ニンテンドーDS でも「数独」

「数独」。結構、はまっている人多いですか? イギリスでブームが起こったのを皮切りに、現在は世界50か国以上に「SUDOKU」の輪が広がりを見せているそうですね。自分もパズルは好きな方なんで、始めると黙々とやっちゃいます。

Mac 用のソフトだと、「Sudoku Susser」というのもありますね。時々やるんですけども、正月休みの間に新聞についてきた数独の問題を何問か解いていて思ったのは、「やっぱり紙と鉛筆だねぇ」ってこと。やっぱり自分はアナログなんだろうか? (笑)

そんな「数独」が、ニンテンドーDSのソフトとして発売されることになったそうです。GAME Watch「欧米でも人気のパズルがDSに登場 ハドソン、DS「SUDOKU 数独」3月23日発売」によれば、問題数は、300問を収録。問題のレベルは「やさしい」、「ふつう」、「むずかしい」の3段階で、プレイ途中には段位認定問題も用意されているとか。

ニンテンドーDS ならば、タッチペンを使うことで、紙と鉛筆に近い感覚を得られるんじゃないかと思うし、価格も2,940円とお手ごろな感じ。本体を手に入れられたら(っていつになるんだろうか?) 是非、やってみたいと思います。

Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

「ニンテンドーDS でも「数独」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*