米国のスマートフォン市場で iPhone がトップに立つ

ITmedia「iPhoneがBlackBerryを抜いてトップに――Nielsenの米スマートフォン市場調査」の記事から。

意外といえば意外?

米調査会社Nielsenは12月1日(現地時間)、8?10月における米スマートフォン市場に関する調査結果を報告した。米国の携帯端末ユーザーの約3割(29.7%)がスマートフォンを使っており、スマートフォンのOS別シェアでは米AppleのiPhoneがカナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerryを27.9%対27.4%という小差で抜き、トップに立った。3位は米GoogleのAndroid搭載端末で、22.7%と前回調査から3.7ポイントシェアを拡大した。米国の携帯端末ユーザー全体に占めるスマートフォン利用者は29.7%だった。

via:iPhoneがBlackBerryを抜いてトップに――Nielsenの米スマートフォン市場調査 – ITmedia エンタープライズ

トップに立ったといっても非常に僅差ですね。しかし iPhone 1モデルですもんね(あっ iPhone 3GS も入ってるのかな?)。

米国のスマートフォン市場

色々と訴訟されただのなんだのと悪い話もよく出ているようですが、やはり iPhone の売り上げは好調ということですねぇ。これでホワイトモデルが発売されていれば、もっと差をつけていたんじゃないかとも思いますが…

Android の端末もシェアを拡大していますから、個人的にいずれトップは Android 端末になると思っています(各社から発売されていて機種数が多いですからね)がいつまでトップを維持できますでしょうか?

あと、日本はどんな感じになってるのかなぁ?