴代iPodで特に音がよい=「第5世代iPod」? AIFFとWAVどちらが音がよい?──PCオーディオ「?」話あれこれ (1/2) – ITmedia +D PC USER

PC オーディオに関わらず、オーディオって結構、「オカルト」や「ブラシーボ」と言われるようなことって少なくないですよね。

ケーブルの引き回し方や同じ非圧縮フォーマットである「WAV」と「AIFF」でも音の聞こえ方は変わるのだとか。

まぁだからこそオーディオっていう趣味は面白く、奥深いものだと思うし、止められない。

Wadia「171 iTransport」2月発売。価格は83790円。

Phile-web「アクシス、WadiaのiOSトラポ「171 iTransport」を正式発表」の記事から。

170 iTransport ユーザーとしては気になります。

本機は昨年11月に開催されたイベント「2010 東京インターナショナルオーディオショウ」にアクシスが設けたブースにも展示され(関連ニュース)、話題を集めたが、このほど正式に国内発売がアナウンスされた。人気を博したWadiaのiPodデジタルトランスポート「170 iTransport」を進化させ、「Made for iPod」「Work with iPhone」の認証を取得したほか、高品位コネクターを採用し、電源部の強化も図るなど、オーディオ再生のクオリティを高めている。iPadとの組み合わせにも対応している。

via:アクシス、WadiaのiOSトラポ「171 iTransport」を正式発表 – Phile-web

これで音質がどれくらい変わっているもんでしょうかね。まぁ DAC の影響の方が大きいのかもしれませんが… 121 はどうなってんの?w

デジタルオーディオ信号はWadia独自の高品位デジタル出力回路で波形整形や低ジッター処理などが行われ、S/PDIFフォーマットにより最大48kHz/16bitで、同軸/光デジタルオーディオ出力端子から送り出す。背面にはコンポーネント映像出力端子も備え、iPodなどに保存した映像コンテンツの出力にも対応する。なお前機種に搭載されていたアナログオーディオ出力は、本機では省略されている。

via:アクシス、WadiaのiOSトラポ「171 iTransport」を正式発表 – Phile-web

アナログオーディオ出力は基本的に要らなかったと思うし、光出力もついたのは使い勝手があがってそう。

170 を下取りに出して 171 買い直したら差額は幾ら位になるかなぁと考えてみたりして (^^;;

Wadia のデジタルアンプ内蔵 DAC「151 PowerDAC mini」が発売

Phile-web「アクシス、Wadiaのデジタルアンプ内蔵DAC「151 PowerDAC mini」を発売」の記事から。

Wadia 151

やっと発売になるんだ〜

アクシス(株)は、Wadiaの新製品として、iPod対応DDコンバーター「170 iTransport」との組み合わせに適したデジタルアンプ内蔵DAC「151 PowerDAC mini」を6月に発売する。価格は155,400円(税込)。カラーバリエーションはシルバーとブラック。

via:アクシス、Wadiaのデジタルアンプ内蔵DAC「151 PowerDAC mini」を発売 – Phile-web

発売前には「価格は 170i の三倍以内に抑えたい」ということでしたが、実現されましたね。

本体には2系統の同軸デジタル端子と、1系統の光デジタル端子、USB端子を備えており、S/PDIFフォーマット経由は192kHz/24bit入力、USB経由は96kHz/24bit入力に対応している。

via:アクシス、Wadiaのデジタルアンプ内蔵DAC「151 PowerDAC mini」を発売 – Phile-web

ということなので、パソコンからの接続もできそうです。

自分はとりあえず DAC の 121 がどうなるのかがより気になります。

iPad で USB オーディオが使える?

AV Watch「第418回:iPadに裏技? USBオーディオが使用可能」の記事から。

ローランド・UA-1G

こんな裏技があろうとは…

DTM機材としてのオーディオ性能の情報を探していると、入ってきたのが「iPadでUSBオーディオが使えるらしい」という情報だった。4月中旬にKORGに取材に行って、iELECTRIBEのデモを見せてもらったときに、小耳に挟んだのだ。「USBオーディオといっても、iPadにはUSB端子なんて、無いじゃないか!」と思ったが、実はApple純正のUSBインターフェイスがある。

それが、「iPad Camera Connection Kit」。製品名の通り、本来の目的はデジタルカメラなどとUSB接続して写真データなどを転送するためのもの。実際の製品としては、iPadのDock端子に接続して、USB端子に変換する形になっている。本当にこれでUSBオーディオが動くものなのか確証はなかったが、2,980円と安価なため、ダメ元でiPadとセットで予約しておいた。

via:【藤本健のDigital Audio Laboratory】第418回:iPadに裏技? USBオーディオが使用可能 -AV Watch

ということで、「iPad Camera Connection Kit」と USB オーディオ機器を組み合わせると使える場合があるようです。「iPad Camera Connection Kit」侮りがたし。

この記事では、ローランドの「UA-1G」だと確実に使えるようですが、他にも使える機器があるかもしれませんね。

iPad は何か色んな可能性を秘めていそうだ。