タグ別アーカイブ: Evernote

[CS] Evernote 2015 年 ウィークリーダイアリー

来年の手帳は、ほぼ日手帳 2015 の本体だけを購入することになりそうとか言ってたんですが、なんとなく買いそびれている内に、「EVERNOTE 2015 年 ウィークリーダイアリー」の存在を知りました。

Evernote とモレスキンのコラボ。Evernote オリジナルデザインのハードカバーになっていて、Evernote プレミアム 3 ヶ月分が同梱。全ての iOS 端末に対応していて、Evernote のドキュメントカメラでページを撮影すると、Evernote 内できれいに整理されるとのこと。

モレスキンのウィークリーダイアリーの仕様がよく分からないながらも、「これ面白いかも?」ってことで、予約して購入してみました。

Evernote 2015 年 ウィークリーダイアリー

左ページは週間スケジュール。土日は平日に比べて半分のスペースになっています。右ページは横罫ノート。裏表紙に拡張ポケットが付いていて、その中に Evernote で使えるスマートステッカーが入ってました。

Evernote 2015 年 ウィークリーダイアリー

残念なところを挙げるとすれば、カレンダーが日本の祝日には対応していないことでしょうか?来年はどんな感じになるか分かりませんが、Evernote と共に活用していきたいと思います。

 

[CS] 思わぬ「docomo x Evernote プレミアムキャンペーン」

Evernote は便利に使っていて、Evern­ote プレミアムにも入っていたんですが、気がつくと、期限が切れていたようで、現在は通常ユーザーになっています。

通常ユーザーになっているのに気がついてから、何度かプレミアムに入り直そうと思いながらも、今の使い方だとプレミアムじゃなくても良いのかなぁというのもあって、登録しないままでありました。

iPad Air 2 にも Evernote をインストールして、ワイヤレスゲートの SIM を使い始めてから、Evernote を起動してみると、なんとプレミアムが利用できるようになったではありませんか。

Evernote プレミアム

ワイヤレスゲートの SIM は NTT ドコモ LTE または 3G 対応端末で使えるデータ通信専用 SIM カードで、アンテナも docomo LTE と表示されるわけですが、どうやら、docomo×Evernoteプレミアムキャンペーンにはまったもよう。

キャンペーンの詳細を読んでみても、MVNO に関しては何も書かれていないので、想定されていることなのかどうか?

iPhone 6 や 新しい iPad で 格安 SIM で運用を始められた方も、少なくないんじゃないかと思います。Evernote を使ったことがない人でもこの機会に、試してみてはいかがでしょうか?無償提供されるのは、1 年間です。

[CS] キーボードランチャ「Alfred」で Evernote をさくさく検索する Workflow

Alfred 2AlfredEvernote を検索する Tips が Alfred tips で公開されていて、これを紹介するエントリーがたくさん公開されてます。

その方法はカスタムサーチに「evernote://search/{query}」を加えるという方法ですが、残念ながら現在の Evernote のバージョンでは、うまく動作しなくなっているようです。

Evernote は起動するんですが、検索したい語句が Evernote に渡せないので、検索結果が表示されません。ボクもここで引っかかって「なんで動作しないんだろう?」と悩んでしまいました。

何かうまい方法はないのかなと探してみたら、Evernote を検索する Workflow が配布されてました。Workflow を使うには Powerpack を購入する必要があります。

その Workflow は「Evernote 7.1」。

Alfred 2

この Workflow に用意されているキーワードは、色々あって主だったものを挙げると、

  • ens:ノートの内容とタイトル、タグを検索
  • ent:ノートのタイトルだけを検索
  • enr:最近作ったノートの一覧を表示
  • typenote:新規ノートを作成

検索語句が含まれる一覧が表示されるのでノートを探しやすくて良いのです。

Evernote には検索するためのショートカットが用意されていて、Mac 版の Evernote だと「?(コマンド) + control + E」で、Evernote が起動して(アクティブになって)検索モードに入ります。

ただこの方法だと、Evernote が起動して安定するまで検索語句を入力することができません。なので、微妙な待たされ時間が出来てしまうんですよね。これが結構、ストレス。

ところが、Alfred 経由で Evernote を検索する場合には、Alfred ウィンドウを呼び出して検索語句を入力したら、少し待っていれば検索結果が表示されるので、ストレスが少ない。というより、ストレスを感じないのです。待ってる間に他のことしてればいいし。

ボクは Evernote の検索ってストレスが多い感じがしてあまり使わなくなっていたんですが、Alfred 経由の検索が快適なので、また楽しく検索できそうです。

Mac OS X のクリーンインストール

メイン環境の Mac mini (Early 2009) の調子がこのところ少し変な挙動を示すことがありまして…

普段はスリープ運用していますが、必要な時に再起動すると時間がかかるなと感じるようになってきたり、アプリの動作が仕様通りに動かない場合があったりという感じです。

Mac mini (Early 2009) は購入時に Leopard がインストールされていたと思うのですが、Snow Leopard へのアップグレードは上書きインストールした記憶があります。

Mac OS X のインストールは楽とは言え、やはりその後の環境設定を考えると面倒だと思ってしまうんですが、もう使わなくなってしまったアプリをインストールしたままになってたりということもあるので、整理も兼ねて重い腰を上げて実行することにしました。もちろん「移行アシスタント」を使わずにです。

で、元の環境に戻しながら思ったのは、数年前に比べて楽になったなぁ〜ということ。

ちょっと Time Machine がうまく動作しないことが続いていたので、CCC でバックアップをとってから始めたのですが、それでも以前だと「ブックマークはどこだったかな〜?」「辞書はどこだったかなぁ〜」といろいろと探す手間があったわけですが、クラウドのサービスを使えるようになってこの辺の手間が格段に減りました。

ブックマークは「Xmarks」に預けてあるので、「Xmarks」をインストールして同期して終わり。日本語入力は「かわせみ」を 3ライセンス使っているので、これもインストールし直して Mobile Me 経由で同期すれば終わり。

最近の書類系の多くは「Evernote」に放り込んであるので、これもインストールして同期して終わり。という具合にそのファイルを探して新しい方の同じ場所にコピーという手間がほとんど不要になりました。いやぁいい時代になったものです。

パッケージソフトも使ってる割合も減ってきていて、そこはまだインストールしていないのですが (^^;; オンラインウェアを各サイトにアクセスしてダウンロードしてインストールし直しました。

それも手間ではありますが、Mac App Store をもっと活用できるようになるとアプリの再インストールも非常に楽になるんだろうなぁ。ということで、改めて Mac App Store の意義というのも感じられることになりました。

まっ円高の昨今、独自サイトで購入可能なアプリについては個別にフィーを支払った方がお得なことが多いと思うので、その辺りが改善されるといいんですけどねぇ…

ケーブルレスになった airpen。

ケータイ Watch「ぺんてる、スマートフォンに記録できるBluetoothワイヤレスペン」の記事から。

う〜ん、もう少し待つべきだったのかしら…

「airpenPocket」は、メモとして書いた筆跡をデジタルで同時に記録できるペン。ペンの軌跡を記録する受信ユニットにBluetooth機能が搭載され、Windows(XP/Vista/7)やMac OS X(Leopard以上)を搭載するパソコンと接続できるほか、3月からAndroid用アプリが提供され、スマートフォンと連携できる。同社では、スマートフォンやタブレット端末へ対応する予定として、Androidアプリはその第1弾としている。このほか、パソコンやスマートフォンで動作する専用アプリは、クラウドサービスの「Evernote」へデータを保存できるようになっている。

via:ぺんてる、スマートフォンに記録できるBluetoothワイヤレスペン – ケータイ Watch

個人的には「デジタルペン「airpenMini EVERNOTE Color Version」を購入」のエントリーで紹介したように、Evernote カラー版の airpenMini を手に入れているわけですが、ケーブルレスになったのはいいよなぁ…

Evernote カラーも継続で発売されるようで、どうせならあの時に出してくれれば良かったのに… みたいな :-p

INTERNET Watch「ぺんてる、手書きメモを無線で転送できるBluetooth対応デジタルペン」の記事によると店頭予想価格は1万7800円ということで、ちとお高め。

Android 向けの無料アプリが最初に出てくるようで、スマートフォンやタブレット端末でも airpenPocket を利用できるようにする予定ということですが、iPhone 向けはどうなるのか分からない段階だと、ケーブルレスに +5000〜7000円ほどが出せるかどうかと言うところでしょうか…

受信機だけのアップグレードサービスとかやってくれないかなw

Evernote の毎月のアップロード容量がアップ

EvernoteEvernote日本語版ブログ「皆様へのクリスマスプレゼント ? 月のアップロード容量を増やしました。そしてお友達をプレミアムに招待できます」のエントリーから

これは嬉しいお知らせ。

そうです。無料会員、プレミアム会員を問わず、全てのユーザーの方の毎月のアップロード容量を増やします。

via:皆様へのクリスマスプレゼント ? 月のアップロード容量を増やしました。そしてお友達をプレミアムに招待できます ? Evernote日本語版ブログ

ということで、無料会員は 40MB から 60MBに。プレミアム会員は 500MB から 1GB に毎月のアップロード容量が増やされました。嬉しいけど、使い切れない… (^^;;

自分はプレミアム会員になってから一度だけ 500MB を使い切ったことがありますが、普段は精々その半分の 250MB 前後のアップロード容量に留まっています。それが 1GB も使えるようになるとは…

一つのノートブックの容量も同様に増やされるといいのですが、これは 50MB 止まり。これがせめて 100MB まで許されれば使い方も大きく変わってくるところなのですが…

またこの制限はローカルノートブックでも同じなので、できればノートブックの容量制限の撤廃、せめてローカルノートブックの容量制限を撤廃して欲しいというのが個人的な要望だったりします。フィル CEO に直接、お伝えさせていただいた内容ではありますが実現してくれないかしら。

しかしそれはともかく、これを機に新しい使い方を模索しなくては。

「Evernote プレミアムアカウントコード」をプレゼントします

デジタルペン「airpenMini EVERNOTE Color Version」を購入」のエントリーにも書いたように「airpenMINI Evernoteカラーバージョン」を購入しました。

この製品には、Evernote のプレミアムアカウントが 3ヶ月分ついています。

Evernote プレミアムメンバーの案内

しかし、自分はすでにプレミアムメンバーですし期限が切れたらまた一年更新するつもりでいますので、このアカウントコードは使うつもりがありませんでした。

ということで、このまま使わないでおくのも何ですので、いつもこのブログをご覧いただいている読者の方に譲渡(プレゼント)したいと思います。

譲渡については、@airpenjp の中の方に確認をさせていただいていますので、問題ないと思います。プレミアム会員になって Evernote の良さを実感していただければユーザーの一人として嬉しいです。おっと一応、断っておきますが自分は Evernote の関係者ではありませんので (^^;;

応募要項は以下のようにさせていただきます。

  • Twitter のアカウントをお持ちの方に限ります。まだ持ってない方は作ってね
  • ハッシュタグ #nijiiro_evernote をつけて「Evernoteのプレミアムアカウントコードちょうだい」と @KAKU_corestudio 宛てにツイートしてください(文句はあくまで例ですw)。ブログの感想などを入れていただけると私が喜びます (^^)
  • 当選者は 1名です(数が少なくてごめんなさい)。Mention でお知らせしてから DM でアカウントコードをお送りします
  • 私のアカウントを必ずしもフォローしていただく必要はありません。が DM をお送りする都合上、当選者の方は一時的にでもフォローをお願いします
  • Evernote の使い方やアカウントコードの使用方法については基本的にサポートはしませんのでその点にご理解いただける方に限ります
  • 応募期間は 2010年12月14日12:00 から 12月19日24:00 とします
  • 抽選にはアタッターを利用させていただく予定です

プレゼント企画はなにぶん初めてなもので不手際があるかもしれませんが、生暖かい目で見ていただけると幸いです。

たくさんの方の応募をお待ちしております。

デジタルペン「airpenMini EVERNOTE Color Version」を購入

airpen MINI」は常に気になる製品であったものの、なかなか決断が出来ないでいましたが、この「Evernoteカラーバージョン」が背中を押してくれました。限定版だしw

しかし外箱には必要システムとして、Windows しかないんですよねぇ… 不安になりますがな。ちなみに取説の必要システムのところにも Mac のことには触れられていません。

airpen MINI Evernote カラーバージョン

内容物。ペン本体とメモリユニット。ボタン電池が2つ。芯と充電とパソコン接続用の USB ケーブル。良い感じでケースに収められてるんですけど、芯のスペースこんなに要らないしw USB ケーブルもこのケースに収まらんかったものだろうか?そうすればすっきりするのにな〜

irpen MINI Evernote カラーバージョン

付属の CD は「airpen NOTE for Mini」。対応 OS として「Mac OS X Leopard / SnowLeopard」の文字が。これで安心 (^^;; これを外箱やサイトにも書いて欲しいな。サイトには「Mac OS X Leopard 以上」と書いてある。

airpen MINI Evernote カラーバージョン

そういうわけで、ダウンロードした「airpenNOTE for Mac」をインストール。再起動が必要なのが玉にきず。メモリユニットの充電しつつしばらく放置。まぁメモリユニットを Mac につなげたままでも使えるんですけど、ここは敢えて我慢。フル充電の目安は 3.5時間とのこと。

充電も完了したので、こんな感じで書いてみました。

airpen MINI Evernote カラーバージョン

ペンの書き味なんかは個人的にはまったく違和感がなかったです。もっとペン先を押す感じで書いたりする必要があるのかと思っていたのですが、普通のボールペンで書く場合と感覚は変わらないです。自分は筆圧は強めだと思うので、その辺は考慮する必要があるのかもしれません。ということで、読み込んだものとの比較はこんな感じ。

airpen MINI での試し書き airpen MINI で取り込んだ結果

100% 全く同じと言うわけにはいきませんが、いい感じじゃないでしょうか?落書きの部分とか筆跡が速くなるところは追いつけない感じでしょうか?ただ個人的には十分満足です。やっぱり最初から airpen MINI 買っときゃ良かったと思いつつ、Evernote カラーバージョンが出るまで待てたのでよしとしましょうw やっぱり必要なモノは必要なタイミングでやってくるのだ。

で、こうして取り込んだメモは「airpenNOTE for Mac エディター」のツールバー上の Evernote のアイコンをクリックしてやれば Evernote のノートとして取り込まれます。

airpenNOTE for Mac エディター

さて全然、関係ないんですけど、内容物が収められていた箱にこんなロゴ。

airpen のロゴ

「Your dream-come-true」ときましたか。う〜ん、確かに夢のペンが実現したのかも?

全く考えのまとまっていないことに関して、アイディア出しをする時にはやっぱり紙とペンでキーワードなんかを書きまくることが多いんですけど、これですぐにデジタル化して Evernote に入れ込んでおくということがすごく簡単になって嬉しいですよ。これは自分にとって手放せない道具となりそうです。