タグ別アーカイブ: iPhone 4S

[CS] iPhone 4s と初代 iPad を手放す

iPhone 4s と初代 iPad Wi-Fi 16GB を売ってきました。

iPhone 4s は子供用の iPod touch という用途が、いろいろな事情でなくなったので、使い道が無くなってしまいました。手元に置いておきたい気持ちもありましたが、モノも減らしたいですし、売りに出すことに。

初代 iPad の方は、家族用ということで使ってきたのですが、家族から「遅い」という不満が… まぁ iOS のバージョンも 5 で止まっていて、最近使いたいと思ったアプリもインストールできないし、潮時かと。

来月には新しい iPad が発表になるという噂も出てきましたし、初代 iPad は iPad Air 2(仮) とでも入れ替えようかなということで、iPhone 4s と iPad を手放してその資金の一部にしようかと思います。

まぁしかし、iPad は個人専用の用途で、iPad mini Retina 2(仮)が欲しいなと思うようになって、SIM フリーがいいかなぁとかいろいろ考えていたのですが、初代 iPad に対して家族から不満が高まっているのを受けて、方向性が変わってしまいました (^^;; 両方購入できれば一番なんですけど、なかなか許されませんねぇ…(苦笑)

家族用ということもありますが、iPad のサイズだと持ち運ぶことは少ないと思うので、次の iPad も Wi-Fi モデルでいいかなぁ?容量は今、16GB でも余裕な感じではあるんですが、128GB までは必要ないと思うので、32GB か 64GB かな。

買い取りをお願いしたのは、じゃんぱら日本橋3号店。

買い取り価格は、iPhone 4s が上限、15000 円のところ、12000 円。初代 iPad が上限、5500 円のところ、3500 円でした。計 15500 円なり。

iPhone 4s の方はフレームの傷と液晶の色むらで減額。iPad の方は、背面などの傷と USB ケーブルの欠品で減額ということでありました。まぁ予想の範囲内だったかな。

あとはこれで噂通り、新 iPad が出てくれるのを祈るばかり。

[CS] 続・iPhone 4S がずっと圏外に…

ずっと圏外になってしまった iPhone 4S を持って、心斎橋のアップルストアのジーニアスバーに行ってきました。

久しぶりの心斎橋のアップルストアでしたが、1階は iPad 一色という感じ。アクセサリ売り場もなくなってしまったんですね。

2階のジーニアスバーも大盛況のようで、トラブル多いんだなぁ〜と改めて感じたり。

で、自分の iPhone 4S ですが、個体の確認をされまして(水没のチェックとか)すぐに交換となりました。交換されたきょう体は新品ではなく整備品らしいのが残念というかなんというか…

帰宅後、バックアップから復元しようとしたらアラートが出てできないので、おかしいなと思ったら、交換後の iPhone 4S の OS のバージョンは 5.0.1 だったというオチ。最新にしておいてくれればいいのにね。

ということで、無事に iPhone 4S 復活となりました。

[CS] iPhone 4S の「S」はなんの「S」?

iPhone 4Sの「S」はSiriの「S」――ティム・クック氏が明かす」の記事から。

やっぱり「Steve」じゃなかったんですねぇ。

Siri

iPhone 4Sの「S」はSiri12 件の「S」――。D10のQ&Aセッションで、Apple CEOのティム・クック氏がApple製品のネーミングに関する質問に回答した。これによれば、iPhone12 件 4Sの「S」は重要な機能である「Siri」にちなんだものだと認めたそうだ。iPhone 3GSの「S」は「Speed」の「S」だという。

via:海外モバイルニュースピックアップ:iPhone 4Sの「S」はSiriの「S」――ティム・クック氏が明かす – ITmedia プロフェッショナル モバイル

「iPhone 3GS」の「S」は「Speed」の「S」だということは、2009年にフィル・シラーによって明らかにされていましたよね。あれ?Siri ってまだベータ版なんですね。

[CS] iPhone でよりいい音で聴くための設定

iPad iPhone Wire「iPhoneの音楽をよりいい音で聴くには?」の記事から。

原音再生が理想かと言われると、賛否の別れる所じゃないかなぁというのは、自分だけでしょうか。

オーディオ専用ではなく、カジュアルに使うことがiPhoneのオーディオ再生機能の姿だが、クセのない再生能力を持つとの声も多い。実際、iPhone 4から4Sにモデルチェンジした際には、オーディオコーデックチップをCirrus Logic CLI1495から上位のCLI1495B0に変更したため、音質も改善されている。Apple Losslessでエンコードされた曲などの良質なソースと、正しいセッティングが施されていれば、それなりの音を楽しめるのだ。

via:iPhoneの音楽をよりいい音で聴くには? | iPhone | iPad iPhone Wire

iPhone 4S は音質が向上してたんですね。知らなかった… (^^;;

そのセッティングだが、原音再生を基本方針とすれば、音を変える機能をすべて無効化することが妥当といえる。具体的には、『設定』→「ミュージック」にあるサウンドライブラリ全体の音の大きさを均一にする「音量自動調節機能」、高音や低音を調整して音にメリハリを出す「イコライザ」、再生音に上限を設ける「音量制限」のスイッチすべてをオフにするのだ。

via:iPhoneの音楽をよりいい音で聴くには? | iPhone | iPad iPhone Wire

自分は「音量自動調節機能」以外はオフにしてましたが、これもオフにしてみました。どれくらい変わるかな?

Jawbone ICON と Siri

Trinity Weblog の「JAMBOXとSiriが拡げる、新しいライフスタイル」のエントリーを読んで、自分が持っている Jawbone ICON でも出来るといいのになぁ〜って思いましたら、「Jawbone ERAとSiriで未来を体験」のエントリーで【JAWBONE】骨伝導Bluetoothヘッドセット [ICON]でも同じことができます。とあるじゃないですか。

これは試さないとと思いつつ、なかなか試せずにいたんですが、やっと試すことが出来ました。

しばらく MyTALK を使ってなかったもので、アップデートから。アップデート後、「Voice Control」をインストール。これで準備 OK。

iPhone 4S と Jawbone ICON

ICON のボタンを長押すとすぐに Siri が起動してくれたので、「ハピネスを再生」と話しかけてみると、うまいこと再生してくれました。

Jawbone のヘッドセットは骨伝導ですから、周りが少々うるさくても影響が少なそうなのが利点ですよね。もっとも、街中だとちょっと恥ずかしい思いをしそうですが、車の中ならとっても便利に使えそう。

Siri って凄いな〜

新しい iPad やら Apple TV が発表になりましたが、個人的には iOS 5.1。ついに Siri が日本語に対応しました。

Siri

自分の英語は全然、通じなかったので悲しくw 使えない機能でしたが、日本語に対応したことで色々と試してみました。

「○○に電話」でしっかり電話をかけられましたし、メッセージも送れたし、iPod で曲を指定して再生することもできました。Siri エライ!凄いじゃんw

まぁ日常的にどれだけ使うかって言うのはあると思うんだけど、iPod の再生なんかは聴きたい曲をいちいち探さなくても、話せば再生してくれるってことでこれは十分使えそう。

アップデートについては Twitter の TL を眺めていると、うまくいかない例も報告されていて、ちょっと不安もありましたが、無事に終了して一安心でした。

2011年購入したモノ その1

今年も残すところ、あと 10日あまりとなりました。早いもんですね。

さて、今年は何買ったかなぁと例によって振り返ってみようかなと思います。まずアップル製品。

今年は Mac も買わなかったし、iPhone 4S だけだっけか?とか思ってたら、「Magic Trackpad」と「Time Capsule」を買ったのでありました。

まぁまだ Lion をメイン環境にしていないこともありますが、Magic Trackpad の真価は発揮されていないのかな?まぁ個人的にはマウスを置き換えるものとして便利に使えています。

Time Capsule の方は、とにかく MBP の Time Machine として活躍中。MBP のバックアップの取り方が悩みのタネだったので、これがとにかく便利この上ない。MBP を家の中のいろんな場所で使っているので、無線で色々、出来るのは良いですねぇ。

iTunes のライブラリを収めている USB HDD を Time Capsule につないで複数の Mac で共用したいと思ってたんですが、どうも MBP からだと不安定でその運用をやめてしまっています。ただ iTunes もアップデートされているし状況が変わってる可能性もあるんで、また試してみようかなと。これがうまく出来るとさらに便利になるんですがねぇ。

さて、最後に iPhone 4S

今年は自分の iPhone の買い替えサイクルの年ではなかったんですが、スティーブ・ジョブズが亡くなったこともあって、「4S = for Steve」などと理由をつけて購入しちゃいましたね (^^;;

毎日、もっとも手元に置いて使っている製品ですが、早さも実感できてますし電波状況が「4」より良くなったのも嬉しい誤算。まぁ来年発売されるであろう「iPhone 5」は見送ると思いますが、十分、戦えるんじゃないかと思います(何と戦う?w)。

Siri とパスワードロック

ITmedia「「Siri」がパスコードロックを無視? 他人の音声に応えてメール操作も」の記事から。

え〜そんなことになってるの?と試してみたら、ロック画面でも Siri が起動できました。

セキュリティ専門家などは、iPhoneが無断で使われるのを防ぐため、使っていない時はパスコードなどのロックをかけることを奨励している。ところがiPhone 4Sは、パスコードロックがかかっていても、他人がボタンを押してSiriに話しかけると操作できてしまうという。

via:「Siri」がパスコードロックを無視? 他人の音声に応えてメール操作も – ITmedia エンタープライズ

さっそく、対策しておきました。

対策としては、設定画面の「一般」から「パスコードロック」を選んでSiriのオプションをオフにすれば、iPhoneにロックがかけられている時はSiriを無効にできるという。

via:「Siri」がパスコードロックを無視? 他人の音声に応えてメール操作も – ITmedia エンタープライズ

Siri パスワードロック

自分は普段からパスワードも「簡単なパスワード」をオフにして 4桁より長いパスワードにしています。まぁ毎回入力するのは面倒ですが、もしもの時のためですから。しかしアップルもなんでこんな仕様にしちゃったんですかねぇ…

iPhone の電波の掴みが良くなった気がする… iPhone 4S のせいなのか?ソフトバンクのせいなのか?はたまた気のせいか?

iPhone の電波状況が一番悪かったりするのは実は自宅だったりというのは、何度かエントリーに書いたことがあったかと思います。

ホームアンテナは設置しています。確かにアンテナの本数は立つんですが、実際に電話や MMS を送ると電話は繋がることなく即、留守電のメッセージが流れたり、MMS は届かないって感じでありました。まぁ半分、諦めているところはあったんですが…

iPhone 4S

iPhone 4S がアンテナ部分に手が入っているのはご存知の通り。で、なんか電波の掴みが良くなった気がするなぁ〜と思っていたので、今日になって試してみました。

これまでの経験上、絶対に電話の受信ができなかった我が家の真ん中の部屋に iPhone 4S を置いて、家の電話で電話をかけてみたところ、ちゃんと受信音が鳴るじゃありませんかっ!

何度か時間をおいて試してみましたが、OK。

相方の使っている普通の携帯では同じ部屋で電話を受けたりできていたので、これは iPhone 4S で改善されたのか?それともソフトバンクの電波状況が良くなった(一応、随分前だけど、電波改善の要望を出したら、一度は計画なしと言われたんだけど、その後、対応しますみたいな連絡がきてた)のか?はたまた気のせいでたまたまだったのか?さて、どれだろうか?w

iPhone 4 から iPhone 4S へ

無事に機種変終了です。

今日もシステムはダウンしていたようで、紙ベースで更新。もっとも、iPhone 4 からの機種変は SIM の入れ替えだけなので、すぐに使える状態になりましたし大きな問題ではなかったよう。

iPhone 4S

ただ、結局、並び始めて iPhone 4S を手にショップを後にするまで、2時間ちょいかかりましたけどね。

毎度毎度、「想定外」と言い訳をされているようですが、いい加減、システムの増強をきっちりやって少しはユーザー満足度を高めることを考えた方が良いと思うんですけどねぇ…

まだ iPhone 4S は復元中で十分、触れていませんがいろいろと楽しみです。