Marantz「SA-15S2」と Pioneer「PD-D9MK2」を比較試聴してみた

注意:特に音質に関する部分については、駄耳の持ち主である自分の独断と偏見と好みによる、ちょー主観的な評価ですので、気になる方は雑誌などの記事やまともなレビュー、ブログのエントリーなどをお探しくださいませ。

ということで「Marantz「SA-15S1」と「SA-15S2」を比較試聴してみた」のエントリーからの続き。

PD-D9MK2」にはヘッドフォン端子がないので、試聴室のスピーカーを使って比較させてもらうことに。アンプは Marantz の製品で型番は… 忘れた… (^^;; スピーカーは確か KRIPTON の「KX-3P」だったと思う 。その試聴室にあった一番小さなブックシェルフ型にしてもらった。試聴に使ったのはノラ・ジョーンズの「Don’t Know Why」。

まず「PD-D9MK2」で音を出してもらったら、元気な音が出てきた。んだけど… サ行(って英語詞にサ行とかおかしいんだろうけど… (^^;;)がきつい。というか痛い。これはちょっと長時間聴くのは疲れそう。それに音場の奥行き感がちょっと狭い感じかな?

続いて、「SA-15S2」に切り替えてもらう。こちらはヘッドフォンで聴いた傾向と大きく変わることなく、聴きがたい部分もないし、音場感も「PD-D9MK2」より上だと思いました。

そんなわけで、レガートリンクコンバージョンにも興味があった「PD-D9MK2」なんですが、それ以前の問題という感じになってしまって残念でした。試聴前に勝手にイメージしてた感じと全く違ってしまったなぁ。

こういう試聴の結果、自分としてはプリアンプ兼ヘッドフォンアンプに SOULNOTE「sa1.0」、SACD プレーヤーに Marantz「SA-15S2」で決まりというところ。ヘッドフォンは以前に試聴もして決めている、SENNHEISER の「HD595icon」と Monster Cable の「Monster Beats by Dr. Dre ヘッドホンicon」(こっちは iPhone 用ってこともありますが)をこの機会に揃えられたらいいな。

あとはこのオーディオ熱復活のきっかけになった「Wadia170icon」とまだ開発中という「Wadia121」を手に入れられれば一応、完結かな。その後、ケーブルとか細かいところに手を入れていけたら良いなという感じ。

早くお財布がぶ厚くなりますように… (^^;;

しかし、良いオーディオで聴く音楽ってやっぱりいいですね。こうして店頭で試聴させてもらうのは本当に久しぶりでしたが、時間が過ぎるのがあっという間でした。ハードやケーブルの沼の深みにははまりたくはないw のでそこそこで止めてまたソフトの方を充実させたいと思いますけど。趣味のオーディオっていうのはやっぱり楽しいなぁとほぼ 20年ぶりに感じております。

iPhone/iPod touch のケーブルレス充電器

マイコミジャーナル「【レポート】 ケーブルレスでiPhone/iPod touchを充電 – 米WildCharge「WildCharger」」の記事から。

iPhone/iPod touch をワイヤレスで充電できる「WildCharge Skins」」のエントリーでも取り上げた、iPhone/iPod touch をケーブルレスで充電できる「WildCharger」が米国で発売されたようで、使いかってのレポートがされております。

記事にもありますが、アダプタが大きすぎるという感じは否めないですねぇ。これが使ってない時は丸めて収納できるとかだとまた違うでしょうが、常にこれが机などの上に広げられると考えると邪魔でしょうね。

それに iPhone/iPod touch に被せるカバーに接点が設けられている接点式なんですね。これもカバーの接点がショートしたらどうなるかとかいろいろ気になります。

WildChargeは日常使用での十分な安全性をアピールしているということですが、アダプターのむき出しの金属版といい、扱いはどうしても慎重にならざるを得ないでしょうね。

Palm Pre に用意されているオプションのケーブルレス充電器「Touchstone」のような製品がアップルから出ないものかしら…

産経新聞が「Web 面」を新設。紙面で Web で iPhone で。

INTERNET Watch「産経新聞、ネットの話題を取り上げる「Web面」を新設」の記事から。

産経新聞社は30日、インターネットに関する事柄を取り扱う「Web面」を新設した。毎週木曜日(一部地域は毎週金曜日)に掲載され、掲載内容はニュースサイト「MSN産経ニュース」やiPhone版アプリでも閲覧できる。

via: 産経新聞、ネットの話題を取り上げる「Web面」を新設 -INTERNET Watch

ネットを敵としか見なしていないような新聞社もあるとかないとか言われる中で、産経新聞って何だか頑張ってるなぁって思います。

産経新聞社では、インターネットは政治や経済、国際、社会など複数のジャンルと密接に関係することから、Web面に特化した専門組織は作らない方針。このため、Web面の作成は、編集局全体で携わっていく考えだ。

via: 産経新聞、ネットの話題を取り上げる「Web面」を新設 -INTERNET Watch

産経新聞 Web 面こういう方針、体制も素晴らしいと思うんですよね。まぁ新聞紙面がどう作られていくかというのは自分には良く分かりませんけど、大体、専門の担当部署ができるとそこまかせで俺は知らねみたいなことになって、隣は何をする人ぞ状態になったりすることって決して少なくないと思うんですよ。

こうして編集局全員が関わるようにしておけば一つの事案を Web ではどうする、どう見せるということ考えが常に各人の頭にあると思うので良い方向に行くんじゃないかと思います。

「週1回の掲載ではあるが、政治面や社会面などと同等にWeb面を扱っていきたい」というのをちゃんとトップが示すことも大事なこと。

どっかの会社ももっとちゃんとやってくんないかねぇ… :-p

DIGA 新モデル「DMR-BW970」の真空管サウンドって?

ITmedia「真空管サウンド搭載:新ブルーレイDIGA「DMR-BW970」の“プレミアム度”」の記事から。

先日、発表された新しい DIGA のモデルの中でちょっと気になったのは、このハイエンドモデル「DMR-BW970」の真空管サウンドというもの。

もちろん、この製品に実際に真空管が使われているのではないのですが…

温かみのある真空管アンプの音にあこがれる人も多いが、それをユニフィエのデジタル信号処理によって再現するというもの。「真空管アンプは、周波数特性に独特の波形やひずみ、ヒゲと呼ばれる突出した部分などがあり、それが温かみのある音に影響している。これをユニフィエ内のデジタル信号処理で再現しようというのが真空管サウンド。ひずみやヒゲなども再現しています」(同社)。

via: 真空管サウンド搭載:新ブルーレイDIGA「DMR-BW970」の“プレミアム度” – ITmedia +D LifeStyle

動作モードは 3つあるということなので、3つの真空管の特性をシミュレーションして信号処理で再現しているってことになるんだろうけど、実際の音はそれほどその雰囲気を再現できるものなんだろうか?その辺は実際に音を聴いてみたい気がする。

あと、真空管の魅力ってその温かみのある音だけじゃなくて、実際にぼぉ〜っと光る真空管そのものにもあるんだと思うんで、なんかその辺の見た目もどうにかして欲しかったなぁという気がします。