「ほぼ日手帳2007」実物チェック

梅田に出たついで(なのか?(笑))、ロフトへ寄って、「ほぼ日手帳2007」の実物チェックに行ってきました。目的は2つ。の感じと、新たについた「ふたつきポケット」の具合を確かめるためであります。

まずは、革の質感。 ガラス加工のものに目をつけていたんですが、実物を見ても、自分的にはこれがかなり良い印象。ガラス加工のカバーの色は、「ブルーブラック」と「ダークブラウン」の2色で、どっちが良いのかかなり迷う。どちらも捨てがたい。「ブルーブラック」はディスプレイで見るより、黒に近い感じがしました。もっと青っぽいと思っていたんだけど。

そして、2007年版で新たに追加になった、「ふたつきポケット」

「え〜なんでこんなところにこんなもん?」というのが正直なところではあったんですが、薬を持ち歩いている自分としては錠剤を入れておく場所ができたと思うとこれはこれで良いのかな?と思っていたんですが…

実物を見る限り、思っていたほど厚みもなく、個人的には気にならない程度かな。ほぼ日手帳のカバーにはポケットがいくつかあるので、どちらにしろ下敷き必須というのが自分の認識なのですが、下敷きをひけば書くのには不自由しないとは思います。何も入れなければだけれども…

ふたつきなので、当然ながら厚みはあり、その分、下側が厚くなります。そして、折角の「ふたつきポケット」なので、中に小銭なり薬を入れればその分、厚みは増し、その形はきれいにならない可能性があるわけで、気になる人は気になってしかたないだろうとは思ったし、下敷きをしいても書きにくくなるかも…

「2008年版ではなくなりそうだなぁ」ということで、革が捨てがたかったですが、悩んだ末、今回は、本体だけを購入することにして、今年のナイロンカバーを使い続けることにしました。

このナイロンカバーなんですが、2月ごろだったかなぁ? 栞が一本、自然に取れまして。「あらら?」と思いつつ、ホチキスで無理やりとめたりして (笑) 使ってたんですが、どうも同じことが多くの人のところで起きているようで、要するに不具合だったらしい。

交換してくれるということをほんの3ヶ月くらい前に知って、問い合わせてみたら丁寧に対応してもらって、交換してもらえたものだから、カバー自体が全く痛んでないという理由もあったりするわけですが。

来年、いい革カバーが出ますように (笑)