サッカー・W杯 日本終戦

MSN産経ニュース「【W杯日本−パラグアイ戦】速報(18完)PK戦の末、日本敗れる」の記事から。

4強の目標に届かなかったのは残念ですが、PK戦で負けたのは仕方ないと思います。

パラグアイ相手に 120分無得点で凌いだ守備面は大いに自信になったんじゃないでしょうか。

もちろん、GK・川島のセーブに助けられた面はいくつかありましたが、全体的に良く守ったと思います。

反面、課題はやはり攻撃面でしょうか。

中盤であまり落ち着いてパスを回すことができる場面が少なかったと思いますし、ルーズボールも相手に拾われる機会が多かったと思います。

そのため攻撃を組み立てられた機会もあまりなかったと思います。こういう場面でどう、状況を打開していくかというのは引き続きの課題でしょうか。

あと、差を感じたのはやはり個々の技術。例えば、足下のボールさばきに大きな差を感じました。この辺は、プレッシャーがかかるところでどう相手にボールを奪われないようにするかというところを Jリーグの中でレベルアップして欲しいと思いました。

個人的には予選からの戦いを観ていて、2002年の 16強の時よりも良かったと思いますし印象にも残りました。更にレベルアップしてまた 4年後を楽しみにしたいと思います。

Jリーグの試合も応援して盛り上げていきましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*