タグ別アーカイブ: D/D コンバーター

[CS] X-DDCplus

DigiFi No.15 の付録の DD コンバーター を使っていますが、やはり音源に 24bit/192kHz のモノがある以上、それに対応した製品が欲しいとなるのが人情。

DigiFi No.15 の発売前から、物色はしつつも、PC オーディオはあくまでサブ環境なんで、あまりお金をかけるのも本末転倒だなと感じながらでしたが、中古ですが程度の良さそうなモノがあったので、X-DDCplus の Black をゲットしました。

X-DDCplus

Mac ではドライバが不要なのが嬉しいところ。また、バスパワー駆動なのだけど、DC9 〜 12V/1A の AC アダプターにも対応しているところがポイント。外部電源で動作させれば、音質の向上も見込めるかなというところです。これはその内、試してみたいと思います。

DigiFi の付録の DD コンバーターと入れ替えて聴いてみます。環境は以下のような感じ。

  • パソコン:Mac mini(Early 2009)
  • プレーヤー:Audirvana Plus
  • DAC:SOULNOTE sd1.0B
  • アンプ:SOULNOTE sa1.0B
  • スピーカー:KEF LS50
  • USB ケーブル:SUPRA(HiVi 2012.11月号付録)
  • 同軸ケーブル;ベルデン 1506A

相性や安定感というものは特に問題なし。音が切れることもなく再生されます。音質はバランスの良い感じで不満もありませんが、DigiFi 付録の DDC との差は好みの問題かなという印象も持ちました。それだけ、付録は良くできているということかなと素人耳ながら思いました。

[CS] X-DDC-Reserve

Zionote から JAVS の USB DDC「X-DDC-Reserve」が 9 月 5 日から発売になるそうで。直販限定販売で、価格は 32800 円(税込)。

X-DDC-Reserve

DigiFi No.15 付録の DDC が思ったよりも良いんで、製品はもう良いんじゃないかという気にはなっているのですが、それでも 192kHz/24bit に対応している製品は気になるもので。

X-DDC、X-DDCplus と続いてきたシリーズの上級モデルという位置づけのようです。USB コントローラーは、XMOS チップセットの新型を搭載。

USB Audio Class 2.0 に対応し、アシンクロナス(非同期)伝送が可能。対応 OS は Windows Vista/7/8 と OS X 10.6 以降。

デジタル入力は USB2.0 端子と、同軸/光を搭載。デジタル出力は同軸、光、AES/EB 端子を装備し、各端子から常時信号が出力される仕様となっているそうです。

入力された USB と SPDIF 信号を出力する際に、内部の高精度マスタークロックとリクロック回路により、出力される信号は高精度にクロックを打ち直された低ジッター信号になるとしていて、DDC としての利用だけでなく、光から光、同軸から同軸への高精度なリクロック回路としても使えるとのこと。搭載クロックは ±1ppm 精度の TCXO (温度補償型水晶発振器)。

リニア定電圧回路を更に強化し、他にも X-DDC-Reserve は誤差 1% の高精度部品とオーディオ用コンデンサーで回路を構成し、内部基板を高品質 24 金メッキ処理されているとのこと。

大型インシュレーターも備えていて、オーディオ機器として好感が持てるようになってますね。

[CS] DigiFi No.15 の付録、DD コンバーターを試す

ひと足早く、DigiFi No.15 が届いたので、さっそく付録の DD コンバーターを試してみました。

DigiFi No.15 DD コンバーター

今回、FS LED [DigiFi No.15 サンプリング周波数/ビットレート表示LED]も一緒に予約、注文していました。DD コンバーター単体で判別できるのは 96kHz のデータだけ。この FS LED を装着することで、サンプリング周波数:44.1kHz / 48kHz / 88.2kHz / 96kHz、ビットレート:16ビット / 24ビットの判別が出来るようになります。

DigiFi No.15 DD コンバーター

使用環境は以下のような感じ。

  • パソコン:Mac mini(Early 2009)
  • プレーヤー:Audirvana Plus
  • DAC:SOULNOTE sd1.0B
  • アンプ:SOULNOTE sa1.0B
  • スピーカー:KEF LS50
  • USB ケーブル:SUPRA(HiVi 2012.11月号付録)
  • 同軸ケーブル:ベルデン 1506A

DD コンバーター導入前の環境は、Mac mini(Early 2009)の光デジタル出力を、DAC に入れていましたので、それとの比較になります。

DD コンバーターを接続すると、Audirvana Plus からは DF15_D/D_CONVERTER と見えます。

DigiFi No.15 DD コンバーター

音質は光デジタルと比較すると、ダイナミックレンジが広がった感じで、高域のキツサが解消され、キレイに伸びている印象です。

あと、音飛びや Mac が不安定になるということもなく、安定しています。

とりあえず DD コンバーターを試してみたいという向きには、音質的にもぴったりな付録になっているんじゃないかと思います。

[CS] DigiFi No.15 の付録のためのケース

DigiFi No.15 の DD コンバーターのケースをどうしたもんかなぁと思ってたんですが、Stereo Sound STORE で取り扱いが始まっていました。

PHAC-150S

DigiFi No.15 アルミシャーシ PHAC-150S と、DigiFi No.15 N2 Factory アルミシャーシ N2-DX の 2 種類。PHAC-150S は 16200 円。N2-DX は 5000 円。それぞれ税込み価格。

N2-DX

DD コンバーターはまぁデジタル機器なので、ケースは重要だと思うので、しっかりしたケースが欲しいところですが、どちらもアルミシャーシです。PHAC-150S はアクリルパネルも使われていて、基板が見えるように工夫されています。

まぁ実質、3000 円程の機器のケースにこれだけの費用がかけられるかというと、評価は分かれるところでしょうが、同じものを自作しようとすると、難しいですからねぇ。

また、3 号連続の付録に対応した、DigiFi No.15/16/17 アルミシャーシ PHAC-1517Limited も用意されています。こちらは共同購入方式になっていて、注文数が 10 台になったら生産開始だそうで、このエントリーを書いている時点ではあと 6 台となっています。価格は、46800 円です。

No.15 と No.16 の付録基板を専用ジョイントで一体化したものと、No.17 の付録 2 枚分のデジタルパワーアンプ基板の計 4 枚を収められるようになっていますが、この価格までいくと、ちょっとした機器が購入できそうで悩ましいですね。

[CS] D/D コンバーターいろいろ

DDC はとりあえず DigiFi No.15 の付録でまずはとっかかりにしようと決めてるんですが、ダメですね。どんな製品があるんだろうかと、ひたすら調べる自分がいます。

何か製品を購入するのであれば、192kHz まで対応していて、Mac でドライバレスで使えて安定感も良さそうな XMOS を使ってるのがいいかなと思ってます。で、調べてみたんですが、気になったのは以下のような感じ。

この内、半分が既に生産中止というね。発売から 2 年くらいなんですけどねぇ。後継モデルも出てないし、なんでこんなに製品サイクルが早いんでしょ?

XMOS が使われているっぽいものの、結局、判断がつかなかったんだけど、もう一つ、気になるのが iFI オーディオの「iLink」(画像は公式サイトから拝借)。

iFi-Audio iLink

特徴は 2 つ。

一つ目は、独自超低ジッター回路”JET”(Jitter Elimination Technology)を搭載していること。詳細はよく分からないんですが、市販されている DDC 主流機種の 3 分の 1 以下のジッターを実現しているんだとか。

二つ目は、出力電圧の異なる 2 つの同軸出力端子を持っていること。「出力側の電圧と受け側の電圧が異なると、ジッターが増加するなどの問題が生じるため、受け側のどのような電圧にも対応できるように、2つの出力電圧を供給できる別々の端子を設けている」んだとか。

どちらもこだわりがあって、面白いと思います。

DigiFi No.15 の発売まで、あとひと月。手に入れる前に何か製品を購入してしまいそうで怖いです(笑)。

[CS] DigiFi 付録のオプション

Stereo Sound ONLINE メルマガを眺めていて気がつきました。DigiFi No.15 ? No.17 特別付録用オプションが用意されていることに。

DigiFi No.15 サンプリング周波数/ビットレート表示LED

各付録の接続に使用できるケーブルセットは、3 号続けて購入を検討されている方には便利だと思いますが、個人的にはやはり、DigiFi No.15 の D/D コンバーターで使える FS LED が気になります。

DigiFi No.15 の D/D コンバーター単独で判別できるのは、96KHzのみなんですよね。これちょっと不便だなと思っていたので、各サンプリング周波数とビットレートが判別できるようになるのは、いいですね。

数量限定販売ということなので、気になるオプションがある方は、早めのご予約を。

[CS] DigiFi No.15 の付録。D/D コンバーター

最近、ちょっと USB-DAC が欲しいなと思うようになってきました。

現状は、Mac mini(Early 2009)の光出力を DAC に入れていて、特に困っているわけではないんですけど、ちょっと変化が欲しいんでしょうかね?(^^;;

ただ、もう一台、DAC をということになると、スペース的にも辛いですし(まぁ入れ替えという手はありますね)、金額的にもなかなかお手軽とは言い難い。

それならば、D/D コンバーター(USB-DDC)を導入した方が、DAC も生かせるし良いかといろいろ探してみた中で、思い出したのが DigiFi の付録。

DigiFi No.15 Olasonic D/D コンバーター

8 月下旬に発売になる、DigiFi No.15 の付録には Olasonic 製のハイレゾ対応 D/D コンバーターが付いてくるんですよね。

これの主な仕様は以下のような感じ。

  • 入力音声信号フォーマット:リニア PCM (32、44.1、48、88.2、96kHz)/16、24 bit
  • 入力端子:USB Type B(デジタル)、RCAピン(アナログ)
  • 出力端子:同軸デジタル
  • 電源供給:USB Type Bより入力し、USB Type Aより出力

付録は付録なんで過度な期待はしちゃだめなんでしょうけど、とりあえず試してみるには十分かなと。

DigiFi には No.15 以降も Olasonic 製の付録が付いてきて、No.16 ではハイレゾ D/A コンバーター、No.17 には、デジタルパワーアンプとなっています。

3 号全て集めなくても、それぞれ単独で動作するようになっているのは嬉しいところで、全ての付録を組み合わせると、ハイレゾ対応プリメインアンプとして使えるようになっているのが面白いです。