タグ別アーカイブ: ネットワークプレーヤー

[CS] LINN 新「DS」シリーズ

LINN のネットワークプレーヤー「DS」シリーズが 4 月 1 日から新しくなるそうで。従来モデルは 3 月 17 日をもって販売終了となったようです。

KLIMAX DS

  • KLIMAX DS/2 2400000 円(税抜)
  • AKURATE DS/K/2 900000 円(税抜)日本限定仕様
  • MAJIK DS/2 350000 円(税抜)
  • MAJIK DSM/2 500000 円(税抜)

主な変更点は、新クロック・アーキテクチャーの採用、PCB 内電源供給方法の変更、8 層基板三次元回路レイアウトの見直しによる信号経路のさらなる短縮などだそう。

気になるのは、部屋のサイズやスピーカーの位置を入力することで最適な補正を行う「Space Optimisation」機能の大幅なアップグレード。全ての DS/DSM でこの機能が使えるようになったようなんですが、組み合わせるスピーカーは LINN の製品だけじゃなくて、B&W や KEF などのスピーカーも対象とされています。

対象のスピーカーの中には自分も愛用している KEF LS50 も含まれているので、これ使ってみたいなぁと思うところです。

そんなあなたに(笑)旧 DS を新 DS へアップグレードするサービスも用意されていますが、MAJIK は対象外で、KLIMAX と AKURATE だけなんですよねぇ。まぁラインナップ的に仕方ない面はあるんでしょうけど、MAJIK ユーザーにも何らかのパスを用意して欲しいなと思った次第です。

  • KLIMAX DS から KLIMAX DS/2 600000 円(税抜)
  • KLIMAX DSM から KLIMAX DSM/1(EXAKT LINK付) 600000 円(税抜)
  • AKURATE DS から AKURATE DS/K/2 400000 円(税抜)
  • AKURATE DSM から AKURATE DSM/1(EXAKT LINK付) 400000 円(税抜)

もっとも、このアップグレード価格を出すなら LUMIN のネットワークプレーヤーに乗り換えを考えてもいいかなぁと思ったりもしますけれども。

 

[CS] 復活の「ChorusDS」

ChorusDS」は LINN のネットワークプレーヤー DS シリーズ専用のコントロールアプリ。とはいえ、LINN 純正ではないのが面白いところ。

価格はなかなかのものなんですが、それに見合う価値があるのか評価が高かったアプリ。自分も Majik DS を購入後、しばらくして iPad 版の ChorusDS HD を購入したんだけど、どうも自分の環境ではうまく動作せず、iOS 8 では完全に動かなくなって、結局、自分の中ではお蔵入りしてたアプリなんですが、なんとほぼ 4 年ぶりにアップデート。iOS 8 をサポートしてくれました。いやぁ〜すっかり諦めてたんですが、これは嬉しい。

ChorusDS HD

ということで、さっそくお試し。

サーバー役の Mac mini(Early 2009) では、LINN の Kazoo Server と MinimServer を動かしているんですが、なぜか ChorusDS HD では Kazoo Server しか認識しません。こんなところも LINN 専用?以前は MinimServer も認識できてたと記憶しているのだけど…

ChorusDS HD

基本の画面。4 年ぶりにアップデートということでフラットデザインが採用されたよう。以前のバージョンのボタンからは変わってる。中央のブラウズの表示はリスト表示とタイル表示で切り替えが可能。

ChorusDS HD

ChorusDS HD

左上にある再生中の曲のアルバムアートをクリックすると、アルバムアートが拡大されて画面が切り替わる。

ChorusDS HD

この画面で、アルバムアート以外のスペースをタップすると画面下に各種操作ボタンと音源の情報が現れる。アルバムアートをタップすると基本の画面に戻るようになっている。

ChorusDS HD

ブラウズのエリアから左のプレイリストに登録するには、

  • 再生したい曲を一曲ずつタップして登録
  • 「Add All」でアルバム内の全曲を一括で登録
  • 「Play All」でアルバム内の全曲を一括で登録

プレイリストに登録した時点で、自動的に再生が始まるようになっているのは、個人的には止めて欲しい気がする。

プレイリストに登録した曲を編集するには、

  • 個別に曲を左フリックすると表示される「Delete」をタップすると削除
  • 「Edit」をタップして個別に削除・曲順入れ替え
  • 「Clear」をタップしてプレイリストの曲を一括削除

ChorusDS HD

ChorusDS HD

ChorusDS HD

曲をたくさん登録したプレイリストを作ったりした場合に、「Whats Playing」をタップすると、再生中の曲までリストがスクロールする。

LINN 純正の Kazoo はまだ動作がなんとなく不安定な印象だし、同じく Kinsky は安定しているもののユーザインターフェイスはもう一つ古くなっている気がする。そんな中、自分の環境ではまともに動いてくれなかった ChorusDS HD が、快適に動くようになってくれて大変、嬉しい。

Kazoo 同様、検索機能も使えるし、Kazoo では未だ実装されないプレイリストの保存、読み込みが可能。価格面ではちょっと手が出しにくいかもしれないけれど、LINN の DS ユーザーなら買って損はないアプリだと思います。

ネットワークプレーヤーやそれに準ずる機器は増えてきたと感じる昨今ですが、コントロールアプリはなかなか満足できるモノが出てきていない気がします。各メーカーは LINN や ChrousDS レベルのアプリを提供していただきたいものです。

【追記】
先ほど改めて確認してみたら、MinimServer を認識するようになっていました。特にネットワーク関係を触ってはいないんだけど、なぜ見えなかったのか… ということで、ここは LINN 専用ではないようです。

ChorusDS HD

 

[CS] マランツのUSB-DAC/ネットワークプレーヤー「NA-11S1」試聴記

Phile-web「マランツのUSB-DAC/ネットワークプレーヤー「NA-11S1」を山之内 正が聴く」の記事から。

もうすぐ発売になるマランツの「NA-11S1」の試聴記ですが、絶賛されてますねぇ。

マランツの設計陣は、メカニズムを持たないネットワークオーディオプレーヤーのあるべき姿を今回のNA-11S1で明確に再定義して見せた。それは、ネットワーク再生とUSBオーディオをメインとサブではない対等のソースととらえ、どちらも妥協のない設計を徹底することからスタートしている。

via:マランツのUSB-DAC/ネットワークプレーヤー「NA-11S1」を山之内 正が聴く (1/4) – Phile-web

ノイズ対策は特に USB の方に力が入れられているようで、高速フォトカプラーを用いたデジタルアイソレーターで USB-B 入力から混入するノイズを完全に遮断する方法がとられているそうです。

対応フォーマットなども豊富ですが、個人的には ALAC の対応が 96kHz までなのが残念な点でしょうか。

一度、自分でも試聴してみたいですね。

[CS] マランツから60周年記念のUSB-DAC/ネットオーディオプレーヤー「NA-11S1」発売

マランツ、60周年記念のUSB-DAC/ネットオーディオプレーヤー「NA-11S1」」の記事から。

昨年、ドイツのイベントで参考出品されていた「NA-11S1」がいよいよ、日本市場に投入されます。

ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドのUSB-DAC/ネットワークオーディオプレーヤー「NA-11S1」を2月下旬より発売する。価格は346,500円(税込)。

via:マランツ、60周年記念のUSB-DAC/ネットオーディオプレーヤー「NA-11S1」 – Phile-web

価格帯としては LINN の Majik DS とほぼ同じ価格帯となりますね。気になる対応フォーマットは、

ネットワークオーディオプレーヤー機能はDLNA 1.5に対応し、MP3/WMA/AAC/WAV/FLAC/Apple Lossless ファイルの再生が可能。WAV/FLACは192kHz/24ビット、Apple Losslessは96kHz/24ビットのファイル再生が可能。またWAV/FLACのギャップレス再生にも対応した。

via:マランツ、60周年記念のUSB-DAC/ネットオーディオプレーヤー「NA-11S1」 – Phile-web

う〜ん… 国内メーカーのネットワークプレーヤーはなんで、ALAC は 96kHz/24ビットまでしか対応しないんでしょうかねぇ。残念だ。

DSD再生対応のUSB-DAC機能や AirPlay にも対応してるなど魅力的な点も多そう。

デジタル、アナログともにオーディオ回路にも力が入っているようなので、一度、聴いてみたい気もしますが、さて…