SOULNOTE「sa1.0」を試聴してきた

注意:特に音質に関する部分については、駄耳の持ち主である自分の独断と偏見と好みによる、ちょー主観的な評価ですので、気になる方は雑誌などの記事やまともなレビュー、ブログのエントリーなどをお探しくださいませ。

SOULENOTE「sa1.0」カタログということで。大阪で SOULNOTE の実機があるのはジョーシン日本橋1ばん館だけということになっているので、出かけてきました。

先日も行ったはずなんだよなぁと思いながら行ってみると、やはり行っていたのだけど、展示してあることに気づかなかった… orz

さて、展示・試聴ができるようになっている「sa1.0」は色はシルバーで脚がスパイクに変更してありました。繋がっている CD プレーヤーは Marantz の「SA-15S1」と DENON のモデル(チェックしてこなかった (^^;;)。どちらも SACD プレーヤー。自分が購入したいと思っている一つは Marantz の「SA-15S2」なので、「SA-15S1」だけで試聴。

まず外見はとくに安っぽい感じもせず相応な感じかな。ど真ん中のロゴはない方がシンプルで良いと思うのだけど… :-p ボリュームはクリック感のあるタイプで、自分の好み。重さは軽過ぎず重過ぎず、調整はしやすいように思いました。

持っていったディスクは SACD のタイトルはカーペンターズの「Singles 1969-1981icon」、ノラ・ジョーンズの「ノラ・ジョーンズicon」、CD のタイトルはボーイズ II メンの「IIicon」、ドリカムの「DO YOU DREAMS COME TRUE?初回盤(2CD)icon」のベスト版「THE SOUL 2」の 4枚。

また「sa1.0」は同じアンプでスピーカー、ヘッドフォンを鳴らすようになっているので、プリアンプ兼ヘッドフォンアンプにと考えている自分は、B&O の A8icon を持参してヘッドフォン出力で試聴をしてきました(スピーカーの音質に左右されるのもイヤだったので)。ボリューム位置を明確に記録してくるのを忘れてしまいましたが、ちょうどよい音量は 9時より下の位置だったと思います。

最初に、ノラ・ジョーンズの「Don’t Know Why」を聴いたのですが、これが拍子抜けするほどに素直な音。全く低域がどうの高域がどうのと言うことがなくストレートに出てくる感じ。

といって、のっぺりした音ということもなく、ヴォーカルの艶っぽさや音場の奥行き感や広がりを感じました。他のディスクにとっかえて、それぞれ1曲から数曲聴いたのですが基本的に同じ印象でした。

自分が「プリアンプ or パッシブアッテネーターを」とパッシブアッテネーターまで選択肢に入れていたのは、できるだけソースに対して色付けをして欲しくないというところもあったんだったんですが、この「sa1.0」は正にその意図にぴったりだと思いました。

試聴後、店員さんともいろいろとお話をさせてもらったのですが、とりあえず「黒が欲しいんですよねぇ」という自分の問いかけに対して「すぐに切れてしまうのでよろしければ予約されませんか?」ということで、財布には往復の交通費と昼飯代くらいしか入れてなかったんですが、そこからほんのわずかな金額を出して取り置きをお願いしてしまいました。多分、おそらく、きっと… 来月中にはなんとかなるはずなのですが… (^^;; まぁもしもの場合は待っていただけるということだったので何とかなるでしょう(ってホントか?)。

その後、SACD プレーヤーの購入も考えているという話をふって「SA-15S2 と…」と言いかけると、「完全に好みなんですが、SA-15S1 と S2 は結構、音が違うので比較されませんか?」と申し出ていただいたので、試聴させてもらうことに。

それについては「Marantz「SA-15S1」と「SA-15S2」を比較試聴してみた」のエントリーにて。

Evernote が PDF ファイルの文字認識検索に対応

INTERNET Watch「「Evernote」がPDFファイルの文字認識検索に対応」の記事から。

日本語はダメだったと思いますが、英語は画像でも検索可能だったんですよねぇ。それが PDF でも文字認識検索ができるようになったのは嬉しい。

米Evernoteは27日、オンラインのノートツール「Evernote」において、スキャン画像など通常ではテキスト検索ができないPDFファイルに対して、テキスト検索を可能にする機能を有料版に追加した。

via: 「Evernote」がPDFファイルの文字認識検索に対応 -INTERNET Watch

まぁ有料版のみというのは残念ですけど (^^;; これで日本語も可能であれば、有料になってもいいなぁ。でもきっとダメなんだろうなぁ… :-p

iPhone 用「マンダラート」がもうすぐリリース

ITmedia「マンダラートがiPhoneに:マンダをラして発想支援――iMandalartで「脳を編集する」」の記事から。

「マンダラート」というものは知ってましたがけれども、うまいこと使いこなしたことがないんですよねぇ (^^;; 企画を考える時とか使いこなせると良いと思うのだけど。

さて、そのマンダラートが iPhone アプリ「iMandalart」として登場するようですよ。

開発はHMDT の木下さんということなので、使い勝手については全く心配入らないだろうなと思われます。

価格とリリース時期は未定。「リリースは近日中」とのことだが、木下さんは「これからアップルの審査」という。今泉さんによると、「恐らくApp Storeでのカテゴリーは『仕事効率化』になるはず」。価格は「検討中。皆さんを失望させない価格帯で」(今泉さん)と述べた。

via: 誠 Biz.ID:マンダラートがiPhoneに:マンダをラして発想支援――iMandalartで「脳を編集する」

ということなので、あまり高いと思われる価格だと何だけど、それなりの価格に落ち着いてもらえれば購入して使ってみたいなと思っておりますです。

Apple が 4大レーベルと「Cocktail」プロジェクトを計画中?

ITmedia「Apple、4大レーベルと「Cocktail」プロジェクトを計画」の記事から。

AppleはEMI、Sony Music、Warner Music、Vivendi傘下のUniversal Music Groupと今日路yくして、「Cocktail」というプロジェクトに取り組んでおり、9月立ち上げを望んでいると、Financial Timesは匿名の情報筋からの情報として報じた。  

このプロジェクトは、音楽ダウンロードと一緒にインタラクティブな機能を提供することを目指しているという。

via: Apple、4大レーベルと「Cocktail」プロジェクトを計画 – ITmedia News

インタラクティブな機能ってなんじゃらほい?って感じですが、どうやらブックレットやスリーブノートなどのコンテンツを音楽ダウンロードの際にバンドルするサービスとのこと。

音楽配信で不満な点の一つは、CD などにはついているブックレットがないことが挙げられると思うのですが、自分が想像しているものであればw それが解消されるサービスは嬉しいですよね。

問題は日本の iTS にも導入されるのかしら?ってことになると思うのですがねぇ…