川崎和男先端デザイン研究室にお邪魔してきました

先日、大阪大学のオープンキャンパスがあり、川崎和男先端デザイン研究室に一般人も見学が可能ということだったので、出かけてきました。写真の掲載については許可をいただいております。

川崎和男先端デザイン研究室

張り切って出かけていったら何か一番乗りだったみたいで… (^^;;

川崎和男氏ご本人は、不在でお会いすることができなかったのが残念だったのですが、彼の作品が一堂に展示されていたのを見学できたのは貴重な機会でありました。

川崎和男先端デザイン研究室

中でも自分の中では何といっても、これ。「Mind Top」です。

Mind Top

「Mind Top」は PowerBook 100 シリーズでしたかね?その後継モデルとして、実際にアップル本社でプレゼンまでされたモデル。自分が「Mind Top」を知ったのはの 1994年 6月号の Mac Power に掲載されたのを見た時ですが、今でも「このモデルが発売されていれば…」という思いはつきません。

なので、その実物を間近で念願かなって見ることができたというのは、本当に貴重で嬉しい時間でありました。

他にも人工心臓やタケフナイフビレッジのナイフ、増永眼鏡の Kazuo Kawasaki ブランドのシリーズなどなど、興味を惹かれるものばかりした。いやぁ〜お邪魔できて本当に良かったと思います。スタッフの皆さん、ありがとうございました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

「川崎和男先端デザイン研究室にお邪魔してきました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*