全ウェブビデオ中 66% が H.264 フォーマットを採用してるらしい

TechCrunch Japan「ビデオエンコーディングの覇権争いはH264の圧勝? 全ウェブビデオ中66%がH.264フォーマットを採用」の記事から。

Video Format Trends

H.264 ってそんなに普及してたんだ?

ではいったいH.264形式で提供されているビデオはどのくらいあるのだろうか。Encoding.comのデータを調べてみた。このサービスはあちこちのウェブサイトやMTV Networks、WebMD、Brightcove、Nokia、MySpace、およびRed Bullなどの顧客向けに昨年1年間で500万におよぶビデオのエンコーディングを行っている。そのEncoding.comのプレジデントであるJeff Malkinが送ってくれたのが上のデータだ。モバイルを含むウェブ全体の動向をよく示しているものだと思う。このデータによれば、全体にしめるH.264フォーマットの割合はこの4四半期で31%から66%に増加している。2位以下を大きく離して首位独走中だ。一方、Flash VP6やFLVといったFlash形式の方は合計で26%となっている。4四半期前には合計で69%のシェアを誇っていた。つまり、市場シェアについて見ると、FlashネイティブのコーデックとH.264はちょうどその位置を入れ替えたというわけになる(FlashもH.264をサポートしているが、この場合は閲覧にFlashプレイヤーも必要ない)。。

via: ビデオエンコーディングの覇権争いはH264の圧勝? 全ウェブビデオ中66%がH.264フォーマットを採用

動画フォーマットは FLV のシェアが高いと思い込んでいたんですが、H.264 のシェアが今は半数を超えているんですね。

この流れが iPad の発売によって加速するようなことがあれば、少なくとも動画を観る為に Flash が必要という場面は大幅に減ってくることになるのかもしれませんね。

まぁ日本に限るとどうのなのか?とか気になることはありますが、iPhone/iPad で Flash が対応していないと指摘される機会も減っていくのかもしれません。

radio 公式 iPhone アプリ公開へ

ITmedia「radiko公式iPhoneアプリ、近く公開へ」の記事から。

radiko

使い勝手がいいといいんだけど…

IPサイマルラジオ協議会は4月30日、AM・FMラジオを放送と同時に丸ごとネット配信する「radiko.jp」をiPhoneで聴ける公式アプリの公開をAppleに申請したと発表した。審査に通り次第、公開する。

via: radiko公式iPhoneアプリ、近く公開へ – ITmedia News

公式アプリが公開になるということで、個人的に気になっていることはただ一点。3G 回線使用時にも聴くことが出来るか否か?

radiko は開始以降、アクセスも多く好評のようです。

ネットで聴くことが出来るようになったことで、録音などのしやすさや Twitter との親和性など今後の展開も楽しみに思っています。

iPhone 用のアプリもリリースされたことで、iPhone でラジオが聴けるようになったことも非常に嬉しかったですが、残念ながら すぐに 3G 回線では聴けないようになってしまいました。

百歩譲って聴取エリアから外れた場合に聴こえなくなってしまうことは仕方ないとしても、エリア内では 3G 回線でも聴きたいと思うのは自然の摂理w

3G 回線での制限が公式アプリリリースのためであったということになるように、期待しています。

iPad が 28日間で 100万台到達

TechCrunch Japan「Apple、iPadを100万台販売、3Gモデルは先週末だけで推定30万台」の記事から。

28日間で100万台のiPad ― これはiPhoneがこの節目に到るのに要した74日間の半分以下です」Apple CEO Steve Jobsが語る。「今でも需要が供給を上回っているので、この魔法の製品をさらに多くのお客様に届けるべく必死で取り組んでいます

via: Apple、iPadを100万台販売、3Gモデルは先週末だけで推定30万台

米国だけでひと月待たずに 100万台到達ですか。スゴイですね。

今月末に各国で発売になるわけですが、iBookstore が開始されないことなどが影響するのかしないのか?そのあたりも興味深かったりするわけですが、今年中にどれくらいまで行きますかね?

430万台売れるだろうという予測があるようですが、現在の 2台/人という購入制限が供給がしっかりしてなくなったら、もっと伸びるんじゃないのかな?