タグ別アーカイブ: Apple

Apple Design

「Apple Design」という本が発売されているのを知って、購入しました。英語版。安いお値段ではないと思いますが、値段に見合ったしっかりとした重厚な一冊になっておりました。

「AppleDesign」と「Apple Design」

この本は、97年(日本語版は98年)に発売された「AppleDesign(アップルデザイン)」の後継とも言われているようで、実際、「AppleDesign(アップルデザイン)」が 20周年記念 Macintosh までについて書かれているところ、「Apple Design」(あ〜紛らわしいw)は 20周年記念 Macintosh から iPad 2 までについて書かれています。

ただ「Apple Design」にはコンセプトモデルなどについては書かれていないのが残念なところでしょうか。もっとも、時代も変わっていますのでアップルがそういうモデルを明らかにしなくなっているということもあるんだろうとは思いますし、またすぐに模倣された製品が世の中に出てしまうというということも無関係ではないんでしょう。

アップルの製品の系譜を追うのには、良い本だと思います。日本語版も是非、出版して欲しいところです。

スティーブ・ジョブズ、逝く

Apple 2011年10月6日

Apple - Remembering Steve Jobs

Apple - 追悼 Steve Jobs

享年56歳。まだ若いのに。もっと長生きして欲しかった。

自分自身に言えることは、Mac を使ってなかったら、こうしてホームページを作ることもなかっただろうし、ホームページを作ったことによって、また、Mac を使ってることによって、たくさんの人たちと出会うことが出来たということ。

これには本当に感謝しています。

今までどうもありがとうございました。

Google Top 2011年10月6日

ジョブズ CEO から会長へ

「遅かれ早かれやってくる日」という思いは常々ありましたが、「う?ん、このタイミングなのか…」と少々、軽くショックを受けているのもまた事実な自分です。

「これからどうなるんだろう?」と正直、不安に感じるところもありますが、会長に退いたということですから、完全にその影響力がなくなるわけでもないでしょうし、病気療養中のように、ジョブズ不在であっても、新しい CEO のティム・クックの元、Apple は Apple らしく歩んでいって欲しいものです。

これからはまずはゆっくり体を休めて、病気療養に努めて欲しいなと思います。

携帯端末向けSNS「Color」を試す

ITmedia「元Apple幹部、携帯端末向けSNS「Color」を立ち上げ」の記事から。

さっそくアプリをダウンロードして試してみたんですけど…

Color

UI がこなれてない感じがして、個人的にはもう一つでした。

あと、位置情報が必須というのもちょっとなぁと。自宅で写真を撮って投稿するのを躊躇われちゃう。

個人的には instagram の方が、面白い感じですかね。

まだまだこの種のサービスは立ち上がってきそうですけど、ちょっともう飽和気味なのかな?という気がしなくもありません。

スティーブ・ジョブズが療養休暇。そろそろ第一線を退いても良いのかも?

ITmedia「Appleのスティーブ・ジョブズCEOが療養休暇入り」の記事から。

同氏は従業員にあてた電子メールで、「健康に集中できるように」に療養休暇を取ると伝えている。AppleのCEO職は続け、大きな戦略的決定には関与するとしている。療養休暇中、Appleの日常業務はティム・クックCOO(最高執行責任者)が担当する。

via:Appleのスティーブ・ジョブズCEOが療養休暇入り – ITmedia News

ということで、CEO 職は続けるものの、療養休暇を取るんだとか。「いつまで」ということは明確にされていないのが、気になります。

ツイッターの自分の TL には「肝移植後、2年経過したので生体検査を含めたルーティンチェックらしい」というツイートも流れてきたのでこれが本当であればそれほど心配することはないんだろうけれども…

まぁしかし今のアップルはジョブズの影響は大きいにしても、組織としてしっかりしているように思えるんですが、どうなんでしょうか?そうなのであれば、CEO から退いて会長職や相談役(という役職は米国でもあるんだろうか?)みたいな職について、ゆっくり身体を休める方が良いのかなと言う気もします。

CNET Japan の「ウォズニアック氏、ジョブズ氏の休職についてコメント」の記事では Apple の共同創設者である、ウォズのコメントが次のように掲載されています。

わたしはまだJobsに連絡を取っていない。このニュースには実際とても驚いた。予期していなかったからだ。もしSteveが疲れており、もう少し普通の生活を望んでいるのなら、彼の健康を祈る

via:ウォズニアック氏、ジョブズ氏の休職についてコメント – CNET Japan

「WWDC 2010」悲喜こもごも?

ITmedia「クラウドiTunesに魔法のトラックパッド――実現しなかったAppleのうわさ」の記事から。

まぁこの噂もどこまで真実性があってどこまでが願望に近いものかってこともあるでしょうから何とも言えませんよね。

特に Mac mini なんて、長らく放置されていて 2009年は 2度アップデートされてますからね。ペースが早過ぎる印象は拭えないですね。もちろん、Core i シリーズに置き換えとかはあってもおかしくないんでしょうが…

iPhone 4 ブラックとホワイト

さて、今回の WWDC 2010 は iPhone 4 と iOS4 に特化されて次期 Mac OS X に触れられることもありませんでしたね。

事前に発表されていたセッションの内容も iPhone 関連に絞られていたようなのでこれは予測できたことかもしれませんが、開発者の方の軸足を iOS の方に置いて欲しいというアップルからのメッセージなのかもしれませんし、当然、話題を分散させないという狙いもあるでしょうね。

発表から時間も経ちまして、個人的に今回の発表について感じたことで残念だったのはやはりあのような形でリーク?されてやっぱり本物だったことでしょうかね。ワクワク感がそがれた気がします。

もちろん、事前に噂が出てくることで妄想するのは楽しいのですが、個人的には最近はちょっと行き過ぎているじゃないかという感じもなくもないです。

それから 64GB モデルは必ず出るだろうと思ってたんですが、出なかったこと。特に HD 動画の撮影が可能になったことからも容量が大きいモデルは望まれる気がします。

良かったのは、やっと待望の Bluetooth キーボードが使えるようになります。これで自分としては理想系により近くなりましたw

同「iPhone 4、予約は15日から ソフトバンク」の記事の通り、ソフトバンクからもすぐに発表がありましたので、発売日に購入して 2年近く使い続けてきた iPhone 3G を iPhone 4 へ買い替えることは決定事項。

購入するのは、ホワイトモデルにブルーのバンパーにしようと思ってたんですが、やっぱりブラックモデルにオレンジのバンパーも捨てがたいw まぁゆっくり悩みましょうか。

あと、問題は予約と発売日の購入。

どちらも平日ということで朝から並ぶことも基本的には無理そうです。夕方に店舗に赴いても十分に購入できる数が用意されているのかどうか?気になるところです。

いよいよ WWDC 2010 開幕。次期 iPhone の発売日はいつか?

ITmedia「新型iPhone、WebベースのiTunes――Appleは何を発表する?」の記事から。

WWDC 2010

あと5時間ちょっとですか…

Appleが米国時間6月7日に、開発者会議WWDCを開幕する。このイベントでAppleが発表するものの予想をまとめた。

via:せかにゅ:新型iPhone、WebベースのiTunes――Appleは何を発表する? – ITmedia News

ということで、WWDC 開幕まであと少しですね。発表されるのは iPhone、クラウド iTunes、Apple TV、MobileMe の無料化かなどの項目が挙げられております。

さて、どれが本当になるでしょうか?

まぁ九分九厘間違いないと言えるのは iPhone でしょうね。どういうのが発表されるのかというより、どう発表するのか?というのが気になりますね。

個人的にとにかく気になるのは発売日。というより、曜日。

iPad の様に予約開始が月曜日だったり、発売が金曜日なんて設定になったら発売日当日に手に入れられないんじゃないかと戦々恐々としてます。

どうかすんなり購入できますように。

iPad でもテレビが見られるようになる?

WIRED VISION「iPadでTVをライブで見れる『EyeTV HD』」の記事を読んで、「お〜 iPad でテレビが見られるのはいいなぁ〜」と思ったのは内緒だw

EyeTV HD

しかし、iPad は「Air Displayicon」なんてアプリも出てきて、複数枚、欲しくなってしまうデバイスですね。困ったもんだww

さて、それはともかく「EyeTV HD」が気になりつつ、思い出したのは「Apple TV が生まれ変わって 99ドルに?」のエントリーでも書いた次期 Apple TV。

これがどういう仕様になるのかがとっても気になりますよね。

iPhone や iPad でも映像を見られるようになればこっちの方が良さそうだし。

米国では行われている iTS の映画のレンタルや販売が日本ではまだ行われないのはまだ我慢できるとしても、さらに B-CAS とかの問題で日本で販売されても結局、あまり使い道がないってことになる可能性が大きそうというのが残念なところ。

本当にこの辺もどうにかならないんでしょうかね?グローバルスタンダードで行きましょうよ。

iPad が早くも販売 200万台突破

マイコミジャーナル「米Apple、iPad発売後60日以内で200万台販売と発表」の記事から。

早いね、どうも。

米Appleは、iPadの販売台数が4月3日の米国発売から60日以内で200万台を超えたと発表した。Appleは、5月28日に日本、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国でもiPadの販売を開始。7月には9カ国、その後年末にかけてさらにその他の国でも販売される。

via:米Apple、iPad発売後60日以内で200万台販売と発表 | パソコン | マイコミジャーナル

とりあえず今年中にはどれくらい行くんでしょうかね?5〜600万台くらい?

なかなか集中して長い時間は触っていられませんけど、画面のキレイさバッテリーの持ち、きびきびとした反応と満足感が高いですね。

iPhone が 100万台に達するのに 74日かかったということですから、倍以上のペースで売れ続けていますね。

今月?次期 iPhone の発売が始まったらどうなりますかねぇ。