iPad は SAM 09 に入るか?

BOBLBE-E「SAM 09」を購入」のエントリーに「純正ケースをつけた iPad は入りますか?」とコメントをいただきました。

残念ながら今のところ自分はケースは何も購入していないのですが、実際に画像なども載せられるのでエントリーとして書き留めておきます。

「入るか?」という問いに対しては、少なくとも本体のみであれば「入ります」ということになりますが、結構、シビアな気もします。

iPad を SAM 09 に入れてみた

縦はもちろんですが、横向きに入れても頭が出てしまうので、SAM 09 のフラップを閉めると iPad 自身は斜めに傾くかと思います。まぁ他にモノを詰めれば垂直に保てるんでしょうけど、あまりモノは入らない感じですねぇ。

iPad を SAM 09 に入れてみた

SAM については 5月22日の AUGM in OSAKA / May 2010 の中で後継モデルを開発中というお話があり、SAM 09 のくびれが無くなって容量がアップするということでしたので、そのモデルであれば、縦向きに十分、収まるかもしれません。

ということで、SAM 09 の購入を検討されている方は、iPad にお使いのケースをつけて実物で確認するか、後継モデルを待って同じように実物で確認して購入されるのが良いのではないかと思います。

iPad で「産経新聞」と「産経新聞HD」を比べてみた

産経新聞icon」のアプリはずっと iPhone にインストールしていたんですが、通勤の往復では Twitter の TL と RSS のフィードに目を通すのにも時間が足りないくらいで、新聞に目を通す時間がないことが分かったので削除しちゃったんですよねぇ。

しかし無料で基本的に紙面と同じ内容が読めるというのは、かなり画期的とも言えるんじゃないかと思います。

もちろん新聞と同じレイアウトというのは賛否あるとは思いますが、新聞の紙面のレイアウトにはそれだけで記事の重みづけなど意味のあるものだと思うので難しいところかもしれません。

それにしても、iPhone ではお世辞にも読みやすいということはなく、拡大は必須で縦横にフリックして 1面ずつ読んでいくのはちょっと面倒でしたね。

そこへ、マイコミジャーナルの「iPadでこそ伝わる”紙面レイアウトの価値”、『産経新聞HD』は30日間購読型に」の記事などにあるように、iPad 版の「産経新聞HDicon」が登場して、これは 1500円/30日間の有料となりました。ただ、5月28日から 1ヶ月は無料とのこと。

1ヶ月ではなく 30日というのが引っかかるのですが、まぁここで有料に舵を切ったこと自体はタイミング的には良いでしょうし、

iPhone版産経新聞の提供については、「iPhoneとiPadは使われる場面が違い、それぞれまったく別のデバイスと考えている」(同)とし、今後も産経新聞に触れる機会を増やすための試読として提供を続けていく。

via:iPadでこそ伝わる”紙面レイアウトの価値”、『産経新聞HD』は30日間購読型に | ネット | マイコミジャーナル

ということなので、こういう対応も良いと思います。

「産経新聞HD」はさっそく iPad にインストールして試してみたのですが、これは実に快適ですね。拡大しなくても読むことができますし、読みにくければ 1段階拡大すればもう十分です。

お金を払っても実際に新聞を取るよりも安いですし何より捨てるものが出ませんので、廃品回収の為に毎月まとめたり、置き場所を確保したりというのがないのは、良いと思うんですよねぇ。

さて、では「産経新聞」を iPad で見たらどうなのか?ってことで、HD 版と比較をしてみました。

まず HD 版のランドスケープモードでの紙面。

iPad で 産経新聞HD

続いて iPhone 版を iPad のランドスケープモードで 2倍表示

産経新聞.app を iPad で閲覧

一目瞭然ですね。鮮明さは全然違いますし、もちろん表示域も異なります。続いてダブルタップして拡大してみましょう。

産経新聞.app を iPad で閲覧

かなり鮮明になりました。これなら問題なく読めそうです。

続いて最大限に拡大した場合の差を見てみましょう。最初は HD 版。

iPad で 産経新聞HD 最大拡大時

続いて iPhone 版の方。

産経新聞.app を iPad で閲覧 最大拡大時

スクリーンショットを撮って縮小しているので実際より差は小さくなっている印象ですが、実際には差は歴然です。目に不自由がある場合は、最大に拡大する必要がある場合は、HD 版を選択するべきでしょうかね。

ということで、iPhone 版を iPad で使ってみると iPhone で読むよりも快適だけど、HD 版を読んだ方が閲覧性も考えるとやはりベターと言えそうです。

しかし、有料になる HD 版にはもう一工夫あっても良さそうな気がします。クリップを撮ってそれを Twitter に投げられたり Evernote にクリップ出来たりすると付加価値が出ると思うのですが…

iPad のキーボードはどう?

iPad のソフトキーボードにはフルキーボードのモードが用意されているけれど、テンキーのモードは用意されていないんですよね。これは結構、意外だったんですけど…

iPhone では自分はフリック入力派で、Twitter の TL でも「iPad にもフリック入力を」というツィートをちょくちょく見かけたので、自分にはどうなんだろうかと思っておりました。

iPad フルキーボード

結果としては個人的にはあまり気にならない感じですねぇ。

無意識に iPhone は異なるものと認識しているのでしょうか? iPad のフルキーボードでの入力は苦には感じません。

ただ、通常のハードなキーボードではタッチタイピングでそれなりのスピードで入力できる自分も iPad のフルキーボードでは無理っぽいですね。

iPad ランドスケープモードのフルキーボード

特に iPad を横向きにすれば、ほぼフルサイズのキーボードと変わらないサイズのキーボードを使えますが、やはりタップした時の反応が指にはありませんし、ホームポジションも決まりません。

結局、指一本の入力となってしまうので、やはり長文の入力には外付けの Bluetooth キーボードは必須という気がします。

またフリック入力も、iPhone の時のように自分は左手で持って親指でフリックしますが、iPad では片手で入力するのはまず無理があるでしょう。結局、両手を使うことになるとフルキーボードのモードでもそれほど効率が悪くないのかなという気がしました。

まぁいずれにしろ、Bluetooth が個人的にはお勧め。まだ試してないんですけど…w しかし次期 iPhone 用にと手に入れた折り畳み Bluetooth キーボードをもう一台、iPad 用に用意した方が良さそうかな?