iPhone 4 のケース「Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)」を使ってみた

「革」か「金属」か?」エントリーで革のケースがいいか金属のケースがいいのかで悩んでいた、iPhone 4 のケースなんですが… なぜ、どちらも手元にあるんだろう… (^^;;

iPhone のケース 2種

そんなわけで、まずは革の方から。「Card-in Jacket for iPhone 4」を装着してみましたよ。

まず、このパッケージがいいですね。

Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)

最近は何でもかんでもブリスターパックになっている製品も少なくなくてとにかく開けにくくて困っちゃいます。ところがこれはしっかりと勘合されていて自然に開いてしまうこともなさそうですが、手で簡単に開けることができるようになっています。

続いて質感。

Card-in Leather Jacket

このドイツ・ベリンガー社製「ノブレッサカーフ」という革とサイドを覆うラバーコーティングの質感がいいっ!! 開封して手でサワサワ・スリスリしながらしばらくムフフとなってました(いや、気持ち悪いからw)。

Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)

Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)

Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)

ヘッドホンジャックの部分は径の大きめなジャックも差し込めるように余裕を持たせてあります。

さて、この「Card-in Leather Jacket」の特徴は名前の通り、カードをケース内に収めることが出来ることです。

Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)

ストッパーが設けられていますので、カードがケース内で動いたりすることはありません。また「読取りエラー防止シート」が付属しているので、誤動作や反応しないというのがなくて安心です。

Card-in Leather Jacket

ただ、この構造上、カメラ周辺は若干の隙間が空いてしまいますが… 個人的には特に問題ないように思いましたがホコリとか入ってしまうんでしょうか?この辺は少し長く使ってみないと何とも言えませんね。

自分の勤務先の建物に入るのに非接触カードが採用されて、財布に ICOCA と 2枚入れておくと JR の改札が反応してくれず仕方なく、別々のケースに入れているのですが、取り出すのも面倒ですし何より家に忘れる可能性が高まって困っていました。

iPhone と ICOCA を一緒に持ち歩けることで、まず家に忘れて出かけちゃったということはなくなりますし、改札でのタッチもより簡単になります。

またポケット方式で IC カードを一緒にできる iPhone 4 用のケースが発売されていますが、何かの拍子に落下してしまったり取りだす頻度が高くなることで無くす可能性が高まってしまうことを考えると、完全に収納できるこの「Card-in Leather Jacket」はお薦めのケースの一つになるんじゃないかと思います。

ちょうど、国立商店では「どちらの革を買っていいのか迷っちゃう」って方のために「Card-in Leather Jacket(ブラック/ブラック)+(ブラック/レッド)セット」や「Card-in Leather Jacket for iPhone 4 ブラック/ブラック」と iPhone を収納できるケース「Dual Slot Case for iPhoneレギュラーモデル」とのセットなども用意されているので、検討されている方は是非、どうぞ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

「iPhone 4 のケース「Card-in Leather Jacket(ブラック/レッド)」を使ってみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*