「ドコモ版 iPhone」が実現しない 2つの技術的な課題とは

INFOBLOG さん「「ドコモ版iPhone」を困難にしている2つの技術的な課題」のエントリーから。

「ドコモから iPhone が発売されたら買う」とか、「キャリアがソフトバンクだからイヤ」とかいう意見を見かけたものですが、今はどのくらい減ったのでしょうか?あるいは逆に増えてるのでしょうか?

INFOBLOG さんのこのエントリーではドコモから iPhone が発売されるのには技術的な観点から 2つの大きなハードルがあると指摘されています。

第一のハードルは「MMS」、第二のハードルは「FOMAプラスエリア」だそうです。

まず、MMS については、

Appleは今年3月に次期iPhone用OS「iPhone OS 3.0」でMMS(正式名称:マルチメディアメッセージングサービス (Multimedia Messaging Service)。海外で広く使われている携帯メールサービス)をサポートすると発表したんだ。このMMSがクセモノ。なぜならドコモは日本でMMSサービスを提供していないから。似たようなサービスとしてiモードメールを提供しているけど、これはMMSとは異なる別モノなんだ。

「ドコモ版iPhone」を困難にしている2つの技術的な課題 – INFOBLOG

そして FOMAプラスエリアに関しては、

実はiPhoneは800MHz帯に対応していない。利用できるのは2GHz帯のみ。ソフトバンクの3Gサービスはすべて2GHzであるためエリア内であれば問題ないんだが、ドコモだとFOMAプラスエリアに入った途端iPhoneは圏外に。

「ドコモ版iPhone」を困難にしている2つの技術的な課題 – INFOBLOG

なんだそうです。さらに MMS については、

日本の携帯5キャリアでMMSを提供しているのは現状でソフトバンクのみ。他キャリアのメールサービスはほとんど独自仕様である。今思えばソフトバンクがiPhone供給キャリアに選ばれたのも、このことが少なからず影響しているのかも知れない。将来的にMMSをサポートする時に、ソフトバンクならそのまま標準で対応できるがドコモだとそうはいかない。

「ドコモ版iPhone」を困難にしている2つの技術的な課題 – INFOBLOG

とのこと。ただ、MMS への対応についてはそれほど大きな問題ではないということなのですが、最大の障害と指摘されているのが FOMAプラスエリアに関して。

問題はFOMAプラスエリアの方だよね。これをなんとかするには基地局を増やしたり建て替えしないといけないけど、ドコモがiPhone一台のためだけにそこまで設備投資するとは考えられないわ。

「ドコモ版iPhone」を困難にしている2つの技術的な課題 – INFOBLOG

ドコモが iPhone だけのためにそれだけの投資をするかと言われれば…「No」でしょうね。

ドコモからは Blackberry Bold が発売されましたし、こういった理由で INFOBLOG さんはドコモ版 iPhone を諦めて iPhone を契約されたそうです。

さて…「iPhone for everybody キャンペーン」は今月末、5月31日までですよ。

ソフトバンクが 純増数 24ヶ月連続首位

ITmedia 「ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増、ウィルコムは純減——4月契約者数」の記事から。

電気通信事業者協会から 2009年4月の携帯電話・PHS契約者数が発表されたようですが、ソフトバンクモバイルの純増数は 10万5400件で、24カ月連続で首位を獲得したとのこと。

この純増数については、

広報部によると、「iPhone for everybody」キャンペーンが好評で、今回の純増数に大きく貢献したとのこと。

ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増、ウィルコムは純減——4月契約者数 – ITmedia +D モバイル

ということで、iPhone の加入者が大きく伸びているということでしょうかね。

iPhone ユーザーもどれくらいになったんですかねぇ… 50から60万人ってとこでしょうかね?

相変わらず、自分の身の回りには一人もいないのですが… (^^;;

App Store のアプリの審査品質はどうなってんだろう?

TechCrunch Japan 「AppleはTwitterのメンテナンス日にiPhoneアプリをテストして不良品と烙印」の記事から。

App Store のアプリの審査についてはいろいろ言われてますけど…これはちょっと酷い。ってか笑っちゃいますけど、開発者のご当人にとっては笑い話では済まされなくて呆れるばかりでしょうねぇ…

Twitter 関連のアプリの審査が行われた日が、Twitter のメンテナンス日でサインインできなかったからという理由で拒絶されちゃったそうですよ。

開発者の人、かわいそすぎる。

どういう人が、何人くらい審査に関わっているかという情報は自分は読んだことがありませんが、開発者の人も Apple から見れば顧客の一人なんだから、もうちょっと対応を考えても良いのではないのかな?

App Store オープンからもうすぐ一年になろうとしてますが、難しそうですねぇ…

米 Amazon が iPhone に最適化した「Kindle Store」オープン

INTERNET Watch「米Amazon、iPhoneに最適化した「Kindle Store」オープン」の記事から。

電子書籍の市場は日本ではうまく立ち上がらず、ソニーもパナソニックも撤退してしまいましたが、海の向こうではアマゾンがうまくやってるようですね。

amazon.com Kindle Store

先日、新型の大画面ディスプレイの Kindle DX も発表されてましたが、iPhone/iPod touch の Safari に最適化した「Kindle Store」をオープンしたそうですよ。

すでにAmazonは電子ブックリーダーソフト「Kindle for iPhone」を3月4日にリリースしており、これは「App Store」で最も人気のある電子ブックリーダーアプリケーションとなっている。今回公開されたのは、この「Kindle for iPhone」に対応した「Kindle Store」だ。28万冊を用意しており、新刊の多くは9.99ドルまたはそれ以下で購入できるとしている

米Amazon、iPhoneに最適化した「Kindle Store」オープン

これ、他国というか日本でも展開する計画ってないのかしらね?できれば青空文庫にも対応してもらって (^^;;