iPhone + デジカメ = GPS 対応カメラ

iconiLife ’09」の発売が始まって、特に iPhoto の「人々」機能すげぇ〜という報告をいろんなところで見るにつけ、指をくわえておる今日この頃ですが…

iPhoto のもう一つの新機能、「撮影地」機能

この機能は、GPS対応カメラまたはiPhoneに搭載されたカメラのデータを使って場所ごとに写真を分類し、GPSロケーションタグをわかりやすい場所の名前に変換します

という、新機能。iPhone の写真データはともかく、GPS 付きのデジカメを手に入れることは当分ないなぁ〜と思っていましたが、iPhone を組み合わせることで実現する方法が、THE ROAD AHEAD v.3.0 さん「[iPhone]Everytrailでジオタグを付ける」や若旦那の独り言wp さん「iPhoneでiPhoto用のGeoTagを作る!」のエントリーで紹介されておりました。

必要な iPhone アプリは、

あたりのどれかを使えば良いみたい。自分は最近はなかなか写真を撮りにお散歩も行けないけれど、試してみないといけないな。

Bento2 で何かを作るまでの道のり -その 3-「アルバムテンプレート完成」

Bento 2 アイコンMacFan の「Bento 2 体験モニター」に関する第 3回目のエントリーです。

子供のアルバム作りを進めています。

自分なりのポイントであるところの Google Map を読み込むことについては「Bento2 で何かを作るまでの道のり -その2-「Google Map は読み込めるのか?」」のエントリーでも書いたように、スクリーンショットを撮り、画像として読み込む方法で対応しました。

生まれた病院や花見に連れて行ったところなど、いつなくなっちゃうか分かりませんから(実際、ウチの近所で桜のキレイだった某所はなくなってしまって、どでかいマンションが建つようだ)、地図上に残っているうちに「こんな場所に行ったんだよ。昔はこんなところだったよ」というのが分かるというのは、何年後かに見返した時には意味のあることかなと思います。

レイアウトも決めて、項目を名前を付けながらフィールドを追加していったのですが… 冷静に考えるとアルバムに書き込むことってあんまりないのね… フィールドが少ない、シンプルなテンプレートになってしまいました。まぁいいか (^^;;

Bento 2 アルバムのテンプレート

テンプレートに書き出すのも簡単で、「ファイル」メニューから「書き出す」を選ぶと、「Numbers」「Excel」「テキスト」「テンプレート」の 4種類の形式で書き出すことが可能なので、「テンプレート」を選択して「次へ」をクリックして名前を付けて保存すれば完了です。

データベースのアプリってなんか取っ付きにくい印象がありましたが、Bento は簡単で良いですね。

関連リンク

Bento2 Bento2

Amazonで詳しく見る by G-Tools