タグ別アーカイブ: ヘッドホン

[CS] AudioQuest 初のヘッドホン「NightHawk」

先日、発表になった AudioQuest の初めてのヘッドホン「NightHawk」が、気になってます。

AudioQuest NightHawk

AudioQuest はケーブルを造っているメーカーですが、USB DAC の「DragonFly」も発売していて、これも評価は高いようです。

ちょっと色々とケーブルをあたっているところで、AudioQuest も候補の一つなんですけど、そこで AudioQuest のサウンドというのが気になってきて、ヘッドホンにも。というところです。NightHawk、名前もヘッドホンも格好いいですし。

まずハウジングには「リキッドウッド」という新素材が使われていて、おそらく一個一個異なる模様が美しいです。形式はセミオープン。

そしてドライバーは 50mm 径で、バイオセルロース製のピストン式振動板が採用されています。開発にあたっては、スピーカーからヒントを得て、スピーカーで採用されているが、ヘッドフォンではあまり使われていない技術も積極的に検討・投入されているということもありますし、AudioQuest 初ということで、過去にとらわれることもないということで、他のメーカーとは一味違う、音を聴かせてくれるのではと思います。

ケーブルメーカーなので、高純度のSolid Perfect-Surface Copper+ 導体や発泡ポリエチレン絶縁体、カーボンベースのNDS (Noise-Dissipation System)、銀メッキの先端など、ケーブルの部分にもこだわりを感じられるのがいいですね。ケーブルは脱着可能で、リケーブル用のケーブルの発売もあるようです。

ちょっと気になっているのは、インピーダンスが 25Ω というところでしょうか。アンプを選ぶかなぁ…

発表当初は、自分には手の届かない価格になるんだろうなと思ったんですが、現在、いろんなところで予約が始まっています(発売は3月下旬)が、8 万円前後になるようです。これなら自分でも頑張ればなんとかというところでしょうか。まずは試聴でしょうかね。発売が楽しみです。

 

[CS] 小型 USB DAC/ヘッドホンアンプのつなぎ方はどうしよう?

小型の USB DAC/ヘッドホンアンプを検討している今日この頃です。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

そんな中、「HERUS+」か「EXPLORER2」のどちらかに絞ったわけです。MBP での使用が主になる予定ですが、購入の暁にはメインのオーディオシステムにも繋ぎたくなるのは明白。ということで、そのケーブルもどうしようかと考えているところです。

MBP と HD 650

ケーブルにもとんと疎いわけですが、ちょうど MacBS さんが「ステレオミニケーブル、検討」というエントリを書かれておりましたので、これは「ありがたい」と拝読しました。

「EXPLORER2」は光ケーブルが使えるので、特に考える必要もないんですけど、「HERUS+」を購入すると、必要になるのは、TRS 標準プラグを RCAx2 に変換するケーブルまたはアダプタ。なんですが、音質に配慮されているだろうと思われる製品がなかなか見つけられないんですよねぇ…

そんな中、見つけたのはオーロラサウンドの「ASX-01」という変換アダプタ。

標準フォン端子はアンフェノール社製、RCA 端子はロジウムメッキ、ケーブルはベルデン社製ということで、いいのかなと思います。

別の接続方法としては、「標準フォン端子-ミニジャックの変換プラグ + ステレオミニケーブル」という組み合わせ。まぁ、あまり変換プラグの類いは使いたくないですが、フルテックの「F63-S(R)」なんかのプラグであれば、音質的にも大丈夫なんじゃないかなと。

これと、MacBS さんが挙げられていた、QED の「Performance J2P」なんかのケーブルと組み合わせてやれば、コストも抑えられて、満足できるんじゃないかなという感じですね。

まっ実際に動くのはもう少し先になりそうですが、気長にいろいろ考えてみたいと思います。

 

[CS] HD595 のイヤーパッドを交換

このところヘッドホンを使う時は、HD 650 を使ってたんで気づかなかったんですけど、久しぶりに HD 595 を手に取ったら、イヤーパッドが破れてました… きゃー!

HD 595 破れたイヤーパッド

HD 595 を購入したのは 2009 年の 9 月のようなので、もう 5 年以上経つんだなぁ… HD 650 があるとはいえ、このままお蔵入りさせてしまうのももったいない。調べてみると、補修パーツも簡単に安く手に入るようだし、交換も簡単そうなので、さっそくポチっとな。

HD 595 交換用イヤーパッド

イヤーパッドだけが入っているのかと思ってましたら、振動板保護?も入っていましたので、これも合わせて交換。

HD 595 交換用イヤーパッド

イヤーパッドは爪で固定されているだけなのようなので、交換も簡単。慎重にパッドを剥がしていけば外れていきます。パッドが外れたら、新しいパッドを爪のある辺りで強く押していけば、固定されるので、それで交換完了。

HD 595 交換用イヤーパッド

これでまた 5 年は大丈夫かな?

 

[CS] FURUTECH F35(R)

DK の机の上で MacBook Pro を弄っていることが多いからなんですけど、ここのところ、メインのオーディオで音楽を聴くことができなくなっております。

なのでちょっとでも MBP からの音を良くしたいと思いまして、いろいろ考えてる今日この頃です。とはいえ、場所柄、据置きのシステムを持ってくるわけにもいかず、Bluetooth の小型スピーカーというのも置き場所の確保が難しい。というところで、小型の USB DAC とヘッドホンという組み合わせがベターかななんて思っています。

MacBook Pro ヘッドホン端子

USB DAC はもうちょっと検討するとして、我が家で一番いいヘッドホンといえば、HD 650 なので、まずはこれを使えるようにということで、6.3mm 標準プラグを 3.5mm ステレオミニプラグに変換するプラグを購入することに。逆の変換プラグは我が家にもあったんですけどねぇ。

どこででも手に入りそうな大手メーカーのプラグでも良かったんですが、多少なりとも音に影響してくるのかなということで、少し奮発しまして FURUTECH の F35(R) を購入してみました。

FURUTECH F35(R)

パッケージからして他のプラグとは違うな〜という雰囲気。

一般的な 3.5mm ステレオミニプラグを 6.3mm 標準プラグに変換するプラグと比べてみた図。結構、長い。実際にヘッドホンをつなげてみると、ヘッドホンのプラグも入れると 10cm くらい飛び出しちゃうんで、これはつけっ放しというわけにもいかないなぁ…

FURUTECH F35(R)

FURUTECH F35(R)

さて、肝心の音の方ですが、比較する環境もないので、なんですが… まぁ比べるまでもなく、MBP のスピーカーで聴く音とは、全然違いますね。ヘッドホンの影響の方が大きいと思うんで、このプラグの影響はどの程度あるのか分からないんですけども… (^^;;

 

[CS] X-HA1 と HD650 と PM-1

聴きたいなと思っていましたら、思いの外、早く機会が巡ってきました。

Nmode X-HA1

気になっている、Nmode のヘッドホンアンプ「X-HA1」と、購入を考えている、ゼンハイザーのヘッドホン「HD 650」を組み合わせて聴くことができました。

接続は流石にバランスとはいきませんでしたが、それでも十分です。

SENNHEISER HD 650

店頭ということでじっくり聴くこともできませんでしが、それでも音場はそこそこ広くて、低域もほどよい量感で良い感じ。高域もそれなりに伸びてる。ということで好印象。

HD650 は、このショップで試聴する前に、別のショップでも聴いたのだけど、そこでの試聴は CD プレイヤーのヘッドホン端子からでした。そのせいもあってか、低域が出てるんだけど、モコモコした感じでとても気持ちよく音楽を聴く気にはなれない音質で「あれ?HD650 ってこんなもの?」という感じで後にしたんですが、いやぁヘッドホンアンプで音、変わりますねぇ。

で、店員の方と、少しお話をさせていただいたら、「Oppo のがありますよ?聴いてみます?良い機会ですから是非!」という感じで言われたので、発売前の PM-1 を聴かせてもらいました。エージングはそれなりに済んでいるとのこと。

Oppo PM-1

PM-1 は平面磁界型ヘッドホン。初めて平面磁界型のヘッドホンを聴きましたが、これが良かったですねぇ。個人的に HD650 よりも好きな音でした。どっちが良いとか悪いとかではなく、好き嫌いのレベルの話ですが。

もっとも、HD650 と PM-1 では 10 万円くらいの差がありますから、比較するのもどうかとは思いますけれどもね。

[CS] JayBird「BlueBuds X」Bluetooth ヘッドホン購入

モトローラの S9 を汗が原因と思われることで壊してから、次の Bluetooth ヘッドホンをどうしようか、ずっと考えてました。

モトローラ S9

有線のヘッドホンに戻ったりしてましたが、音質の優位性はあっても、やっぱりケーブルは邪魔くさいんですよね。あと、耳穴の形が変わってきたのか前からだったのか、なんかことごとくイヤーピースがもう一つフィットしないんです。Comply のイヤーピースも試しましたが、どうもだめ。歩いていると耳から外れてきちゃって、イライラ…

そんなわけで、ホールド感の高いネックバンド式のヘッドホンで汗に強い製品はないかと、思ってところで偶然知ったのが、JayBird の BlueBuds X という Bluetooth ヘッドホン。

JayBird BlueBuds X

まぁこれ、ネックバンド式ではないんですけど、

  • 激しい運動でも外れにくい「セキュアフィット」を採用
  • 独自の「Shiftコーデック」を搭載し驚くべき高音質を実現
  • 連続再生8時間、待機時間250時間を実現した「HDバッテリー」
  • 最新のナノコーティングテクノロジー「リキペル」による安心の防汗性能

といったところが気になりまして。イヤーピースがフィットしないのは「セキュアフィット」で何とかなるかもと勝手な印象。ただ、この「安心の防汗機能」っていうのがどの程度かが分からない。

そんなわけで、二の足を踏んでたんですけど、頭ん中さんの「探してたのはこれだった!スポーツのための Bluetooth ヘッドセット “BlueBuds X” を買ってみた」のエントリーで、

汗対策は万全。なんと汗が原因の故障については無期限保証です。

というのを知って、決めました。だって奥さん、無期限保証ですよ。

ここでホワイトのモデルをポチッとしようとしたんですが、どうも品薄らしくて。いろいろ回って、ヨドバシ.com で見つけたので、そこで注文。早く届かないかなぁ。

[CS] ドリカム + ゼンハイザー・HD800

ネスカフェゴールドブレンドの TV CM に出ているドリカムがゼンハイザーのハイエンドヘッドホン、HD?800 を着けているそうで。

この CM、ボクはまだ観たことがなかったんですけど、レコーディングスタジオで開放型のヘッドホンを使うなんてことがあるのかしら。

いいなCM ネスカフェ ゴールドブレンド ドリカム

スタジオでヘッドホンの定番と言えば、ソニーの MDR-CD900ST なんかだと思うんですけど…

CM の映像を観ていると、HD800 にケーブルがつながっているのかどうかはっきりしないんですが、小物として使われているのかしら。でもなんで、HD800 なんだろうなぁ。う〜ん、気になる。

ヘッドホンといえば、アニメ、けいおんで話題になった AKG の K701 のことも記憶に新しいですが、HD800 もそんなことで売れたりしたら面白いけどなぁw

[CS] AV REVIEW 8月号(2012年)、購入

1ヶ月遅れで、AV REVIEW 8月号(2012年)を購入。

この号には付録としてヘッドホンメーカーのステッカーがついていまして、それが欲しかったというのもありますが…

AV REVIEW 2012年8月号付録ステッカー

我が家は狭くてなかなか思うようにスピーカーを置く、スペースが取れません。その上、音楽を聴くのは夜になるのが常なので、音量を上げられない。それならば、質の高いヘッドホンをいくつか購入して、その時の気分や聴く音楽に合わせてヘッドホンを替えるというスタイルもありなんじゃないかな? と思うようになりまして、一度はスルーを決め込んだこの号がヘッドホンの特集が組まれているということで購入しました。

AV REVIEW 2012年8月号

で、今一番気になっているヘッドホンは今さらながらではありますが、ゼンハイザーのハイエンドモデル、HD 800

同社の HD595 を愛用していますが、HD800 は価格的に縁遠いと決め込んで全く興味を持っていなかったんですが、先の理由から色々と調べてる中でぶち当たったモデル。

色んなレビューや購入されたブログのエントリーを拝見して共通しているのは、その優れた音場感。一度、試聴に行きたいところですが、環境が整っているショップがあるかしら。

価格はヘッドホンとしては大変、高価なモデルですが、スピーカーにすればエントリーモデル。あるいはそのステップアップ帯とも言えると思うわけで、そういう点でもヘッドホンを中心としたオーディオライフって結構、良いのかもと思ったりしています。

2011年購入したモノ その2

去年から個人的に復活してきてるオーディオ熱。

今年は「Wadia170 ” iTransport “」と対になる DAC「Wadia 121」が発売される予定だったはずが、結局、今のところ発売されるという声が聞こえてきませんでした。これがとっても残念なことでした。来年こそは発売されるのだろうか?

さて、購入したのはヘッドホン。一つは Atomic Floyd の「SuperDarts + Remote」。もう一つが JVC の「HA-MX10-B」。

どちらも良い音を聴かせてくれています。

ビジュアル面では、最近購入したばかりのパナソニックのプラズマテレビ「TH-P50VT3」。

ようやく我が家にも大画面と言えるテレビが来ました。家族も喜んでるし映画なんかもより楽しめるようになって良かったと思う買い物の一つ。