タグ別アーカイブ: Apple TV

[CS] Apple TV が収納できる B&O のテレビ「BeoPlay V1」

Phile-web「B&O、iPad用スピーカー「BeoPlay A3」とAirPlay対応スピーカー「BeoPlay A8」を発売」の記事から。

BeoPlay A8 欲しいなぁ〜。それはともかく…

同時に発表されたテレビ、「BeoPlay V1」が気になります。

赤外線リモコン「Beo4リモコン」で、BDプレーヤーやSTB、NASやApple TVなどの操作を行うことができる。また、背面には「Apple TV」を収納するためのスペースも設けているとのこと。

via:B&O、iPad用スピーカー「BeoPlay A3」とAirPlay対応スピーカー「BeoPlay A8」を発売 – Phile-web

Apple TV を収納できるスペースっていうのがどんな風になっているのか特に気になるな〜

Apple TV を設置。Apple Remote に閉口し、Remote App に感動する

購入してからちょっと放置してあった「iconApple TV」を先日ようやく設置しました。

我が家のダイニングキッチンにある 20インチの液晶 TV は、家族用の iconMac mini(Early2009) を HDMI 経由で接続しディスプレイ代わりに使っているのですが、運良く HDMI 端子が 2系統あったので、残りの一つに接続。しかし小さいって言うのはある意味、正義ですなw どこでも置ける。

Apple TV

接続自体は簡単でしたが、我が家の無線 LAN は MAC アドレスで制限がかけてあるので、Apple TV の MAC アドレスが分からなくて時間がかかりました。いきなり無線 LAN の設定画面から始まるのは良し悪しですかね。しかし有線 LAN が 10/100BASE-T だけの対応というのは知らなくて驚きました。何か Apple らしくないような…

さて、無線 LAN のネットワークなどの入力を付属の Apple Remote で行うわけですが、これがお世辞にも使いやすいとは言えない。もちろん、格好いいんですけどねぇ。

Apple TV の操作については DRIFT DIARY XIII さんの「新型AppleTVの汎用リモコン学習機能が神な件 」のエントリーなどで、汎用のリモコンを使う方法が使い勝手が良いようですが、あいにくと使えそうなリモコンが手元にないので、まずは「Remoteicon」を試すことに。ほとんど使う機会がなかったアプリがようやく日の目を見そうです。

アップデート後に一通り、自分の音楽のライブラリから再生させてみたり、iTS で映画のプレビューを見たり、YouTube の動画を再生させてみたりしましたが、いやぁ素晴らしいっすねぇ。

そして Remote App の操作性もまた素晴らしい。特に YouTube や iTS で動画や映画を検索しようとしたところ、画面で検索を選ぶと手元の iPhone の Remote App が入力モードにシームレスに変わるところなんかは流石に Apple という気がしました。

Remote App コントロール Remote App キーボード

ということで、購入したままの DVD がわんさかとあるので、ライブラリを充実させるための作業に勤しんでいる今日この頃です (^^;;

「Apple TV」購入

「そのうちに買おう」と思っていた「iconApple TV」ですが、ヨドバシカメラに在庫が復活してたので、購入してきました。

Apple TV

実物を見たのは初めてではないですが、やはり「小っちゃいなぁ〜」と呟いてしまいますw

すでに様々なところで色んな形で記事になったりエントリーになったりしているので、今さら自分が新しいことを言えることもないんですが… (^^;;

とりあえずは、iTunes のムービーの数を増やすことに注力したいと思っておりますw

iTS の映画配信とアクトビラとひかりTV と

ITmedia「「Apple TV」、日本の茶の間にもたらすインパクト」の記事から。

iconApple TV の機能のことは置いといて、気になったのは他の VOD のサービス価格の比較

各VODサービスにおけるハイビジョン番組のめやす

自分はこれまでまったく VOD については興味がなかったので、サービスを比べたり価格を調べたことがなかったんです。iTS で映画の配信が始まった時に「レンタル価格が高い」って話をよく見かけた印象があるのですが、旧作のレンタル価格なんてアクトビラやひかりTV の半額以下じゃないですかぁ。

まぁもちろん価格だけじゃなくてラインナップや実際の使い勝手など総合的に判断する必要があると思うんですけど、iTS に対して他サービスが今後、どう動くのかますます興味がわいてきました。

iPad でもテレビが見られるようになる?

WIRED VISION「iPadでTVをライブで見れる『EyeTV HD』」の記事を読んで、「お〜 iPad でテレビが見られるのはいいなぁ〜」と思ったのは内緒だw

EyeTV HD

しかし、iPad は「Air Displayicon」なんてアプリも出てきて、複数枚、欲しくなってしまうデバイスですね。困ったもんだww

さて、それはともかく「EyeTV HD」が気になりつつ、思い出したのは「Apple TV が生まれ変わって 99ドルに?」のエントリーでも書いた次期 Apple TV。

これがどういう仕様になるのかがとっても気になりますよね。

iPhone や iPad でも映像を見られるようになればこっちの方が良さそうだし。

米国では行われている iTS の映画のレンタルや販売が日本ではまだ行われないのはまだ我慢できるとしても、さらに B-CAS とかの問題で日本で販売されても結局、あまり使い道がないってことになる可能性が大きそうというのが残念なところ。

本当にこの辺もどうにかならないんでしょうかね?グローバルスタンダードで行きましょうよ。

Apple TV が生まれ変わって 99ドルに?

Engadget「The next Apple TV revealed: cloud storage and iPhone OS on tap… and a $99 price tag」のエントリーから。

Apple TV

日本では?もう一つな感じな「iconApple TV」。あまり噂話も聞こえてこないのでどうなるのかなと思っていましたが…

ここへ来て、iPhoneOS4 と A4 チップ に 16GB メモリと構成をガラッと変えて登場するという話が出てまいりました。しかも価格は 99ドル。

日本では映画のレンタルなどの仕組みが使えないこともあって、Apple TV の魅力はかなりスポイルされている面が否めないと思いますが、この価格なら購入してもいいなという気がしてきますw

後はさらなる機能はどんな感じになるかは気になるところ。

もっとも単なる噂話なので、本当かどうかも分かりませんし、AppleTV に変わる何かなのかもしれませんが、またまた楽しみが一つ増えました。