Bento2 で何かを作るまでの道のり -その 2-「Google Map は読み込めるのか?」

Bento 2 アイコンMacFan の「Bento 2 体験モニター」に関する第 2回目のエントリーです。

何か作ってみないことには始まりませんので、まずは子供の電子アルバムを作ってみようかと思います。

イメージとしては単に写真やビデオを取り込んで、日付を入れるだけではありきたりすぎるかと思うので、その場所がどこか分かるように Google Map の情報を一緒に取り込んでおけば、後で見返した時に例えば子供が生まれた病院なんかもすぐに分かって良いかなと思ったので、そんなイメージで。

まず、Google Map をそのまま読み込む方法はあるのかなと、フィールドを見てみたのですが、URL を格納してクリックするとブラウザで表示可能なフィールドはあってもページ自体を読むことはできないようですね。

で、デモを眺めていたのですが、住所からワンクリックで Google Map を表示する機能が紹介されていますが、地図のページそのものを取り込むことはやはり出来ないようです。

そこで、目的地を Google Map で表示させたところをスクリーンショットを撮って、画像として読み込むことにしました。

Bento2 に Google Map を読み込む

読み込んだ画像は、画像設定のスライダーで大きさを調整したり、画像をドラッグすることで位置を調整することが可能です。

これで、自分がイメージしたものができそうです。他にも必要だと思う情報のフィールドを追加して、テンプレート化できるまで持っていきたいと思います。

しかし、取説も読まずに試行錯誤してると何となく使える(ような気がしてくる)のはいかにも Mac らしいソフトだなという感じですね。

関連リンク
Bento2 で何かを作るまでの道のり -その1-

Bento2 Bento2

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「セブンスドラゴン」公式サイトでネバンプレス帝国のムービーを公開

マイコミジャーナル「セガ、『セブンスドラゴン』公式サイトでネバンプレス帝国のムービーを公開」の記事から。

予約は入れたのですが果たしてプレイする時間はあるのか?な DS 用ゲーム「セブンスドラゴン」。

関連情報が新たに公開されたということなのですが… 自分は全然、知らなかったのですが、同ページで 21日に公開された「ちびキャラTALK」というミニゲームが、1日で 13万ページビューを獲得するほどの人気で、出現したちびキャラに話しかけ、信頼を勝ち取ると、ゲーム本編で使えるパスワードが入手可能になるそうなんです。

それを知って、早速、始めてみました (^^;;

そのパスワードをゲーム本編で使用すると「ちょっといいこと」があるそうなんですが、どんなことなんだろうなぁ〜

セブンスドラゴン 特典 特製冊子「ドラゴンクロニクル」+CD「リミテッドサウンドトラック fragment」付き セブンスドラゴン 特典 特製冊子「ドラゴンクロニクル」+CD「リミテッドサウンドトラック fragment」付き

Amazonで詳しく見る by G-Tools

iPhone nano はやっぱりでない?

TechCrunch Japan「[CG]iPhone Nanoもネットブックもバッサリ否定するアップル」の記事から。

ケースまで流出しちゃって、噂の絶えない「iPhone nano」(個人的にはかなり懐疑的です)ですが…

決算発表の場で、否定のコメントが出たようです。

低価格帯の電話機ビジネスに参入するつもりはない。それは我々の本分でもなければ、アップルの今日とも無関係だ。売上げ個数を増やすのが我々の目的ではない。我々の目的は世界で一番いい電話を作ることだ。

まぁ否定しても噂が絶えることもないでしょうし、発売されないということにもならないわけですが…

またネットブックについても、相変わらず慎重な見方のようです。

Mac mini と MacBook White を比較してみる

壊れちゃった PC の代替マシンとして Intel Mac を購入するところまでは心に誓った今日この頃。

あんまりこういうこと考える人はいないかもしれませんが… 価格もスペックも近い「iconMac mini」と「iconMacBook White」を比較する為の表を大雑把に作ってみました。

Mac mini 項目 MacBook White
Intel Core2 Duo/2.0GHz CPU Intel Core2 Duo/2.0GHz
667MHz フロントサイドバス 1066MHz
4MB(共有) 二次キャッシュ 3MB(共有)
1GB DDR2 SDRAM
(Max 3GB)
メモリー 2GB DDR2 SDRAM
(Max 4GB)
Intel GMA950
(64MB DDR2 SDRAM 共有メモリ)
GPU NVIDIA GeForce 9400M
(256MB DDR2 SDRAM 共有メモリ)
120GB HDD 120GB
FireWire400×1
USB2.0×4
Bluetooth2.0+EDR
AirMac Extreme(802.11g)
ポート関係 FireWire400×1
USB2.0×2
Bluetooth2.1+EDR
AirMac Extreme (802.11n)
99800円 価格 114800円

こんなところかな?こうやってあらためてまとめてみるとやはり分かりやすいなぁ〜

さて、価格差は 1.5万円ですが、GPU の性能差やデュアルディスプレイが可能なこと、iSight が使えること、停電時に対応したバッテリーが付いているwと考えたりなんかすると、やはり MacBook White を購入した方が良さそうかな。iconiLife ’09 もバンドルされるみたいだし。

Mac mini にバンドルされる iLife はいつから iLife ’09 に切り替わるんだろう?とは言いつつ、どっちにしろ当分買えそうもないんだけど… orz