iMac と MacBook の値下げを実施?

CNET Japan「Apple、iMacおよびMacBookの値下げを実施か--米報道」の記事から。

AppleInsider が伝えたということで、Appleは今後数カ月以内に、よく売れているiMacとMacBookへ、さらなる低価格モデルを追加する計画であるということです。

これがホントであれば、米国の新学期に向けてということで、9月前に現行モデルの価格を下げるんでしょうかね?

それとも 6月以降に新型モデルの発表があるんでしょうか?う〜ん、こっちはあまり真実味がない気がしますが…

それっぽい可能性としては、iMac の方は教育市場向けに発売しているモデルを一般向けの市場にも導入することが思いつきますよねぇ。MacBook の方はどうなんだろう?MacBook White よりも安いモデルが出るとは思えないけど…

ユーザーとしては発表されたらラッキーってくらいの感じでしょうかね?w

「PocketMoney」と「大辞泉」が半額セール中

ここのところ、iTunes で App Store をながめられないので、見逃してるアプリがいっぱいありそうなんですが… 前から気になっていたアプリが半額になっているようなので、エントリー。

一つ目は、お小遣い帳アプリの「PocketMoneyicon」。「now and then」の raizo さんが猛プッシュされていたので気になっていたんですよねぇ。

通常 1200円でちとお高めということで指をくわえてましたら、先日 115円になっていたので思わずゲット。現在このセールは終っていますが、それでも現在のところ半額の 600円になってます(5月2日9時現在でさらに 230円に値下げされてます)。

なかなか多機能なアプリという感じで、まだ慣れない部分が多いですが、とりあえずは財布の中身の出入金の管理から始めてます。

ゆくゆくは銀行の残高なども含めて、資産管理まで出来るようになったらいいなと思ってますが… さてさて…

iPhone にこういうアプリがあると、すぐに入力が可能なので、あとで入力しようとして忘れたり、レシートがないものも忘れたりすることがないので、非常に便利に使えてます。切符を買ったら、電車待ちの時間や乗ってからその項目を入力したりとかね。

続いては国語辞典の「大辞泉icon」。

国語辞典が欲しいと思いつつなかなか手が出ず。辞書系はやはり価格が高めなのと、iPhone で落とすには容量が気になって…

そこへこの大辞泉が通常 2000円なのが 1000円になっているのを発見。「このタイミングやっ」ということで、取りあえず購入。あっ iPhone ではダウンロードできません。

ちょっと気になった言葉とかを手元の iPhone でパッと調べられるのはやはり便利。辞書はできれば複数持っておきたいと思っているので、他の辞書も安くなると嬉しいんだけど… (^^;;

iPhone ユーザーの大半は他社からの乗り換え

ケータイ Watch「ソフトバンク、4期連続での最高益更新」の記事から。

ソフトバンクの 2008年度連結決算発表の内容がまとめられております。営業利益が 2桁増で 4期連続での最高益の更新となったようです。

iPhone についても少し触れられていて、

「iPhoneの購入者は、大半が他社から乗り換えてきた人。この2〜3カ月で、何倍かに売れ行きが伸びている。8GB版と16GB版をあわせると、今でもベストセラーである。魅力的な端末やサービスが新たに出れば、乗り換える人も増える」とした。

ソフトバンク、4期連続での最高益更新

と、iPhone ユーザーは他社からの乗り換え組が多いとのこと。また、「iPhone for everybody キャンペーン」の影響が大きいことも伺われますね。

しかし、魅力的な端末やサービスは何を差すのか?魅力的な端末は新型としても… サービス?また新たに何か始めてくれたりするのか?

また、

「iPhoneを使うようになって、インターネットに接続する時間が3〜5倍に増えた。だが、PCを使ってインターネットに接続するケースは1/10に減った。そう考えると、光ファイバーは必要なのか、むしろ少し遅れた人が光ファイバーを使っているのではないか。iPhone前は、家に帰ると1〜2時間もパソコンの前に座っていたが、今は日中に仕事が完了し、寝る前に5分未満確認するだけ。すべての携帯電話がiPhone化し、モバイルインターネットマシン化してくることで、光の必要性がなくなってくる。ソフトバンクの社員はみんなそう思っている。光を利用するのは地デジのアンテナが建てられない地域になるだろう」などとした。

ソフトバンク、4期連続での最高益更新

これはどうなんだろう?一般的な人もそのような傾向はあるんだろうけど、家でも iPhone を使うだろうし、その場合は家庭内無線 LAN 接続なわけで…

現行の iPhone は IEEE802.11n に対応してないけれど、いずれ対応するだろうし、そうすれば光にする意味は出てくるように思うけどなぁ。

さて「iPhone for everybody キャンペーン」は今月末までですから、迷っている方は忘れずに。

NewerTechnology「miniStack v2.5」購入

NewerTechnology「miniStack v2.5」10% オフセールをしていた Vintage Computer で日本時間の 24日に注文をして、30日に届きました。もう少しかかるかと思いましたが案外、早かったです。

NewerTechnology の External Hard Drives の情報によると、HDD は 2TB までは取り付け可能のようです。

NewerTechnology「miniStack v2.5」端子USB と FireWire のポートが背面に 2ポート、側面に 1ポートあるので、ハブ代わりにも使えるのも良いところだと思います。

とりあえず自分は、壊れたまま放置してあった初代 iMacG5 の内蔵 HDD を取り外して仮に取り付けました。新しい Mac を購入してデータを移したら、1TB の HDD に入れ替えるつもりでいます。

NewerTechnology「miniStack v2.5」箱

海外からの購入になるので、全て英語表記かと思っていましたが、箱にも日本語表記があり、説明書にも日本語の説明がありました。

NewerTechnology「miniStack v2.5」同梱品

内容物。AC アダプターはそれなりの大きさ。また AC コードは 3極ではなく 2極でした。まぁこの辺は、日本で使うには都合が良かったです。上蓋は外された状態で梱包されていました(右上のロゴが入っている白い板)。

同梱されていた USB ケーブルと FireWire ケーブルは長さはどちらも 40cm ほどです。場合によってはちと短い気もしますが、iconMac mini とスタックさせて使うには都合が良いでしょう。

NewerTechnology「miniStack v2.5」底面

HDD の取り付けは、底面に表れるフィンがついている板に取り付けるようになっています。取り付け自体はとても簡単。若干、底は空間があくようになってもいるので、放熱はあまり心配しなくてもいいかも?まぁ場合によってはもう少し浮かしてやった方がいいかもしれません。

NewerTechnology「miniStack v2.5」HDD の取り付け

HDD を取り付けたところ。温度センサーにつながったファン(HDD の左側の黒い四角いモノ)がありまして、センサーを HDD に止めるようになっています。センサーの取り付けは、仮の HDD なので、本来、同梱されている黄色いカプトンテープではなくて、スコッチテープで仮止めです。

上蓋を人によっては安っぽいと思う人がいるかもしれませんが、個人的には全体としてもなかなか良い質感じゃないかと思います。

本格的に使い出すにはまだ時間がかかりそうなので、静音性などの評価は先になりますが、まずは満足しています。「Mac mini に外付け eSATA HDD を接続する方法」もそのうち試してみたいと考えているので、「miniStack v3」も購入する予定です。