「リーガルパッド」を選ぶのだ

このところ、久しぶりに文房具関係にちょっとだけ(ちょっとだけねw)興味を持っていろいろ調べたりしてます。

文房具関係のグッズは、どちらかといえば好きだし、売り場をのぞくのも楽しい。デザイン的にいいなと思ったものは欲しいと思うことも少なくない。

ただ、「このアイテムはこのブランドが一番」というこだわりは基本的にもってない(知識がないとも言う (^^;;)。まぁシャープペンはステッドラーの製図用が好きってくらいだろうか?

で、手帳はこの数年、「ほぼ日手帳」を使っていて仕事の打ち合わせや何かも 1日1ページのところでまかなってきたのだけど、ちょっと考えるところもあってスタイルを変えてみようかなと。

まぁぱっと思いつくのは、普通に A4サイズのノートとかレポート用紙なんですが、ちょっと考えてる方法に合わないなぁと、いろいろ探してて行き着いたのが「リーガルパッド」。

表紙がなく、青の横線、赤の縦線が入った黄色の用紙で、すぐ切り取れるように上の方にミシン目の入ったリーガルパッド。

リーガルパッド

ご存知の通り、米国ではポピュラーで米国出張した時にはお店でもどこでもよく見かけましたが、日本では売ってるのもあまり見たことなかったし使ってる人ももちろん見たことない。そんなこともあって、すっかり忘れていて、iPhone のメモがリーガルパッドを模したものだと今ごろ気がついたりして… (^^;;

メーカーとしては mead(ミード)とかがメジャーなんでしょうか?あと用紙も白だし方眼だし表紙も付いているけど ROHDIA(ロディア)をよく見かける気がする。ROHDIA はポールスミスとのコラボ品もあっておしゃれな感じ。

まぁいずれにしろ、自分が欲しいのは、A5 相当サイズ(所謂ジュニアサイズ?)で、メモ代わり、下書き用で基本的に使い捨ての用途で使おうと考えているのでコストパフォーマンスが悪い。ということで探していると OFFICE DEPO(オフィス・デポ)のレターパッドが安くて質も悪くないみたい。

ただ、近くにも通勤経路にも OFFICE DEPO がない自分には入手にコストがかかるのが難点。で、さらに探して見つけたのがヨドバシの文具売り場で見つけたリーガルパッド。1冊50枚、6冊セットで 336円の 10%還元。ほぼ 1円/1ページならまぁ良いかなと思う。

とりあえず書いてみた感じは悪くないし、ミシン目もちゃんとしてて用紙も破りやすい。まぁこれが最後の方まで変わらなければ良いのですが…

ということで、使う用紙は決まったと。

ただ、表紙もないしこのまま鞄につっこんだりしておくとボロボロになってしまうのは目に見えているので、次は「リーガルパッドホルダー」選びなのだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

「「リーガルパッド」を選ぶのだ」への2件のフィードバック

  1. リーガルパッドは、一年くらい使っていますが、非常に使いやすいですね。
    僕は「文具で楽しい一時」という、All Aboutに連載している人のサイトで、文房具情報を手にいれてるのですが、なかなか参考になりますよ。
    ちなみに僕が使っているホルダーは、伊東屋という文具屋のオリジナルで、使い勝手が抜群です。
    「小脇に抱えて会議に出席」 伊東屋 リーガルパッドホルダー
    http://www.pen-info.jp/legalpadholder.html
    ご参考までに・・・・

  2. コメントありがとうございます。
    伊東屋のホルダーは人気があるようですね。ググっても沢山、出てきますし。
    またサイトのご紹介ありがとうございます。
    参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*