Marantz「SA-15S1」と「SA-15S2」を比較試聴してみた

注意:特に音質に関する部分については、駄耳の持ち主である自分の独断と偏見と好みによる、ちょー主観的な評価ですので、気になる方は雑誌などの記事やまともなレビュー、ブログのエントリーなどをお探しくださいませ。

ということで「SOULNOTE「sa1.0」を試聴してきた」のエントリーからの続き。

SA-15S1」と「SA-15S2」はそれぞれヘッドフォン端子を持っていて、店頭の配置も上下に並んでいたこともあって比較しやすい。

「ヘッドフォン出力ですがそれぞれの傾向は分かると思いますので…」の一言を残して、一人残されたので好き勝手に持参したディスクをとっかえひっかえ聴き比べ。

まず、この 2モデル、ヘッドフォン出力の音量が結構違う。ヘッドフォン出力のボリューム位置が S1 が 12時に対して S2 は10時くらいで同程度の音量だったか?

S2 のヘッドフォン出力については、

SA-15S1はヘッドホン出力の音質においても高い評価を受けてきました。 SA-15S2はアナログ出力回路との間にバッファーアンプを搭載し、ヘッドホン回路との相互干渉を排除。 バッファーアンプを搭載していても源流であるアナログオーディオ出力の信号そのものが高音質化されることでヘッドホン出力の音質も向上しています。 これに加え、ヘッドホン出力回路自体とその電源回路においても見直しを行い、高音質化を実現しました。 高級ヘッドホンの実力を余すところなく引き出します。

via: Marantz Japan | SA-15S2 高音質ヘッドホン出力

とあるので、S1 と比べるとかなり変わっているようだし、どちらもしっかり作ってありそうですね。

さて聴き比べた印象ですが、S2 の方が S1 に比べて、音の立ち上がりが早く細かなニュアンスの表現や線の太さと言ったら良いのかな?そういった再現性が良いと思いました。

ということで、S1 よりも S2 が自分の好みに合いました。聴き終った後、そのすぐ側にお目当てのもう一つの SACD プレーヤー、Pioneerの「PD-D9MK2」が展示されているのを発見。さっそく、試聴をと思ったら、ありゃヘッドフォン端子がなかったか… あと、気になったのはフロント面の材質。アクリルパネルなのかな?ちょっと安っぽい感じがしましたね。

しばらく経ってから店員さんが戻ってこられたので、「SA-15S2」が好みにあったことと「PD-D9MK2」も気になっていることを伝えると、「PD-D9MK2」についても設計者についての話から音の傾向まで一通り説明してくださって、比較試聴させてくれるということで、試聴室で準備をしてもらえました。

それについては「Marantz「SA-15S2」と Pioneer「PD-D9MK2」を比較試聴してみた」のエントリーにて。

次期 iPhone のプロセッサは 1GHz?

CNET Japan「サムスン、スマートフォン向け最新モバイルプロセッサを発表--次期iPhoneで採用か?」の記事から。

サムスンと Intrinsity 社が共同で開発したモバイルデバイスで使われるような 1GHz の CPU を開発したそうです。

iPhone 3GS は 600MHz ということで、もし次期 iPhone で採用されれば約 1.7倍高速になるってことですね。

Halfhill氏は、電子メールで寄せられた質問に対して、iPhone 3GSで採用されている「S5PC100」プロセッサへと言及しつつ、「サムスンは、ほとんど大きな変更を加えることなく、Hummingbirdを現行のS5PC100の設計に落とすことも可能である。まさにビンゴだ。iPhoneの次期モデルは、最高1.0GHzの高速スピードで動作することになるだろう」と答えている。

via: サムスン、スマートフォン向け最新モバイルプロセッサを発表–次期iPhoneで採用か?:モバイルチャンネル – CNET Japan

とうことで、ハード的にも置き換えるのは簡単なようですね。ただ、次期 iPhone に Apple が自前の CPU を採用する可能性もありますよね?その辺もどうなるのか、気になるところです。自分はおそらく iPhone 3G から機種変することになるんで (^^;;

Tumblr の国内 UU 拡大 Twitter は 35〜49歳が半数

ITmedia「Tumblrの国内UU拡大 Twitterは35〜49歳が半数」の記事から。

ネットレイティングスの調査によると、Tumblrの国内UUが1カ月で1.6倍に。TwitterのUUのうち45%が35〜49歳だった。

via: Tumblrの国内UU拡大 Twitterは35〜49歳が半数 – ITmedia News

ということですが、Twitter のユーザー層って結構、年代が上なのね。若い人は mixi のエコーなんだろうか?どっかで Twitter については「知らない人のつぶやきはどうでも良い」みたいなのを見たことがあったけど、それももっともな気がするけど…

TumblrとTwitterの併用率を見ると、6月にTwitterにアクセスした人のうち、Tumblrにもアクセスしたのは7%、Tumblrにアクセスした人のうち、Twitterにもアクセスした人は12%とそれぞれ少数だ。

via: Tumblrの国内UU拡大 Twitterは35〜49歳が半数 – ITmedia News

まぁこれは当然でしょうね。全然違うサービスだし。

2019年ラグビーW杯は日本で開催

MSN産経ニュース「2019年ラグビーW杯は日本開催」の記事から。

2019年のラグビーW杯の開催地が日本に決まったそうで、まずはめでたい。

世界のトップレベルの真剣勝負の試合が間近に観られるというのはそうそう頻繁にある機会ではありませんからね。とても嬉しいですし、これで少しでもラグビーに関心のある方が増えれば、減少を続けているというラグビー人口を増やすことにもつながるんじゃないかと。

ただ、単純には喜んでもいられない。それは何といってもジャパンの力のなさ。

ラグビーのW杯はサッカーのW杯に比べて歴史は浅いですが、ずっと強豪国が開催地だったと思いますのでサッカーと同様、開催国が決勝リーグに進めなかったことはないと思います。

2002年の日韓サッカーW杯の時も、自分としては正直、無理ではないかと思いましたがベスト 16進出を果たしました。ラグビーも同じように活躍できるでしょうか?

まぁまだ 10年あります。主力になっているのは現在の高校生の選手たちでしょうか?長いようでもあっという間だと思います。長い目で計画を立てて、確実に強化を果たして欲しいなと思います。

あと残念なのは同「国内開催地は流動的 2019年ラグビーW杯」の記事にあるように、ラグビーの聖地とも言うべき秩父宮、花園が開催地から除外されるということ。

10年後、自分はどこで何をやっているのか全く分かりませんが (^^;; 関西だとどこが基準を満たすんだろう?長居は大丈夫なのかな?

2002年の時は全くチケットを取ることはかないませんでしたが、今度は生で観戦したいな。