NewerTechnology「miniStack v2.5」購入

NewerTechnology「miniStack v2.5」10% オフセールをしていた Vintage Computer で日本時間の 24日に注文をして、30日に届きました。もう少しかかるかと思いましたが案外、早かったです。

NewerTechnology の External Hard Drives の情報によると、HDD は 2TB までは取り付け可能のようです。

NewerTechnology「miniStack v2.5」端子USB と FireWire のポートが背面に 2ポート、側面に 1ポートあるので、ハブ代わりにも使えるのも良いところだと思います。

とりあえず自分は、壊れたまま放置してあった初代 iMacG5 の内蔵 HDD を取り外して仮に取り付けました。新しい Mac を購入してデータを移したら、1TB の HDD に入れ替えるつもりでいます。

NewerTechnology「miniStack v2.5」箱

海外からの購入になるので、全て英語表記かと思っていましたが、箱にも日本語表記があり、説明書にも日本語の説明がありました。

NewerTechnology「miniStack v2.5」同梱品

内容物。AC アダプターはそれなりの大きさ。また AC コードは 3極ではなく 2極でした。まぁこの辺は、日本で使うには都合が良かったです。上蓋は外された状態で梱包されていました(右上のロゴが入っている白い板)。

同梱されていた USB ケーブルと FireWire ケーブルは長さはどちらも 40cm ほどです。場合によってはちと短い気もしますが、iconMac mini とスタックさせて使うには都合が良いでしょう。

NewerTechnology「miniStack v2.5」底面

HDD の取り付けは、底面に表れるフィンがついている板に取り付けるようになっています。取り付け自体はとても簡単。若干、底は空間があくようになってもいるので、放熱はあまり心配しなくてもいいかも?まぁ場合によってはもう少し浮かしてやった方がいいかもしれません。

NewerTechnology「miniStack v2.5」HDD の取り付け

HDD を取り付けたところ。温度センサーにつながったファン(HDD の左側の黒い四角いモノ)がありまして、センサーを HDD に止めるようになっています。センサーの取り付けは、仮の HDD なので、本来、同梱されている黄色いカプトンテープではなくて、スコッチテープで仮止めです。

上蓋を人によっては安っぽいと思う人がいるかもしれませんが、個人的には全体としてもなかなか良い質感じゃないかと思います。

本格的に使い出すにはまだ時間がかかりそうなので、静音性などの評価は先になりますが、まずは満足しています。「Mac mini に外付け eSATA HDD を接続する方法」もそのうち試してみたいと考えているので、「miniStack v3」も購入する予定です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*