ライブクリエータ社製、 液晶モニタ・液晶テレビ用 VESA 対応天井固定式エコノミーアーム「ARM-41T」を購入

元々、ディスプレイのアームに興味を持ったのは、初代 iMacG5 が VESA 対応になっているということを知ったからでした。

3年くらい前になるでしょうか?iMacG5 を支えられるアームを探しまくりましたが、一応、見つかったことは見つかったのですが、確か海外の製品で価格もものすごく高かったような記憶があります。もちろん、導入は見送り…

しかし当時、「Lifehacker – The Upside Down Mac – Workspaces」で紹介されているような取り付け方は、全く頭に浮かばなかったなぁ… 浮かんでもやらなかったでしょうけど… :-p

さて、今回は iconMac mini を購入する予定ですから、支えるのは液晶ディスプレイのみで OK なのでいろいろ選択肢はあるはず。ちなみに現在使っているのは Mitsubishi の「RDT1714VM」。将来は22インチクラスに変更したいと思っています。

で、自分は Mac 用の机にホームエレクターで組んだウッドシェルフを机代わりにしているので、クランプで固定するものはちょっと不安があったのですが、まず目に留まったのが、サンコーレアモノショップの「クリップモニターアームDX」。

まさにメタルラックを机代わりに使用しているユーザーの為の製品で、ポールに挟んで取り付けることが可能な製品。ただ、アームの長さが 40cm ほどということで、自分の環境にはちと短いということで断念。

で、ここで先程の天吊りになった iMacG5 を思い出すわけです (^^;; ホームエレクターのワイヤーシェルフ(一番上に使っているのです)の耐荷重は 135kg/棚1段。上にモノはいくらか乗っていますが、ここに下側から天吊りアームを使って、液晶ディスプレイをぶら下げても大丈夫だろうという判断です。もちろん取り付け方はちと工夫をしないといけないとは思いますが…

ということで、選択したのがライブクリエータの「ARM-41T」(このページの下側の真ん中の製品)。重さは約 2.0ギガバイトkg。

選んだ理由は、

  • 価格が比較的安かった
  • 高さが無制限に設定できる
  • 耐荷重が最大 9kg と将来大型のディスプレイに変更しても大丈夫そう

というところ。早速、アマゾンでポチっとして届いたのが、まぁでかい箱。「自分はどんなモノを頼んでしまったのか?」とちとビビりました。アマゾンでは箱の大きさを何通りかに絞ってコストを削減しているらしいですが、もうちょっとなんとかならないものか…w

天吊りディスプレイアーム ARM-41T 外箱

んで、中から出てきた箱は、こんな感じ。外箱の段ボールの数分の一です。比較は iPhone。

天吊りディスプレイアーム ARM-41T 中箱

さらにその箱を開けてみると、外箱の二分の一程度の小さな段ボールとクッション材… これだけでいいじゃんとか思うのですが…

天吊りディスプレイアーム ARM-41T

一番小さな段ボールの中に、アームその他の部品。左のその外箱とクッション材。肝心の実物はもっと安っぽいものかと想像していましたが、結構、しっかりとした感じがします。

ということで、取り付け方法をしばし悩みながら、Mac mini 購入に向けて外堀をひたすら埋める自分でありました… (^^;;

取り付けの方は、この週末にでも…

タブレット Mac は 2010年?

ITmedia「AppleがタッチスクリーンのタブレットMacを開発?」の記事から。

こちらの噂話も頻繁に出てくるようになりましたが…

「AppleはiPod touchとMacBookの間を、500〜700ドルの新しいタブレット型PC(Netbookではない)で埋めるだろう」と主任アナリストのジーン・マンスター氏は報告書で述べている。

AppleがタッチスクリーンのタブレットMacを開発? – ITmedia プロフェッショナル モバイル

このような製品は 2010年に投入予定だとか。

自分には iPod touch と MacBook の間を埋める製品の必要性がよく分からない(Mac の Mac mini と Mac Pro の間を埋めるのとは意味合いが違い過ぎるのでは?)のと、こういった製品はどういう層をターゲットにするのかも良く分からないという感じがありまして、もう一つ使われ方とか想定できないんですよねぇ…

MacBook と同じ機能を持つとも思えませんし… これがアップルからのネットブックに対する答えになるというのであれば、合点もいくのですが… 果たしてどうなるでしょうか?

iPhone アプリの価格は下がっている。らしい…

TechCrunch Japan「調査レポート:iPhoneアプリの価格は下がっている」の記事から。

一ヵ月間のデータだけのデータではあるそうですが、Distimoが最近の人気iPhoneアプリ上位100本の価格を比較したところ、明らかに下降していることがわかったそうです。

数字でみると、4月のトップ100アプリの合計価格は$244で、前月の$265から7.9%減少している。平均価格を下げている主な要因は、$0.99アプリが増えたことで、4月末には53本あるが、4月1日には42本しかなかった。

調査レポート:iPhoneアプリの価格は下がっている

実用系アプリとゲームが同じ価格だった場合、やはり長く使うことになるであろう実用系アプリの方に手が出てしまうという気もしますし、値付けというのは本当に難しいんでしょうね。

まぁ購入する側からすると安い方がありがたいには違いないんでしょうけど、開発者の労、アプリの機能に見合った価格で購入したいなという思いもありこれまた難しいところです… (^^;;

ゲーム開発者の 9割は iPhone に興味アリ!?

ASCII.jp「ゲーム開発者の9割は、iPhoneに興味アリ!?」の記事から。

いよいよ、セガも「ソニック・ザ・ヘッジホッグicon」で参入してきましたしねぇ…

CRI・ミドルウェアが、ゲーム開発におけるニーズを把握するため、ゲームデベロッパーを対象に2〜3月にかけて実施した調査結果がまとめられておりました。有効回答数は 102名。

資料によれば、97%のデベロッパーはiPhone/iPod touch自体に興味を持っているが、実際に端末を持っているのは32%に留まっている。CRI・ミドルウェアのウェブサイトで募集して実施したアンケートなので、端末への興味が高いのは納得できるところだろう。また、Mac用ソフトかiPhoeneアプリの開発経験があると答えたのは23%で、全体の34%がすでに開発に着手している(もしくは発売済み)という。

ASCII.jp:ゲーム開発者の9割は、iPhoneに興味アリ!?

興味は持っていても、実際に所有をしているのが 3割程度に留まっているのは、どういうところからきているんでしょうかね?

iPhone OS 3.0 のリリースでさらに弾みがつくのか、その辺が見どころでしょうか?