ウォーキングやランニングのお供にモンベル ウエストボトルケージを選択

体力向上を目指してウォーキングから始めましたが、水筒を手に持って歩くのは邪魔なんでまずはボトルケージ選びから。「ウォーキングやランニングに更に必要なアイテムは?」のエントリーで挙げた、「Ultimate Direction」「CAMELBAK」「NATHAN」の 3つのブランドの製品の中からあたってみることにしました。

付属するボトルの容量は大きい方がいいというところから、その確認から始めたのですが Ultimate Direction の「Access」が 0.6リットル。CAMELBAK と NATHAN の製品はそれぞれ 0.7リットル、0.65リットルだったので、Access は選択肢から外しました。

容量の一番、大きなボトルが付属する、CAMELBAK はモンベルで取り扱いがあるようなので、GARE OSAKA にあるモンベルのショップへ。話が横道に逸れますが GARE は来年の 3月で閉館になっちゃうんですよねぇ。個人的にいくつか好きなブランドがあるんですけど、どこに移るのかなぁ。なくなっちゃうととっても困るんですけど。

閉館の話はさておき、モンベルの店頭で試着しつつ、いろいろ眺めているとモンベルブランドの製品ですが「ウエストボトルケージ」を発見。

これが他の製品に比べて価格も手ごろだし、ボトル容量も 0.7リットル。ボトルさえ持ち運べれば問題ない自分としてはミニマムサイズのこの製品はピッタリ。またモンベルブランドは個人的に信頼もあるので、これに決めちゃいました。

モンベル ウエストボトルケージ

付属のボトルの飲み口はこんな感じ。白い部分を引きだして飲めるようになるタイプ。口にくわえて簡単に引きだせますし片手だけで飲むことは可能。

モンベル ウエストボトルケージのボトル

ボトル収納部の両サイドには鍵や小銭が入る程度のポケットが設けられてます。右側のポケットにはフックが付いているので、鍵を付けておくことなんかことなんかが可能になってます。

モンベル ウエストボトルケージ 右ポケット

モンベル ウエストボトルケージ 左ポケット

製品の説明には「市販の 500ml ペットボトルなど直径が合うボトルであれば、幅広い容量、形状のボトルに対応します」とあります。これもこの製品を選んだポイントの一つ。試しに SIGG の 0.6リットルのボトルを突っ込んでみましたが、問題なくフィットします。1リットルのボトルは無理がありました (^^;;

モンベル ウエストボトルケージと SIGG ボトル

実際に腰に着けてウォーキングあるいはジョグをしてみたわけですが、上下に揺れるのも気になりませんでしたし、ボトルケージの底部分にベルトがあるのでボトルを取りだしやすいという利点もありました。

ウォーキングあるいはランニングする時にもう少し小物を持ち歩きたいというニーズには容量が足りませんが、自分のようにボトルが持ち運べれば OK というニーズにはピッタリじゃないでしょうか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*