GPS ユニット「GPS-CS3K」のログを RAW データにも埋め込む方法

THE ROAD AHEAD v.3.2 さん「GPS-CS3KのログをMacだけで変換」のエントリーから。

ウチでも「Mac で使える GPS ユニット「GPS-CS3K」」のエントリーで取り上げた GPS ユニット「GPS-CS3Kicon」。

GPS ログを埋め込むのにパソコンを必要とせず単独で出来るという便利なガジェットですが、残念ながら RAW データにはデータが埋め込めないそう。正確にはRAW画像・動画のマッチングは、GPSユニット内ではできません。付属ソフト「GPS Image Tracker」をご使用くださいとのこと。このソフトが Windows 専用。

そこで RAW データに GPS ログを埋め込むのに、パソコンが必要となるのですが、Mac で埋め込む方法が紹介されておりました。以下にその方法を転載させていただきます。

  • GPS-CS3KをUSBケーブルでMacにマウントする。
  • GPSというフォルダの中に.logファイルがあるのでこれをデスクトップにコピーします。
  • log -> gpx変換にはGPSBabel+リンクを新しいウインドウで開くというフリーアプリを使います。
  • ログファイルの一行目の "@Sonygps/ver1.0/wgs-84/gps-cs3.0" の "/gps-cs3.0" を削除します。
  • 保存してGPSBabel+でInput Optionsを「NMEA 0183 sentences」に、Output Optionsを「GPX XML」と設定して変換すれば.gpxファイルになります。 Output Optionsを「Google Earth(Keyhole)Markup Language」と設定して変換すれば.kmlファイルになり、Google Earthで経路の表示が可能になります。

GPS-CS3KのログをMacだけで変換 | THE ROAD AHEAD v.3.2

log -> gpx変換ができる「GPSBabel」はこちらから。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*