タグ別アーカイブ: Pogoplug

Pogoplug・パソコン用アプリがバージョン 3.0.1 になりました

Pogoplug のパソコン用の「Pogoplugフリーソフトウェア」がアップデートされて、バージョンが 3.0.1 になりました。

Pogoplug Web サイト

このバージョンの大きな変更は、ベータ版で提供されていたパソコンを Pogoplug 化できるようになったことでしょう。

Pogoplug システム環境設定

他にも、アプリがシステム環境設定に変更されたりしていますね。

システム環境設定

Pogoplug システム環境設定

まだ使い始めて時間が経っていないので、分からないことなのですが…

  • ドライブをマウントしていても中のファイルを見ることができない
  • アクティブコピーに頻繁に失敗する

の 2点が改善されていると、使い方も変わってくるんじゃないかというところもあって、期待しています。

iPhone の Pogoplug アプリが格段に使いやすくなった

iPhone の Pogoplug アプリiconが v4.0 になり格段に使い勝手が上がりましたね。っていうか最初からこうして欲しかった :-p

Pogoplug アプリ Pogoplug アプリ

Pogoplug アプリ Pogoplug アプリ

音楽を聴くにも、旧バージョンまではパソコンよろしく目的のアルバムのフォルダを探し出して、その中の音楽ファイルを再生しなければならず、非常にストレスだったんですが、新バージョンで iPod に似た UI になり同じような感覚で使えるようになりましたし、目的の曲、アルバム、アーティスト、ジャンルを探しやすくなりました。

あと、なぜか自宅の無線 LAN 環境では音楽が再生できなかったのですが、それも解消されて嬉しいです。

ということで、Pogoplug ユーザーには必須のアップデートですね。

Pogoplug・HDD を飛ばしてしまったかと焦ったの巻

電車で出かけたので「Pogoplug」を使って、音楽聴こうと iPhone のアプリを使ったんですが、「Pogoplug・3G 回線経由の iPhone で音楽・動画は楽しめる?」のエントリーに書いたのが嘘のように、途切れ途切れでまともに音楽を聴ける状態ではない。

関係ありそうな設定を変更した覚えはなかったんですが、「なんか変えたっけ?」とそのまま Safari を立ち上げて My Pogplug のページにアクセス。設定をいじったり戻したりしつつ最終的に変更するボタンをタップしたら、何やらエラーが表示されちゃいました。

記憶が既に曖昧なんですが数字が表示されたんですよねぇ。で、まぁ Safari を一旦終了しまして、再度アクセスすると、HDD の中身は表示されず、おまけに HDD の名前が初期状態に… ひえぇぇ… orz

こうなると出先では何もできることはないので、とりあえず「やっちまったな…」と覚悟だけはしておきましたw

帰宅して確認すると、Pogoplug の正面のランプはオレンジ色に点灯(通常、グリーン)。

ということで、Pogplug の電源を入れ直し、HDD も一旦、外したりしたんですが、My Pogplug のページではチェックしろと表示されるものですから、Mac につなぎ直してディスクユーティリティでチェック。結果は問題なしということで一安心しました。

まぁ余計なことをするなっていう教訓でしょうかね? (^^;;

このエントリーを書きつつ思い出したのだけど、音楽が途切れ途切れになった原因は動画のトランスコードの作業をやらせてるのが悪かったのかなぁ…

Pogoplug・アクティブコピーは Mac – Pogoplug 間の HDD で可能で便利

どこのブログだったかなぁ〜

ブラブラと巡っておりましたら、「Pogoplug のアクティブコピーは Pogoplug に接続した HDD 同士じゃないとできない」と誤解されているようなエントリーを読んだので、エントリーしておきます。辺境のブログとはいえ、一エントリーにコメントするよりは人の目に触れるかな?と思いましたので。

ということで、アクティブコピーの機能は Pogoplug に接続された HDD と Mac に接続された HDD 間でちゃんと動いてくれてます。

Pogoplug の Active Copy の設定

Pogoplug のアプリの方で設定するんですが、Active Copy の項目で「Set up Active Copy on a new folder」をクリックして設定していけば簡単にできます。

ちなみに自分は画像のように Mac 上の /Volumes/iTunes HDD という HDD を丸ごと、Pogoplug に接続した iTunes BK という HDD にコピーしています。

常に監視しているのかよく分かっていませんが、自分が確認した限りでは iTunes HDD に変更が加わった後、割と短時間のうちに iTunes BK の方に反映されていました。

ということで、とっても便利な機能だと思います。使わない手はないっすよ。

Pogoplug・CCC でコピーした HDD とオリジナルの HDD は同時に使えない?

Pogoplug」に iTunes のライブラリーが入っている HDD をつなぐに当たって、バックアップも兼ねてオリジナルとバックアップを同時につないでおこうと考えたんです。

で、Pogoplug の機能であるところの Active Copy を使うより Carbon Copy Cloner を使った方が早かろうと思ったんで、CCC でコピーしました。

ところがですね、この 2つの HDD を Pogoplug につないでみると、何度やっても片方のディスクしか認識されないんです。ブラウザで確認しても 1台しか出てきません。

USB ポートを変えてみたり何度か試したんですが、どうしてもダメ。

ちなみに使った HDD は全く Lacie の製品で中身の HDD も同じ品番のモノが入っているようでした。

結局、諦めてまた Active Copy を使ってコピーし直したんですが、この方法だと 2つの HDD を無事に認識し同時に マウントすることができました。

詳しい解析をする術を持たないので、これ以上、突っ込んだことは分からなかったんですが、Pogoplug の何か仕様なんでしょうか。CCC に必要な時間に対して Active Copy では 3倍近い時間がかかるので、ここは何とかして欲しいところなんですか… あまりニーズはないかな?(^^;;

Pogoplug + USB HDD で iTunes Media フォルダとして使ってみる

我が家の Mac は Mac mini 3台と MBP が 1台稼働しているので、iTunes のデータを共有したいという欲求がありました。

通常は iTunes の設定でライブラリ全体を共有してしまえば、問題ないのですが仕様が変わってなければこの方法だと曲の再生回数のカウントをしてくれないんですよね。

ということで、iTunes のライブラリは外付け HDD に入れてサーバ役の Mac mini に接続。それを他の Mac からネットワーク越しに共有して各 Mac のデスクトップにマウントして それを各 Mac の iTunes の設定から「"iTunes Media" フォルダの場所」でそのボリュームを指定してやれば、問題なく各 Mac の iTunes から使えるようになります。

もっとも同時に複数の iTunes を動作させたことはないので、その場合はどうなるかは謎です(怖くてやりたくないですけどw)。

それを「Pogoplug」を使ってやってみようというわけです。そうることで、外出先からも iPhone で全てのデータが使用可能になりますからね。

iPod でしか試していませんが同期も出来ましたし、結論としては使えることは使えるのですが、自分の環境では以下のような問題が生じました。

  • いくつかのデータからアートワークのデータが欠落する。問題ないデータの方が多い
  • いくつかのデータのパスが切れてデータの場所を指定し直してやる必要がある。問題ないデータもある

どちらも面倒ですが、指定し直してあげれば良いので決定的な不具合にはなりませんが、面倒です。

決定的な不具合というと、

  • iTunes ライブラリに書き込みが出来なくなる

という、問題が発生しました。ウチのネットワーク環境の問題かもしれないですし、原因はよく分からないのですが、アートワークなどを修正している最中に発生して、一度、iTunes を終了し、再起動させてみると修正した内容が反映されていないデータがありました。

iTunes ライブラリに記録されているデータの詳細は承知していませんが、曲のデータを修正したり、追加したり、また再生回数も記録されない可能性が出てくると思います。

ということで、このまま使い続けるのはちょっと怖いと思ったので、元の環境に戻してしまいました。

iTunes のデータに限らず、データを読み書きをしばらくしていると HDD そのものにアクセスできなくなることが、自分の環境では発生することがあるんで、この問題は何とか解消したいところです。

Pogoplug・3G 回線経由の iPhone で音楽・動画は楽しめる?

先週末だったかな?家族で某ショッピングセンターへ出かけたので、相方と子供1 の買い物を待つ間、子供2 とスタバっておりまして。

そこの店舗は Fon が使えるようになっていたので、「Pogoplug」につないできた HDD の音楽は聴けるかなと試してみたのですが、これが実に快適。

Pogoplug iPhone アプリ Pogoplug iPhone アプリ

Fon だしってことで期待してなかったのですが、再生が始まっても途切れることなく音楽を聴くことができました。これなら iPhone の容量が 1TB になるぜ!って感じ。

お店を後にして「3G 回線ではどうだろう?」ってことで試してみたのですが… 電波状態とか色々あるんでたまたまだったのかもしれませんが、これが全然ダメ。

動画はスタバでは試しませんでしたが、3G 回線経由では読み込みに時間がかかる様子の上に、買い物の間の短時間ということもありましたが、まともに再生することはできませんでした。1秒2秒再生しては止まってしまう。画質は iPhone 4 で観る限り不満はない感じでしたが。

さらにダメだったのが音楽の再生。帰りの車の中で試したんですが、10分くらいかな?待っても再生が一向に始まりません。やっと始まったと思ったらすぐに切れてしまいました。これでは使い物にならないじゃ〜んということで、改善の余地ありだなぁと思っていたんですが…

某巨大掲示板をのぞいておりましたら、日本にはまだサーバーがなかったようでそれが本日、使えるようになったようです。

そんなわけで再度、確認。

まず音楽はスタバで Fon 経由で再生した時と全く遜色ない感じで快適に再生できましたよ。再生待つこともほとんどなく開始されましたし。これで iPhone に音楽データを入れる必要はなくなりそうです。

動画の方も数日前とは全く違う感じ。読み込みの速度が圧倒的に早いですし、再生が始まるまで待たされる時間も圧倒的に短くなりました。

ただ、これらのファイルのある HDD を繋ぎ直したばかりということでまだ Pogoplug の方で動画ファイルは上手く扱えない?感じ(なぜか10秒しか再生できない)なので、このまま HDD をつなげておくことが出来たら、改めて試してみたいとは思っていますが、数日前とは雲泥の差です。

このせいで発売直後に購入して「使えねぇ〜」と、既に手放したり使わなくなってしまったユーザーがいらっしゃったら非常に残念ですね。是非、また試してもらいたいものですし、発売と同時にインフラの整備もちゃんとやってくださいよ〜と一言言いたくもなりますが、ユーザーが増えてもこの速度で使い続けられるのであれば、良い環境が出来るんじゃないかと思います。

Pogoplug の USB デバイスにコピーできないトラブル解決?その後

Pogoplug の USB デバイスにコピーできないトラブル解決?」のエントリーで書いた内容で、もう大丈夫かな?と思ったんですが、なかなか安定せずに困らせてもらっています。

で、ふと思ったんですが、「Pogoplug」ってローカルからアクセスする端末が複数の場合って想定されているのかしら?ということ。

ある Mac からファイルを USB デバイスにコピーした後、別の Mac からそのデバイスを見るとコピーしたファイルはないんですよね。で、メニューバー にある Pogoplug を Reload すると見えるという具合。

これ例えば「Dropbox」だとこんなことは起こらないわけで。

家の中のどの Mac からでもシームレスに常に同じように使えると思っている自分の前提が間違ってんのかな?と思い始めてたりもします(汗)

それはともかく、安定して使えるようにと色々、試してみたのですがウチの環境では次のような感じでいけば大丈夫そうだという感じになってきました。

  • Pogoplug の Ethernet のケーブルを 2台の Mac mini をつないでいるハブに移動
  • USB デバイスの中身が見えなかったりコピーができない場合には、ネットワークを切り替えて(AirMac と Ethernet を明示的、物理的に切り替えてやる)、Reload すると使えるようになる

という具合。

家からは一台のパソコンからしかアクセスしないということならこんな苦労ないんだろうなぁ…

Pogoplug + USB HDD = Time Machine となるか?

Pogoplug 上のディスクPogoplug」を購入したら試したかったことの一つです。

結論から書いちゃうとダメでした。

これをやりたかったのは、MBP の Time Machine 環境を Pogoplug を使って実現できたらいいなというところからだったんですが、通常、MBP には電源ケーブル以外には何もつないでいません。

これまで MBP の Time Machine の環境は、サーバー役の Mac mini に 外付け HDD をつなぎっ放しにしてあり、MBP からその HDD を Time Machine のディスクとして指定していました。

ちなみにネットワーク上の他の Mac につながっている ディスクを Time Machine のディスクとして指定するには、一度、MBP 側でマウントしてやって、Time Machine 環境設定で指定してあげる必要がありますが、一度指定してしまえば、そのディスクがマウントされていなくても Time Machine の時間が来れば自動的にマウントしてバックアップを取り、終了すればアンマウントされて便利です。

そんなわけで同じようにデスクトップにマウントされた Pogoplug に接続した HDD(Ext Hard Disk ってボリューム) を指定しようとしたんですが、環境設定の一覧に出てきません。

Time Machine 環境設定

こうなってはどうにも手も足も出ないと言う感じになってしまったので、諦めました (^^;;

WAN 越しにでも出来るようにしたいと言いませんが、ローカルネットワーク上であれば出来ても良さそうだと思うんですが、通常のローカルネットワーク上のボリュームとはやはり違うんですかねぇ…

Pogoplug の USB デバイスにコピーできないトラブル解決?

Pogoplug で色々やってみようとするその前に…」のエントリーで挙げた、

  • マウントしたディスクのファイルが見ることが出来ない
  • マウントしたディスクにファイルをコピーすることが出来ない

という問題ですが、一応、解決しました。一応というのはデバイスを「Pogoplug」から一度外して再度つなぐと再現したりもう一つ不安定な感じなためです。

結局、サポートに頼って「Pogoplug Support」から昨夜、書き込んだんですが、今朝には返事が返ってきていて驚きました。現地(米国?)は休みだと思っていたので。

で、今日の午前中も少しメールのやり取りをしたんですが、返事が早くて大変好感を持ちました。英語なのが自分には辛いわけですが… (^^;;

解決方法としては「デバイスを my.pogoplug.com から安全にアンマウントして、Mac ならディスクユーティリティーでチェックしてもう一度、Pogplug につないでみて」ということでした。

その時は USB のメモリをお試しで使ってたんですが、特に問題があるようには思えず、Mac からはファイルのコピーなども問題なく出来ていたんですが、アドバイスに従ってその通り実行したら、上手くいくようになったんですよねぇ。何が悪さをしてたんだろう?

ということで、もう一つ心許ない部分があるんですが、とりあえずスタート地点には帰ってきたので、これから色々試してみますよ。