今度は iPod で録画録音が可能に?

TechCrunch Japan「[CG]iPodの新モデルでは録画・録音が可能になるというウワサ」の記事から。

あらまぁ、こんな噂話まで。

Wiredが入手した情報[参考]によれば、新iPodには録画・録音機能がビルトインされ、Skypeのチャットまで出来るらしい。

via: [CG]iPodの新モデルでは録画・録音が可能になるというウワサ

なんかここまできたら、ホントに iPod は廃止して容量違いの iPod touch でいいじゃないかと思ってしまうけれど…w

さて真実や如何に?

今度の iPod nano はカメラ付きでスクリーンサイズも変更?

TechCrunch Japan 「[CG]中国から送られてきた新iPodケースの画像からわかること」の記事から。

このところ、新 iPod 関連のケースという画像が出回っていますが…

新しく変わった点は何かというと、最大のものはiPod Nanoがワイドスクリーンになったこと。縦横比は16:9ではなく、写真で標準の3:2だ。Nanoを横向きに構えれば普通の小型カメラと同じになるところがいい。ただしピンホールレンズではたいした画質は期待できないが・・・

via: [CG]中国から送られてきた新iPodケースの画像からわかること

カメラがつくということばかりが話題になりますが、nano のスクリーンも変更になるらしいんですね。

さて、ケースの画像が流出したところで、必ずしも正しいとは限らないわけですが、今回の真偽の程はいかがでしょうか…

アップルが米国の小売りで高額 PC 市場の 91% を占有

CNET Japan「アップル、米国の小売りで高額PC市場の91%を占有--米6月調査」の記事から。

これは、NPD Groupが発表したPC市場の6月の集計によるものだ。NPDによると、小売で販売された1000ドル以上の全コンピュータの91%がMacであった。

via: アップル、米国の小売りで高額PC市場の91%を占有--米6月調査:ニュース – CNET Japan

1000ドル以上のコンピューターが全体の何割を占めるかは気になりますが、大半を Mac が占めているというのはすごいですね。

米国の小売りでのWindows PCの平均販売価格は515ドルであるのに対し、Mac平均販売価格は1400ドルだ。

via: アップル、米国の小売りで高額PC市場の91%を占有--米6月調査:ニュース – CNET Japan

Mac mini などを除いて、大部分は 1000ドル以上なわけですから、こういう結果も当然といえば当然なんでしょうけど、それにしても倍以上の差があるんだなぁ。

プリアンプ or パッシブアッテネーターを物色なう「SOULNOTE sa1.0」

プリアンプ or パッシブアッテネーターを物色なう」のエントリーに、MacBS さんからコメントで教えていただいた「SOULNOTE」というメーカーの「sa1.0」というプリメインアンプ。

寡聞にして「SOULNOTE」という名は初めて聞いたのですが、元 Marantz のエンジニアだった鈴木氏が 2006年に立ち上げられたのだとか。

そして、アンプといえば数百W、数十W とパワーが売物の一つだったりするわけですが、この sa1.0 はわずかに 10W × 2(8Ω)の出力。

なんでも、パワーを犠牲にする代わりに部品や回路をブラッシュアップして実用音量での高品質を追求したのだそう。なるほど、いくらハイパワーを誇っても実際に自宅で使える領域など知れているし、そのパワーを使いきることがどれだけあるというのか?ということで、その設計思想も気に入ってしまいました。

「おまえが欲しがっていたのはパッシブアッテネーターかプリアンプじゃなかったのか?」と言われそうですが、この sa1.0 、ちゃんとプリアンプ出力が設けられていて、プリアンプとしても使用可能な仕様なのです。

そして同じアンプでスピーカーとヘッドフォンをドライブするということで、良質なヘッドフォンアンプとしても使えそうです。入力は XLR×1、RCA×3 と希望以上。

個人的に唯一の不満点は奥行きが約 24cm とコンパクトなのだけど、横幅は 42cm とフルサイズあること。まぁここはしかたないか。

ということで、いろいろと情報をかき集めてみたのですが、購入者の評価はなかなか良いよう。しかし試聴できそうなところは非常に限られていて、大阪では日本橋のジョーシン 1番館だけみたい。

ということで、機会を見つけて出かけてこねば。